• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+





みん友募集ページへGO!GO!GO!

<当ブログについて>
※スタッフ個人が記載した内容は、株式会社カービューの正式な見解ではありません。
※個別のご質問はサポートセンター(minkara-c@carview.co.jp)までお願いいたします。

みんカラスタッフチームのブログ一覧

2017年12月14日 イイね!

今年もやってきましたよー!「東京オートサロン2018」のお・知・ら・せ!

今年もやってきましたよー!「東京オートサロン2018」のお・知・ら・せ!

こんにちは、スタッフSSです。

師走も押しせまって、あっという間に2018年がやってきます。

そして、2018年新年一発目の自動車イベントといえば!?

そう、東京オートサロン2018ですね!
東京オートサロン2018
※クリックすると外部サイト「東京オートサロン公式サイト」に遷移します。

第36回目となる「東京オートサロン2018」も、前回に引き続いて、会場となる幕張メッセの1~11ホールに加えて、最大9,000名が収容できるというイベントホールも使用して、
東京オートサロン史上最大規模且つ、
世界最大級のカスタムカーイベント
として開催されます!

また、毎年楽しみなイベントも目白押しで、今年は国内外の本格カーコレクターを対象としたカー・オークション、「東京オートサロン・オークション with BH Auction」を初開催するそうで、1990年のル・マン24時間レースに参戦したグループCマシン「日産R90CK」が出品される他、貴重なレースカーやチューニングカー、旧車などを15~20台ほどラインアップするそうです。いったいいくらで落札されるんでしょうね。。。

そして、あの“ドリフトの神様”、ケン・ブロックが幕張に降臨!!
屋外特設コースでデモランを行うそうですよ!
TOYOタイヤのブースでは、トークショーも予定されているので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

また、毎年有名アーティストのステージで盛り上がる「LIVE STAGE」もありますよ!

気になるチケット情報はこちらですー。
----------------------------------------
【チケット詳細】

■入場料
・特別入場券

 1月12日(金) 14:00~19:00(一般特別公開)
 前売:3,000円
 当日:3,500円
・一般入場券
 1月13日(土) 9:00~19:00、14日(日) 9:00~17:00(一般公開日)
 前売:2,000円(大人のみ) 
 当日:2,500円(大人) 1,800円(中・高校生)
 ※全日とも小学生以下無料(保護者同伴に限る)
----------------------------------------

で?今年も?


チケットプレゼント
やっちゃいます!!!
キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!


1月13日(土)、14日(日)のいずれかに入場できる一般公開日招待券を抽選で
50組100名様に
プレゼントします!


【東京オートサロン2018チケットプレゼント企画詳細】
----------------------------------------------------------
TOKYO AUTO SALON 2018(東京オートサロン2018)
1月13日(土)、14日(日)一般公開日招待券 50組100名様
■応募フォーム

こちらをクリックして、応募フォームに必要事項を記載し、ご応募ください。
■応募期間
12/14(木)~12/18(月)23:59まで
■注意事項
※フィーチャーホンからの応募はできません。
※この招待券は1月13日(土)、14日(日)のいずれか一日のみ有効です。
※みんカラユーザー様限定のキャンペーンです。(会員登録はこちら)
※ご応募はお1人様1回のみとさせていただきます。
※転売は厳禁です。
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
■個人情報について
<利用目的>
株式会社カービュー(以下弊社)は、プレゼントの送付を目的とし個人情報を取得致します。
弊社は、個人情報への外部からの不当なアクセス、個人情報の紛失・破壊・改ざん・漏えいなどの危険を防止するためのセキュリティー対策を実施し、個人情報を安全かつ適切に管理するよう努めます。
その他個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシー&プライバシーステートメントをご確認ください。
----------------------------------------------------------

応募期間が短めなので、忘れない内にご応募くださいね!

で?さらに?


今年もみんカラブース
出展します!!



みんカラブースでは、限定ステッカーや、みんカラオープンミーティングで発売した新商品、その他定番人気のみんカラグッズたちを多数揃えてお待ちしています!!

みんカラブースの場所など詳細はまた別途ご案内しますので少々お待ちを。
東京オートサロン2018にご来場されたら、みんカラブースものぞいてみてくださいね!

スタッフ一同、お待ちしてます!(^O^)/

東京オートサロン2018公式サイト
京オートサロン2018
※クリックすると外部サイト「東京オートサロン公式サイト」に遷移します。

では、また。
2017年11月08日 イイね!

