• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

あんなmmkのブログ一覧

2017年11月17日 イイね!

ワクチンが、足りない。

ワクチンが、足りない。インフルエンザワクチンが、足りない。



テレビでも言っているが、本当に少ないみたいで、

ワクチンを接種できた人は、懸賞に当たったラッキーな人みたいな感じにまでなっている。

病院によっては、常連のお得意様限定で、

一見さんはお断りとしているところもあるそうだ。



ほんまにワクチンが必要な人が打てていないのでは?

受験生も不安やろうな。

「予約してあるから、自分は接種できる」と知り合いは安心してたけれど、

ほんまに打ってもらえるんやろか。



ワクチン接種時期が遅れたせいで、今冬はインフルエンザが大流行するかもしれない。

でも、ワクチンを過信してはいけないし、

打てなかったことで不安にならなくてもいいと思う。



わたしはだいたい、4年に1回インフルエンザにかかる。

理由はよくわからない。

毎年接種しているのに、それでも感染する。

ワクチンのおかげで、症状は軽くて助かるけれど。



何をしていても、感染(うつ)るときは感染る。

だから自分で自分を守るしかない。



インフルエンザに限らず、

予防の基本は、うがい、手洗い、栄養、睡眠、保湿。

免疫力を上げることも大切だ。



くよくようじうじ悩んだりせず、

甘い花蜜や塩辛い壺蜜を舐め、

人肌の液体を飲み、

裸で眠るときはお互いの体温をわかちあい、

おいしい棒や豆をしゃぶっておけば、なんとかなりそうな気がする。



あえぎ過ぎるとのどが渇くし、潮を吹くと体内が乾くので、

水分補給は忘れずに。



効果があるのは、注射よりワクワクチンポ。

痛くなくて気持ちがいい。

ワクワクチンポを接種してもらえないときは、せめて男の体に触れておこう。

免疫力を上げると、粘液力も上がる。



男の下着の中に冷えた両足を突っ込んで、

かわいい子犬をこちょこちょ挟むと、すごくあったまる。

子犬の飼い主は怒るけど。



怒らせてじゃれあうのもまた、生ワクチンのよさ。







Posted at 2017/11/17 05:24:32 | コメント(5) | トラックバック(0) | からだ | 日記
2017年11月07日 イイね!

ひとりで、身軽に。

ひとりで、身軽に。懸賞で当たった公演を観に、舞浜のディズニーリゾートへ。

 

とその前に、前回行けなかった「東京大神宮」へ。

ここは縁結びの神様。

JR飯田橋駅下車。

 
早起きして勇んで行ったが、お参りは10分で終了・・・。

過去と現在と未来のご縁に、感謝を伝えた。



次は、どこ行こ。

御茶ノ水で悩んで秋葉原で降りて、神田で乗り換えて新宿へ行った。



新宿の目的は、

新南口ニュウマンエキナカ限定の、新宿高野のフルーツサンドウィッチ。





たまご好きにはたまらない断面。

ワズサンドイッチの「煮たまごサンド」。

昆布のだし汁で炊いた玉子とマヨネーズ。

豚の角煮とラーメンが食べたくなった。



そして、京葉線舞浜駅。



イクスピアリを通り抜け、




 アンバサダーホテルに泊まった気分を味わい、




一番奥の舞浜アンフィシアター。


 

誰かを現地調達なんて余裕もなく、駅からめっちゃ遠いし!小走り!

 

音楽朗読劇は初めて。

音楽は生演奏、声優のアフレコを見ているよう。

俳優は台本を常に手に持ち、

自分の出番になると椅子から立ち上がり、セリフが終われば座る。

舞台に画面はない。俳優たちの演技もない。



演出は大量の白煙と、轟音と、雷と、炎と、雪と、キラキラ。

声だけで客を魅了させなければならず、演者の技量が問われる。

一方で、観る側の想像力も必要だ。

最後の場面では、会場のあちこちからすすり泣きが聞こえた。



最近の舞台は、5回も6回もくどいアンコールがあって

ええ加減うんざりするのだが、

アンコールもなく、あっさりとしたよい終わり方だった。

 

