• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

北のはげおやじのブログ一覧

2015年05月31日 イイね!

二題



10年ぶりの再会

 次男が関西(大阪、京都)で料理の修行していた時の遊び仲間に、源流釣り師「○組」というグループがありました。
 いまは、メンバーの高齢化(?)や転勤などで、グループとしての活動は休止状態のようです。
 源流釣りとは、その名のごとく渓流ではなく、川の源流域にまで遡って魚釣りをしようと言うこと。重装備で山に入り、崖をこえ、川を渡って、テントで寝泊まりしながら釣りを楽しむものらしい。

 そんな、釣り仲間の一人が、ご夫婦で北海道旅行の途中に我が家に泊まったのは、12〜13年前だった様に思います。パソコンを何台か入れ替えているうちに、当時のメールや写真が見当たらなくなってしまったので、正確な年代は分からなくなっています。

 我が家に来られた時の出で立ちには、眼を見張りました。ご夫婦がそれぞれBMWの大型バイクを操って来たのです。

 その後、2005年には自家用車で、そして、今回と3回目のわれわれとの再会になります。

 毎年の様に北海道旅行をしたいと希望しながら、なかなか実現できないでいたものを、思い切って短い期間でも北海道に足を延ばしたいと、関空から函館まで飛行機を利用して来られたとのことでした。

 函館観光をメインに2泊3日と短い旅行日程ですが、折角の北海道旅行なので、われわれ夫婦にも会いたいと連絡が入っていたので、一昨日29日に次男が現在勤めている居酒屋チェーンでお会いしました。

 函館からはレンタカーで札幌まで入り、われわれに夜会ったら、翌日昼には大阪へ帰るスケジュールなので、われわれに面会の為だけに、札幌へ泊まる旅行計画を作って頂いた事には恐縮してしまいました。(わざわざそのような計画を立ててまで会う価値のある人物とは、自分の事ながら思いません。笑)

 お二人ともお元気で、懐かしく、楽しいひと時を過ごす事が出来ました。

 次男(36歳)のお友達なので、次男より年上とは思っていましたが、年齢をお聞きすると、彼は満55歳になるとの事、細身で若く見え、私と11歳しか違わない事に少々驚きました。

 彼は、長く大手の雑誌社から依頼をされてオートバイ雑誌の編集をされている方で、ご自身は会社に所属せず、独立してオフィスを構えて仕事をしておられる。

 京都の美術系大学の卒業ですが、昨年秋に、母校の通信教育学部に再入学し、現在学生ですと学生証を見せて頂いた。いつまでも自分磨きに取り組む姿勢に敬意。

 またの再会を約束して、お別れした。

 次男が仕事を終えた11時過ぎには、次男と彼はススキノに出て、旧交を温めたらしい。


最初に我が家に来られた時に乗って来たと思われるBMWのバイク(ご主人用)

BMW Motorradのホームページから借用






奥さん用(BMW Motorradのホームページより)

1週間乗って道内を廻ったので、腕と腰がパンパンと言っていた様に記憶しています。




103歳の元気

 昨日(30日)、札幌で「新老人の会北海道支部」主催の講演会があり、妻と出席して来ました。

 講演会の目玉は、その会の全国組織の発案者で代表を務める聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生(明治44年生まれで今年満103歳)のご講演を拝聴する事。

 当日のプログラムは、2部構成になっており、第一部は札幌交響楽団のコンサートマスター大平まゆみさんのバイオリン演奏[明上山(あけがみやま)貴代のピアノ伴奏]、第二部が日野原先生のご講演です。

 大平さんと明上山さんは共にボランティア出演です。エルガーの「愛の挨拶」から始まり、ドボルザークの「ユーモレスク」、日本の唱歌などから「知床旅情」「ふるさと」「夏の思い出」、最後にサラサーテの「チゴイネルワイゼン」を情熱的に技巧を凝らして演奏してくれました。

 演奏の開始から、何故か涙が頬を伝って来ました。最近、とみに涙もろくなっていますが、聴衆を前に真摯に演奏し、優しく語りかける彼女を見て、訳もなく、本当の訳もなく涙が出て来てしまいました。

 知床旅情など日本の曲の演奏の時には、ステージから客席に降りて来て、
グルっと客席を廻りながら、演奏してくれ、この講演会に出席した方々は多いに感銘を受けたのではないだろうか。

