• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

スペC汁のブログ一覧

2016年05月30日 イイね!

39歳児になりまして

39歳児になりまして近況報告のつもりが、割とガチめの
生存報告となろうとは、4月頭には
想定もしていなかったわけで。

我が家については、熊本市とはいえかなり北の方
にある為、外壁割れたり食器落ちまくったりと、
いろいろありゃしましたが、一応無事です。

自分より家族の方が精神的ダメージが大きかった
ようなので、震災以降は必ず夕食は家族でとるよう、
早く出社して早く帰ってる現状です。

消防団としても、まぁ色々ありましたよ。
昨年秋から中級幹部だから尚更で。


クルマ・バイク、共に無事です。3月にはクルマ、5月にはバイクの車検
(今回からクルマ・バイク同時に車検がくるのです・・・)も無事済みました。

どこそこから「バイク倒れた!!」と聞こえてくるなか、無事であったのは幸いで。
センタースタンド掛けと、ほぼカラだったガソリンが功を奏したのかな?と。


職場も・・・まぁいろいろありまして、職員と上層部との関係が一触即発の
状況というか。これ今年大量離職あるかもしれんなぁ・・・といった感じが。
今後どういう出方してくるかを、もうちょい様子見してみるかな、と思ってます。


昨年夏くらいから、タバコをショートホープにしてましたが、この5月から
iQOSに切り替えました。味の好みの部分とかで拒絶反応ある人も多々かと
思うものの、私は割とすんなり移行。

火を使わない、灰も散らない。クルマの窓も汚れないしで快適でございます。



久々に書いてはみたものの、何書いていいかピンとこなかったりするし、
タイトル画像が全くもって決められなかったこのもどかしさ(汗。

ぼちぼちまた、自分からネタ探しして回れるようになんなきゃな~。
Posted at 2016/05/30 21:55:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | アジト! | 日記
2015年09月22日 イイね!

生け垣バリカンも整備する

生け垣バリカンも整備する特段のボケもなく、つづく機械整備コーナー。

今度の整備対象は生け垣バリカンです。

ここ最近は自宅で作業するよりも、親父殿が
仕事場に持っていって作業している事が主で。

という事は、刈り込み作業前後・中での刃への注油
作業もロクにされていないんじゃないか、とですねぇ。


やはり・・・といった感じのくたびれ具合かな。


で、今回お試し導入してみたのが、アルス社の「刃物クリーナー」。


ヤニなどの付着しまくったバーに、シュッと一拭きしてしばし待つ。


んでウエスでフキフキすると、これが笑っちゃうくらいにあっけなく落ちるという(汗。

ただ、刃の部分のヤニの類は、どうも焼き付いたような感じでイマイチ効き目が・・・。
これはもうサンドペーパーなんかでやんないとダメかもです。
もうちょっとこのスプレーの存在に気付いていれば、もうちょっと綺麗さが維持できたのですが。

刃の部分を本体から外して、一旦バラバラにします。
組み付け順序の把握の為にも、バラした後の並びに気をつけときます。

・・・とかいいながら、下の2枚の板は裏表逆になってますが。

ここからパーツクリーナー等を使用しての洗浄となるんですが、摺動部からはさび色の
排水が・・・。こりゃかなり整備放棄時間が長かったのかもしれません。

折角なので目立てもしましょう。作業は電動グラインダで、一気にいきます。
生け垣バリカンは刃自体が大きいので、目立ての角度は分かりやすいと思います。


一山あたり3面を目立てしていきます。刃は両側かつ裏表あるので、結構時間喰います。


一通りすんだら刃の部分を注油しつつ組み立てて、本体に取り付けることとなります。
マキタのこの機種は、ボルト留めする以外に1箇所だけ、表から裏まで貫通した穴があいてます。


写真が整備前のもので汚れが酷いんですが・・・。
この穴を揃えることによって、ブレード付け根にある楕円の部分が一致します。
この状態にしておくと、本体組み付けの時に難儀せずに済みます。


