車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2012年05月31日 イイね!
冷麺 @赤坂おんどる今週から米国の某大学からのインターン生が来ています。娘よりも若い女子大生ですな。互いに片言の英語と日本語で会話しています。

同僚と一緒にランチに連れ出し訪れたのが、大久保でも一、二位を争う人気店おんどるの赤坂店。文句なく美味いので大久保なら行列必至ですが、赤坂は実は穴場です。

ランチでは石焼ビビンバやプルコギ丼、ソルロンタンなどを食べていましたが、今日は冷麺が始まっていたので、試してみました。

見た目はパッとしませんが、これが美味い!独自のさっぱりしたスープは酸味が抑え気味でほんのり甘い、後引く旨さ。麺はコシがありますがゴム感はなく、いい麺ですね。

冷麺は店によって差が大きいのでリスキーだと思っていましたが、此処のはオススメです。これからの暑い季節に重宝する冷麺が見つかりました。
Posted at 2012/05/31 22:20:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | グルメ | 日記
2012年05月30日 イイね!
カフェ・ド・ランブル今夕は汐留で仕事が終わったので、バッハと並んで有名な自家焙煎の老舗、カフェ・ド・ランブルに立ち寄ってみました。

10年以上寝かせた豆を使うという、日本独自のオールドコーヒーを発明した関口さんの店ですが、想像していたほど敷居が高いわけではなく、普通にたばこが吸えるし、サラリーマン2人、同伴出勤らしき和服女性とオジサマ、若いカップルという、他の喫茶店と変わることのない客層。

ただ「コーヒーだけの店」のメニューは素人目にはわかりにくく、店の人に尋ねてまずは中濃・中カップのブレンドコーヒーと説明書きのあるカフェノワールを頂きました。ん?これまで学んだ苦味、甘み、酸味、コクのいずれでもない、でも何処か懐かしいような味。ネルドリップのせいでしょうか…正直言ってよくわかりません。

せっかくなのでオールドコーヒーも試してみようと、モカマタリをドゥミタスで注文。お猪口を一回り大きくしたような薄手の磁器はランブル特注の有田焼で、取っ手もないから自然と貴重なものを押し頂くような格好になります。口当たりも気持ちいい。このドゥミタスカップはちょっと欲しいかも。

ですが、さっき感じた不思議な味は更に強くなり、ゆるい酸味がやがて甘みに変わるような気もしますが…、でもアメリカ人が一口飲んで腐ってると称したわけがわかるようにも思います。

バッハが健康な珈琲とすれば、ランブルは不健康な珈琲と思えるほど真逆の方向です。同じモカマタリが、焙煎や淹れ方でこんなにも違うものになるんですね。凡豆のマスターが言う「嗜好品は最高がない」がまた少しわかりました。
Posted at 2012/05/30 22:38:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | 珈琲 | 日記
2012年05月29日 イイね!
『きたなシュラン』大井町ブルドック仕事で久しぶりに大井町に行きましたが、ニコン本社のある光学通りや突如現れるソープランドに混じって、昔の三業地の名残りを感じさせる店もちらほら。

昼時だったので同僚に「ブルドックでランチを食べよう」と誘われてついて行きました。大井町に来たのも三回目くらいと全くの不案内でしたが、大井町のディープな一面を知るには十分でした。

路地を入ると「お食事は大井町一うまいやすいブルドック」というストレートな看板にジャブを打たれますが、店先には「きたなシュラン認定証」が掲げられています。とんねるずの番組企画だそうですが、汚いけれど美味い店らしい実直さや元気に心惹かれます。

事実、店の人たちの応対の気持ちよさは、そのまま料理にも現れていて、メンチカツ、エビフライ、ポタージュスープ、マカロニグラタンなど、気になる定番洋食を次々に注文して、みんなでシェアして楽しみました。写真を撮り忘れましたが、これらが並ぶテーブルは、絵に描いたような幸せな食卓で、ボリュームも含めてノックアウトされました。個人的にはグラタンが特にオススメ。

写真はそのブルドックの隣にあった、夜開くと思われる「バル肉寿司」という店。バルはスペインのBARのことでしょうが、肉寿司とは何かなぁ…。もとはただの肉屋であったことを隠さないシャッターが降りてましたが、シャッター前のテーブルにはドンペリが置かれていて、そんな風に誘われると絶対に夜行ってみたくなりますよね。

大井町にはこうした「きたなシュラン」系の店が多そうな匂いがぷんぷんするので、十条と同様に探検しなければなりませんね。
Posted at 2012/05/30 01:09:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | グルメ | 日記
2012年05月27日 イイね!
GXRでの複数画像投稿テストiPhoneでは複数画像投稿が(たぶん)できないので、久しぶりにPCから投稿テスト。画像は全て先日の昭和建築ポタから。

