車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2013年06月30日 イイね!
坂東サイクリング首肩の痺れがほぼ治まったので、今日はようやく4Catsさんのお誘いに乗ることができました。石下の総合運動公園(茨城県常総市鴻野山)に朝7時に集合したのは、ティオさん、taboomさんを加えた4名。

私だけが初参加ですが、坂東は田畑と雑木林と川の間をぐるぐる巡るサイクリングができるので、皆さんの日記を読んでずっーと行きたかったのです。視界の限りの緑の中の道を走っていると、パターソンの世界に迷い込んだような気分。ただペダルを回しているだけで、口笛を吹きたくなります。久しぶりだなぁ、この感じ。

BRM413の試走の時にbiroさんと走った場所も通りましたが、今回は時間を気にしない徘徊と探検なので4Catsさんはビミョーな道でもガンガン入って行きます。丘陵とはまた一味違う楽しみがありますね。にもかかわらず、ほとんど人に出会わないのが不思議です。あぁ、もったいない。茨城のサイクリストはなにしてるんだ!と。

今日はiPhoneカメラをあまり使わなかったので大した写真をアップできませんが、写真は「将門公一族の墳墓の地」。今回は将門ゆかりの名跡は見ていませんが、鐘をついた東漸寺も飛鳥時代の創建らしく、歴史のある土地。次回の坂東では、そのあたり訪ねてみたいですね。

今日の走行距離、45キロ。
Posted at 2013/06/30 16:16:04 | コメント(5) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2013年06月29日 イイね!
ガーナの籠とイーストリバーサイクルズ再び本の断捨離に、カミさんと神保町へ出かけました。今回は宮沢賢治全集と新劇を中心に段ボール2箱。

その後、万年橋の空庵と言うブックカフェでひよこ豆のキーマカレーを食べ、辺りを散歩していたら、かわいい籠が付いた自転車を発見。なにやらギャラリーみたいな場所に同じような自転車が数台並んでいたので声をかけたところ、ALOHALOCOと言うメーカーのオフィスでした。

ALOHALOCOでは、フレームは台湾、籠はガーナ、ベルは米国などと、デザインコンセプトに基づき世界からパーツを仕入れ、ショップに卸しているとのこと。一番近いショップは森下のイーストリバーサイクルズと聞いたので、その足で覗きに行きました。

イーストリバーはたしかbiroさんから聞いたことがある気がしますが、訪問は初めて。小さいながらオシャレで、それでいてチャラチャラしているわけではない品揃えがいい感じです。米国CIELOの自転車に木製ガードを付けた奴が試乗できるらしく、ちょっと惹かれました。

目当てのガーナの籠は在庫が2点のみで色合いが好みでなかったので見送りました。が、エレファントグラスを使った南国な風合いは、肩の力が抜けていてカミさんのグランテックに似合いそうです。さっき見たオフィスも来週からギャラリーとして一般公開するらしいので、今度は自転車で来てじっくり見てみましょう。
Posted at 2013/06/29 19:31:10 | コメント(3) | トラックバック(0) | 自転車パーツ | 日記
2013年06月27日 イイね!
久しぶりの夜ポタ気持ちのよい夕暮れをオフィスで見て、ある予感のもとに急ぎ帰宅し、数キロだけポタリング。

うむ、やはり左肩の痺れる痛みがほとんど消えている!

体が欲するままに乗り、ゆっくり30分走るだけでリフレッシュできる有り難みを、久しぶりに素直に感じられました。

このまま完治に向かってくれるといいなぁ。右の五十肩の痛みはほぼピークに来ていますが、左の嫌な痺れに比べれば…。

ナイトライドは久しぶりでしたが、夜は静かなのでリアから聞こえる異音を確認し易いと言う利点もありますね。左の痺れがあるとメンテする気力も失せてましたが、週末は雨らしいので異音の原因探しでもしてみますか。
Posted at 2013/06/27 22:49:52 | コメント(4) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2013年06月26日 イイね!
砲弾型ヘッドランプマイボトルについては仮の結論に至ったので、次はライトです。ヘッドランプと言うのでしょうか。

ポケロケを買ってから一体いくつのライトを買って来たのか記憶が曖昧になるほどですが、ブルべを経ることにより、「知覚して貰う為のライト」から「道を照らすライト」へと選択が移行したように思います。

また、盗難を避ける意味で、できれば車体にボルトで固定して常備できた方が良いと感じるようにもなっています。旧来のランドナーではダイナモ、最近のブルべライダーの中ではハブダイナモが常識化しつつあるのも、同じ理由からでしょうか。いや、電池に依存しないためですかね?

