• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

北のはげおやじのブログ一覧

2016年08月07日 イイね!

野鳥達

昨日、嶋田忠ネイチャーフォトギャラリー&ザ・バードウォッチグ・カフェ​​へ出かけた。

3度目の訪問。



 火曜日に出かけたが、休業だった。
 月・火が休業はわかっていたはずだったが、その事をすっかり忘れていた。


 その日は、帰ってしまうのが勿体なかったので、もう少し足を延ばし、ウトナイ湖のバードサンクチュアリへ行き、2時間程粘り、殆ど鳥がいなかったため、1分おきに飛来する飛行機(千歳空港に着陸体制に入る)を撮って遊んだ。

 ズームレンズで飛んでいる飛行機を狙うと、なかなかファインダーで機体を捉える事が難しい。画面を引いて機体を捉えてからズームアップする必要があるようだ。

 HIKOSAIさんが、私と同じレンズを使って、飛行機を上手に撮っておられることをお聞きして、さすがと感心。


 カフェには10時20分頃に到着。


 今まで2回よりも、野鳥は種類も数も多く見かける事ができた。


 カフェに入るや、ブレンドコーヒーを注文して、直ぐ撮影小屋へ直行。



 既に先客があった。
 撮影台に、卓上の三脚にキャノン7DマークⅡと純正の白い大砲(400mmくらいの望遠)がつけられたままおかれている。


 一人、レンズを構えてファインダーを覗いていると、先客がカフェ
から撮影小屋へ戻って来た。


 挨拶を交わし、野鳥初心者であることを自己紹介代わりに話し、
会話が弾んだ。



 いま来ている鳥の種類や鳴き声が聞こえる鳥で、姿は見せてい
ないが「メジロ」も来ているなどと話してくれた。


 いまは、虫が沢山発生し、鳥はそれを餌にしているので、

この場所には余り集まらない。


 9月過ぎになると、虫がいなくなるので、餌を求めて、沢山の
野鳥が集まってくる。


 楓やなら、桜など広葉樹が多く、10月下旬から11月にかけては
また綺麗な写真が撮れるなどを教えて頂いた。


 余りに詳しいので、ひょっとしてここのオーナーの嶋田さんかも
と思い、「失礼ですが、嶋田さんですか?」と尋ねた所、「そうです」との答え。


 驚いてしまった。ご高名な写真家で、世界を飛び回っているお方と
思っていたので、お会いできるとは想像もしていなかった。


 東京に自宅はあるらしいが、千歳にも自宅を持ってもう30年以上
になると話しておられた。


 嶋田さんもキャノン党で、メインはキャノンXと言っていたから、
キャノン1DXの事だろうか。今日、持って来たカメラは7DマークⅡ
で、サブに使っているそうだが、野鳥撮影には10コマ/秒の高速
連写ができるので、重宝しているとのこと。


 因に私の7Dは8コマ/秒である。


 野鳥撮影は、シャッタースピードをなるべく早くする必要があるの
で、なるべく絞りを開放して撮影すること。


 杜の中での野鳥撮影は、鳥が周囲より明るくなりすぎるので、1目
盛りくらいマイナス補正した方がバランスがよくなること。


 ​RAW画像で撮影し、パソコン上で現像、加工する事に躊躇う必要は
ない。自分のイメージに近づける為に、パソコン上で2次加工する事は
決して悪い事ではない。(撮影する前にカメラに撮影条件をインプットして撮ったものをパソコン上で2次加工(現像)することは邪道で、カメラを趣味とするものにとって、薦められるものではないと思っていた)

 目から鱗の、色々なことをお教え頂いた。

 三脚や雲台(うんだい)についても、高いものでなくとも使い勝手がいいものがあるなどの情報も頂いた。



 フォーカスの合わせ方については、ピントリングをまわして、ぴったり合うようにする事もいいが、小鳥は動きが速いので、
そんな事をしている間に、移動してしまうから、カメラのAF機能に任せて、連射して沢山撮って、その中からいいものを選択すればいいと言う様な事も教え頂いた。


大変勉強になり、嶋田さんが帰られる時に、彼の出版物を購入し、それに私の名前と日付を入れてサインして頂いた。

とっても得した気分。


この日は、メジロ、五十ガラ、ヒガラ、カワラヒワ、キジバト、エゾリスなどがいた様だが、私が撮影できたのは、ヒガラ、カワラヒワ、キジバトであった。



ヒガ​ラ







キジバト




カワラヒワ






どうも親子の様

右側の鳥が親で、左側の子供に口移しで餌を与えているようだった





私と同じ様なご年齢に見えたご夫婦の奥さんが撮影小屋に来られ、
嶋田さんのことをご承知でなのかどうかはわからないが、嶋田さんと
野鳥の事でマニアックな話をしていた。

私も会話の中に加わって、奥さんに聞いてみると、カメラは持たないが、野鳥を観察する趣味をご夫婦で持っているらしく、双眼鏡を持っておられた。
また、野鳥のことは、名前や習性などにもお詳しそうだった。
いろんな人がいるものだ。


