• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

キャニオンゴールドのブログ一覧

2017年12月08日 イイね!

R-2にヤラレタ 第8話

R-2にヤラレタ 第8話シトロエン2CV乗りだった私が、いかにしてR-2を持つに至ったか、

「R-2の魅力」という視点からダラダラと記す連続企画?

峠での試乗は続きます

「ヤラレタ話いつも楽しみです」との過分なるメッセージを頂き、少々舞い上がっております。


調子に乗って 第8話 デス



ヒマ潰しにどうぞー


・・・

リアエンジン車の、これまで経験したことのない制動の感覚(第7話参照)にヤラレてしまった私。

後続車がなく、同乗者もいないのを良いことに、下りのブレーキ我慢&急制動大会を一人で賑々しく?開催。

初心を忘れて、ダウンヒルー

そこに、先輩諸氏の天の声が。
「フェードしまっせー」

おお!すっかり忘れていた。
ブレーキ実験はほどほどにして、シフトダウンしなきゃね。


R-2の各ギアの許容最高速度(第6話参照)
一速30Km
二速50Km
三速80Km

シフトダウンの時こそ、オーバーレブに気をつけなければ。特にセカンドは。

スロットルワークで下るコーナーもまた楽し。アウトで加速が効くのでまた速くなる。とは言っても制限速度内(笑)

エンジンに「過給器」はないが、排気音が「やる器」をブーストアップ!

試乗コースは、道路付け替えにより旧道となった峠道のため、新道も使えばグルグルと周回出来る。

もう、ね、グルグルですう(意味不明)。


2度目となる今回の試乗、そもそもは、登りのパワー不足を認識して、一度冷静になるため、だったはず。
みなさんの期待を裏切る事なく、完全にヤラレてます。




・・・



ところで、試乗は6月だったのですが、北海道も温暖化の影響を受け、近年は暑い日が増えています。この日も確か30℃くらい。

R-2は、サイドの三角窓の代わりに、インパネセンターに上下2段のベンチレーションシステム=手動開閉式の換気口みたいなものが、ついています。




シトロエン2CVも、フロントウインドウ下の換気口が開けられる仕組みでした。
しかし真夏は、丸めた軍手でヒーターダクトを塞ぐという、古(いにしえ)の儀式(笑)をもってしても、エンジンの熱気が輻射熱のように前から伝わって来て、換気口はあまり役に立たない感じでした。

一方、R-2のベンチレーションシステムは、バルクヘッドの中で換気口が開く仕組みで、外から開口部は見えません。


雨天でも車内に水が入らないよう、形状が上手く工夫されています。ここはスバル360からの改良点かもしれません(※)。

※ ただし、このフロントの水抜き機構が、バルクヘッド、センタートンネル、フェンダー、トランク床の錆の原因となっていることは、みんカラ先輩の貴重な経験(人柱?)によって白日の下にさらされていることも、また、確かなわけで。



まあ、とにかく、ベンチレーターを開いて走ると大量の外気が入って来る。特に下段が秀逸。
2CVだと熱が溜まってしまいそうな足元、膝周りなどの下半身に、猛烈に風が当たる。

しかも、エンジンが後ろにあるので、熱は車内に入ってこないし、バルクヘッドを通して入って来る風の涼しいこと涼しいこと!

(今回のヤラレたポイントは、意外にもココ。だって、ものすごく快適なんだもの)


北海道という地域性もありますが、走っている分にはエアコン要りません!

ただ、停車した時のために扇風機は欲しいかな。


扇風機だけに
Fan to drive ってか? トヨタさん。

・・・

お後がよろしいようで(※)


※元々は、寄席で噺家がサゲのあとに言う最後の一言。意訳すれば「次の人が高座に上がる準備が整ったようです」



てなわけで、言ったからには、


お後に


つづく



Posted at 2017/12/08 07:03:18 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年12月01日 イイね!

R-2にヤラレタ 第7話

R-2にヤラレタ 第7話シトロエン2CV乗りだった私が、いかにしてR-2を持つに至ったか、

「R-2の魅力」という視点からダラダラと記す連続企画?