わたしは旅先でも、気分で行き先を決めたり変更したりする。

無駄や無意味を楽しむこともある。

だから、ひとりのほうが行動しやすい。

今回も東京~新宿2往復してみたり。

おじさんから「東京(駅)まで行くの?」と不明な声をかけられたり。



身軽に動くために荷物は最小限でと思いつつ、

今回も使わずじまいのものがあった。

ブラとパンティと財布とスマホだけ握って遊びに行けたら、どんなに楽かと思う。



パンティはなくてもいいように思うが、必需品だ。



あて布がないと、忍ばせてるものがぬるっと落ちてしまうから。
Posted at 2017/11/07 00:40:44 | コメント(4) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2017年10月29日 イイね!

現地調達の、戦術。

現地調達の、戦術。みんカラの記事は、別ブログから抜粋してお届けしております。

ここには載せていない記事も、掲載しています。

なので話がなんのこっちゃ?な方は、 オリジナル版 をご覧下さい。



♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

記事『よくわからない、大当たり。』

では、現地調達公開懸賞への応募をいただき、ありがとうございました。

まさか応募があるとは思ってなくて、びっくりするやら嬉しいやら♪


先日、ほんまに現地調達をしようと思ったことがありました。


でも、知らない人に声をかけるのってめちゃめちゃ勇気がいるし、

「今から一緒に行きませんか?」なんて「なんやねん」って思われそうで・・・


そしたら、ピンひらめき電球

ひらめきました。

待っているだけで、勝手に人を引き寄せる状態を作ればええねやひらめき電球ひらめき電球



この作戦を成功させるために最適な、ある場所を見つけました!


その場所とは・・・


駅のゴミ箱。


ゴミ箱のとなりに立っているだけで、いろんな人が・・・

もうそれこそ老若男女が入れ替わり立ち替わり、

何も言わなくてもわたしのそばへ寄ってきてくれました。


怪訝な顔をして去っていく人も、中にはいましたが。


あとは、勇気を出して手当たり次第に声をかけるだけ!!


実行には移さないと思うけど、(いま、「やれ」って声が聞こえたような・・w)

黙っていても人が自然に近寄ってきてくれる、絶好の場所でした。


出会いを求めている方は、いかがでしょうか。

ゴミに混じって素敵な出会いがあるかも、ないかも。



ところで、10月22日に意を決してお別れした彼、9Zの諭吉さま。

(くわしくは『別れを、決める。』 をどうぞ)

本日、わたしのところへ帰ってきました~!!


娘のお給料に、ピン札がありました。

しかも昨日の「懸賞当選」という喜びを連れて、帰ってきてくれました。

ピンチヒッターで財布に入ってもらっていた、よろけた諭吉さまは、

またの時のためにベンチで待機してもらいます。


9Zのピン札って、想像以上に出回っている?

それとも偶然?


たった1週間で帰ってくるなんて。

早かったな~~ヽ(・∀・)ノ





 

Posted at 2017/10/29 11:37:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | つぶやき | 日記
2017年10月25日 イイね!

お祭りで、見たかったもの。

興味があって見に行きたい祭りがありました。

祭りは、週末にありました。


当初から、大雨と台風の予報。

雨でも祭りは行われます。

雨が降るから行くのをやめよう、と思っていました。

なんで雨やから行かへんの?と自分が自分に問いました。

行きたいと思ったのは自分やろ?