もう一人、キャノンの私より​​​新型のカメラをお持ちの方が来られて、撮影談義をする中で、RAW画像の現像処理ソフトの話になりAdobeのライトルームと言うソフトが使い勝手がいいとお薦めいただいた。





嶋田さんから、毎年コンテストをおこなうので、「出品してはどうですか」と薦められてしまった。



「滅相もない」と辞退したが、カメラの性能が良くなり、素人の方でもプロに負けない、いやそれ以上のすばらしい作品を沢山見かけるようになって来た。と話しておられた。


嶋田さんはキャノンの全国のコンテストの審査委員もされておられる。

​気に入った1枚ができたら、出品でも考えてみようか。(笑)
Posted at 2016/08/07 15:48:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2016年07月31日 イイね!

野鳥撮影

朝、ラジオ体操を終え、帰って朝食を頂き、

関口さんのサンデーモーニングを見た後、

一人、中津湖(先日、アオサギを撮影した

ところ)へ野鳥撮影に出かけた。



今日は長期戦覚悟で、折り畳み椅子まで

持参。



10時20分頃から13時30まで3時間程、

粘ってみた。



夏空に雲がかかり、快晴ではなかったのは

熱中症予防の面からも良かった。



帽子をかぶり、首にタオルを巻き、Tシャツに

下はジャージと言う出で立ち。



オシドリではないかと思われる水鳥が対岸

辺り(撮影地点から200mくらい離れている

と思う)に、浮かんでいるのが見えるが、あとは

カラスが目につく程度。



うぐいすやその他の小鳥の鳴き声は聞こえるが、

ファインダー越しに確認する事はできない。



そんな中、対岸にカワセミを確認した。



我ながら、よくぞ見つけたものと感心する。



この距離だと、600mmと言えど、カワセミは、豆ツブ

程度。



鮮やかな色合いを見せてくれた。



100mくらいの地点で見る事ができたらと残念に

思ったが、カワセミを捉える事ができた事で、今日は

良しとしよう。



トリミングしていない画像
何処にいるのかわかりますか?
中央にいる





以下の画像は、トリミングしてもぎりぎり拡大して
なんとか見て頂ける程度にピントが合っているものを選んでみた
高速連写で撮影





​​飛翔している所を追った






オシドリと思われる水鳥の群れ






このレンズの最短撮影距離は2.7mということなので、
その距離の植物を撮ってみた。​
Posted at 2016/07/31 21:32:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2016年07月29日 イイね!

超望遠ズームレンズ

ひょっとしたきっかけで、野鳥撮影に嵌まりそうな今日この頃。



それに必須なアイテムとして超望遠ズームが欲しくなり、懐具

合などと相談しながら、使用感などの口コミ情報なども参考に

購入可能なレンズを探した。

そして、清水の舞台から飛び降りる様な心持ちで、26日、と

うとう我慢できずに買い物かごに入れて購入手続きを進めてし

まった。



私の貯金通帳の残高はかなり減ってしまったが、残りの人生の

楽しみの為の道具と思えば、決して高い買い物とは言えないだ

ろうと勝手に理屈を付けて、自分を納得させている。



昨日届いたので、早速撮影に出かけたい所だが、生憎、ここ数日

雨が続きそうなので、三脚に装着して子供の様に唯々眺め

てはにやにやしている。



レンズ2kg、カメラ本体900gとかなり重たい。



重たいために最近は殆ど使った事がなかったSLIKのエイブル300

DXという堅牢な三脚(7Sというフィルムカメラ時代に使用していたが、

重たいため使っていなかった)が、十数年ぶりに活躍することになり

そう。



レンズは「TAMRON SP 150-600mm ​​F5-6.3 Di VC​」(APS-C換算 ​​233−930mm)



長い為に、リックタイプのカメラバッグには納まらない。

以前使っていたショルダータイプのバッグに本体とそれを組み合わせ

た一組しか納まらないが、致し方ない。



それよりも、ドライキャビンに納まらなくなりそう。

古いカメラを処分しなければならないか。









ラジオ体操について



わが町内会のラジオ体操は、7月23日(土)から始まった。

数日、順調に行われていたが、昨日から雨模様。



ラジオ体操が始まる6時30分前後に、雨が本降りだと中止

と判断できるが、昨日は6時15分には少しツブの大きな

雨が降り出しそうな雰囲気になり、参加者の事を考えて、

中止の判断をして、来られた方々にお帰りを願ったが、6時

30分頃には雨が止み、皮肉な事に7時くらいまで1滴も降

らなかった。



今日は、予報で降水確率100%と出ていたので、間違いなく

中止しなければならないだろうと思いながら会場へ出向くと、

5時半過ぎまで降っていた雨が止んでいる。



そのため、昨日の反省から、実施する事にして途中で本降り

になったらその時点で中止にしようと、強行する事にした。

その判断が当たって、ラジオ体操は無事に実施できた。



しかし、明朝も降水確率は80%となっている。

悩ましい判断を迫られる日が続いている。



因に、わが町のラジオ体操参加者は、老若男女

100人くらいが毎日参加している。
Posted at 2016/07/29 10:56:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2016年07月14日 イイね!

