• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

a-waterのブログ一覧

2016年09月28日 イイね!

旧フリードが来た

旧フリードが来たディスカバリー3の後継と言うか、娘に渡す為に乗り換えたのはホンダフリードの2009年式。全長4215×全幅1695×全高1715mm。ディスカバリー3は全長4849×全幅1915×全高1882mmですから、同じ7人乗りとはいえ、かなりコンパクト。
(因みに、ムルティプラは全長4005mm×全幅1875mm×全高1670mmで、縦横比がかなりユニーク)

和製ムルティプラのつもりでしたが、ソツない設計にはワクワクするところは少なく。ただ、Cピラーに繋がるサイドガラスやリアガラスのデザインはユニークで好き。

ハイブリッドではなく、左側のスライドドアのみ電動。三列目のシートは左右に跳ね上げるタイプで、リアゲートは低い位置から開くのでベビーカーを縦に入れることができるのは便利。7人乗車はなんとかできるレベルで、むしろスパイクのような荷車の方に真骨頂があるパッケージング。だから幅を広げて2列6人乗車にして欲しかった…と思うのは私だけか。笑

一番の違和感は、速度に応じて変化するパワステの軽さ。80年代の日本車からあまり変わってないということは、日本の狭い路地には適しているのかもしれませんが、私には不自然で気持ち悪い…。

今日から曽孫を見せに帰省中。弟はハイブリッドのクラウンに替えたらしく、此方のパワステは自然だけれど、まるで動く家電のよう。うーむ。co2排出量を下げることとナチュラルに楽しく運転できることは両立できないんですかね?

追記
自転車積載の為だけにマイカーを持つのは贅沢過ぎですが、再びマイカーを持つならばカングーのような乗って楽しい商用車(フルゴネット)に魅力を感じますね。
Posted at 2016/09/29 23:00:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | カングー | 日記
2016年09月28日 イイね!

築地界隈

先月から仕事で定期的に築地に行っているのですが、いま移転で話題の市場ではなく、江戸末期に外国人居留地だった街並みを散策してみました。

先ずはランドマークの築地本願寺。浄土真宗本願寺派の寺ですが関東大震災後に日印の仏教建築様式を融合させたもの。






本願寺を東に出ると外国人居留地だったエリアが聖路加病院の方へ広がるわけですが、名残は残っておらず。水路に掛かっていた備前橋の欄干が残る公園くらいか。



ただ、日本家屋の長屋や銅板葺きの商店が街並みに点在して残っている佇まいは、このままでいて欲しいなぁ。






そんな街の一角に老舗のとんかつ屋、かつ平があります。



池波正太郎の銀座日記にも紹介されたと言うロースかつ定食をいただきましたが、ロースかつ好きには堪らない逸品。
甘い脂身の多さが特徴で、結構なボリュームですがクリスピーな揚げの技術でペロリと食べてしまいました。揚げがもう少し硬ければ、私が好きだった神保町の羅生門のロースかつに似ているかもしれません。



食後に一服していると、二階から顔を出してお天気と街行く人を眺めている飼い猫がおりました。写真を撮ろうと近づくと、此方を直視してポーズを取ってくれ、撮り終わると一拍置いてから部屋の中に戻っていきました。街のご隠居さんみたい。笑




Posted at 2016/09/28 22:17:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | Destination | 日記
2016年09月25日 イイね!

公と私の境界

公と私の境界Cappuccinoさんとkoro1さんに誘われ、来月上旬に輪行で奥日光のイタリア大使館別荘に行こうという計画。

一年ぶりの輪行だし、遠出も久しぶりなので、ぼちぼちポケロケの点検整備をしなきゃ。

先ずは重たいThudbusterのシートポストを軽いThomsonに交換し、カメラを収めるサドルバッグもCarradiceからsuewに替えて、輪行向きの軽量仕様に。雨天に備えたBrooksのポンチョはハンドルバーに括りつけかな。

で、サドル位置のチェックの為に近所をぷらぷら流していたら、緑が歩道に張り出した木造家屋を発見。はて?と近づくと、隣の教会の附属施設で定期的に工房カフェとして開放しているみたい。

ちょうど台湾の永康公園や大阪の靭公園の記事を読んだばかりだったのですが、公と私の境界をわざと緩くすることで市民の参加性を高める動きがあるそうな。先日行った南池袋公園にも、そんな息吹きを感じたのかも。

昔の日本家屋が縁側や軒下を持っていたように、あるいは英国にコモンプレイスがあるように、こうした試みが地元や日常の風景を豊かにしていくように思えます。

街並みやパブリックスペースを行政に任せきりにする(依存、ハード中心)のではなく、市民同士が助け合い協力して住みやすい街に変えていく(信頼、ソフト中心)。

後半生を考えると、こうした街に溶け込む住まい、生活でありたいし、貢献したいと思うこの頃です。
Posted at 2016/09/25 13:43:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | 眺め | 日記
2016年09月24日 イイね!