 大平さんは、クラシック音楽に少しでも馴染んでもらう為の活動を積極的にこなし、自分の車で身一つで全道各地に出向き、出前コンサートを行っておられる。私が現役の時に、勤務先の創立記念式の時にゲストで大平さんにお越しいただいた時にも、感銘深いお話と演奏をして頂いて、とても良かったと企画に携わった人間として、嬉しかった事を覚えています。

 この演奏の後、休憩を挟んで、いよいよメインの日野原先生のご講演。プログラムによると40分程度の講演時間となっていましたが、それをこえ約1時間に及ぶお話をお聞きする事が出来ました。

 先生のお話は、少々、言い回しに切れがなくなったかなと感ずるものの、独特の言い回しやアクセントは変わりません。
 
 パワーポイントを活用し、「夢を実現しよう〜いのちを守り平和を築く〜」というタイトルで、張りのある声で話されました。
 
 杖をついて登壇されましたが、講演の最中は殆ど杖を外し、ほぼ立ちっぱなしで講演されたのには、驚きました。

 登壇時に、客席に向かって両手を高々と上げて手を振り、最後はバレリーナがステージ場で挨拶する時の半身にして身体を前傾させる仕草で笑わせ、大平さんの演奏に感銘を受けた事を話すなかで、「大平さんが客席を廻り自分のところに着た時に、ハグをしようとしたが、しぞびれてしまった」とか、「こんないい演奏と私の話が聞けるのに1,500円は安すぎる」などと人を笑わせるユーモアをお持ちで、まさに「すごい」と感心させられる。講演の最後には、大平さんの伴奏で、参加者全員で「ふるさと」を合唱しましたが、一旦ステージ袖に降りられた日野原先生が再度登壇し、ステージ中央で、両手を使って見事に指揮を執っておられたのは、驚き以外の何ものでもありませんでした。

 講演内容は、省略しますが、論旨明瞭で簡潔にして必要十分な内容のお話で、出席者全員、感銘を受けて散会したのは言うまでもない。

 今回、この企画を主催された新老人の会北海道支部の代表の方波見(かたばみ)康雄先生は、北海道の医療界では(全国的にもご高名でありますが)、知らぬ人がいないくらいの方で、毎月、北海道新聞と言う地方紙の生活面に月一で連載を執筆されています。 
 実は私とは30年近く公私に亘ってご交誼をいただいてきた方で、会の最初に挨拶をされましたが、これも、今年89歳になられたとは思えない程、昔同様、蘊蓄を含み、言葉の一つ一つを大事にお話しする姿勢は変わらず、しかも、お話に全く衰えを感じさせないお姿を拝見し、尊敬の念を禁じ得ない気持ちで帰って来ました。

 講演会は、撮影禁止のアナウンスがあったので、写真をお見せできないのが残念。

 この長々と書いてしまった文章をお読みいただくのは申し訳ない。私の日記のつもりでもあるので、感じた事を書かせて頂きました。


(追記)
 今日も、わが町で札幌交響楽団の演奏会が14時からあり、聞いて来ました。チャイコフスキー特集で「スラブ行進曲」「バイオリンコンチェルト」「悲愴」の3曲でした。バイオリンコンチェルトはロシアのダニエル・アウストリッヒさんと言う気鋭の演奏家で、超絶技法を駆使し、札響の方々と見事な演奏をしてくれました。また、定番の悲愴も感銘深かった。わが町にお越しいただいた事に感謝しながら拝聴しましたが、涙は流れませんでした。
Posted at 2015/05/31 19:05:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | 人生 | 日記
2015年05月27日 イイね!

穏やかな一日でした

今日は、朝から天気が良く、風も穏やかで気温も上昇し、

気持ちのいい一日、



いつもの通り、妻が犬の散歩からかえったら、二人で

青年センターのプールへ行く予定であったが、妻から

頭の状態が良くない。

花粉症の影響かもしれないとの事。



私一人で出かける事にした。



プールは今日は利用者が少なく、充分にエクササイスを

行う事が出来た。



プールの後、近郊へプチドライブ。

遠くの山が、いつもよりクリアに見える。

空気が澄んでいるようだ。

なかなかこういうチャンスに巡りあえないので、

夕方、撮影に出かける事にした。



17時30分に近郊の田畑を撮影に出かけた。

変わり映えのしない写真ばかりですが、ご紹介します。





田植え前の田んぼ

美原(みはら)から手稲山方面を望む




長沼から空沼山方面を望む






私の風景写真に良く登場する恵庭岳を望む



Posted at 2015/05/27 22:41:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | 季節 | 日記
2015年05月24日 イイね!