本体側は古いグリスを除去してしまってから、新しいグリスを適度塗布します。
先程ブレード側の楕円合わせしたのは、こ体側のギアにはめ込んである、写真中央の
偏芯した円2つを通す為なんですね。
動作中はこの偏芯した2つの円によって、2枚のブレードが前後運動するようになってます。

一旦仮組してから試運転させて、グリスの量と塗布した位置が適切かを確認したほうが
よいですね。・・・あ。試運転以外の時は、絶対に電源コードは抜きましょうね。

本組みしたら、刃に注油して再度試運転です。うむ。あからさまに動作が軽快に♪
整備前後で動画撮っときゃよかったなと後悔した次第です。


悔しかったので、本体に付着した樹液やヤニなんかは、先程の刃物クリーナーで
ガスガス落としてしまいました。久々にこんなキレイな本体観たわ(笑。




さて。昨日のチェーンソーに続いてボケ無しの整備記事となりましたぞ(汗。
Posted at 2015/09/23 16:24:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | アジト! | 日記
2015年09月21日 イイね!

エンジンチェーンソーを整備する

エンジンチェーンソーを整備する今年の夏に新調しましたエンジンチェーンソー。

ハスクでもスチールでもなく、マキタの「MEA3201M」を
購入しました。
程よいバー長さとパワー、んでもって価格にピンときまして。

購入した途端、先月の台風が発生。
竹林整備してシイタケ育てようというのが第一目的だった
のに、台風通過後毎週のごとく、自宅裏庭だったり墓地
だったりと、倒木伐採作業に汗する日々となっとります。

で、使ってみてこのチェーンソー、実に具合がいいですね♪
そこまで重くもなく、パワーもクラス相応にしっかり。

んでもって始動性も申し分ないし、レスポンスもすこぶる良好。
再始動についても、左手に本体もったまま右手でスターター引いて始動OKなのが、
非常~に気持ちようございます。あ、もちろんスターターロープ引きながら、
ピストンの位置を把握できる感覚がないとケッチン喰らいますが(汗

あと、チェーンの伸びに対する調整が、工具レスで出来ちゃうのも便利ですね。
とくに新品チェーンは伸びがでるので、こまめに張りチェックして調整しないと
脱線しちゃうので・・・。


休日の一昨日をほぼ一日作業に費やしたので、しっかり整備もしないとですね。
※ホントは当日すべきでしょうが、伐採作業以外にもそれらの撤去やら、倒れた
 墓石を起こして設置したりと、もう体力を使い果たして・・・・。

丸一日使ったチェーンソーの汚れは、大体こんくらい。意外にキレイなのは
水溶性チェーンオイルのお陰?? まずばエアブローで全体的汚れを落とします。


カバー外すとこんな感じ。まぁそんなもんでしょ。


カバー裏側はこんな感じ。相応の木くず&チェーンオイルのカスが・・・。


これまたエアブローであらかたカスをやっつけます。


ガイドバーの隙間に詰まったカスも確実にやっつけしょう。ここは大事なオイル
流通部分になりますので。


細くてぼちぼち強度のあるもので、ガイドバーの隙間をホジホジすると、もりもりと
カスがでできます。


チェーンの目立て作業も今回の作業に含めてますので、洗剤等も使用して脱脂洗
します。
水分はエアブローでぶっ飛ばします。


ソーチェーンはオンロードバイク用みたいなシールなどがないので、洗剤+歯ブラシで
汚れ落とししてから、パーツクリーナーで脱脂します。目立てするんで脱脂必須です。


クラッチカバーのスプロケットは、バイク同様消耗品です。摩耗など確認します。


ここから組み付けとなります。チェーンには方向性があるのでお間違えなく。


脱脂したままの状態で組み付け完了。


これから目立て等の作業となります。自分はまずこの時点で、チェーンに作業目印の
マーキングをしてます。


チェーンの目立て方法については、チェーンないしチェーンソーの仕様に従います。
私のコレの場合の基本は、4mm丸ヤスリで、角度は30度。
この部分の刃の場合はこの赤線の角度となりますが、逆の刃はその逆で。