まずタイトル画像は、虎ノ門にある掘商店のドア。
註)さっき「iPhoneから画像をメールで送信」という機能を試したら、リコー3兄弟の画像が追加されると思いきや、置き換わってしまいました。あー、みんカラ、うざい。iPhoneの画質が如何に酷いかはよくわかりますが。



二枚目は、掘商店のエントランスの階段。二段目の階段からすでにボケ始め、遠景のボケもきれい。


三枚目は、旧高輪消防署の正面。外壁タイルの照り返しと庇下の暗部とのコントラストが大きいのに、キチッと収まっています。ダイナミックレンジが広いですね。


四枚目は、旧高輪消防署の内階段。大理石を混ぜたコンクリートの冷やッとしたすべすべ感がよく出ています。


GXRは暗部の写り方や色の再現性、質感の表現が好いなと感じています。iPhoneは、暗部は全て潰れ、質感というよりも塗り絵のようで立体感が出せません。
GXRというかデジカメから素早くブログに画像アップできるとよいのですが、よい方法はないでしょうか?

追記:タイトル画像以外がすべてデカイですね。リッチ編集とやらでサイズを変えるのかな?あー、めんどくさ。
Posted at 2012/05/27 22:34:25 | コメント(3) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2012年05月27日 イイね!
十条 謎の珈琲豆専門店唐揚げを食べた後、昨日Cappuccinoさんにもらったどら焼き・黒松を食べたいとカミさんが言うので、東十条へ行きました。十条からだと急な坂を下ることになります。

十条の商店街を抜けようと自転車を押して歩いていたら、どこからともなく焙煎の香りが。。。辺りを見回すと、店名の出ていない、間口2mほどの小さな珈琲豆専門店がありました。豆は昨日吉祥寺で買ったばかりですが、店の奥に小さな焙煎機が一台見えるし、“昔、新宿に立っていた詩集売りの女の子”みたいな寡黙な雰囲気がなんか気になります。

ショーケースには豆毎に170gとか150gとか不揃いな量での価格が書かれており、ハード、ミディアム、ソフトという表記も珍しい。

私: ハードは深煎りのことですか?
店: はい。でも、通常よりは深めに煎ってあります
私: いつ焙煎したものですか?
店: 今日焙煎したものもあればおととい焙煎したものもあります。ご希望ならば今日焙煎したモノをお出しします
私: じゃぁ、今日焙いた中煎りの豆が欲しいのですが
店: コスタリカの豆があります、これは厳選した豆だけ使っているのでお勧めです

と寡黙な店長(たぶん30代、男性)がここだけニヤリと笑うので、コスタリカを170gいただいてきました。確かに中煎りにしては油が出て黒々とした豆です。

しかし、なぜこんなところにマニアックな珈琲豆専門店があるのか、商売は成り立っているのか、不思議です。家に帰ってネットで検索しようと思い、ハタと気がついたのは店名を確認してこなかったこと。豆のパックにも一切書かれていません。写真を拡大してみると、ヴォーグブレンドというハードの豆があるから、ヴォーグが店名か。それでもネット検索では一切引っかかりませんでした。うーむ、確かに豆は手元にあるから幻を見たわけじゃないと思いますが、謎ですね~。

次に豆が切れたら確認しにまた行ってみますか。
Posted at 2012/05/27 20:28:28 | コメント(5) | トラックバック(0) | 珈琲 | 日記
プロフィール
「マジですか!羨ましい〜@さん坊@N.E.J.St-Bow 」
何シテル?   03/15 07:41
車は好きですが、メカには弱いです。自転車やアウトドアのギアは好きですが、本来はインドア派です。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2012/5 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
リンク・クリップ
かつ丼集会!! ② 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/18 01:30:07
451のミニベロ 
カテゴリ:自転車
2014/10/30 01:14:23
 
ロイ飯田の怠惰な考察 
カテゴリ:自転車
2012/10/03 20:31:27
 
お友達
自転車、カメラ、映画、珈琲、キャンプが好きな方、どうぞよろしく!
41 人のお友達がいます
Gris BorealGris Boreal * かねやんjetかねやんjet *
大根おろし大根おろし * さん坊@N.E.J.St-Bowさん坊@N.E.J.St-Bow
cc_buttercc_butter toshiharutoshiharu
ファン
25 人のファンがいます
愛車一覧
その他 その他 その他 その他
2010年3月納車。 折り畳むことが出来て、自分のサイズでオーダーできる小径ロードバイク ...
ランドローバー ディスカバリー3 ランドローバー ディスカバリー3
デザインと機能性に優れた欧州車、特に伊・仏・英車が好きです。 ■05年~: ランドロー ...
シトロエン エグザンティア シトロエン エグザンティア
後輩の留学で2年間預かり、初ハイドロ。 高速での空飛ぶ絨毯のような乗り心地は唯一無二。
ランチア テーマ ランチア テーマ
家族4人でのロングツーリングの為の初ワゴン車。 ゼニアの生地を使ったシートは疲れ知らずで ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.