田んぼと菜の花と雪をいただいた山

本日、夕方4時過ぎに近郊のドライブに出かけました。

田植えがどうなっているのかを確認の為です。

田植えの最中のところが多かったですね。



帰り際田舎道をドライブしていると、ふと眼にとまった

のは、田植えを終えた田んぼと菜の花と雪をいただいた

山の連なりが見える場所を見つけましたので、車を停めて

パチリとして来ました。






(追加)
菜の花畑に近づいて撮った写真です。



(追伸)

GAZOOさんからお送りいただいたフラワーギフトのバラの中で、行く株かの

花は枯れないで新たに花を咲かせてくれました。

それを居間から見える場所に地植えしました。

うまく育ってほしいですね。

Posted at 2015/05/24 22:45:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | 季節 | 日記
2015年05月23日 イイね!

レンコンまんじゅうとおでん

昨日・今日と次男が連休で、調理をしてくれる

事になりました。



次男の作るおでんは定評の有るところ。

私がまた機会があれば食べたいと言っていたことに

答えてくれて作ってくれました、



あわせて作ってくれたのが、レンコンまんじゅうの餡かけ

です。



どれも、さすがプロの技、日本酒をいただきながら美味しくいただきました。

日本ハムも中田が2試合連続でホームランを打ち、連勝。

言う事有りません。(笑)





レンコンまんじゅう




おでん

出汁の取り方が違うのでしょう

味に特徴が有る訳では有りませんが、何せ美味しい(皆さんには写真だけで申し訳有りません。笑)

Posted at 2015/05/23 21:18:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | 料理 | グルメ/料理
2015年05月20日 イイね!

ライラックまつり

今日は某証券会社の投資信託に関するセミナーがあり、

誘われて出席する為、午前中にプールを済ませ、自宅に

帰らないでまっすぐ札幌の会場へ向かった。



会場は、都市銀行の一角を占めていた旧北海道拓殖銀行

の跡地に建てられた大通ビッセがある北洋銀行ビルの18階。

現役時代には、6丁目当たりから東方面を眺める事が多かった

ので、東から西の方を眺めるのは、新鮮な感じがした。



セミナーは、私がなじみのない内容で、専門用語が解説なしに

次から次と出てくる内容なので、殆ど理解できないと言うのが

正直なところ。



1時間半のセミナーを終えて、大通を歩いていると、今日から

22日までライラックまつりである事が分かった。



ライラックの状況を見ると、いささか、盛りは過ぎている印象で

あった。ライラックの花はサクラなどと違い、花持ちがいいので

すが,今年は4月末に開花が見られているので、ライラックまつり

まで花が保つのか危ぶんでいた。しかし、今日確認すると

何とか保ったようです。

ライラックの花を紹介します。        

                                      

大通ビッセのあるビルの18階から西の方面を眺める

私のつとめていた建物もはっきりと見える






紫のライラック

ライラックは花のそばに鼻を近づけるといい香りがします







白色のライラック

この花の方が紫の花よりも早く咲きます。

Posted at 2015/05/20 21:59:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 季節 | 日記

プロフィール

「マッサージ&ホット&クールカーシーター http://cvw.jp/b/284720/40857753/
何シテル?   12/16 22:34
団塊の世代。2014年3月に50系カムリからクラウンアスリートSV6,2.5、I-fourに買い替え。走行距離は200Km。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

わーお! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/02 09:32:56
又病院に来ています(汗) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/27 06:24:05
真清田むかし話 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/03 17:00:07

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ クラウンアスリート トヨタ クラウンアスリート
MOP ○アドバンストパッケージ 【プリクラッシュセーフティーシステム(ミリ波レーダー ...
トヨタ カムリ トヨタ カムリ
オプション 木目調ステアリング 電動ムーンルーフ ほか
トヨタ カムリ トヨタ カムリ
車体の割に燃費がよく、満足できる車でした。
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
いい車でした。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.