• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ALROSP939のブログ一覧

2018年01月11日 イイね!

縁起が(2018) イイヤ!!

縁起が(2018) イイヤ!!

あけまして おめでとうございます

ことしも よろしく おねがいします。


早速ですが 2018年の語呂合わせ

18=イイヤ!! と 縁起のいい お話です


今日は 1月11日 1が並ぶ いい日ですよね

ところが もっと 1がどんどん並んだら なおさら いいのかも・・・

たとえば 111111・・・ とね


この写真をご覧ください!  「1」が いくつありますか?

alt

1が なんと 12個 111111111111

ごらんください 

入庫時間 1月11日11時11分
 


ここは 連番です!

偶然にしては あまりにも・・・ラッキー!!

そう考えるのは まだ お正月すぎたばかり だからでしょうか?


この切符を ぜひ記念に 頂きたかったが 出庫と共に 精算機の中へ・・・

そう思ったので あらかじめ 写真を撮っておきました


ことし 何かいいことが ありますように・・・

印刷し お守りの中へ 

いつも 安全運転で 参りましょう!



Posted at 2018/01/11 17:09:32 | 日記
2017年10月28日 イイね!

秋晴れ オープンカー オー・ソレ・ミオ

秋晴れ オープンカー オー・ソレ・ミオ【引用】
     若山牧水作

     雲されば もののかげなく 

     うす赤き 夕日の山に 秋風ぞ吹く




台風21号 をふくむ 雨の多い秋のはじまりであった

そのなかで ハロウィンに 秋晴れ が やってきた

Spider939 の 魅力に 感激!


晴れ イコール オープン・カー!!

貴重な夕陽 開放感!




幌をたたむと 追加カメラ群が はっきりと みえてくる

❶ フロントウインドウカメラ: ドライブレコーダー(前方映像&記録&監視)単体

❷ リアガラスパネルカメラ: ドライブレコーダー(後方映像&記録=ミラーモニターで監視)

❸ 左サイドミラーカメラ: バックカメラ(左後方映像=ミラーモニター監視) 

❹ バックカメラ:  ナンバープレート取付 (後方監視=ナビ監視)

➎ エンブレム真下の盾内ノーズトップカメラ: 水平視野180度 (車庫/駐車場 頭出し監視)





スパイダー(カブリオレの意味)設計は ピニンファリーナ担当 

いつみても  この複雑な絶妙な動きには 感動せり!



正面からみると カメラ類が 判る



拡大したのが 下の写真



上の2枚の写真にある カメラ群の説明:

❶ 手前ルームミラーの助手席に ドラレコ・カメラ 記録再生 常時単体動作


❷ リアガラスパネルの中央に ドラレコカメラ 単体でも記録再生常時動作 プラス
  
  逆転映像出力を 常時 ルームミラーモニターの入力1へ 常時供給


❸ 左サイドミラー下に取付たカメラ 直接常時 同モニターの入力2へ 常時供給

※ ❷/❸は モニター入力1/入力2 切り替え 停止/走行中 常時映し出す


❹ バックカメラ映像は バックギア時に ナビ画面に 常時映し出す
 

➎ エンブレム真下の盾内ノーズトップカメラ(水平視野180度) 

  バックギア以外で ナビ画面に 常時映し出す

※ 車庫/駐車場から頭出しに効果あり



<独り言>

今年は 雨が多く 昼間でも 薄暗い日が多かった 

日中でも ポジションランプ点灯 が 多かった


今日みたいに 晴れたら たちまち 汚れが 目立つ?!


近いうちに ホイール タイヤ ボディーを しっかりと 洗おう!

次 いつ 晴れるのかなあ・・・!!


”テルテル坊主 テル坊主 早く天気になあ~れ!”

”O sole mio! 私の太陽!”(ナポリ民謡)




Posted at 2017/10/28 09:33:34 | カブリオレ | 日記
2017年10月21日 イイね!

譲り合い 車の流れ

譲り合い 車の流れ
テレビで 「あおりの事故」が 取り上げられている

生涯 体験しなかった人は いない

思い出すのも 怖い  思い出したくも ない

そんな目に 再び 遭いたくない




そんな中 思い出したのが ドイツの アウトバーン で 体験したこと

ご存知の 速度制限がない ドイツの アウトバーン 

昔の話だが この時世 あたらしい話として 蘇ってくる

ドイツに 住み始めてから 間もなくの 嫌な体験だった


。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。


出張で 目的地空港から 行先まで レンタカーし アウトバーンに乗った

ドイツは 右側通行である 多くのクルマは 通常車線を 走る

バックミラーを 確認した 車が まったく 見えない

それから 前の車を 追い越すことにした 当たり前のルーチン


左車線 追い越し車線に 入ってから 右のクルマと並んだ その時?

バックミラーに 体験したことない 光景が見えた!


なんと 後ろから メルセデスが ピタッ と 無音で 迫ってくるでは ないか!

ヒタ ヒタ ヒタ と たちまち 1m後ろに くっつかれてしまった!

