• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mc.atsuのブログ一覧

2017年10月25日 イイね!

車の静粛性

車の静粛性エブリィワゴンのオリンピックナンバー化に伴う、ディーラー入庫の際に、代車としてスペーシアカスタムZを借りました。SエネチャージのNAです。
まず一言。

むちゃ静か!

IGSによる再始動がセルモータのように「キュルキュル」言わないのは、まぁわかる。CVTによるエンジン回転数を低くキープできるから、平常運転で比較的静かなのもわかる。
そういう理屈では無しに、まるでミドルクラスセダンのような静粛性はどうだ。エンジン音は3気筒独特なガサついた中高音を発生していない。良くできた4気筒レベルと感じる。ロードノイズをほとんど感じないのは、防音対策がしっかりとされているのだろうか。

アルトでフルデッドニングした後、これはプラシーボではなく、他人のノーマルアルトと乗り比べて、随分と静かになったもんだと感じていたが、
これは、話にならん!
エブリィワゴンですら、それなりに静粛性があると感じる所があったが、このスペーシアカスタムはどうなっているんだ。
まぁ、アルトもエブリィも性格上はそこまで静粛性を確保してはいない車種ではあると思うが、軽自動車の最高グレードになると、こうも快適になるものか。それとも、自分の感覚が"古い"のか。
少し、欲しくなりました。
Posted at 2017/10/25 08:05:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月16日 イイね!

冬季の燃費

冬季の燃費昨日、アルトの給油しまして。

27.61km/L…

落ちたね、落ちました。朝晩の気温15℃付近です。
今年はタコメーターと水温計に加えて、バッテリー電圧計があるので冬季の燃費悪化の原因をモニターしてやろうと思いますが、今のところ気温が下がった事くらいしか変化ありません。強いて言えば、水温がやや低いか。走行中は84℃まで落ちます。MAXでも92℃か。
…まてよ。エブリィワゴンはMAX96℃で、下がっても90℃だわ。アルトの方が下がりやすいのか。これは、何かのヒントか。

現状で考えられる燃費悪化の要因は、

・気温低下による、タイヤ空気圧の減少
・気温低下による、エンジンオイルの粘度増大に伴う、フリクション
・気温低下による暖気運転(オートチョーク)の燃料噴霧量増加
・気温低下による、CVTオイルのフリクション増加


その他、諸々。考え出したらそれこそオカルトですよ。だが、必ず原因がある。冬季は空気密度と燃料密度が高まるから、本来はエンジンパフォーマンスが上がるはずなんだ。それが、エコドライブだとしても。
要因を検証していけば、冬でもアベレージ30km/Lを達成できるかもしれない♪
Posted at 2017/10/16 19:44:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月09日 イイね!

エブリィワゴンの断熱チューンレビュー①

エブリィワゴンの断熱チューンレビュー①断熱チューン後のレビューをしましょう。

断熱効果は十分に発揮されています。今日は外気温度30℃を記録してましてそれなりに暑かったと思います。
まず、IR遮熱フィルムで温室効果の光線を遮断してます。加えて、軽1BOXならではのエンジンルームから発生する"熱"を運転席・助手席下部の遮断熱ユニットでカット。バルクヘッドにはシンサレートによる断熱で、室内への伝熱エネルギーを抑制。
以上の効果により、オートエアコンの温度設定26℃でも快適なドライブでした。
エンジンノイズについては、中高音のノイズを抑えているのはわかりましたが、劇的な変化まではありません。もう少し、期待していましたので残念です。エンジンルーム側の防音はノーマルのままですので、今後の課題になりそうです。
但し。

断熱・遮断効果は確かにあります。
何がいけないか。

エンジンストップ後の駐車時には、室内の空調も効いてませんから熱源であるエンジンから、じんわりじんわり"熱"がバルクヘッドに伝わっています。
エアコン効かせた運転中は感じませんでしたが、駐車時からの再運転時には室内が暖かいのがわかりました。という事は、空気対流による断熱はできているが、伝熱を遮断するまでには至っていないという事でしょう。
コイツはやっかいですね。ボディの伝熱カットなんて不可能でしょうから、エンジンからの輻射熱を今一度、遮断する方法を考えるか断熱材の見直しをするか、どちらか考える必要がありそうです。
あとは、後席の空調システムがリアヒーターのみですから、後席用のファンを検討する必要がありそうです。やはり、前席の空調温度は後席の体感温度とはギャップがあるようです。せめて、後席にはファンで"風"を送ってやる必要があります。
今後はそこら辺を重点課題としていきます。
Posted at 2017/10/09 20:56:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月08日 イイね!