日本最大級のスポーツ自転車フェス「サイクルモード」に行ってきました。

日本最大級のスポーツ自転車フェス「サイクルモード」に行ってきました。こんにちは、スタッフSSです。

11月3日(金)~5日(日)の3日間、千葉の幕張メッセで行われていた、日本最大級のスポーツ自転車フェス、『サイクルモードインターナショナル2017』(以下「サイクルモード」)におじゃましてきました!



みんカラはクルマのSNSサービスですが、車輪の付くものは大好物なスタッフが揃っているので、“車輪”に関わるイベントは、積極的におじゃましたいなと思っています!あ、交通費とか承認の下りる範囲でですが(笑)



というわけで、昨年、累計入場者50万人を超えたというサイクルモードは、今年で13回目。最近は漫画・アニメで「弱虫ペダル」が人気だったりして、女性ファンも増えているようですよ。

さて、さっそくブースを見ていきたいと思いますが、まずはクルマに関連の高いブースを紹介していきましょう。

まずは、「クルマに自転車を積んで出かけよう!」をテーマとした“シックスホイールスタイル”ゾーン。
“ジテンシャ=2輪”דクルマ=4輪”=“シックスホイール(6輪)”というわけでですね。

まずは、スバルのブース。



レヴォーグにロードバイクがたくさん積まれてますね。



これはロードレースのサポートカーと呼ばれる車両で、スバルは国内ロードレースで20年以上、サポートカーの提供を行っているそうですよ。



いや、しかしよくこんな台数よく積めるなと感心しますが、黄色いレヴォーグ、なかなかカッコいいじゃないですか。



ブースでは、ロードレース中の雰囲気を再現していましたよ。



で、さりげなく置いてあったボードを見ると、来年1月に2輪駆動の自転車をスバルが発売予定とか!
ちゃんと2輪でもAWDなんですね。スバリストの皆さんも、自転車隙の皆さんも、楽しみに待つことにしましょう!

さて、お次はマツダですね。



マツダは、地元広島ということで、サイクリストに人気の海峡を横断できる自転車道、「瀬戸内しまなみ海道サイクリングロード」と、そのしまなみ海道の本州側の拠点となる、尾道で企画されたスポーツサイクル「凪スピード」とのコラボ展示を展開していました。



展示車両は、東京モーターショー2017でも展示されていたCX-8です。



ルーフボックスも似合いますね。



ちょっとクラシカルなクロモリフレームの凪スピードをCX-8に積んで、しまなみ海道に出かける。いいですねぇ。



配布していたコラボバッグ。



サイクリスト憧れのしまなみ海道。海峡の島々にかけられた橋を自転車で駆け抜けてみたいものです。

さてさて、シックスホイールスタイルゾーンの最後は、アメリカのアウトドアブランドYAKIMA(ヤキマ)のブース。



YAKIMAは、自転車キャリアをはじめ、ルーフテントなどをラインアップする、シックスホイーラーの強い味方。スキー・スノボキャリアも扱っているそうなので、そっち方面で知っている方も多いかもしれませんね。



いかにも頑丈そうなサイクルキャリアです。大型のSUVに似合いますね。



そしてこのルーフテント。



ルーフ上でパタンと畳めて、コンパクトに収納できるそうですよ。



中も大人が2人余裕ですね。3人寝られるひと回り大きなサイズのもあるとか。
これはお子さんも喜びそうですね!

さて、シックスホイールスタイルゾーンを離れて、お次はヤマハのブースへ。



ヤマハといえば、ファミリーモデルの電動自転車PASが有名ですが、



YPJシリーズという、ロードバイクやトレッキングバイクの電動アシスト自転車もラインアップ。



今回、クロスカントリーモデルの「YPJ-XC」などを参考出品して、ラインアップを拡充していく構えのようですね。



この「YPJ-TC」のようなフラットバーハンドルにリア荷台付きの電動アシスト車両は、通勤にはもってこいだなと思いました。

他にも、ドライバーにはおなじみのソフト99のブースがあり、



「メガネのシャンプー」のデモを行っていました。



メガネ派のスタッフSSは、さっそく洗っていただいちゃいましたが、めちゃスッキリ視界も良好になりましたよ。

おっとこちらには、最近コンパクトなドライブレコーダーがドライバーにも人気のGARMINのブースが。



GARMINのサイクルコンピューター、Edgeシリーズなどが展示されて、人気を集めていました。



ルートナビゲーションもできる、サイクリスト憧れのアイテムですね(私もほしい。。。)。

さてさて、他にもガンダムとコラボしたロードバイクがあったりしまして、どこら辺がニュータイプなのかと観察したり。



こちらの白ベースのマシンは、「ユニコーンガンダム」をイメージしたマシンだそうです。



で、金色のマシンは、そう、「百式」ですね!わたくし百式にグッとくる世代です(キリッ!)ので、迷わず金色を選びたいと思います(買えないけど)。

というわけで、他にもロードバイク好きにはたまらない高級ブランドのロードバイクがいろいろ展示され、注目を集めていましたので、最後にちょこっとだけご紹介しますね。











クルマ+αな生活、憧れちゃいますね。

では、また。
Posted at 2017/11/08 17:01:00 | コメント(4) | トラックバック(1) | イベント紹介しま~す! | 日記
2017年07月21日 イイね!