運転手の顔が見える! 「どけ!」 という すました顔 している


こちらは 時速120km以上出ているが 速度が出る車ではない!

彼は 250km以上で 迫って来たに 違いない


一方 自車の性能では 追い抜く右のクルマを すんなりとは 抜けない

右のクルマも 同様の速度で 走っていたからだ

少し時間を 要する 

つまり 右のクルマと 並走する 時間帯がある訳

その時間帯の 長かったこと!長かったこと!


なぜなら 後ろに メルセデスが ドケッ!と 叫ばんばかり! くっつかれている

無論 アクセルを踏み込むが 三台の車の状況は すこしも 変わらない


「おい!お前をくっつけては走れない! 速度落とせ!」と 後ろに叫ぶ

もとより 自車は メルセデスに負けるグレードの車 


あたかも アウトバーン上で 三台の車の 時間軸が 止まっていた!

三台の車の 間隔が 変わらないから そう感じるのだ

・・・かのような 錯覚を受け 続ける 不思議な時空!


右のクルマを追い抜く間に 並走している 自車!

後ろの車の前を 疾走し 逃げ切ろうとする 自車!

「俺は カラミティー・ジェーンじゃない!からむなよ!」と叫ぶ!


三位一体 アウトバーンで 並走する その時間帯!

正直 それまで 未体験のことだった!


案の定 精神的病気の症状が 噴出した!

冷汗が出る! 心臓がバクバクする! 怖い!

それが発症しても さらに 続きっぱなし! 

いつまでも 終らない また また 怖くなる!


やがて 自車は 右のクルマを 追い抜き終えた

やっと 通常車線に入れた!

そこまでに かかった 時間 

これまた 長かったこと!長かったこと!

 
追い抜きざま メルセデスのドライバーを見た! 

自分は 頭に来て 怒っていた

平然とした顔して こっちを見た 彼の目と目とが合った すかさず 

人差し指を こめかみに当てるジェスチャーを 彼に 送った!

(解説:人差し指を当てる位置で 伝える意味が変わる
目から下なら 自分と言う意味になるが 目から上だと 頭を指すから
頭がおかしいのか? 頭が変じゃないのか?気違いか?の意味になる)


相手は こちらを見ていた こちらのサインを 理解した筈 

しかし 何事もなかったかのように 横をすり抜けて 

たちまち 前方遠くに 点となり 消え去ってしまった ・・・


(最近の あおり事故から学ぶとすれば この自分のサインは 危険大!)



途端に がっくりと来た! 

緊張がほぐれて 疲れがどっと 出た!

未体験だったからか 「よく生きていた!」と 自分に言い聞かせた・・・



その時は アウトバーン慣れている ドイツ人には 普通の現象か と慰めた

しかし それは 必ずしも 正解ではなかった

その後 何年間 同じ状況を ほんの数えるほどしか 体験していない

やはり 特殊なケースだったのだろう と いま 回顧する


回顧はしても その恐怖の光景は はっきりと覚えており

このトラウマは 何年間も 消え去ることは なかった


後ろに付く方も とても 危険な行為である

一つ間違えば 衝突が 起きること 必要かつ十分な条件である

付かれた方も 心中穏やかでなくなり 不安定な運転から 事故につながる


車間距離が 大事であることは こうした体験しなくても

教習所でも 教えてくれている筈 


「基本に戻ろう」 という言葉は 運転にも当てはまる


ちなみに 250km/hを超えるスピードで走る アウトバーン

よく話題となるのが 『何故 事故が少ないか』 がある


自分なりに解釈すると こうなろう


❶ルールがしっかりしている 

 ---日本は暗黙の了解的な要素が濃いルールでさえ 
   不明確不透明である とさえ 言われている
    
   最近のあおり事故についても 曖昧さがある


❷ルール順守する国民性

 ---『ドイツ人的徹底性』という言葉の世界で 住んだ自分は
   ドイツ人は 決まったことは守る ことを知っており 
   きちんと守れば 住みやすい 社会だ と 
   自分も 体験できたから そう感じる


みなさんは いかがですか?




とにかく 自動車を運転するドライバーは 感情は車内に持ち込まない方がいい


血気盛んな若い頃の自分も そうした感情コントロールには 苦しんだ

試行錯誤でやって来て いまはどうしているか?

ここに 紹介してみたい


親が建てた我が実家は 当時の 5ナンバーの幅寸法の車庫

それを 現在も 使っている このSpider939幅 1830mm

分厚い2ドアもあるから ぎりぎり乗降できる

その分 車庫入れは 超難しい!


特に 路上から バックは 失敗が許されない

左車庫の柱から 車体のクリアランスは 1cm!でないと 

右ドア開けて乗降車できない!

左ドアミラーにバックカメラを取付した理由がここにある

モニターで車庫入れ中 車庫の柱と 車体との隙間を監視している


自宅でも街中でも 駐車場/車庫の出入り時に 唱える ”おまじない” がある

それは 『俺は ジャンボ機のパイロット』 なったつもりになること!

