車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月15日
NFL:Week5の感想とまとめ
この週のBYEは、ジャガーズ、チーフス、セインツ、シーホークス。


カージナルス@49ers 33-21

序盤は守備合戦で、両チームなかなか得点できなかったが、49ersがTDで先制点を挙げた後、
49ersにミスが続発。そのまま一気に点差を拡げられ一方的なゲームとなった。

最初のミスが、49ersQBギャバートのパスが守備ラインにデフレクトされそのままインターセプト
されたこと。それをカージナルス攻撃陣がTDに結びつけて同点とした。

次のミスが、カージナルスの攻撃が自陣深くで3&アウトに終わり、パントになるが、
それをリターナーがファンブルロスト、カージナルスの攻撃が続いてしまう。

49ers守備陣が何とかそれを食い止め、FGになるが、今度はランニングイントゥザキッカーで
再び攻撃権を与えてしまったのが3回目のミス。逆転のTDを許してしまう。

その後TDを得点を取り合う展開になるも、10点差からさらに差を縮めることはできずに
カージナルスの3勝目を献上することになった。

カージナルスの控えQBスタントンは、11/28で成功率39%とヒドいものだったが、要所要所で
スーパーWRフィッツジェラルドが見事なレシーブで6回81y、2TDの活躍を見せ、ランではエース
RBジョンソンが27回157yを走って、攻撃陣を支えた。

これで2勝3敗となったカージナルス、まだ負け越しながらも復調の兆しが出てきてはいる。
一方の49ersは1勝4敗とボロボロ。シーズン途中の監督交代もありうるかもしれない。



ペイトリオッツ@ブラウンズ 33-13

ペイトリオッツはQBブレイディを欠いたWeek4の試合でビルズに完封されて初黒星。3番手QBまでも
指の怪我を抱えていて、QB経験のあるWRエデルマンがQBを務めるのではないかと噂されていたの
だから、しょうがない。むしろこの敗戦も計算のうちと思えるくらいこの試合では堂々としていて、
全く敗戦の影響は無かった。ブレイディがいなくても3勝1敗できるチームに、ブレイディが
帰ってくれば、まさに鬼に金棒だ。

一方のブラウンズも、3番手QBケスラーがこの試合中にケガで退場、試合前にコルツから急遽
引き抜いたQBホワイトハースや、エデルマン同様QB経験のあるWRのプライアーまでスナップを
受けることになった。

序盤こそTDを取り合うシーンが続いたが、ケスラーが自陣エンドゾーンの手前で捕まり、
セイフティを献上した上退場となったら、後は一方的な展開。終盤ではブレイディに代わって
2番手QBガロポロまでリハビリ代わりに出てくるほどだ。アンチペイトリオッツの食料大臣が
「こんな試合、観てて楽しいの?」と愚痴まで出てくるほど、ブラウンズには気の毒な試合だった。

数字を分析するまでもないだろう。この後は、Week6ベンガルズ戦、Week7@スティーラーズ戦、
Week8@ビルズ戦の再戦、Week9シーホークス戦と厳しい戦いが続く。復帰したブレイディの
活躍を楽しみにしよう。



バッカニアーズ@パンサーズ 17-14

バッカニアーズの試合を観るのは超久しぶり。QBガルシアが居た頃だから2008年頃か。
それからずっと低迷していたからこの試合も期待はしてなかったのだけど、QBニュートンを
欠いたパンサーズ相手に見事な試合ぶりで勝利。意外に面白い試合だった。

初っ端から驚かされたのは、バッカニアーズ最初のドライブで6回連続ランプレイで
2回1stダウンを更新したところだ。前が強いパンサーズ守備陣相手に、特に得意という
わけでもなく(ラン獲得ヤードで24位)、その上それまでの3試合トータルで13回69yしか
走ってないRBロジャースで、だ。

解説によると、バッカニアーズのエースQBウィンストンのレーティングは70点前後だが、
1Qだけに限ると30点台に落ちるらしい。それが理由でラン中心に攻撃を進めたとすれば
大した決意だ。

