• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

a-waterのブログ一覧

2012年10月30日 イイね!

夢の自転車が欲しい

夢の自転車が欲しい以前本屋で見かけて気になっていたところ、wheelさんがオススメしているので買ってみました。

邦題の「夢のロードバイクが欲しい!」には違和感もありますが、原題は It's all about the bike. であり、中身は英国ジャーナリストが自分の夢の自転車を実現すべく、自転車の歴史研究から現代のビルダーやパーツメーカーの取材などをして書かれた真っ当な自転車本です。出版社が芝居の本でお世話になった白水社というのも、自転車業界を客観視できる意味でよかった気がします。

目次は以下の通り。

プロローグ:小さな女王
第1章:フレーム
第2章:ステアリングシステム
第3章:ドライブトレイン
第4章:ホイール
第5章:サドル
エピローグ:果てしなく遠地は招く
おすすめの本
付録:タイヤ・リム・ギアのサイズ

そして、プロローグの一節に書かれた以下の文章に共感しました。

「わたしが必要とするのは、いくぶんかでもわたしのサイクリング歴を反映し、サイクリングに対するわたしの大志を支えてくれる、そんな不思議な力のあるマシンだ。テクノロジーではなく職人技。人の手で作られた一台。個性のある、けっして流行遅れにならない、自転車の伝統や伝承や美しさに対するわたしの称賛が表れた一台。フランス人は自転車を『le Petite Reine(小さな女王)』」と呼ぶ。そう、わたしはわたしだけの『小さな女王』が欲しいのだ。」

英国「サンデー・タイムズ」のベストセラーとなり、本書をもとにBBCがドキュメンタリー番組「Ride of my life: The story of the bicycle」を制作したと言うのも、この本の著者ロバート・ペン氏の、自転車に対する素直なパッションが共感を呼んだからではないかと思うのです。

世の自転車本の多くはハウツーものだったり購入ガイドのようになったり、あるいは一部のマニアや競技者用だったりする中で、一人の普通のサイクリストの好奇心と自転車への愛情が素直に表現された本という意味で、wheelさんが言うように多くのサイクリストが読んで面白いと思います。

まだ読み始めたばかりですが、最近どんよりとしていた体と頭がシャキッとしてきました。わーい。
Posted at 2012/10/30 16:39:54 | コメント(3) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2012年10月29日 イイね!

秋を探しに?

秋を探しに?雨上がりに自転車を押しながら、木道の端を見るともなく眺めていたら、下生えが代わっていました。手入れされているからこそですが、里山に行けば自然な草木の入れ替わりを観察できるのでしょうね。

初ブルべを見事クリアしたぼんてんさんに、千葉ではトライアルブルべ(90km)があると誘われましたが、先週から体が重たいのと最後の親知らずが痛み始めているので、今ひとつ気乗りがしません。

同じ90kmを走るならば、好きな里山の風景を見ながら気ままに走れた方が気持ちいいかな?珈琲セットを持って。
ロング、スロー、ディスタンス。そして移動カフェ。
Posted at 2012/10/29 23:26:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2012年10月28日 イイね!

自転車用のポンチョ

自転車用のポンチョポンチョであります。
こんなものはと最初はバカにしていたのですが、自転車のある生活を続ける以上避けられないのが雨天走行ならば、やはりポンチョで機動力を上げたいなと気になる品を調べてみました。

写真は自転車用ポンチョの代名詞的存在の、
■キャラダイスのダックスバックポンチョ(スーパー)。
英国お得意のオイルドコットンが良い雰囲気ですが、これが重たいことはバブアーのジャケットでよく知っています。雨の中を走り出すならばよいけれど、降るかも知れないと常備するには戸惑いがあります。前の着丈を長めにとることの良し悪しは相半ばしますが、自転車専用の証でもあります。
820g、着丈F110cm/R98cm、約17000円、濃緑
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B008I3O8NQ/ref=redir_mdp_mobile

その対極的存在が、カスクでお世話になっている
■リンプロジェクトのサイクルレインポンチョ
裏側がPVCコーティングされた防水ナイロン素材なので重量は軽く、仕舞寸法も22cm×9cmとコンパクトな部類。ポンチョが風でパタパタしないよう中にベルトが付いたり、ベンチレーターが付いたり、フードが着脱できるなど現代的な工夫が施されています。それでいてリーズナブルなお値段。暗い雨天時に明るい色というのも実用的で、超日本的と言えます。
500g、着丈F106cm/R85cm 、約6000円、オレンジ/イエロー/カモフラージュ
http://rinprojectshop.open365.jp/Products.118.aspx

が、へそ曲がりの私のモノ選びはここからです。重量と風合いのバランスをとったモノはないのか?