デプスケージに溝切ってあるヤツがあるので、それをあてがいながらやることで
誤差を減らす事ができます・・・が、正直面倒くさいのと、そもそも丸ヤスリあてがって
みたらどの角度で削るべきかが手に伝わるので、私はフリーハンドでいきます。
ヤスリ掛けで力を掛けるべき方向ですが、原則上刃の鋭角部に向かって押す方向
(この刃の場合は画面下から上方向)となります。


刃全ての目立てが完了したら、今度はデプス調整という地味に大事な作業です。
チェーン上の刃のついてるコマには、刃の部分と、その反対側に突起があります。
この刃と突起の高さの差(デプス)が、切断の速度に影響します。

デプスが少なすぎると、刃の切れ自体はよいものの切断に時間がかかり非効率。
デプスが大きすぎると、切断対象に刃が引っかかり過ぎて、震動もでかいは、
悪名高き「キックバック」の危険性が。

目立てに較べて超地味ですが、大事な作業です。

デプスゲージを当てて、規定のデプスであるかを確認します。
目立てを進めて上刃が減ってくると、その分デプスが少なくなり、ゲージから
突起部分の頭がコンニチワします。


そういう部分に対して、平ヤスリをあてて削って突起の高さを調整するわけです。
削った部分については、加えて丸みがあるようにします。受ける震動に差がてます。


目立て・デプス調整が済んだら、エアフィルターを掃除します。
カウルのゴム栓を外してトルクスを緩めると、エンジンとエアクリがご開帳となります。
フィルターを外したら、チョークバルブを閉じるなり、ウェス突っ込んどくなりして、
キャブがゴミ吸わないようにしていたほうがよいですね。


ぼちぼち木くずが付着しているので、お掃除します。
ただ、いかんせん木くず。フィルターの裏側からブロアーかけてもなかなかとれませんので、
ブラシだったり何だったらで落としてから再装着します。


ひととおり整備作業が終了したら試運転です。
ガッツリ脱脂してますので、チェーンやガイドバーにローラーがついている場合は
その軸に極少なめに注油してから試運転を実施します。
相応にエンジンを吹かしたりして、正しくチェーンにオイルが供給されているかを確認し、エンジン停止します。


今回の作業以降の次の活躍が直近にありませんので、燃料を本体から抜きます。
タンクから燃料を抜いた状態でエンジン掛けて、自然にエンジンが停止するまで待ちます。
この時吹かしちゃダメダメです。
エンジン停止して、熱が冷めたらチェーンカバーを付けて格納します。

これで一通り、整備作業の完了がございます。お疲れ自分。

今現在こいつの格納場所は、もとの梱包段ボール箱に、梱包用透明PPテープで
補強したものとなっていて、ちょっと寂しいところです。
立派に「凶器」ですので、相応の容器に収納したいのですが・・・orz。


箱の中身は以下の通り。

●チェーンソー本体
 試運転時のチェーンオイルが垂れるので、本体下にウェス敷いてます。

●2ストオイル
 カストロールのPower1 Racing 2Tを採用(笑。
 ハイレスポンス&ロースモーク。エンジン暖まるとノースモーク。
 50:1の混合比で運用。本体燃料満タン(500cc弱)に対して10cc前後しか使わないんで、
 「趣味的に、まぁいっか」みたいな感じ。

●ブレンドタンク
 ガソリンと2ストオイルの混合用タンク

●チェーンオイル
 水溶性チェーンオイルを利用してます。環境性能を考えたら植物性ですが、
 価格が・・・・orz 2ストオイルに対して意外と喰うんでですよね。

●ヤスリ(丸・平)・デプスゲージジョインタ
 目立て・デプス調整に。

●純正工具
 プラグレンチとドライバのコンビ。使ったことなし。

●防護メガネ
 ツルが笑っちゃうほど顔のサイズに合わないまので、紐を追加。



久々のblog更新ですが、これっぽっちもクルマと関係がないというのが(笑。
Posted at 2015/09/22 18:23:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | アジト! | 日記
2015年06月28日 イイね!