レベル4=完全自動運転バスに乗ってきました!

レベル4=完全自動運転バスに乗ってきました!









こんにちは、スタッフSSです。

突然ですが、先日、自動運転バスの実証実験で一般客も予約して試乗できるということで、「これは、みんなのカーライフの未来を真剣に考える、ナイスガイなみんカラスタッフとしては行かねばなるまい!」ということで、決してオフィスから近かったからという理由だけではなく、カメラを担いで行ってきました!

場所は東京は港区芝大門。増上寺と東京タワーのコントラストが素敵です。



増上寺の仁王門をくぐって、ザ・プリンス パークタワー東京の敷地内にあるプリンス芝公園内の試乗会場に向かいます(しかし、この日も暑かった。。。)。



そうそう、こちらの試乗会ですが、自動運転バスの実用化に向けていろんな調査をやっているという「自動運転バス調査委員会」による実証実験となります。
公道ではなく、クローズドコースですが、一般客を乗せて走るのは初だそうですよ。

おぉ、ここからも東京タワーが見えますねぇ(角松敏生の「Tokyo Tower」♪を
思い出します。え、知らない。。。?汗)




実験車両はこちら、仏Navya製の自動運転シャトルバス、「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」です!



ドライバーが全く関与しない完全自動運転=レベル4の自動運転車両としては、世界で最も走行実績のある車両だそうで、ソフトバンクグループのSBドライブ株式会社から提供されているそうです。



「NAVYA ARMA」は電気自動車なのですが、横から見るとわかるように、前後対称になっていまして、どちらにも進めるようにできています。



当然ですが、レベル4の完全自動運転なので、車内にはハンドルはもちろん、アクセルペダルもブレーキペダルもありません。



ん?このX-Boxのコントローラーはなんでしょう?
実はこれ、手動運転時はこれで操縦するそうです。



それはそれで操縦してみたいですが、自動運転の実証実験ですから、自動運転なお話しをしましょう。
この屋根の上に乗っかっているのが、「LiDAR(ライダー)」というレーザーレーダーだそうです。



ちなみに屋根の上のは3Dセンサーで周囲の状況をモニタするLiDARだそうです。
最初見た時、あ、パトライト載ってる、って思ったのは内緒です。



で、車体のフロントバンパーおよびサイドのタイヤ付近には、筒状の2D LiDARがそれぞれ装備されていて、GPSで自社位置を測位しつつ、カメラなどでも障害物を検知しながら、設定したルートを自律走行する、というわけですね。



あ、みんカラ的にはタイヤとホイールも気になりますね。
ホイールはバイカラーで、けっこうスポーティなイメージです。



タイヤはミシュランで、サイズは215/60 R17。「Green X」というマーキングがあったので、調べてみると、転がり抵抗に配慮したタイヤに与えられるマーキングだそうですよ。



では試乗時間になったので、早速中に入ってみましょう。
ローカルな電車のような入り口の緑のボタンでドアが開きます。



前後どちらにも進むということですが、どちらにもハンドル、アクセル、ブレーキがないので、スペース的には広く感じますね。


写真提供:SBドライブ

ちなみに乗車定員は15名で、座席数は11となります。


写真提供:SBドライブ

もしも!のための緊急停止ボタンもあったり。



緊急電話もかけられます。



実際には車内には乗務員などはいない想定なので、天井にはモニタリング用のカメラが設置されています。



全員乗り込んだら、ピラーに付いているタッチパネルのGOボタンをタッチして、スタートです。



ちなみにタッチパネルは、停留所などが表示されていて、降りたい場所をタッチするというわけです。



スタートは滑らかですね。音もエアコンの音の遠くからモーター音が聞こえてきます。



最高速度は45km/hだそうですが、今回の試乗コースでは、速度は8km/hまでに設定されているそうで、ちょっと早足な感じです。



途中、スタッフさんがわざと飛び出すと(スマホながら見飛び出し風なのが芸が細かいですね)、ちゃんとブレーキがかかって停まって、安全が確認されると、自動でまた再スタートします。お利口だなぁ。


写真提供:SBドライブ

停留所に見立てた位置で自動で停まります。



一周数百メートルなので、試乗はほんの数分ですが、なんだかとっても未来な、というか、あまりに普通に安心しすぎて、未来を感じる隙がなかった、というのが正直な感想です。
これだけ普通の感覚で乗れちゃうっていうのは、まだまだ国内の一般道を走るまではもろもろあるとは言えども、これは近い将来、自動運転バスで通勤、通学というのも、すんなりイメージできちゃいますね。

私達を乗せた回の後は、たまたま充電タイムだったので、充電風景もパチリ。
右目の内側から充電ですね。



自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA」の無料一般試乗会は、この週末の7月23日(日)までですが、すでに予約枠は満員とのこと。
しかし!自動運転バス調査委員会のFacebookによれば、予約なしの場合は当日整理券を配布し、予約キャンセルがあれば整理券順に案内してもらえるそうです。
また、臨時便も運行する予定だそうなので、乗ってみたい!という方は、以下の自動運転バス調査委員会のFacebookで最新情報をチェックしてみてくださいね。

https://www.facebook.com/autonomous.bus/

最後に、iPhoneで撮影した動画をペタリ。画質荒くてすいません。



では、また。
Posted at 2017/07/21 18:02:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | イベント紹介しま~す! | 日記
2017年04月20日 イイね!

スカイラインの思い出ありますか?「スカイライン生誕60周年!SKYLINE TIMELINE」

スカイラインの思い出ありますか?「スカイライン生誕60周年!SKYLINE TIMELINE」









こんにちは、スタッフKKです。

みなさんは「スカイライン」の思い出ありますか?

私の父はその昔ケンメリに乗っていました。ケンメリの次にニューマンを購入して、スカイラインを乗り継いだ時期がありました。

しかーし!まさかの「TI」だったので、エンブレムは「TI」(しかも色が黄色…)、そしてスカイラインなのに丸いテールランプではありませんでした。。
当時他のスカイラインを見たときに「GT」のエンブレムと丸いテールランプを見ると、幼いながらに羨ましかった思い出があります。

そんなスカイラインは現行のV37型でなんと13代目!13代目ですよ?すごくないですか?輸入車含めてもこれだけ歴史のある車種はそう多くないと思います。

そして、13代続いているスカイラインは生誕60年目!ということで、イベントが開催されます。
場所はこちら、六本木ヒルズ~ でけぇ~ 上向いて写真撮ろうとしたら目が回った(@_@)



六本木ヒルズアリーナというところに特設会場が開かれていました。
本日はプレス発表会です。



うお~!!!13代全員集合してる!(汗)これはすごい!







せっかくなので少しづつ見ていきましょう。
レースでの活躍で「羊の皮を被った狼」と称された2代目スカイライン。



3代目、ハコスカです。このあたりから思い出のある方が多くなって来るのでしょうか?



4代目、ケンメリです。あー懐かしい。。これはTIじゃなくGTですね、いいなw
フォグがたまらんですね。時代を感じます。



5代目、ジャパンです。今見てもスッキリとしたいいデザインですね。ジャパンというと大門団長の「マシンX」が思い浮かびます。



6代目、ニューマン。赤黒ツートンかっこよかった~!これも西部警察のイメージが強いです。この時はRSのエンブレムに憧れました。フェンダーミラー渋い…



7代目、セブンススカイライン。ハイソカー化しましたね。ピラーレスハードトップがスマートでした。そしてRBエンジンを搭載します。



8代目、R32です。展示車がGT-RじゃなくGTS25ってのがいいですねw このあたりはまだまだ現役というクルマも多いのでは?



9代目、R33です。やや大きくなりましたが、キープコンセプトでスカイラインの佇まいをしっかり受け継いでいます。



10代目、R34です。そして伝説へ。シェイプアップされ、熟成。直6最後のスカイラインとなりました。



11代目、V35です。V型エンジンを搭載。新しいスカイラインとしてスタートしました。



12代目、V36です。さらに新しいスカイラインとして進化。ラグジュアリー感が増し、高級車となってきました。



そして13代目、現行のV37です。世界初のステアバイワイヤー「ダイレクトアダプティブステアリング」などのハイテクを搭載。スカイラインの進化は止まりません。



そしてそしてこちらが初代スカイライン。1957年4月24日生まれの還暦です。それにしてもどのクルマもピッカピカ!