スタッドレスタイヤを見積るの巻き


冬に備えてスタッドレスタイヤを検討し始めました。エブリィワゴンのホイールサイズの特殊性に問題がある点について、以前から情報を得てはいましたがこうまで特殊だとは思いませんでした。
ノーマルホイールとタイヤサイズは、
14インチ4.5Jオフセット50、165/60-14となります。
そもそも、オフセット50てのは珍しいです。軽自動車の大半が45です。
フロントタイヤはノーマルでも、ほぼボディツライチです。

リアタイヤは10mmくらい外へ出せそうですが。

ホイールをカスタムする場合、普通は幅広タイヤにしたり低扁平タイヤでインチアップをする事が多いと思いますが、ことエブリィワゴンはノーマルでツライチに近いため、ホイールサイズの選択肢がとても狭いです。その上で、タイヤ外径の合うサイズの流通量が少ないので通常、在庫はほぼ"無い"そうです。
エブリィに装着するホイールデザインはインチアップ方向ではないので、レトロというか、デイトナ的な物をイメージしてました。

ということは、黒光りの鉄っちん+クロームメッキリムのウチのアルト的なカスタムでもOKなわけです。
ところが、鉄っちんてば今現在では新品で買う人がかなりの珍獣状態らしく、流通量はやはり少ないために在庫がないようです。在庫があるのは13インチの鉄っちんなら直ぐに入庫するみたいでした。そこで、

13インチのブリザックの見積です。
鉄っちん込みで¥78440-…ヲイヲイ。結構するな。

ちな14インチ。こちらはタイヤのみですが。

どちらにせよ、鉄っちんは黒光りするように塗装が必要ですし、アルトに装着したデイトナスタイルリングセット¥20000近く必要になります。
また、悩みが増えました。

ま、それが楽しいんですがね(笑)。
Posted at 2017/10/08 15:19:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月06日 イイね!

エブリィワゴンの走り

今日は、いろいろ諸事情がありましてDA17Wで出勤です。
改めて思うところが。

スズキのR06Aエンジンは、3気筒エンジンにしてはとても静かです。エブリィは縦置き配置ですから、振動が少ないかもしれませんが、アイドリング中の静粛性は大変良好です。ロードノイズもしっかり抑えられています。但し。
エンジン回転数を上げたり、アクセルを踏み込んだりすると、3気筒エンジンぽい中高音のエンジンノイズが車内に侵入してきます。個人的にはあまり好きなエンジン音ではありません。
この中高音をデッドニングで抑える事ができれば、最良です。
あと、エブリィワゴンの燃費ですが、現状で走行距離は650km程度。それでおおよそ15km/L。恐らく17km/Lまでは伸びる可能性があります。カタログ値は16.2km/Lのようですから、余程、現実味のあるカタログ燃費ですねぇ。アルトもカタログ燃費を28km/L位にしておいた方が良かったですよね。通常の運転では37km/Lなんて出るわけないもん!
Posted at 2017/10/06 08:33:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[パーツ] #エブリイワゴン フロント・リアデッキカバーセット http://minkara.carview.co.jp/userid/2825306/car/2454667/8826286/parts.aspx
何シテル?   11/13 21:14
世界最強の低燃費ガソリンエンジン搭載車 HA36Sアルトをエコチューンしていきます。 最高燃費記録 H29.6.24 32.95km/L!! ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

トリコローレエクスチェンジ ステアリング本革巻き替えキット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/19 18:04:39
天井デットニング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/03 21:07:19
フロントシート下断熱 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/03 21:05:05

お友達

低燃費チューンをしている方、情報交換しませんか?
9 人のお友達がいます
D:ESD:ES * シュピーゲルシュピーゲル *みんカラ公認
道路屋道路屋 * アリーセアリーセ *
RedworksRedworks ウサギレーシングウサギレーシング

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ アルト エキセントリック低燃費ムーバー (スズキ アルト)
世界最高の低燃費ガソリンエンジン搭載車、エコチューンドアルト
スズキ エブリイワゴン けっぱこ (スズキ エブリイワゴン)
9/6(水)スズキアリーナ穂積に到着。同日、カーコーティングシステムロジックへ遮熱フィル ...
ホンダ オデッセイ ゆりかごローライダー (ホンダ オデッセイ)
独身時代の名残でローダウンしてますが、家族が増えるに伴ってノーマル化しました。 かつて、 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.