2時間半かけて見に行きました。

降り続く雨と寒さで足元がおぼつかない中、

地下足袋一枚で重たい屋台をかついでいました。

担ぎ手の息はみな荒く、足をひきずり、ずぶ濡れでしんどそうでした。

雨よけがついていても、きらびやかで美しい神輿でした。


参道の民家の軒下で雨宿りをしていたら、

その家に住むおばあちゃんが声をかけてきました。

おばあちゃんの生い立ちやご主人の話、息子さんの話など、

祭りそっちのけで話を聞きました。


「家に上がってゆっくりしていって」と言ってくれて嬉しかったです。

終電がなくなるのでお断りしましたが。


祭りは最高の状態ではなかったけれど、

自分が決めたことを実行できて満足しています。

見ず知らずのおばあちゃんと話ができたことも、

何かの意味があるのかなと思います。


お祭りで、わたしがどうしても見たかったものがありました。

それは・・・




ふんどし姿のおしり。


あいにくの雨で、おしり丸出しはほとんど見られませんでしたが、

男のおしりは屋台と同様、迫力があり凛々しく美しかったです。


神事を継承していく皆様の気力と労力を、

ともに雨に打たれながら体感した一日でした。





Posted at 2017/10/25 07:34:56 | コメント(3) | トラックバック(0) | 旅行/地域
2017年10月14日 イイね!

巨乳の、悩み。

わたしは、巨乳である。

いろんな男に揉まれて、大きくなった。



今はずいぶんマシだが、大きいこと自体がコンプレックスだった。

自分のサイズのブラジャーが店にない。

あっても、色やデザインを選べない。

肩はこるし、猫背になる。

前開きシャツのボタンは留められず、着ても隙間から胸が見える。



街を歩くと、胸に視線が集まる。

普通の服でも「誘っている」と言われる。

お酒の席では、男女関係なく触られる。

「今のうちに触っといたら?」と、女友達が男性をそそのかすこともある。

地元の居酒屋では、わたしがいない間に、

わたしのおっぱいを触りたい願望が酒のアテになっている。

なんやねん、それ。



だから、懐疑心が常にまとわりつく。

「男はどうせ、わたしのおっぱいが目的なんでしょ。」



巨乳で異性を惹きつけることはできても、

それ以外のもの、

たとえば心の豊かさや、立ち振る舞いや、豊富なテクニックや自信がないと

自分のもとへ置いておくのは難しいと思う。




旬のおいしさに素直に感動したり、

お酒を食事にあうようにスマートに選んだり、

太いキノコの飾らない奥深さを味わったり、

ブラックコーヒーや、グレープフルーツジュースや、

生搾りザーメンの苦みを嗜(たしな)む。



今、体得したい技術がある。

それは、前立腺マッサージ。(画像お借りしました)



滑りのよい液体で入口をやわらかくほぐし、

細くすぼまった穴に指をヌウウと挿し込む。

自然の圧力が、わたしの指を強く押し戻す。

それに従うふりをして逆らいながら、さらに未開の丘へねっとりと侵入する。



だれにも聞かせることのない、

男として家族や部下には絶対に聞かれたくないあらぬ声と汁が、

背中の向こうからダラダラと漏れ出す。

わたしの手によって、男はすぐに天国へと導かれる。



わたしの特技は「ところてん」です。

堂々と言ってみたい。

男はもう、わたし無しではいられないだろう。



道端に座っていた見知らぬ男が、わたしを見上げてつぶやいた。

「でけぇおっぱいやなぁ! 触らしてえな」



「勝手に勃起しとけ」と心の中で毒を吐きながら、

乳首で空を仰ぎ、巨乳をさらに見せつけて男の前を通り過ぎた。



本当は、

巨乳だろうが貧乳だろうが、

男をもてあそぶテクニックがあろうがなかろうが、

「そのままのおまえが一番好きなんや」と言ってくれる存在が、

わたしは欲しい。

Posted at 2017/10/14 03:12:49 | コメント(6) | トラックバック(0) | からだ | 日記

プロフィール

よろしくお願いします。 他ブログもやっています。 http://ameblo.jp/annammk/?frm_id=v.mypage-amebl...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

お友達

感性の合う方は、どうぞ。
12 人のお友達がいます
SECOND CAR Z5SECOND CAR Z5 * ピロリンちゃんピロリンちゃん *
factmilkfactmilk ちょい悪爺サンちょい悪爺サン
@たかぽん@たかぽん takao0109takao0109

ファン

59 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CB400 SUPER FOUR (スーパーフォア) ホンダ CB400 SUPER FOUR (スーパーフォア)
ホンダ CB400 SUPER FOUR (スーパーフォア)に乗っています。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.