お食事会

お食事会ただいま弟が入籍を前にしての
お食事会なのですよ。

改めて「先越された」感をひしひしと
感じているところでございます。

Posted at 2015/06/28 13:15:33 | コメント(5) | トラックバック(0) | アジト! | 日記
2015年06月19日 イイね!

続・子育て日記?

続・子育て日記?昨日のブログにて、巣箱の素材を「段ボール」と
記載してましたが、実際に使ってたのはほぼ
厚紙レベルな素材でして。

親がフチにとまった時に、ちょっこしブヨンブヨン
してたもんですから、今度こそ段ボールにて巣箱
作成&お引っ越し。



親が近くの電線から様子をうかがっている中で、一羽ずつとりあげては新居にポン。

朝から既に親がエサあげてたのもあって、今日はしっかりヒナ達も覚醒してて、
お腹側からそっと指先を巣箱に入れると、ガシっと両足でキャッチしつつ、産毛の
まだ残る羽根をパタパタ・・・。

・・・うっほ。たまらん。萌ゆる。
手乗りツバメの野望がちょっと前進。


昨日までの巣箱は、フチと敷物の段差が高すぎたのか、はたまた敷物が紙だもんで
張り付いてしまって難儀したのか、フンの始末が完璧にできていなかったので、
今回はかなり敷物の量を多めにして、その段差を少なくする事に。

本来、ヒナのフンは袋状になってて、親がそれを巣の外に持ってきますからね。
恐らくは衛生環境を保つことによる病気などの予防や、天敵に巣を発見されないように
とか、そんなんがあるのかな?と。

ただ、このまま紙の敷物(シュレッダーダスト)を使ってると、フンがそれに張り付くのは
今後も続くだろうから、実の親子が今後も許してくれるのならば、巣立ちの時までは
寝起きの日課として、敷物の入れ替えをしてさしあげねば・・・です。
日がな一日エサやりつづけるのは無理だとしても、これならやれるぜ。

元々の巣が形状を温存してれば、それを巣にするのがベストなんだろうけど、
残念ながらそれは落下の際に粉砕しちゃってるからなぁ・・・。


という事で、もうしばらくはこんな生活が続きそうです。
ブログネタもしばらくは困ることなさそう。

つかホント、たまたま農事絡みの4連休のドアタマにこのイベントが発生した事が
不幸中の幸いというか何というか。

最後に、しろかき中に舞い降りたアオサギの写真を貼ったり。

今年のしろかきは、自分のトラクターの所ばっかりツバメ乱舞。不思議。
Posted at 2015/06/19 17:52:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | アジト! | 日記

プロフィール

「39歳児になりまして http://cvw.jp/b/285500/37978343/
何シテル?   05/30 21:55
熊本在住のスペC汁です。まずは自分の備忘録として、みんカラ使わせてもらおうかな?て思ってます。 ジムカーナとサーキットの二足の草鞋状態で、なかなか資金繰り...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

オートポリス 
カテゴリ:クローズドコース
2008/03/20 08:35:02
 
オートランド熊本 
カテゴリ:ショップ
2007/11/24 16:07:10
 
LAILE(レイル) 
カテゴリ:パーツメーカー
2007/06/03 10:33:24
 

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ スバル インプレッサ
前愛車突然のエンジンブローにて、急遽調達したのがこのクルマ。 スペックCの16インチ仕 ...
ドゥカティ ムルティストラーダ1200 ドゥカティ ムルティストラーダ1200
Monster696の車検タイミングに、試乗会以来の念願であったMultiStradaに ...
ヤマハ スーパーJOG Z ヤマハ スーパーJOG Z
1994年式 YAMAHA SuperJOG-Z(3YK6) 自分の相棒として10年 ...
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
フルレプリカ仕様からちょい戻しで好き勝手いじり放題仕様。だってフルレプっていろいろ制約あ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.