車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年09月25日 イイね!
公と私の境界Cappuccinoさんとkoro1さんに誘われ、来月上旬に輪行で奥日光のイタリア大使館別荘に行こうという計画。

一年ぶりの輪行だし、遠出も久しぶりなので、ぼちぼちポケロケの点検整備をしなきゃ。

先ずは重たいThudbusterのシートポストを軽いThomsonに交換し、カメラを収めるサドルバッグもCarradiceからsuewに替えて、輪行向きの軽量仕様に。雨天に備えたBrooksのポンチョはハンドルバーに括りつけかな。

で、サドル位置のチェックの為に近所をぷらぷら流していたら、緑が歩道に張り出した木造家屋を発見。はて?と近づくと、隣の教会の附属施設で定期的に工房カフェとして開放しているみたい。

ちょうど台湾の永康公園や大阪の靭公園の記事を読んだばかりだったのですが、公と私の境界をわざと緩くすることで市民の参加性を高める動きがあるそうな。先日行った南池袋公園にも、そんな息吹きを感じたのかも。

昔の日本家屋が縁側や軒下を持っていたように、あるいは英国にコモンプレイスがあるように、こうした試みが地元や日常の風景を豊かにしていくように思えます。

街並みやパブリックスペースを行政に任せきりにする(依存、ハード中心)のではなく、市民同士が助け合い協力して住みやすい街に変えていく(信頼、ソフト中心)。

後半生を考えると、こうした街に溶け込む住まい、生活でありたいし、貢献したいと思うこの頃です。
Posted at 2016/09/25 13:43:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | 眺め | 日記
2016年09月19日 イイね!
神田錦町界隈土曜日は娘家族のマンション契約に立ち会った後に、カミさんと秋葉原から須田町へと散歩し、久しぶりに松榮亭に向かいましたが17時になっても開店しない模様。オヤジさんが亡くなってからは営業が安定しなくなっていますね。

小川町から神保町方面へと探索しているうちに、開店直後のポンチ軒に入店できました。ポンチ軒は界隈では比較的新しい店ですが、貸切パーティーにもよく使われていてなかなか入れないためラッキーではあります。カツはもちろんのこと、アジフライのふわっとした揚げ具合はさすが。

帰りは神保町から帰宅しましたが、社内結婚の我が夫婦にとって神保町はホームタウン。あの店は無くなったとか、まだ残ってるとか、思い出も数々あります。

その本社社屋があった地名は神田錦町で、34年前の入社式には神田駅から歩いて行きました。岡田信一郎の設計による建物は関東大震災にも耐えるよう設計されたもので、新人の眼には真鍮のドアノブ、セントラルヒーティング、中二階や屋根裏部屋のホールなどの屋内も面白く映ったものです。

界隈の建て替えに伴い5年前に解体され、今は外観のみ復元された建物に変わり、一階はカフェになっているようです。なんだかなぁと言う気もしますが、もともとは新島襄の生家があった土地であることは新たに作られた七五三太公園で知った次第。



近くの小学館のビルもまもなく建て替え完了のようで、建物のデザインは感心しませんが、同じ場所で事業を続けることには長期視点での経営が必要なので、偉いなぁと思うのです。



そのはす向かいにある学士会館は、ランチや大学の友人の結婚式でお世話になりました。此方は大きく意匠を変えることなく維持管理されていて、界隈では珍しい存在になりましたね。






実は木曜と金曜は竹橋で仕事だったので、久しぶりに神田錦町界隈を散歩していたのです。で、一番懐かしいランチとして、鳥玄のそぼろ焼き鳥重を食べたのでした。15年ぶり位ですが、値段も味も変わらないのは嬉しい限り。カミさんとは、死ぬ前に食べたい食事の一つにリストアップされています。



散歩して面白く、店に入って居心地が良い、ソウイフマチニワタシハスミタイ。
Posted at 2016/09/19 18:17:36 | コメント(4) | トラックバック(0) | 眺め | 日記
2015年12月29日 イイね!
ロータリー冬休み初日の今日は、冬至に行き損ねていた穴八幡宮へ一陽来復のお守りを頂きに自転車で。

走り慣れているはずの小日向のアップダウンも、久しぶりだと結構キツイ。あ〜、これじゃ峠なんて無理ですわ。

穴八幡宮のお詣りの後は、高田馬場の純蓮で味噌ラーメンを食べようと思ったら羅偉伝という名前に代わっていました。純蓮の店長が引き継いで始めたとか。味噌の配合が少し違うような気もしましたが、久しぶりで美味かった。