前回から峠越えの話に入りました。
話も峠を越えていれば良いのですが。


どこまでいくのか 第7話 デス

ヒマ潰しにどうぞー

・・・

2度目の試乗は峠を無事登り切り、
下りへと向かいます。


昔、免許取り立ての頃、長い下りでのブレーキの使い過ぎは、フェード現象、ベーパーロック現象が起こると、先輩諸氏から随分脅されました。
先行車のブレーキランプが点きっぱなしだと、ハラハラしたものです。


今は放熱性が高いディスクブレーキの普及、ホイール大径化に伴うブレーキの大型化、パッド材質の改良などにより、乗用車のフェード耐性は随分と良くなった(※)のではないでしょうか。

※フェードをなくすことは、原理的に出来ないのでご注意くださいね。

10インチタイヤ、4輪ドラムブレーキのR-2で峠を下るにあたって、そんなことを思い出していました。


しかして



下り始めると、速い!

いつも「速い」ばかりで語彙がなくスミマセン(汗)
一般に使う単に「スピードが速い」、とは違う意味を持たせているつもりなのですが(苦笑)



昔乗っていたシトロエンBX(1600cc)も、下りが速いクルマでした。
2CVも、やっぱり下りの方が速かったですけれど(笑)



R-2の速さって、エンジンよりもボディや足回りが速い、とでもいうのでしょうか。
フランス車と同じ匂いを感じます。


フロア中央を貫通するセンタートンネルと前後の隔壁も効いているのか、モノコックボディの剛性感がすごい。
ホントに50年近く前のクルマ?

そしてサス、特に前脚が路面の凹凸を追随、吸収する感じ。


両者が相まって、ホイールベースが短いのに床が波打つ感じがしない。
クルマが塊(かたまり)のまま減速して素直に向きが変わる。妙な安心感があって、ついつい速く(ブレーキングが遅く)なる。



なんだろう、この安心感。
ドラムブレーキもしっかり効いてくれて・・







ビコーン!!

分かってしまった!


制動中の姿勢の感じが全然違う!
前への、つんのめり感が薄い!
これがリアエンジン車か。

フロントエンジンでは、下りで制動すると荷重が極端に前方に集中して、重心が前に移ります。極端に表現すれば、つんのめる感じ。

私はFRを所有した事が一度も無い!ので、ドリキンこと土屋圭市さんのテクニックや気持ちはよくわからないのですが、FFは、制動によって荷重が操舵輪に乗っている=つんのめっているタイミングで舵を切ってやる(※)と、よく曲がります。

※氷雪路でこれをやると、FFではグリップと舵を同時に失う自殺行為。良い子はマネしないでね。



一方、R-2は、適切な表現が思いつかず、例えが変かもしれませんが、ブレーキングすると全体が沈むように減速する感じ、とでも言いましょうか。

またブレーキがよく効く!
車重の軽さもさることながら、リアブレーキがちゃんと仕事をしているということか・・・

これにステアリングの軽さがプラスされ、切ればスッと向きが変わって狙ったラインどおりコーナーを抜けて行く。

下りも
楽しいオンザレールドライブ!
(今回のヤラレたポイントはココ)



ポルシェと同じ?コーナリングを堪能できるのに、持て余す程の大馬力による破綻の心配がない。速度制限遵守でドライビングを楽しめる。

乗ったことはないけれど、農道のポルシェことスバルサンバーの乗り味も、これと似ているのだろうか?



さて、アップダウンを楽しみながら、試乗は続きますが、


お話も・・・




つづく




Posted at 2017/12/01 17:57:09 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年11月26日 イイね!

R-2にヤラレタ 第6話

R-2にヤラレタ 第6話シトロエン2CV乗りだった私が、いかにしてR-2を持つに至ったか、

「R-2の魅力」という視点からダラダラと記す連続企画?

前回は、少しウケを狙い過ぎたかも?
でも、ほぼノンフィクションです(笑)


混迷の中 第6話 デス


ヒマ潰しにどうぞー


・・・


2度目の試乗という、禁断の果実に手を伸ばすこととなりました。



試乗ルートは、道路付け替えによって最近旧道となった峠道。
地元住民のため封鎖を逃れ、ほぼ誰も通らないのに

・片側1車線双方向完全確保
・センターラインあり
・路肩しっかり
・高低差、コーナー各種Rたっぷり

と、試乗にはうってつけのコース。

まずは登りから。


・・・


突然ですが、いきなりチョット脱線します。

1回目の試乗の後、某動画サイトでR-2を検索すると、車載カメラの走行動画がいくつかありました。

動画のひとつが登りのワインディングだったのですが、登っているうちにだんだんとスピードが落ちてくる。
でも、動画主さんはそのままアクセルを踏み続ける。

速度が相当落ちてから、たぶんサードへシフトダウン。勢いが落ちているので、加速に時間がかかる。

もし、セカンドギアで、高い回転域を使ったらいったいどうなるのか?