前半はTDは取れなかったが、時間を十分に使って(トータル保持時間で8分以上の差)
FG2本の6-0で折り返した。

この試合はミスも多かった。パンサーズは、控えQBアンダーソンが被インターセプト2本に
加え自身のファンブル、そしてパントリターンの時に味方同士が接触してファンブルロスト、
計4回のターンオーバーがあった。

一方バッカニアーズのターンオーバーはなかったものの、新人Kアグアヨが40y台前半のFG、
そして30y台のFGを外すというミスがあった。一歩間違えていたらこれが原因で負けていた
かもしれない。アグアヨはこれまでに30~40y台のFGを2本、TFPも1本外しており、
FGの成功率3/6で50%という不名誉な記録を残している。この先の不安要素だろう。

3Qに入って、パンサーズは立て続けにTDを2本奪うが、その先が続かない。
バッカニアーズもTD+2ポイントに成功して同点に追いつき、勝負はいよいよ4Qに。

しかしここになってパンサーズの攻撃陣がやはり沈黙。3rdダウンコンバージョン1/8
という数字が、ドライブが続かないことを物語っている。

それまで2回続けてFGを外しているアグアヨが、最後の最後でサヨナラ38yFGを決めて勝負あり。
汚名返上とまでは言えないけど、本人は胸を撫で下ろしたことだろう。

ウィンストンのこれまでのレーティングを調べてみると、Week1から順に125!、39、
93、40、そしてこの試合で94。なんともムラのあるQBだ。

パンサーズは、ニュートンの欠場も痛いが、昨季のような勝負強さがすっかり消えている。
他の選手達にも自信溢れる態度が見られず、焦りから反則も多くなっているようだ
(この試合で7回60y、5試合トータルで39回7位)。
既にシーズンの3割を消化しているこの時点から、立て直すことはできるだろうか。



ジャイアンツ@パッカーズ 16-23

SB優勝QB率いるチーム同士の対決。優勝した時は、的確なショート&派手なロングのパス、
力強いラン、フロントに強い守備陣と三拍子揃ったチームだったが、最近はやや低迷気味と
状況は良く似ている。接戦になると期待していたが、パッカーズが優勢のまま勝負を決めた。

ドライブが続いたのはパッカーズのほうだ。トータル獲得ヤードはジャイアンツ219yに対し
パッカーズ406yと圧倒的。3rdダウンコンバージョンも、ジャイアンツは4/13で3割ちょっと、
パッカーズは9/19と5割近い。

面白かったのは両QBの比較で、マニングはボールの持つ時間が長くなるほどレーティングが
下がる傾向があるのに対し、ロジャースは逆にボールの持つ時間が長いほうがレーティングが
高いという指摘だ。それを証明するかのように、この試合ではパッカーズの攻撃ラインの
パスプロテクションがとても良く、ロジャースに時間を与えていた。ピエールポール擁する
ジャイアンツの守備ラインは、ロジャースに十分なプレッシャーを与えられなかった。

その要因の一つが、RBレイシーの存在だ。タックルされてもなかなか倒れない力強いランで
11回81y走り、1回平均は何と7.4yだ。この脅威を警戒しながらでは、パスラッシュの効果は
半減してしまう。

ジャイアンツ守備陣は、パッカーズのなされるがままになっていたわけではない。
CBジェンキンスが2つのインターセプトを奪い、反撃の糸口を攻撃陣に与えている。
しかしどちらもFGに結びつけるのが精一杯、3Qまでで3本のFGの9点しか得点できなかった。

パッカーズとは逆にQBを守れなかったのがジャイアンツの攻撃ライン。マニングの成績は
18/35で今季最低の51%、199y、1TDでレーティングは78と平凡なものだ。
ランでも悉くパッカーズ守備陣に阻まれ、チーム全体で15回43yしか走れなかった。