店を出たところで娘からの電話。はいはい、迎えに行きますよ〜。途中通りかかったのが、写真の大隈講堂前のロータリー。新しくなった大隈講堂とロータリーの真ん中に植えられた巨樹に冬の斜光が当たり、影と同じく伸びやかな空気が流れていました。いいなぁな、こういうの。

一陽来復は一年の周期が折り返すことを祈念するもの。ロータリーはどこから入ってどこから出るのも自由。スピードを落として周りの眺めを確かめながら再びスピードを上げてゆく折り返し地点という共通点。ちょっとこじつけか。笑
Posted at 2015/12/29 21:13:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 眺め | 日記
2015年12月25日 イイね!
年の瀬クリスマスを意識しなくなって何年も経ちますが、今年は転勤する人の送別会をやろうと決めた日がイヴだったことに後から気づく始末。誘う方も誘われる方もおっさんだから、まぁ許されましょう?

で、おっさんが集う神保町のワインバーに行く道すがら、鐘の音に振り向くとニコライ堂でありました。ギリシア正教のクリスマスイヴはどんなだろうと立ち寄ると、静謐で質素な空気が流れ、まるで神社のよう。年の瀬を迎えるに相応しい気がしました。

今朝は久しぶりに自転車に乗り、近場巡り。凡豆の後継候補であるBees Coffeeで豆を買うついでにホットドッグで朝食をとり、巣鴨地蔵通りから旧中山道を走って滝野川へ。かつては板橋宿の入口に当たる三軒家と呼ばれたところ。川直氷室でいなり寿司、和菓子屋虎月で滝野川かすていらを購入すると、客との挨拶にも年の瀬を感じられました。

本当は稲荷湯で一風呂浴びたいくらいでしたが、そろそろtwinsを迎えに行く時間が迫っていたので、帰路へ。

12月はほとんど休日もなく働き、空いた時間はtwinsと過ごし、ここに来て義父が入院し、年賀状はPCが壊れて書く気にもなれず、なんだかせわしない年の瀬です。
ただ、通販を止めると宣告していた凡豆のマスターに電話すると、まだ続けられると意気軒昂だったのは救い。見習わなきゃなぁ。
Posted at 2015/12/27 01:59:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | 眺め | 日記
2015年11月29日 イイね!
富士見のインターチェンジ布施弁天の茶店でマッタリしてたら娘から発動指令が来ました。TWINSに会えるから許す。笑

家路を急ぐ途中で夕焼けを見られるかもと、流山インター近くを経由することに。

日没前にはちょっと間に合わなかったけど、富士山のシルエットをまっすぐ拝むことができました。この辺りにも昔は富士見坂があったのかもしれませんね。
Posted at 2015/11/29 23:29:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | 眺め | 日記
プロフィール
「あはは、どうせなら自転車をモチーフにしたステッカーがあれば、一目でニュートラルカーとわかるのでは?@さん坊@N.E.J.St-Bow 」
何シテル?   03/28 21:49
車は好きですが、メカには弱いです。自転車やアウトドアのギアは好きですが、本来はインドア派です。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
かつ丼集会!! ② 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/18 01:30:07
451のミニベロ 
カテゴリ:自転車
2014/10/30 01:14:23
 
ロイ飯田の怠惰な考察 
カテゴリ:自転車
2012/10/03 20:31:27
 
お友達
自転車、カメラ、映画、珈琲、キャンプが好きな方、どうぞよろしく!
42 人のお友達がいます
大根おろし大根おろし * Disco-4@東京Disco-4@東京 *
Gris BorealGris Boreal * 若翁若翁
cc_buttercc_butter スプリスプリ
ファン
25 人のファンがいます
愛車一覧
その他 その他 その他 その他
2010年3月納車。 折り畳むことが出来て、自分のサイズでオーダーできる小径ロードバイク ...
ランドローバー ディスカバリー3 ランドローバー ディスカバリー3
デザインと機能性に優れた欧州車、特に伊・仏・英車が好きです。 ■05年~: ランドロー ...
シトロエン エグザンティア シトロエン エグザンティア
後輩の留学で2年間預かり、初ハイドロ。 高速での空飛ぶ絨毯のような乗り心地は唯一無二。
ランチア テーマ ランチア テーマ
家族4人でのロングツーリングの為の初ワゴン車。 ゼニアの生地を使ったシートは疲れ知らずで ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.