再び嶋田忠ネイチャーフォトギャラリー&ザ・バードウオッチングカフェ

再び、タイトルのカフェへ出向いてみた。

自宅から43km程のところ。



前回(6月15日)訪ねたおりに、言葉を交わした

方とその後2度程、メールでのやり取りがあり、結構

な回数、ここへ来ておられると聞いていたので、ひょっ

として再会できるかもしれないと、密かに思って出か

けたのだが、そう簡単には行かなかった。



10時半過ぎに到着し、13時40分ころに退席した。



野鳥は、前回確認した「キジバト」と「エゾリス」がいたが、

今回は新たに「カワラヒワ」(撮影小屋にほぼ同時に入っ

た二人連れに教えてもらった)がいた。



今回は、カワラヒワに焦点を当てて撮影してみた。








昼間っからのそのそ動くものがあったので、
狙ってみたら「コクワガタ」のようであった。
息子達が小さい頃、夜に妻の運転で
郊外の街灯がついている所に出向き、
見つけた事を思い出した
パソコン上でトリミングした
Posted at 2016/07/14 21:50:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | カメラ | 日記
2014年10月11日 イイね!

わーい!

​長ーい間、欲しい欲しいと望みながら

なかなか手が届かなかったデジタル一眼レフ

カメラを、清水の舞台から飛び降りるような

決断(大げさに聞こえるでしょうが、年金生活の

私の小遣いで買うのには勇気が要りました)を

して、新しい機種が11月に発売になるため、

機種落ちしたカメラを購入しました。



今は、小学生の頃の様に、心うきうきしています。



「弘法筆を選ばず」ですから、筆を選んだ

私は、その腕は推して知るべしです。



それは分かっているんですが、欲しかった

んですよ。



実は、デジタルカメラが出始めの頃に、

思い切って一眼レフカメラを新調したのですが、

店員の薦めもあり、出始めのデジタルカメラを

買わないで、フィルムカメラを購入しました。

「キャノン EOS 7S」です。



それを使って、撮りましたね。

いろいろな被写体を。



リバーサルフィルムでバチバチ撮って、現像(現像に

出すと3〜4日かかっていました)してもらい、気に入っ

たものだけを1枚数千円もかかる四つ切りなどに焼いて

もらったりしていました。



ルーペで確認し、気に入ったものを焼いてもらうという

手間のかかる作業をずーっとしていました。



しかし、デジタルカメラが普及し、私も日常使いの

カメラとしてコンパクトデジカメを使用する様になると、

あのまどろっこしい作業は、とてもやっていられない

と感じる様になっていました。



私が一番使って来たのは、フジフィルムのFINE PIX

HS10という一見すると一眼レフカメラに見える、ネオ一眼

カメラで、重宝に使って来ました。

しかし、その弱点は,モニターで構図を決めるのですが、

日中の明るい日差しの下では、色飛びなどして、細部を

確認できないまま撮影しておりました。



勢い、どのように写ったのかは、帰って来てパソコンに

取り込んで、パソコン上で確認し、必要なトリミングをする

事を前提に撮影して来たような気がします。



やはり、構図をきちっと眼で確認し、必要な箇所のフォーカスを

きちっと会わせて写真を撮りたいですよね。



そんな気持ちから、どうしても新しい一眼レフカメラが

欲しくなっていたのです。



今回のカメラには、18〜200mmのズームがついており、

広角から200ミリの望遠迄カバーでき、7Sで使用していた

75〜300mmのズームレンズは、その1.6倍したものと

して活用できるので、自分ながら、良い買い物ができたと

思っています。



老後の楽しみに、少し値がはりましたが、思い切って

購入してよかったと思っているところです。





右は、今や無用の長物と化した 「EOS 7S」,左が今回購入した「EOS 7D」​


Posted at 2014/10/11 23:47:06 | コメント(5) | トラックバック(0) | カメラ | 趣味

プロフィール

「OB会 http://cvw.jp/b/284720/40704500/
何シテル?   11/12 23:55
団塊の世代。2014年3月に50系カムリからクラウンアスリートSV6,2.5、I-fourに買い替え。走行距離は200Km。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

わーお! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/02 09:32:56
又病院に来ています(汗) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/27 06:24:05
真清田むかし話 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/03 17:00:07

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ クラウンアスリート トヨタ クラウンアスリート
MOP ○アドバンストパッケージ 【プリクラッシュセーフティーシステム(ミリ波レーダー ...
トヨタ カムリ トヨタ カムリ
オプション 木目調ステアリング 電動ムーンルーフ ほか
トヨタ カムリ トヨタ カムリ
車体の割に燃費がよく、満足できる車でした。
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
いい車でした。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.