車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2010年07月29日 イイね!
これ、なぁ~んだ?これ、なんだと思います?

ODBOX ANNEXのブログで知ったのですが、汗止めのバンドです。額から流れ落ちてきた汗を、雨どいのようにバンド上に伝わらせて側頭部に流すというシンプルな機能。

そんなもんに2000円以上も払えるか!パイル地のヘッドバンドでいいじゃないか!という気もしますけど・・・。現実に夏に長距離乗ると、本当に汗が噴出し眼に入りそうになるし、ヘルメットつけているのにヘッドバンドは付けられないし、意外と便利なのかも。

ウェブサイトのトップページでは、肉体労働者とスポーツ選手にターゲットを絞って、愚直にこの商品のメリットを絵で紹介していて一瞬笑えますが、それだけ切実なニーズに応えたまじめな商品なのかもしれませんね。こういうエクストリームなシーンにまじめに応える製品作りは、欧米の方が進んでいる気がします。
関連情報URL : http://www.sweatgutr.com/
Posted at 2010/07/29 00:28:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自転車パーツ | 日記
2010年07月25日 イイね!
adidas×Vespa コラボシューズ妻が土曜日に阿見プレミアムアウトレットに行くというので、僕的には気乗りはしなかったけれど、adidasがあったことを思い出し、おつきあい。お目当ては自転車ウェア。

でショップに入ると、ワゴンセール(LAST PRICE)をやっていて、そこで見つけたのがこのシューズ。あの伊スクーター・べスパとのコラボらしいが、お値段、なんと、2900円!サイズが28cm(普段は26.5~27cm)というのが気になったけれど、「adidasは細身なのでワンサイズ上でも大丈夫かもしれません」という店員のアドバイスに従い試着すると、たしかに。自転車用にClarksのナタリーばかり履いているわけにもいかないので、ご購入。愛車ポケロケのシルバーグレーとお揃いの色とも言えるかな?

その後、CLIMACOOL素材(速乾性に加え通風性を考慮)を使ったTシャツ(1900円)と、さらに、レジ脇のワゴンで靴下(400円)、アームカバー(600円)もゲット。いずれも着心地サイコー!adidasはビンディングシューズを作らなくなったと嘆いている人がいると聞くが、たしかにadidasが自転車モノにもっと力を入れてくれると嬉しいかも。
Posted at 2010/07/25 21:42:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自転車パーツ | 日記
2010年07月24日 イイね!
ヘッドバッジの話僕が自転車を選ぶとき、密かにこだわっていたのがヘッドバッジ。

カーボンフレーム人気のいまどきはシールや無印も多いと思いますが、やはり金属製のバッジがヘッドを飾っていると、自転車が無機質な工業製品ではなく人の手が入った工芸品という印象が高まり、自分も大事に手をかけていこうと思わせられます。こういう感覚自体がクロモリ全盛期の遺物かも知れません。それでも自転車が人間に一番近い乗り物としてあり続け、その自転車に作り手と乗り手が共鳴しあう目印があるとすれば、それはヘッドバッジなのではないかと思うのです。

愛車バイクフライデーには、金属製のバッジにシンボルマーク(羽の生えたスーツケース)が描かれています。色乗りもよく非常に凝ったデザインで、七宝焼きだそうです。そして縁の紺色の部分にあるメッセージは、PERFORMANCE THAT PACKS(上)、BYCYCLES THAT FLY(下)と記されています。

バイクフライデーの創業者らが、世界中を旅するために「簡単にパッキングして飛行機に乗せられ、真にロングライドに耐えられる」自転車を開発したのだというメッセージを、ニヤリとしながらも「しか」と受け止めることができます。アウトドアブランドなどもそうですが、米国にもクラフトマンシップは息づいているのです。

そもそもバイクフライデーという名前の由来も、ロビンソン・クルーソーの従者フライデーから命名されているようで、純朴な執事のように乗り手に仕える使命を負っているあたり、実に愛おしくなる物語を感じてしまうのは私だけでしょうか。また、眼を凝らしてみないと分からないほど小さな絵が右下にあるのですが、実はこれが今ではバイクフライデーのシンボルとなっている「スーツケースを牽引するバイクフライデー」です。まぁ、ごみかキズにしか見えないのはご愛嬌ということで。

因みに、バイクフライデーはフレームのサイズからその人に合わせてオーダーできるため、メインチューブの左側、クランクに近い部分にカスタマーの名前(もちろん名前じゃなくてもいいのですが)を印字したバッジも付けられて届けられます。これもオーダー自転車ならではの愉しみですね。

・・・クルマにも、こういうカルチャーが復活してくると予見しているのですが。
関連情報URL : http://www.bikefriday.com/
Posted at 2010/07/24 10:51:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2010年07月23日 イイね!
ウォーターボトル:POLAR 24oz熱中症対策として、ウォーターボトルを2本差しにしようと思い、POLAR保冷ボトル24ozを買ってみました。24ozというのは720mlですね。保冷の効き目はあまり期待していません。大容量ボトルで、熊ちゃんマークが可愛いくて、挿し色の黄色(サイコンと同じ)が選べるというのが理由です。ボトルって結構可愛いというか個性を表現しやすいアイテムだと思うのですが、デザインはどれもぱっとしない印象ですね。まぁ機能優先でよい代物なんでしょうが。

隣のバイクフライデー純正ボトル(500ml?)と比べると、POLARの方が細くて長いので、こいつはシートポスト側につけてスポドリを入れます。黒いフック?が付いてるので、乗っている最中に後ろに手を回しても取り出しやすそう。BFボトルには水を入れて、いざとなれば頭からかぶる事もできるようにします。

あと気になっている対策としては、アームカバーかな?本来はUV対策のためでしょうが、これを濡らすと熱を下げる効果もあるかな~、と。
Posted at 2010/07/23 21:35:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自転車パーツ | 日記
2010年07月20日 イイね!
昨日退院した高度救命救急センター。今朝、再び血液検査を受けて経過を診て貰い、軽症で済んだことを確認。僕の場合は熱痙攣だけだったけど、腎臓・肝臓を傷めたり、最悪は脳溢血に近い状態にいく場合もあるそうだ。いやぁー、気をつけなきゃと改めて反省した頃、病院から通知された入院費に目が飛び出た!約85,000円!!

桁を聞き間違ったのかと思って内訳を聞いたところ、概算で以下の通り。

・救命救急センター入院費:53,000円(2日間)
・包括医療費:28,000円(熱中症に必要な検査・処置の一切)
・初診料:4,000円

救命救急センターに入院したかったわけではないが、救急車で担ぎこまれた身分としては選びようも無く、妥当な処置だったのだろうと思うしかない。しかし、3-4万円くらいの覚悟はあったとは言え、随分高い勉強料になったもんだ。85,000円もあれば、wiggleで一体どれだけ自転車用品を買えたことか!

夏ライドでは、スポドリと「しろくまのきもち」を決して欠かすまい、と一人静かに心の中で誓った。

みなさん、熱中症には気をつけてください。大事なことなので、もう一度言います。
みなさん、熱中症には気をつけてください。
Posted at 2010/07/20 20:20:03 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「マジですか!羨ましい〜@さん坊@N.E.J.St-Bow 」
何シテル?   03/15 07:41
車は好きですが、メカには弱いです。自転車やアウトドアのギアは好きですが、本来はインドア派です。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2010/7 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
かつ丼集会!! ② 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/18 01:30:07
451のミニベロ 
カテゴリ:自転車
2014/10/30 01:14:23
 
ロイ飯田の怠惰な考察 
カテゴリ:自転車
2012/10/03 20:31:27
 
お友達
自転車、カメラ、映画、珈琲、キャンプが好きな方、どうぞよろしく!
41 人のお友達がいます
Gris BorealGris Boreal * かねやんjetかねやんjet *
大根おろし大根おろし * さん坊@N.E.J.St-Bowさん坊@N.E.J.St-Bow
cc_buttercc_butter toshiharutoshiharu
ファン
25 人のファンがいます
愛車一覧
その他 その他 その他 その他
2010年3月納車。 折り畳むことが出来て、自分のサイズでオーダーできる小径ロードバイク ...
ランドローバー ディスカバリー3 ランドローバー ディスカバリー3
デザインと機能性に優れた欧州車、特に伊・仏・英車が好きです。 ■05年~: ランドロー ...
シトロエン エグザンティア シトロエン エグザンティア
後輩の留学で2年間預かり、初ハイドロ。 高速での空飛ぶ絨毯のような乗り心地は唯一無二。
ランチア テーマ ランチア テーマ
家族4人でのロングツーリングの為の初ワゴン車。 ゼニアの生地を使ったシートは疲れ知らずで ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.