んー
試乗して自分自身で確かめたい!
私にとって、ある意味もの凄くインパクトのある動画でした。


・・・


脱線した話を半分戻しましょう。

もしかしたら知らない方もいらっしゃるかもしれません。

当時の軽自動車は(軽トラは今でもかな?)、タコメーターが無い代わり、スピードメーターに各ギアの許容最高速度が表示してあります。

R-2は、このとおり

一速30Km
二速50Km
三速80Km

ちなみにシトロエン2CVは

一速30Km
二速60Km
三速90Km




・・・


話を試乗に戻しましょう。

まずは登りから。セカンドキープで。

FFだと、コーナーで加速していくと、程度の差はあれ外に振られて(いわゆるアンダーステアですね)、切り増すかアクセルを気持ち緩めてラインをトレースするのですが・・・

RRのR-2は、最初に感じたステアリングの軽さはそのまま。かと言って不安を感じることはなく。

あれ?、狙ったラインのとおりに曲がっていくー

後ろから押してくれる?感覚は、正直よくわからなかった。よく曲がる感じがそれなのか?

けれど、エンジン音が明らかに後ろから響いてくるのと、まったく経験した事の無いコーナリング感覚は、はっきりとわかる。

遠心力がグリップに勝つ領域になれば、どんな挙動になるのかちょっと想像できない(恐ろしい(汗))ですが、試乗した日はピーカンで路面はドライ。タイヤも新しくスピードは制限速度内とくれば、何も起こるはずもなく。

楽しいオンザレールドライブ!
(今回のヤラレたポイントはココ)


人様の持ち物を借りての試乗なので、セカンド許容限界50Kmまで回すのもいかがかと思い、40Km到達でサードへとバトンタッチ。

サードは許容80Kmまでなので、今回のコースではトップの出番無し。

サードでも挙動は同じ。アクセルだけで速度調整しながらグングン峠を登って行く。


さあ、ピーク到達。

当初懸念していた登りのパワー不足は、一名乗車だった事もあり、個人的には杞憂に終わりました。

そりゃ、前に乗っていたのがシトロエン2CVだもの。不満などあるはずもなく(笑)



R-2の短くかわいいノーズが、下りへと向きはじめました。





つづく




Posted at 2017/11/26 07:49:23 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年11月21日 イイね!

R-2にヤラレタ 第5話

R-2にヤラレタ 第5話シトロエン2CV乗りだった私が、いかにしてR-2を持つに至ったか、

「R-2の魅力」という視点からダラダラと記す連続企画?

まだ続きマス 第5話 デス


ヒマ潰しにどうぞー


・・・

試乗から帰って以降、ナゾの感染症が疑われる事態に。

そこで、調べてみた。
ポチッとな


・・・



【病名】
「360 R-2 欲しい欲しい症候群」


【原因】
「試乗」が直接原因とされている。

何らかの先行感染が認められており、因果関係がはっきりしているものとしては、
・クルマ好き
・スバリスト
・マニュアルトランスミッションフェチ
・非力車アクセル全開ウイルス
の4つである。


【症状】
前駆症状として感覚の麻痺が見られる。特に臀部、腰椎周辺の背部に、内燃機関の振動と酷似した痺れを慢性的に示す。

レベル1
次のような特徴的行動の反復。
・インターネットや書籍による“スバル”などの検索。
・分離給油、後輪駆動、独立懸架、応力外皮、富士重工、百瀬晋六など、特定の四字熟語への拘泥。

レベル2
聴覚への影響が認められる。特に「バンバンバンバン」「ボロンボロンボロンボロン」等、2ストローク内燃機関の排気音に酷似した耳鳴り。消音器や触媒、長い排気経路を経ない直接的な音質が特徴。

レベル3
就寝中、高頻度に左腕で「H」の文字を描くとともに、顔面の特定部位(口角、外眼角等)に弛緩を示す。


【鑑別診断】
「360」の文字への反応で鑑別

・角度 → 幾何学好き
・Xbox → ゲーマー
・サブロクまたはスバル → 該当


【治療】
富士重工業製造の排気量356ccの自動車の投与。

なお、支持療法として再度の試乗が用いられることもあるが、症状の悪化を招く場合もある。



・・・




んー
どうやら感染の可能性が。

なんとか防ごうと友人に相談したところ、

「いけない体験をしましたね。R-2は360の弱点を解消した秀逸なモデル、運転ポジションが良く、パワーもある。」

って、アレ?
防ぐどころか背中グイグイ押されてるんですけど(笑)






相談相手にR-2ユーザーを選んだ私は、うつけか?