ただ、昼間でも重く回転抵抗があるものを装着することには少し違和感があり、また断線トラブルのことも気になります。そういう意味では、常設してしっくり来るバッテリーライト(USB充電&電池)の方が有難いのですが、バッテリーライトはロードレーサーに緊急避難的に付けるものとしてデザインされているモノがほとんどで、デザインとしてはB&Mのようなダイナモライトの方が圧倒的に自然なのも事実。

うーむ。私が天邪鬼なのか、どうも私が欲しいモノは無いモノねだりになりがちですね。

常設という条件を捨てればよいのでしょうが、ポケロケのリアにはトラディショナルな砲弾型でLEDライトであるベビーライトを常設していて気に入っています。それに似たフロントライトを探してみると、最近はいくつか出てきているようですね。

写真はその一つのLINUSですが、外装はプラスチックのようで、現物を見てみないと分かりませんが、今ひとつ頼りなさそう。他にもオランダのAXAや、両国いちかわには金属製のモノがあるようですが、そもそもちゃんと道を照らすだけの光量があるのか、どこにも書かれていないのが不安です。どちらかと言えばファッション留まり、街中用途で、本気で暗闇を照らすツールとして作られたものが無いような・・・。

こればっかりは、ビンテージのオクで探しても見つからなさそうです・・・。あ、ランドナーお約束の探検ライトはあえて外していますが、28号にはフロントキャリアを付けないからであります。でも、ヤジロベーでハブ軸に付けるという手はありますか。ふ~む、ぐるぐる。
Posted at 2013/06/26 17:03:36 | コメント(5) | トラックバック(0) | アップライトツーリング | 日記
2013年06月23日 イイね!
マイボトル 一旦完結アップハンドル車のハンドルマウント用として始めたマイボトル研究ですが、アップハンドル車ができるまでは、一旦写真のような完結とします。

そもそもマイボトルの衛生管理の観点から、バイクフライデー純正ボトルはヤバくないか(飲み口が常時露出、中もカーブしていて洗いにくい)と気づいたので、これをナルゲン透明ボトルに替えることを優先。

次にナルゲンのボトルをケージに入れると、ビミョーに大きかったり小さかったりすることが推測されたので、オベベ(ナルゲン純正のネオプレーン素材のポーチ)を着せることを想定。そうすると、普通のケージに広口500mlが唯一の選択肢なのですが、私には大型ケージがあるので細口500mlもOKのはず!

と言うことで、池袋の秀山荘で実際にケージに入れさせて貰った結果が写真の姿(オベベを少し脱いでお見せしてます)。ケージの背が高くボトルが脇からこぼれそうに見えますが、手前と奥でガッチリ挟んでいるので微動だにしません。オベベのおかげでケージへの収まりがよいだけでなく、保冷効果も期待できそうです。まだ試していませんが、大型ケージは必要なら1Lペットボトルも入れられますしね。

ナルゲン細口はマイボトルなので、珈琲を持っていかない時は毎朝コレに水を入れて持ち歩くことにします。さっき水を入れて飲んでみましたが、Makoさんのオススメ通り抜群の飲み口、飲み応え。レースでもないのにボトルをムギュと掴んで飲むことが、今更ながら不自然だと気づきましたとさ。
Posted at 2013/06/23 18:01:46 | コメント(4) | トラックバック(0) | 自転車パーツ | 日記
プロフィール
「あはは、どうせなら自転車をモチーフにしたステッカーがあれば、一目でニュートラルカーとわかるのでは?@さん坊@N.E.J.St-Bow 」
何シテル?   03/28 21:49
車は好きですが、メカには弱いです。自転車やアウトドアのギアは好きですが、本来はインドア派です。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2013/6 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
かつ丼集会!! ② 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/18 01:30:07
451のミニベロ 
カテゴリ:自転車
2014/10/30 01:14:23
 
ロイ飯田の怠惰な考察 
カテゴリ:自転車
2012/10/03 20:31:27
 
お友達
自転車、カメラ、映画、珈琲、キャンプが好きな方、どうぞよろしく!
42 人のお友達がいます
大根おろし大根おろし * Disco-4@東京Disco-4@東京 *
Gris BorealGris Boreal * 若翁若翁
cc_buttercc_butter スプリスプリ
ファン
25 人のファンがいます
愛車一覧
その他 その他 その他 その他
2010年3月納車。 折り畳むことが出来て、自分のサイズでオーダーできる小径ロードバイク ...
ランドローバー ディスカバリー3 ランドローバー ディスカバリー3
デザインと機能性に優れた欧州車、特に伊・仏・英車が好きです。 ■05年~: ランドロー ...
シトロエン エグザンティア シトロエン エグザンティア
後輩の留学で2年間預かり、初ハイドロ。 高速での空飛ぶ絨毯のような乗り心地は唯一無二。
ランチア テーマ ランチア テーマ
家族4人でのロングツーリングの為の初ワゴン車。 ゼニアの生地を使ったシートは疲れ知らずで ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.