• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

a-waterのブログ一覧

2013年05月31日 イイね!

PEDROS & NASKALUB

PEDROS & NASKALUBそろそろリハビリライドが出来るかなと思い、その前にチェーン洗浄と注油です。

これまで灯油で洗浄していましたが、灯油の処分と匂いに耐えかね、生分解性のオレンジピールPEDROSを使って心ゆくまでシャカシャカ&濯ぎを繰り返しました。洗って捨てて乾かすまで風呂場で完結出来るのがいいですね。柑橘系の匂いもGOOD。

そして、NASKALUB。Makoさんとあじこぼさんの連携プレーによる頒布会にイッチョカミさせて貰い、マキノファクトリーが太鼓判を押す潤滑油を試すことが出来ます。ありがとうございます。

NASKALUBはこれまで使っていたFINISH LINE(WET)と比べてサラッとして、匂いが少ない。埃を集めて黒ずむ気配もありません。マキノファクトリーのレポートによれば、「高荷重にも耐えうる極圧性能と、粘性の低い油膜による低抵抗が両立している」ということらしいです。

それを実感出来るくらい走れるのが、いつになるのやら予断を許しませんが、前向きキープでボチボチ行きましょう。
Posted at 2013/05/31 23:32:09 | コメント(5) | トラックバック(0) | 自転車パーツ | 日記
2013年05月30日 イイね!

珈琲野点用バスケット

珈琲野点用バスケット今回のアップライト自転車ではフレーム共色のリアキャリアもお願いしていますが、一番の目的は珈琲野点セットを積むこと。

ポケロケでもジェットボイルをサドルバッグに入れて、ツーリング先でプレス珈琲を楽しんだことはありますが、さすがにガラス製珈琲サーバーを使ったドリップ珈琲となるとサドルバッグでは無理があります。

リアキャリアがあれば、大きなバッグでも括り付けさえすればOK。ということで、適当なピクニックバスケットを探してみました。写真のバスケットのサイズは、W460×D320×h200×H380mm。一番背の高い珈琲ポットが高さ17cmだから、ポットの底に合わせて切り込みを入れたスポンジをバスケットに敷いても十分。でもハンドルは畳めた方がいいし、もう少し安いのにしようっと。

ここのところ風邪気味で体が重たかったので、今日はお休みしました。夕方、小雨をかいくぐってパンを買いに少しだけ自転車に乗りましたが、左腕の痺れる痛みはかなり和らいで来たことを実感。でも今度は右の五十肩が痛みを増してきており、まるでドリフの箪笥(喩えが古い!)です。はぁ。
Posted at 2013/05/30 22:02:06 | コメント(5) | トラックバック(0) | アップライトツーリング | 日記
2013年05月30日 イイね!

アップライト自転車 泥除け

アップライト自転車 泥除けサドルB67のカラーを決めかねたまま、泥除けの検討です。28号の標準はやはり本所と思われますが、アップライト自転車のキャラを考えると、昔のブルーメルのようなセルロイド製や写真のような木製の泥除けも似合うかもなと妄想し始めています。

ブルーメル自体はドイツの会社に買われて、今は黒、銀、白などの無彩色になっているようで、それならば本所の方が良いに決まってます。一方、その本所製をフレームと共色にすることも考えられますが、R&Fさんによれば薄いフレームカラーだとあまりカッコよくならない…みたい。

そもそも英国クラブマン的には、普段は付けっ放しでレース会場でサクッと外すそうなので、綺麗にガッチリ取り付けるランドナーのそれとは考え方が違います。ポケロケの場合も純正のポン付けで用は足りております…但し超実用的で面白味に欠けるので、付けっ放しにはしたくない感じ。

そこで木製です。たまたま乾し肉さんの古いページを見つけ参照しました。ぺこり。
http://hosiniku.web.fc2.com/zitensya/doroyoke.html

考え方としてはフラットなものをポン付けするようですが、集成板をうまくデザインしていて味があるなぁと目を付けておりました。写真は、FAST BOY FENDERS。
28号で想定されている装着方法にフィットするのか、R&Fさんに尋ねてみねば。

@@@@

今日ようやくカミさんに、ドキドキしながら増車を告白したところ、置き場所はどうするの!と叱られました。そもそもポケロケのせいで玄関内を狭くしてしまっているので、玄関正面のアンティーク本棚をリビングに移動して自転車を上に上げたら?と言われておりました。となると、二台をうまく納めるラックが必要ですね。あぁ、ガレージが欲しい…。
Posted at 2013/05/30 00:43:27 | コメント(6) | トラックバック(0) | アップライトツーリング | 日記
2013年05月29日 イイね!

アップライト自転車 サドル

アップライト自転車 サドル28号はアップライト(=直立)で乗る自転車。パッと見は実用車に見えたり、フラットバーのランドナーに見えたりする28号ですが、乗るとそれらとは設計の根本から違うことがわかります。

それでも、R&Fさんにスプリング付きサドルを勧められた時は、さすがに違和感がありました。中高時代に新聞配達車で毎朝乗っていた奴?旧28号に試乗して乗り心地が好いことがわかっていても、です。アップハンドルにすることの視覚的な抵抗感と同じくらい、その幅広ぶりとスプリングのインパクトがあります。

しかし、アップライトに自転車に乗ってツーリングするということは、ポケロケに付けたスイフトとはお尻にかかる荷重がかなり異なることになります。それを実践しながら考え抜いた人のオススメを理解せずに食わず嫌いするのはやめようと、ブルックスのスプリング付きサドルのページを初めて買う気になって見てみました。CITY&HEAVY DUTYシリーズ。

勧められたB67は、創業時モデルのB66を普通の一本締めシートピラーに装着できるように変えたもの。他には前後にスプリングが付いたモデルやら、スプリング付B17のフライヤーやら、ダート用に強化されたスプリングを持つモデルやらがあり、かなりマジで作っていることが窺えます。B67が現代のスプリング付きサドルのスタンダードという位置付け。

サイズと重量をいま使っているスイフトと比べると、私の当初の違和感がご理解頂けようかと。真上から見ると、団扇みたい?
W205×L260mm、850g(B67)
W152×L272mm、510g(スイフト)

いざB67を受け入れる心の整理ができると、次は色です。B67にはブラック、ブラウン、ハニー以外に、AGEDの枯れたブラウンやSELECTのナチュラル(写真)もあって、茶系とは決めていましたが4種から選べるようですね。ただし、AGED(標準よりも柔らかい?)とSELECT(標準よりも硬い?)は革の硬さが異なり、レールのみならずスプリングも黒になることに注意。

さて、パナールブルーのフレームにマッチする茶サドルはどれでしょうね?うーむ。大銅鋲のSELECTのみ、ちとお高いことも忘れずに。
2013年05月27日 イイね!

アップライト自転車 覚書3

アップライト自転車 覚書3R&Fさんと相談して決めたことを、頂いたメモベースで記しておきます。おそらくフレーム製作の作業を規定する順番?

1)ホイールサイズは700Cでタイヤ28C杉目、リムはマビック(カンパのハブ126mmは自分で調達→済み)
2)リアキャリアは必要(フレーム共色)で、ブレーキはカンパのカンチ(銀)
3)フレームサイズは585、色はパナールブルー
4)当面のクランクはスギノのチェンライン43.5mmを使用
5)サドルはB67(スプリング付、茶)。変速レバーはステムシフター
6)変速器はサンツアー
7)オフセットの小さいチューブラー用のスペアフォークも必要
8)ペダルは三ヶ島製
9)泥よけ(輪行のためにダルマネジ不使用)
10)ハンドル、ブレーキ・レバーなどは、標準28号のものと同じ物

パーツ仕入れなどの支度金として半金を振り込めば、これで正式発注です。ふぅ。

で、写真はサイクルマルシェに展示されていた、アイズバイシクルのツーリング車に付いていたスギノの現行クランク。ギア板は48-34T。とりあえずこんな感じになるんですかね?そう言えば歯数は何も聞かれなかったなぁ。

それよりも驚いたのはスプリング付き革サドル。確かに乗り心地は良いけれど、かなり幅広で重たい。けれど、アップライトのポジションでロングツーリングをするならば、振動吸収するスプリング付がオススメと。最初B17などを付けた人も結局スプリング付に替えているそうな。うーむ、毒を食らわば皿までもの気分ですが、とことん身を委ねてみますか。

プロフィール

「で、もう一個のすんねるすたは何処に?@さん坊@starbikes 」
何シテル?   07/27 08:35
車は好きですが、メカには弱いです。 自転車やアウトドアのギアは好きですが、本来はインドア派です。 愛車遍歴は、クルマのデザインと機能性から英仏伊の文化や価値観...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

かつ丼集会!! ② 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/18 01:30:07
451のミニベロ 
カテゴリ:自転車
2014/10/30 01:14:23
 
ロイ飯田の怠惰な考察 
カテゴリ:自転車
2012/10/03 20:31:27
 

お友達

自転車、カメラ、映画、珈琲、キャンプが好きな方、どうぞよろしく!
50 人のお友達がいます
cc_buttercc_butter * 大根おろし大根おろし *
Disco-4@東京Disco-4@東京 * さん坊@starbikesさん坊@starbikes *
Cruisin&#39;Cruisin' * minnjiminnji *

ファン

32 人のファンがいます

愛車一覧

その他 その他 その他 その他
2010年3月納車。カラーは廃番のシルバーミスト。 折り畳むことが出来て、自分のサイズで ...
ルノー カングー ルノー カングー
孫と老親と自転車のある生活の中で「働くクルマ」として選んだ、終のマイカー(7台目)は、カ ...
ランドローバー ディスカバリー3 ランドローバー ディスカバリー3
デザインと機能性に優れ、生活に溶け込む欧州車が好きで、その集大成と思って買った初の英国車 ...
シトロエン エグザンティア シトロエン エグザンティア
後輩の留学で2年間預かった、初ハイドロ。 高速での空飛ぶ絨毯のような乗り心地は唯一無二 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.