それとも、ダチョウ倶楽部上島の「押すなよ!絶対に押すなよ!」を実践しただけなのか?





とにかく、冷静になろう。

試乗は市街地だったので、コーナリング性能や登坂力はまったく試していない。いくら加速「感」があるといっても、登り勾配ではスポイルされるのでは?
ガッカリということもある。


そして、2度目の試乗という“支持療法”に、手を染めてしまったのです。


つづく






あれ、今回は「R-2の魅力」視点に欠けているような。


いつもの
(今回のヤラレたポイントはココ)
もなし。



それでも










つづく

Posted at 2017/11/21 07:03:51 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年11月16日 イイね!

R-2にヤラレタ 第4話

R-2にヤラレタ 第4話シトロエン2CV乗りだった私が、いかにしてR-2を持つに至ったか、

「R-2の魅力」という視点からダラダラと記す連続企画?

気が付けば第4話 デス


ヒマ潰しにどうぞー


・・・


予期せず実現した試乗で、加速「感」の鋭さに感銘。

ところがクルマは加速するだけでなく、減速し、止まらなければなりません。止まると言えばブレーキ。

1960年代頃までの旧車と現代のクルマを比較して、最も性能差が大きいのは、もしかしたらブレーキかもしれません。

ディスクブレーキと真空サーボ(倍力装置)が大衆車まで普及したことで、公道を走る殆どのクルマの制動コントロール力が、一気に別次元へと高まりました。

私は今、その次元の壁を乗り越え、時代を遡ろうとしています。


前に乗っていた2CVは、1981年に改良された後のモデルで、フロントのインボードブレーキはディスク化されていましたがノンサーボ。踏力が必要なものの軽い車重と効きのバランスが取れていました。


《初登場、前の愛車デス》

世界初のラジアルタイヤ、ミシュランXと併せ、安心のブレーキング。踏力以外は、結構現代のクルマに近いものがあります。

一方で、R-2は懐かしの四輪ドラム!
何十年ぶりだろう。

まず空走してドラムブレーキの制動テスト。

あれ、効かないー、ペダルを「フヌーー!」と踏み潰す。効いたーー(冷汗)

ノンサーボには慣れていたはずが、車重の割に踏み込みが、、、ちょっと焦りました。
実は若干エア噛みがあったご様子(エア抜きしてもらった後は普通に効きました)。

通常はエンジンブレーキも併用しますので、「フヌーー!」なしでもちゃんと止まります。




さて、そのエンジンブレーキですが・・・

学生時代に乗っていたKM1 レックス コンビは、R-2と同じく360用エンジンをルーツとしつつも、水冷4スト化されたエンジンでしたが、エンブレはあまり効かなかった記憶があります。

スロットルを戻そうがギアを落とそうが、慣性に合わせて回転が上がっていってしまう粘りがない感覚。4ストなのに白煙を吐いていた。ピストンリングが減ってオイルが燃えていたんでしょう、きっと。

そんな原体験と、R-2は2ストという先入観から、エンブレは期待できないと思い込んでいました。


しかし実際は、さにあらず。乗ってみないとわからんもんです。

スロットルワークで加減速自在、フットブレーキの補助にも十分なります。

ただし、回転数が下がってくると、2ストの脈動がパワートレインに伝わってスナッチが早めに発生、ギアを一段下げたくなる。





ワンワン(犬じゃないよ)とブリッピングさせながら減速するのは、これまた楽しいー。
(今回のヤラレたポイントはココ)

気が付けば、威勢のいい騒音を撒き散らしながらゆっくり走る、ひとり珍走団ならぬナゾの不良中年と化していた私(苦笑)。





どこかへ移動するための運転ではなく、運転するための運転・・・楽しい試乗の時間はあっという間に終わり、後ろ髪を引かれながら、キーを返したのでした。


つづく



11/19追記

友人にこの話をしたところ、
「R-2のエンブレが良く効くのは、リードバルブのおかげ」
とのこと

なるほどねえ
Posted at 2017/11/16 07:23:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

北海道でスバルR-2に乗っています。 父がスバリストで、家の車は360、1000 , ff-1、レオーネ、レガシイ、フォレスターでした。 スバル10...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

3 人のお友達がいます
カズ~ヤGTカズ~ヤGT po-c3po-c3
こんぷれっさーこんぷれっさー

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

スバル R-2 ウチのR-2 (スバル R-2)
1971年(昭和46年)登録 中期型R-2です。 新車時にスバルが発行したサービスブッ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる