• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

seyanenの愛車 [マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)]

フォグランプのLED化、ランプのシェード外し その2

カテゴリ : 外装 > ランプ、レンズ > LED化
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間30分以内
作業日 : 2017年10月01日
1
続きです。
その1は、↓
http://minkara.carview.co.jp/userid/2843488/car/2451769/4465557/note.aspx

中から指を入れて、シェードをぐりぐり。
ペンチも使い、シェードの頭部分もつぶします。
シェードの頭をつぶすのは結構力がいりますが、ラジオペンチでもなんとかできます。
10分くらいでぐらぐらになります。
根気よく!
2
シェードの根元にはねじがついています。
シェードをちぎってから、ねじを外してもよいのですが、私の場合はシェードがちぎりにくかったので、ある程度シェードをつぶしてから、ねじを先に外すことにしました。

プラスドライバのビットをピンセットで入れます。
太めのドライバの方が外れにくくて回しやすいです。磁化しているビットなら尚良し。
この曲がったピンセットは使いやすかったです。

シェードをぐりぐり潰しているうちに、ねじはぐらぐらになっているので、ピンセットでも簡単に緩められます。
ただし、回しにくいので、ピンセットなどでゆっくり回します。
3
こんな感じで、シェードを引っ張り出します。
シェードの頭を完全に潰せなかったので、この位置でペンチでさらに潰しました。
4
ランプ内のシェードが取り出せました。
これをもう片方もやります。

その後は、LEDライトをランプに入れて、元のように、フォグランプを取り付ければOK。

これで、いつでも他のLEDライトに交換できます。
5
作業をしてみて思ったのは、工具はやっぱり大切だということです。

使ったラジオペンチはたまたま、先が曲がったものでしたが、これがやはり便利でした。100均でも売っています。
シェード根元のねじを回すのには、プラスドライバーのビットが必要です。これは100均では売っていないかもしれません。
ドライバーのビットを回すのに、先の曲がったピンセットを使うと簡単でしたが、細めのラジオペンチでもいけそうです。
シェードの頭を潰すのはかなり力がいりました。小さなラジオペンチでは結構力がいりました。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

ウインカーLED化その1

難易度: ★★

リアフォグの設置

難易度:

純正ヘッドライト内蔵 デイタイムライト DRL 点灯完了

難易度: ★★★

ターンランプLED化

難易度:

デイライトバー調光着脱仕様

難易度: ★★

ライセンスランプLED→フィリップス製へ

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

seyanenです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

フォグランプ交換 その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/10 21:54:44

お友達

愛車一覧

マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)に乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.