これで3勝1敗となったパッカーズ、力強いランと、フロントに強い守備陣が復活しつつある
印象の試合だった。一方のジャイアンツはNFC東地区で唯一の負け越しの2勝3敗。課題は多い。



Week5終了時点の成績まとめ


得点の目安は、30点以上が超一流、25点以上あれば一流。
失点の目安は、15点以下が超一流、20点以下なら一流。


AFC東
成績 得点 失点
4-1 22.8 14.8 ペイトリオッツ
3-2 23.4 17.4 ビルズ
1-4 18.4 27.2 ジェッツ
1-4 17.6 23.8 ドルフィンズ

ペイトリオッツの得点は、QBブレイディが出場停止中の4試合を含むので、今後はもっと
高くなるだろう。守備の良さを考えるとプレイオフ入りは当然で、AFC決勝まで進むだろう。
ビルズの試合はまだ放映されてないが、ぜひ観てみたい。攻守のバランスが良さそうだ。


AFC北
4-1 27.8 18.6 スティーラーズ
3-2 18.8 17.6 レイブンズ
2-3 18.4 22.0 ベンガルズ
0-5 17.4 29.6 ブラウンズ

昨季の同時点の風景とは一変した。攻守共に一流クラスのスティーラーズが地区優勝候補。
昨季地区優勝のベンガルズは攻守共にややダウン。レイブンズは攻撃力が課題か。



AFC南
3-2 16.4 20.8 テキサンズ
2-3 18.4 20.2 タイタンズ
2-3 27.4 29.6 コルツ
1-3 21.0 27.8 ジャガーズ

どのチームも得点よりも失点が上回っている弱小地区。
どこが地区優勝してもプレイオフでは厳しそうだ。


AFC西
4-1 28.4 27.4 レイダース
4-1 25.4 17.4 ブロンコス
2-2 20.8 23.0 チーフス
1-4 30.4 28.4 チャージャース

昨季からレイダースのQBデレク・カーが良いと思っていたが、今季は勝ち星に結びついてきた。
ブロンコスの守備の良さは昨季のままだが、エースQBシーミアンがケガで抜けた穴をどう埋めるか。
チーフスは昨季よりパワーダウン。まずはミスを減らさないと。


NFC東 
4-1 25.8 18.2 カウボーイズ
3-1 28.8 12.8 イーグルス
3-2 23.0 24.4 レッドスキンズ
2-3 17.8 25.2 ジャイアンツ

昨季の弱小地区ぶりから一気に強豪地区へ。激戦区なのは変わらずだろう。
カウボーイズ、イーグルスの地区優勝争いも楽しみだが、レッドスキンズ・ジャイアンツも
得失点の数字からは想像できないほど勝ち星を稼いでいる、あなどれないチームだ。


NFC北
5-0 23.8 12.6 バイキングス
3-1 24.5 20.8 パッカーズ
2-3 23.8 25.0 ライオンズ
1-4 17.0 25.2 ベアーズ

唯一の全勝チームバイキングスの守備の良さが見てとれる。最強の盾のチームだ。
パッカーズも十分プレイオフ入りは可能だ。


NFC南
4-1 35.0 28.0 ファルコンズ
2-3 18.8 28.4 バッカニアーズ
1-4 24.6 27.0 パンサーズ
1-3 28.5 32.5 セインツ

バイキングスが最強の盾なら、ファルコンズが今季最強の矛のチームだ。昨季は開幕5連勝から
急に調子を落としたので、今季に賭ける士気は高いはず。
そのファルコンズをWeek1で破っているのがバッカニアーズ。数字は全然大したことがないものの、
ラムズ同様上位食いも出来る伏兵だ。同地区内で2勝0敗というところもアドバンテージだ。
パンサーズが昨季より大幅ダウン。ニュートンの脳震盪の影響も気になるが、鉄壁だった守備も
かなり調子を落としている。プレイオフ入りも危うい。


NFC西
3-1 19.8 13.5 シーホークス
3-2 16.4 21.2 ラムズ
2-3 25.0 20.2 カージナルス
1-4 22.2 28.0 49ers