大きなジャンボ機体を 慎重に バックミラーを確認しながら 

後ろ向きに 車庫入れ や 駐車をしている


普通道路や高速道路を走る際にも ジャンボ機を運転している 気持ち

そんな おおらかな 慎重な 気分になっていれば 心の余裕が出来

前後の車間距離 横 全方位で 注意を払いながら 運転している


こうすると 不思議と 焦りとか 怒りとかは 自然と 抑えられる

この処方は もしかして 自分だけに 効果的なのかもしれない・・・

生涯通し 自分の安全運転には この態度が 一番長期間 効果がある

 
。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。★。゜。☆。゜。


 
ご愛顧ありがとうございます





 


Posted at 2017/10/21 11:42:28 | ランキング | 日記
2017年10月19日 イイね!

アロマ・テラピー アルファ・ロメオ

アロマ・テラピー アルファ・ロメオ今週 東京は 60年ぶりの冷え込み だった

扇風機を しまい込んで すぐ 冬の気候へ

半そでから 一週間で 冬支度 忙しや

週末 台風10号 日本縦断とか・・・










試してみた アロマテラピー/加湿器!

パーツレビューに 画像を 多く掲載中


このSpider939を 手に入れて すぐ ebay で ゲット していた

やっと 冬気候になり 使い 始めるタイミングが来た




Spider939の室内に 霧が 立ち上る姿は なかなかの 風流がある!

(使用は一台だから 写真は そんなイメージのみ)


さらに アロマを 水タンクに 垂らしておくと アロマ加湿器に 変身!




使用方法は かんたん


・タンクを取り外す 水を満たす アロマエッセンスオイルを 垂らす

・タンクを取り付ける シガーソケットに装着する 電源スイッチを入れる

・噴霧の強度は 二段階 たのしめる


室内に 動く気配のものは まったくない のが 当たり前の 車内風景

だから 霧が立ち上る光景には 不思議な雰囲気を 感じてしまう


旅客機内で 暖かいコーヒーを飲んでいると 湯気が立ち上る

成層圏を時速800km以上で 飛んでいるのに 湯気がゆっくり吹き上がる

蒸気機関車のシュッシュッポッポ あのように 霧が吹きあがる!?

あたかも 静止した室内に 座って居るかのような 錯覚を起こさせる



アロマテラピー なら 安息の空間の中で 運転しているか のようだ

凄っく 新しい 体験なので  おすすめしたい 一品である!



いま揃っている アロマは 写真左から

ラベンダー ローズゼラニウム ユーカリ レモン スイートオレンジ 

中央手前の ウエルカム ブレンドエッセンシャルオイル (頂き物)


カブリオレの幌の中 アロマ・テラピー で 安全運転!!努めたい
Posted at 2017/10/20 17:39:36 | 日記
2017年10月18日 イイね!

我が イタリア車 イタリア人と 一体化 つまり 洗礼を受けた

我が イタリア車 イタリア人と 一体化 つまり 洗礼を受けたイタリア車が 日本に 輸入されると

乗車する人は 自然と 日本人が多くなる

それでも 2シーターだから そう多くはない
 
ましてや イタリア人は 乗車するか わからない

この車を使い始めてから 三か月経過している


早くも イタリア人男性 と イタリア人女性と 助手席に 乗って頂いた という話



もちろん イタリア語を 学んでいることに 大いに 関係がある現象


個人情報遵守ゆえ 彼らの写真は 掲載できない

ここに掲載の写真は 全部 イメージでしかない



イタリア人男性は 159をかって 運転したことがある と話してくれた

本革シートのメーカーが イタリアの一流の企業であることは 知っていた

車が好きだから 世界の車について 話が通じたのは 言うまでもない



タイトルの 『イタリア車 洗礼をうけた』 の真意は こうである


日本で このイタリア車に イタリア人が 乗車したこと

つまり イタリア人と この車とが 一体化したこと

一体化の意味は 洗礼という言葉の時に 使われるらしい


イタリア人が イタリア車に乗った あるいは イタリア車に イタリア人が乗った

この象徴的な 現象で イタリア車らしくなった と 感じている


このイタリア車が はるばる イタリアから やって来たんだな・・・

そんな ルーツ みたいな 時間軸をも 感じ取れた気がする

だから やっと イタリア車らしく 見える という 話である


もとより 洗礼は 救いの条件 では ない

引き続き 安全運転を 責任もって 行うことに 変わりはない
Posted at 2017/10/18 14:58:28 | 日記

プロフィール

「1月11日 1が並ぶ日 縁起のいい日なんですよね!
なんと 11時11分 まで 印字された駐車券!
http://minkara.carview.co.jp/userid/2812383/blog/

ことしも 安全運転で 参りましょう!」
何シテル?   01/11 17:20
スパイダー939に 初めて乗ります  実車共々の愛称は ” ネロ皇帝 ” (ALROSP939)です   <Nero(イタリア語で”黒”) 皇帝...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ スパイダー ”ネロ皇帝” (アルファロメオ スパイダー)
アルファロメオ スパイダー 939 2007年式  2006年10月から 2011年1 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.