プレス発表会では主催者のスピーチが。
日産自動車株式会社 専務執行役員の星野朝子さん。

免許を取得して最初に買ったクルマはジャパンで、日産に入社して最初に買ったのがR32のGTS-tだったとか。熱いですね~



そしてゲストが。



浅野忠信さんです~ 男前~!

浅野さんもスカイラインの思い出があって、所有はされたことないのですが、小さい頃とにかくハコスカに憧れていて、近所にすごくきれいなハコスカが停まっていたのでよく眺めていたという話がありました。今でもハコスカのミニカーを幾つか所有されているそうですよ。親近感湧きますね~


そして今回のこのイベント、60周年を記念して昔のそれぞれの時代をバックに自分をいれて写真が撮れるというのおもしろコンテンツがあるのです。



浅野さんがこのコンテンツで撮影された画像を見せてもらいました。アポロ発射の前でハコスカと一緒に、ってこんなシチュエーションあるかよ!(汗)な、おもしろ写真を撮ることが出来ます。



この写真すごくないですか?浅野さんが入るとスカイラインの広告みたい。。




その他スカイラインスペシャルラバーストラップの販売(カプセルトイ)などがありますよ。

そしてこのイベント、開催期間が短い!
明日4月21日(金)~24日(月)まで!

場所は
六本木ヒルズ ヒルズアリーナ
です!


お近くの方、ぜひ遊びに行ってみてください。13代勢揃いを見るだけでも結構価値ありますよ~

イベント詳細はこちらから!
http://www2.nissan.co.jp/SKYLINE/60TH/EVENT/
※画像クリックでもリンクします



それにしてもやっぱ俳優ってすげぇな… めちゃくちゃ絵になってる。。

浅野さんかっこよすぎ。。


おしまい
2017年02月28日 イイね!

3月4日土曜日は茂原サーキットでサーキット走行体験しませんか?

3月4日土曜日は茂原サーキットでサーキット走行体験しませんか?








イベント告知です~

今週末3月4日(土)に千葉県「茂原サーキット」にて~

みんカラ+でもおなじみの「Bee☆R」さん主催
BR-ROM感謝祭
が開催されます~(≧∇≦)/

サーキット開催ということで、
サーキット走ったことないけど、走ってみたいんだよな~
という方向けの走行会が開催されます!

サーキットビギナーの方、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください。

<ご注意事項>
・BR-ROM適合車種しかエントリーが出来ません事をご了承下さい。逆にミニバン大歓迎!
・気合の入ったタイムアタック車両の受付はお断りとなります。サーキットには音量規制があります。
・触媒の無い車両や違法改造車の入場も出来ません。


費用やお申込み方法等詳細はみんカラ+「Bee☆R」ブログをチェック!
http://minkara.carview.co.jp/userid/550801/blog/39378167/


そしてそして~?

なんと~

錚々たるゲスト(゚д゚)!

飯田章選手!
織戸学選手!
ピストン西沢選手!
手塚強選手
時田雅義選手
今村陽一選手
※順不同 おとなの事情で画像はございません

すごくないっすか!?
特にD1ファン垂涎とも言える豪華ゲストであります。
行きましょう(゚д゚)!

そしてそしてそして~?
みんカラスタッフも取材に行きます!
気まぐれに写真撮りますぜ~w
後日このブログでレポートします(^^)/

入場料や参加費用などのイベント詳細は、
みんカラ+「Bee☆R」ブログをチェック!

みんカラ+「Bee☆R」はこちら↓(画像クリックでリンクします)

http://minkara.carview.co.jp/userid/550801/blog/

それではみなさん、ぜひ遊びに行ってみてくださいね~!

Posted at 2017/02/28 19:02:32 | コメント(1) | トラックバック(1) | イベント紹介しま~す! | 日記
twitter
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「今年もやってきましたよー!「東京オートサロン2018」のお・知・ら・せ! http://cvw.jp/b/285744/40850032/
何シテル?   12/14 19:27
このブログでは、みんカラの開発・運営スタッフが、 みんカラ内の機能やトピックスをご紹介します。 ※スタッフ個人が記載した内容は、株式会社カービューの...

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

みんカラフェイスブック 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/16 12:44:42
 
みんカラアプリ開発ブログ 
カテゴリ:みんカラお知らせ
2014/07/17 19:17:07
 
みんカラサポートブログ 
カテゴリ:みんカラお知らせ
2009/09/15 11:50:12
 

ファン

2,142 人のファンがいます

愛車一覧

その他 その他 イベントカー (その他 その他)
イベントでブース出展に使うレンタカーです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.