おはぎ

おはぎ今朝から無性におはぎを食べたくなって(考えてみればお彼岸でしたね)、雨のなか庚申塚まで代車の軽ワゴンでピュッ〜と。

おはぎとぼた餅の違いはさておき、餅米の搗き加減、餅米と小豆餡の分量バランス、つぶ餡の甘さ加減(塩梅)が良ければ満足です。

昔は親戚や近所のおばさんの誰かが作ってくれ、それがお彼岸の楽しみだった気がします。
小豆を炊いて餡を作るのもなかなか根気が要りますが、好きな珈琲を自分で淹れるように、餡作りの時間も確保したいものです。

そういえば、樹木希林が出演する「あん」という映画も良かったな。
Posted at 2016/09/24 16:30:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | グルメ | 日記
2016年09月20日 イイね!

モバイルオフィス

モバイルオフィスビジネストロリーを使っての大阪出張はあいにくの台風に見舞われましたが、大人の事情で珍しくグリーン車で過ごしたら、ビジネストロリーがモバイルオフィスになることを実感できました。

と言うのも、ビジネストロリーの良い点は、自立させたまま中身にアクセスできるところなんですね。脇に置くと、ちょうど袖机のように機能し、蛇腹式のポケットから必要なものを迷わず取り出すことができます。

頭ではわかっていたことですが、実際にやってみて、オフィスにいるのと同じ感覚で作業できることに驚きました。自立して蛇腹に開くと言うだけで、こんなに使い勝手が変わるんですね。

その他長所としては。
重量バランスが良いのか、自重がある割には階段で手で持ってもさほど重さを感じさせない。4輪はダブルホイールだからか、転がし音はとても静かでマイルドな音質。ハンドルの長さは2段階で調節できる。外ポケット部は意外に奥行があるので、此処にカメラや折り畳み傘も収納できるのは便利。いろいろよく考えられた設計ですね。

短所としては。
4輪だから車内では転がる可能性がありますが、グリーン車ならばフットレストが車止めになります。笑
コーヒーボトルを立てて収納するポケットが内部に無い点だけが惜しい。外ポケットの中にベルクロテープで工作するかな?
Posted at 2016/09/21 00:32:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | ファッション | 日記

プロフィール

「で、もう一個のすんねるすたは何処に?@さん坊@starbikes 」
何シテル?   07/27 08:35
車は好きですが、メカには弱いです。 自転車やアウトドアのギアは好きですが、本来はインドア派です。 愛車遍歴は、クルマのデザインと機能性から英仏伊の文化や価値観...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

かつ丼集会!! ② 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/18 01:30:07
451のミニベロ 
カテゴリ:自転車
2014/10/30 01:14:23
 
ロイ飯田の怠惰な考察 
カテゴリ:自転車
2012/10/03 20:31:27
 

お友達

自転車、カメラ、映画、珈琲、キャンプが好きな方、どうぞよろしく!
50 人のお友達がいます
cc_buttercc_butter * 大根おろし大根おろし *
Disco-4@東京Disco-4@東京 * さん坊@starbikesさん坊@starbikes *
Cruisin&#39;Cruisin' * minnjiminnji *

ファン

32 人のファンがいます

愛車一覧

その他 その他 その他 その他
2010年3月納車。カラーは廃番のシルバーミスト。 折り畳むことが出来て、自分のサイズで ...
ルノー カングー ルノー カングー
孫と老親と自転車のある生活の中で「働くクルマ」として選んだ、終のマイカー(7台目)は、カ ...
ランドローバー ディスカバリー3 ランドローバー ディスカバリー3
デザインと機能性に優れ、生活に溶け込む欧州車が好きで、その集大成と思って買った初の英国車 ...
シトロエン エグザンティア シトロエン エグザンティア
後輩の留学で2年間預かった、初ハイドロ。 高速での空飛ぶ絨毯のような乗り心地は唯一無二 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.