シーホークスの固い守備は健在。やや攻撃力が落ちているが地区優勝候補なのは間違いない。
ラムズは上位チームに競り勝つこともある、得失点の数字では語れない不思議なチームだ。
カージナルスはやや調子を落としている。プレイオフ入りぎりぎりのラインだろう。


プレイオフ入り予想は、
AFC
1位 ペイトリオッツ
2位 スティーラーズ
3位 ブロンコス
4位 コルツ
5位 レイダース
6位 レイブンズ

NFC
1位 バイキングス
2位 ファルコンズ
3位 シーホークス
4位 カウボーイズ
5位 パッカーズ
6位 イーグルス

スーパーボウルはペイトリオッツVSバイキングスで、プレイオフ経験の差で
ペイトリオッツが5度目の優勝と予想する。
ブログ一覧 | NFL | 日記
Posted at 2016/10/18 23:10:41

イイね!0件



タグ
この記事へのコメント
2016/10/20 00:28:07
奥様には、2011年以来の充実したレシーバー陣を得たブレイディでは、自然な成り行きだとお伝え下さいwww

いよいよ戻って来て、早速、結果を出すあたりはさすがでしたね^ ^
4試合のブランクも関係無かったです。
ガロッポロもケガでチーム状態がピンチだっただけに復帰するタイミングがベストだったのはスーパースターの証しですかw

それにしてもパンサーズはどうしてしまったのでしょうか。
ニュートンの出来はまだしも、ディフェンスが…。
確かにセカンダリー陣はニューマンらを放出したとは言え、脆すぎますね。
パスディフェンスを何とかしないと、このままズルズル行く可能性がありそうです。


予想も納得のメンツですねw
シーホークスの攻撃陣は昨年もそうだったように後半戦には立て直してくると予想します。
ファルコンズのオフェンスは折り紙付きなので、スティーラーズとのハイパーオフェンス対決も見たい気がします^ ^

後、カーソン・ウエンツがイイですね。
カウボーイズのプレスコットとのルーキーQB対決が同地区で必ず見られるのも楽しみですね(^o^)/
コメントへの返答
2016/10/20 22:51:34
>充実したレシーバー陣

確かにそうですね!巨人グロンコだけでなく、ベテランから若手まで充実のラインアップです。

そしてレシーバーを選ばないのがブレイディ。役者が違うという感じでした。

パンサーズはほんと残念です。でも、NFLで勝ち続けるのがいかに難しいかを表していると実感させられます。特に強い守備を毎年維持するのは相当困難なことなのでしょう。

シーホークスはしぶといし、コーチ陣も優秀ですからね。自分もそう思ってます。
ファルコンズはそろそろSBに行ってもいいと思ってますが、その前にバイキングスとの戦いも面白そうですよ。

ウェンツ、いいですよね~!自分も楽しみです。
でも期待しすぎると裏切られてガッカリするのもイーグルス、期待はほどほどにしましょうwww
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「NFL:Week12の感想 http://cvw.jp/b/285856/38979215/
何シテル?   12/09 18:30
前愛車のライオンマークが、ハンドル名の由来です。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
スタッドレスにして500kmほど 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/25 22:58:24
Harman / Kardon オーディオ インプレッション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/04/15 21:23:10
ファン
18 人のファンがいます
愛車一覧
BMW 2シリーズ クーペ ミドブルー (BMW 2シリーズ クーペ)
卓越したエンジン&ATと、FRらしいハンドリングが自慢の愛車です。2014年4月購入。 ...
プジョー 406 セダン ガオレッド (プジョー 406 セダン)
卓越した乗り心地とハンドリングが自慢の愛車です。 2003年11月購入。 燃費等の走行 ...
ホンダ シビッククーペ くーちゃん (ホンダ シビッククーペ)
初めて買ったクルマです。1993年5月購入。 実際は父が出してくれました。全額返すつもり ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.