まずは、あじこぼさんに教えて貰った名古屋の自転車バッグメーカー、
■RSA SUNBAGのサイクルポンチョ
透湿防水ナイロン素材で軽くしながらも、高品質なアウトドアギアらしい風合い。色も明る過ぎず暗過ぎず。キャラダイスとリンプロジェクトを足して割ったような設計?専用ポーチに入れてベルトでサドルに吊り下げることが想定されてますが、仕舞寸法はリンプロジェクトほど小さくは無さそうです。
重量不明、着丈不明、16000円、ライトカーキ
http://rsasunbags.com/poncyo%20syousai.html

さらに、Makoさんが使う
■ブルックスのオックスフォード・ロールアップレインケープ
商標の関係でジョンブルトビーというブランドになるそうですが、現代のブルックスらしく、キャラダイスよりもぐっと軽く、着丈短めです。ハンドルまで覆わないという割り切り。なにより魅力的なのは、くるっと丸めてサドルループに付けられる革ベルトが予めポンチョに付いているところ。ポーチが要らないというのはストレスが小さいですね。狭山丘陵サイクリングでMakoさんがそうしているのを見た気がします。値段は高いですが、手を外に出せる設計で普段羽織っても違和感の無い都会的なセンスが魅力。
540g、着丈90cm(L)、約35000円、濃緑
http://www.cyclowired.jp/?q=node/31281

そして、英国式自転車生活のR&F氏が2010年サイクルモードショーで発表した、
■コバンポンチョ
コバンというのはモモンガのことだそうで、氏らしいネーミング。高品質アウトドアギアで使われる速乾性の防水素材を使って、フードを付けないオーソドックスなポンチョの形を実現。ブルックスよりも軽く、透明な庇が付いたレインハットと組み合わされるらしい。フードだと後ろが見にくいですもの。実物写真が乏しいので風合いがわかりませんが、氏のものづくりの思想には信頼を置いています。
重量不明、着丈・首回り・頭囲(採寸によるフルオーダー)、約23000円、薄茶~ベージュ系
http://hinotama-cyclist.jp/goods/index.html
http://m.blogs.yahoo.co.jp/tenzen194/26465339.html
http://blogs.yahoo.co.jp/tenzen194/29880093.html

私のチョイスはブルックスかコバンあたり。雨の中それを着て自転車に乗ることが、快適ということを超えて楽しいのは、この2つかなと。まさにお気に入りの傘を買うのと同じです。どちらも高価ではありますがほぼ一生もので、今後雨天にモヤモヤしないで済むというのは大きいですよね。この時期、梅雨の蒸し暑い時にも着ていられるかどうかを判断するには難しいにしても、冷たい雨で体温を奪われないようにする方が優先です。暑い時ならば雨はシャワーと思えばよいし。
Posted at 2012/10/28 17:33:27 | コメント(5) | トラックバック(0) | ファッション | 日記
2012年10月28日 イイね!

こんな自転車を見た 14

こんな自転車を見た 14昨日のTOEIオーナーの愛車展示に参加していた、サイクルショップ玄さんのプロムナード車。

TOEIのマークを象ったチェーンガードや、可愛いリアランプに目を惹かれました。が、その自分の眼が"お座敷自転車"を見る眼になっているのに気づいて、視るのをやめてしまいました。

よく使い込まれ、乗り手と一体になった道具のような自転車。それは、自分の中にある"お座敷の眼"を捨てることなのだなぁと思いました。

※あくまでも自転車を視る眼への反省です。自転車そのものがなんであれ。
Posted at 2012/10/28 12:34:19 | コメント(3) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2012年10月28日 イイね!

王子 「伊藤」のラーメン

王子 「伊藤」のラーメン昨日の川口暮らふとの帰りに、久しぶりに伊藤のラーメンを食べました。写真は肉そば大盛。

魚ダシ系ラーメンの中では、というよりもあらゆるラーメンの中でいま一番好きかもしれません。シンプルが故にまた食べたくなる、奥深い魅力があるのです。

長浜ラーメンのバリカタのような麺と、エグミの無い魚ダシ。ただコレだけの直球勝負にヤられてしまいます。パスタで言えばアルデンテのペペロンチーニ、蕎麦で言えば新そばのせいろですか。新しく出来た赤羽店にも行きましたが、伊藤本来のキレ味を確かめるならば、やはり王子本店ですね。

いつものホールのアジア系女子が入れ替わり、そのせいなのか、ご主人の声に張りが出てました。荒川からだと江北橋右岸に下りると近いので、ぜひ。
Posted at 2012/10/28 12:17:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | グルメ | 日記

プロフィール

車は好きですが、メカには弱いです。 自転車やアウトドアのギアは好きですが、本来はインドア派です。 愛車遍歴は、カーデザイナーからデザインや機能性、文化や...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

ルームランプユニット交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/12 23:37:22
fcl Room lamp 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/12 23:24:08
日産(純正) マップ ランプ/マップランプレンズ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/12 23:23:55

お友達

自転車、カメラ、映画、珈琲、キャンプが好きな方、どうぞよろしく!
60 人のお友達がいます
Gris BorealGris Boreal * Cruisin&#39;Cruisin' *
minnjiminnji * cc_buttercc_butter *
tetsu24tetsu24 ジョンくろジョンくろ

ファン

42 人のファンがいます

愛車一覧

その他 その他 その他 その他
2010年3月納車。カラーは廃番のシルバーミスト。 折り畳むことが出来て、自分のサイズで ...
ルノー カングー ルノー カングー
孫と老親と自転車のある生活の中で「働くクルマ」として選んだ、終のマイカー(7台目)は、カ ...
ランドローバー ディスカバリー3 ランドローバー ディスカバリー3
デザインと機能性に優れ、生活に溶け込む欧州車が好きで、その集大成と思って買った初の英国車 ...
シトロエン エグザンティア シトロエン エグザンティア
後輩の留学で2年間預かった、初ハイドロ。 高速での空飛ぶ絨毯のような乗り心地は唯一無二 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.