• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

fornexのブログ一覧

2017年12月05日 イイね!

おぎやはぎ的愛車遍歴 その2

おぎやはぎ的愛車遍歴 その21994~2012
1994 Buick パ-クアベニュ-(1994)初のフルサイズのアメ車
1999 Cadillac コンコ-ス(1998)新車キャリ-オ-バ-
2008 Cadillac STS3.6 (2007)新車キャリ-オ-バ-
 この期間の購入車は、わずか3台だが、実際には他に仕事用で5台位の国産車を購入している。この時期会社を退職し、自分の会社を起業した時期等が重なり、表向きの変遷台数は減っている。
 輸入車の価格は、為替変動にて大きく左右されるが、特にコンコ-ス購入時はその効果が大きく、新車価格が約600万円弱、購入時の年式落ちとの事で150万円以上の値引きと、実質当時のトヨタクラウンのロイヤルサル-ンと変わらない価格で有った。この時期GMジャパンの輸入台数も多く、年間で2万台近い数のGM車が入っていて、昨年の同輸入台数約1300台と隔世の感がある。
 コンコ-スは、全長5.4M、幅2Mと巨体であるが、取り回しは意外と扱い易いです。但し、ドライバ-ズシ-トからトランクの後端は全く見えませんのでこの辺は“カン”で運転します。エンジンは4.6LV8DOHCノ-ススタ-。統合エンジン制御システムと当時最先端の物でした。アメ車と云うと燃費が悪いと等、70年代の品質低下がイメ-ジされますが、90年代には急速に品質が向上し、燃費も高速では最低でも12KM/Lを割る事は無く、真夏の40度近い炎天下で1時間以上の渋滞でも、水温に異常もなく非常にタフな車でした。
車内の余裕空間、トランクの広さ(ゴルフバックが縦に5セット入ります)静粛性等、全ての面で最高の車でした。
 パークアベニュ-は、日本人が考えるステレオタイプのアメ車で、大きく、ゆったり、柔らかな脚回りのファミリ-カ-です。
 アメ車に約20年近く乗っていましたが、大きなトラブルどころか、小さなトラブルも含め一切有りませんでした。車検もヤナセで行いますが、消耗品交換、諸費用等を含めても一度で20万円以上請求書が来た事は有りませんが、コンコ-スで外装パ-ツ(サイドモ-ル)を傷つけた時、2本で20万(塗装込み)と提示され、外装パ-ツはヤナセを通すと高額になります。なお、この傷ついたサイドモ-ルは某輸入車の指定板金工場で安価に直しました。
 このコンコ-スは妻が歴代の中で最もお気に入りでしたが、その運手は全て私に委ねられました。
Posted at 2017/12/05 17:39:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月28日 イイね!

おぎやはぎ的愛車遍歴 その1

おぎやはぎ的愛車遍歴 その1 1974~」1994 
1974 トヨタカリ-ナ(1971)初の愛車 姉よりのお下がり
1976 日産ロ-レルHTGL(1976)大好きな車でしたが俳ガス規制で超非力
1979 日産ロ-レルセダンSGL(1979)フル装備で安楽
1982 日産ロ-レルセダンメダリスト(1982)
1985 日産ロ-レルセダンメダリスト(1985)
1988 日産セドリックHT3.0ブロアム(1988) 初の3ナンバ-
1991 日産セドリックHTGTSV(1991)
1974年、18歳にて免許習得
初の愛車はカリ-ナ1400DX4ドアセダン。
最も思い出の車は、2台目のロ-レルHT。当時ケンメリのスカGの姉妹車で、部品のコンポ-ネンツも共通でした。今でもブタケツと言われていますが、横からのサンダ-ストリ-クライン(稲妻ライン)と複雑な造形ラインを組合わせていました。因みに、生産終了後、HTSGXを主に中古車価格が高騰し、暫くの間、中古車価格が新車価格を上回っていました。
 4気筒L型1800のエンジンはグロスで(105HP)ネットで85HP程度。当時の販売キャッチが「ゆっくり走ろうロ-レル」を地で行く動力性能でしたが、3年間で約8万KMの走行距離で青春の思い出が一杯詰まった車でした。

Posted at 2017/11/28 17:17:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月11日 イイね!

ランチドライブ

ランチドライブ昨日は、早朝より町内会の草刈。
自宅に帰り、静岡県民の定番レストラン「さわやか」湖西店へGO
コ-スは岡崎IC~三ヶ日ICまで高速、店舗まではそこから約30分。自宅から都合1時間半程度のコ-スです。
BLUE GT購入後初めての高速。GOLF6の前車、キャデラックSTS(2008 3.6L)には敵いませんが
十二分な動力性能。狭いと云われる後席も熟年夫婦二人にとっては買物置場専用でノ-プロブレム。強いて言えばドア-の厚みに・・・
三ヶ日IC近くまでは快適にクル-ジング、突如MFIに NO ENTRY・・・・と表示。車両情報が表示されず、途中停車して取説を確認しても該当事項無し。結局走行に問題なく店舗着。Dの担当者に連絡し対処法を確認。
店舗に着いたのが丁度1時。しかし、待ち時間は1時間40分。噂には聞いていましたがやはりチョ-人気店です。お勧めはげんこつハンバーグ。ファミレスのハンバーグとは別物です。
帰途は国一、23号線で帰宅。走行距離はトータル約150KM
POLOは6Cに進化して電子制御が大幅に変わったが、取説に細かい情報が記載されていない、
しかし、動力性能と低燃費の相反する性能を兼ね備えたBLUE GTこれからも楽しみたい。
Posted at 2017/09/12 14:22:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年08月19日 イイね!

いよいよポロ生活

POLO BLUE GT昨日納車。
GOLF6 TLからの乗換です。数年前に大病を患い、運転免許の更新も危うかったのですが、何とかクリア-。
しかし、取説、NAVIのマニュアル等・・・大変です。
自動車免許習得後、約40有余年、ついに最後の車となりそうです。

Posted at 2017/08/19 17:33:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「おぎやはぎ的愛車遍歴 その2 http://cvw.jp/b/2835188/40810701/
何シテル?   12/05 17:39
fornexです。よろしくお願いします。 過去の愛車遍歴 1974 トヨタカリ-ナ(1971)初の愛車 姉よりのお下がり 1976 日産ロ-レルHT(19...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

愛車一覧

フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
GOLF6 TLからPOLO BLUE GTへ車両入替。 過去、アメ車生活約20年から、 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる