• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kamax@のブログ一覧

2017年12月17日 イイね!

頑張るママさん達の、車を手放せない理由


2カ月でなんと骨折2回!崖っぷちカーセールスライターの左手ブログ!

もう、車業界に身を置いて、22年になります。「カーセールスライター」というのを最近始めて、もう20数件のお仕事をさせて頂きました。ですが、7月に右足かかと粉砕骨折、10月1日に右肘開放骨折。セールスライターであり、現職の職人でもあり、車業界20年にして最大のピンチを迎えた最近、始めたブログです。こののび太のような状況を笑い、車業界などの話しを中心に楽しんで下さい!

2017-12-17

頑張るママさんの、車を手放せない理由



最近仕事復帰したので、毎日の更新は難しいですが、出来る限り頑張っていきます。

 

本日、リサーチ中に、ちょっと気になるトピックを見つけました。

 

“自動車を保有している人が、生活保護の申請をしようとすると、処分・売却を指導される。自動車は「資産」だからだ。自動車保有を認められるのは、「公共交通機関の利用が著しく困難な地域に居住する者等が自動車により通勤する場合」「障害者が通院・通所・通学のために必要な場合」などが認められている。

 そのために自動車をもっていて生活保護を申請しようかと思う人は、自動車を処分することをためらい、生活保護申請をあきらめる。この生活保護の「自動車保有問題」は深刻な影響を与えている。”(しんぐるまざぁーず・ふぉーらむ様より引用)

 

地方在住で、小学6年生の女の子を育てる、とあるシングルマザーのお話しですが、バスが一時間に1本も無いような地域だそうです。うつ病が原因で、仕事が長続きせず、生活に本当に困窮していた時期もあった。しかし、若い時に買った軽自動車を現在も保有しているのです。

 

毎日の子供の送り迎え、食材の買い物、自分の病院への通院など、この車が無ければ日々の生活が成り立たない。バスの路線では、全ての場所に行き着けない。このママさんは、車ありきのそんな生活を、毎日過ごされています。

 

ですが、上記の引用記事にもありますが、

 

「車を保有していると、生活保護が受けられない」

 

のです。このママさんは、現在定職にも就かず、病気療養中です。それだけなら、生活保護を受ける資格が十分にある。ただ、車を処分する事が条件となる。結局、生活保護申請に二の足を踏んでいるのです。

 

現在は、児童扶養手当と、児童手当の52000円のみの収入だそうです。自宅は親族の持ち家に住んでいて、家賃はありません。フードバンクには登録していて、日々食い繋いでいる様子。再三生活保護の申請を勧められたが、子供の送り迎えなどを考えると、やはり車は手放せないと。地域によれば、毎日の生活の足として、車は必需品なのです。

 

こういった場合、特例として生活保護を受けられないものか?車は確かに「資産」ではあるが、この件については、「贅沢品」の部類には入らないのではないか?

 

このママさんにとっては、車はかけがえのない「生活の一部」なのです。

 

都市に住む人が、車は必要ない、興味がないと言ってるのとは次元が違う。明らかに生活保護を受けた方が収入になる。しかし、生活が苦しくても、車が手放せないと。

 

皆様、世間にはここまで切実な事情で、車に乗られている人もいるのです。我々車業界の人間にも、何か手助けは出来ないでしょうか?

 

フェラーリやポルシェを所有するお金があるのなら、たとえ一部でも、こういうママさん達に回せないものだろうか?

Posted at 2017/12/17 02:26:00 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年12月13日 イイね!

仕入れの怖さ…



2カ月でなんと骨折2回!崖っぷちカーセールスライターの左手ブログ!

もう、車業界に身を置いて、22年になります。「カーセールスライター」というのを最近始めて、もう20数件のお仕事をさせて頂きました。ですが、7月に右足かかと粉砕骨折、10月1日に右肘開放骨折。セールスライターであり、現職の職人でもあり、車業界20年にして最大のピンチを迎えた最近、始めたブログです。こののび太のような状況を笑い、車業界などの話しを中心に楽しんで下さい!

2017-12-13

仕入れの怖さ…



皆様、最近は年末の忙しさで、更新が滞り気味ですいません。

 

今回は、私がカーショップに勤めていた時代に体験した、

 

「仕入れの怖さ」について、記事にしようと思います。

 

中古車という商品は、どれだけ注意深く査定しても、見抜けない穴があるものなのです。

 

まず、人が使った商品であること。中古商品を扱う業態は他にもありますが、こと車に於いては、何百、何千の部品が組み合わさって構成された工業製品。その部品の隅々までチェックする事は出来ません。

 

若い方が査定すると、とにかく「事故が無いか」ばかりを気にして、ボディを斜めにすかしてばかり見ます。査定とは、「事故を見破る事」だと認識している様子。

 

確かに、事故が有るか無いかで査定の金額が大きく変わります。中古車には、車種やグレードによって、流通する上での「価格相場」があります。相場価格との兼ね合いで、いくらまでなら仕入れ出来る、頑張って買い取り出来る、価格を決めているのです。

 

大手の買い取り店も、また査定士も、

この「価格相場」にとらわれすぎ

だと思うのですが。

 

商売が成り立つのなら、可能な限りお客様の喜ぶ価格で車を買ってあげればいいのに。ちょっとでも相場より高ければ、

 

「うちはここまでしか出せません」

と言うのです。

 

前置きが長くなりましたが、私がカーショップ時代、ある先輩がいました。私より3ヵ月早く入社しただけなのに、よく偉そうに怒鳴られました。「目の上のタンコブ」、そんな先輩でした。社長や店長に対して非常に上手く、まだ若くて不器用な私は、よく踏み台にされました…。これ見よがしに私の失敗を吊し上げ、さも自分が助けてやったのだというような。

 

そんな先輩が、ある下取りで失敗したのです。

下取りに「アルトワークス」が来ました。平成7年、6万キロ。AT 車で、車検は半年残でした。ボンネットを開けて、フロント左回りの事故を見つけました。それもあって、相場より少し安く下取りました。お客様には、次の車も買ってもらっているので、利益も取れて、良い商談でした。

 

すると、お客様を見送って、下取り車を見た店長が言いました。

 

「おい、〇〇君、ちょっと来てくれ!この車、アルトワークスやんな!?」

 

「はい、そうですけど。」

 

「じゃあなんで、ターボがないねん?タービンもインタークーラーも無いやんか!」

 

「えっ、そうなんですか?」

 

そう、この車、「アルトワークス仕様」のアルトだったのです!

 

アルトの、ドアから前のフェンダー、ボンネット、バンパーなどをアルトワークスの物へ移植し、後はウィング、リアバンパーもワークスの物に交換。これをすると、「事故大」の扱いになり、査定基準はずいぶん下がります。しかも、実車はアルトワークスではなく、単なるアルトなので、相場も全然違います。これは痛い。相場より、10~15万高く下取りしています。

 

これには社長も怒りました。なぜなら、ボンネットを開けて見ているのに、ターボやインタークーラーの有無には気づかなかった。ですが、ボンネットにインタークーラーの吸い込み口はあります。「飾り」なのか!?

 

先輩は、「アルトワークス」の相場を調べ、事故の有無を確認して(事故小だと査定し)、下取り価格を出したのです。しかし、1つ言うと、先輩は車の知識が乏しかった。そこは私の方が勝っている自信がありました。

 

ここで私はどうしたか?もちろん、普段散々貶められているので、この失敗を吊し上げて先輩を攻撃する事も出来ました。けど、しませんでした。逆に先輩をなだめる態度をとりました。

 

何故か?私にとっても良い勉強になったので。中古車の査定とは、本当に怖いものだという事が分かりました。

 

「思い込み」もあったと思いますが、見た目にアルトワークスだったら、疑いませんよね?私もやりかねない失敗でした。

 

中古車の査定とは、事故の有無だけではないのです。もしエンジンが換装されていたら、もしATが寿命だったら、もし駆動系や足回りが壊れていたら…。

 

整備の知識、車種やグレードの知識、鈑金塗装の知識すら必要になってきます。

 

「ネットですぐに買い取り金額を提示」

 

結局、本当の査定価格が分からない事が、

 

理解出来ますよね?


Posted at 2017/12/13 12:15:22 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年12月08日 イイね!

幸せを感じる、冬の車内…



2カ月でなんと骨折2回!崖っぷちカーセールスライターの左手ブログ!

もう、車業界に身を置いて、22年になります。「カーセールスライター」というのを最近始めて、もう20数件のお仕事をさせて頂きました。ですが、7月に右足かかと粉砕骨折、10月1日に右肘開放骨折。セールスライターであり、現職の職人でもあり、車業界20年にして最大のピンチを迎えた最近、始めたブログです。こののび太のような状況を笑い、車業界などの話しを中心に楽しんで下さい!

2017-12-08

幸せを感じる、冬の車内…



唐突ですが、私は冬のドライブが好きです。

 

年末に向けて、ぐっと冷え込み、雲が多く、急に天気が悪くなる今、

 

まるで無関係なのが「車内」です。

 

どれだけ外が寒かろうと、雨がみぞれになろうと、強い北風が吹こうと、

 

「車内」に居れば快適です。

 

自分は暖房に包まれて、ホットコーヒーを飲み、チョコレート菓子なんかかじって、外を眺めていられます。

 

私は幸い、電車通勤をした事がありません。

 

夏は蒸し暑い電車内で、冬は寒いホームで電車を待って、通勤されている皆様、本当にご苦労様です。

 

私は、夏はクーラーの中で、冬は暖房の中で通勤してきました。ただ、会社に着くと、ずっと現場で作業してきました。皆様と、環境が逆でしょうか?

 

特に冬場は、会社で仕事を始めると、現場がとにかく寒いので、朝の通勤は出来る限り車内を快適にします。

 

朝ごはんも、わざと車内で取ったりします。行きがけのコンビニでパンとコーヒーを買い、毎朝食べながら出勤する。

 

寒そうに駅に向かう方、バス停で待っている方を横目に、「申し訳ない…」と思いながら、コーヒーを飲みます。暖かい車内で。

 

時には、ラジオを聞いたり、音楽をかけたり、テレビを見ることも。やる気のある時は、ビジネスセミナーなどの音声を聞いたりします。車内が快適なので、より集中出来ます。

 

20代の頃は、近所の山に雪が積もると、よくジムニーで山に入りました。しかも夜に。

車内は暖かいのですが、山頂付近は雪が横殴りに車体に当たって、車を降りれば、吹雪です。10分も立っていられません。

 

すかさず車内に戻り、コーヒーで体を暖める。外の吹雪が嘘のようです。

 

冬は空気も澄んで、夜景が綺麗に見えます。よく夜に車で山に登り、暖かい車内から夜景を見ました。本当に、ストレスなんか吹っ飛びます。ただ、何も言わず、夜景を眺める。私が妻と初キスをしたのも、冬の車内でした。夜景を見ながら…。

 

コンビニで、肉まんやおでんを買い込み、車内で食べることも多かった。急にフロントガラスが曇って、湯気が立ち上ぼります。車内で物を食べると、何故あんなに美味しいのだろうか?

 

もうこの幸せを手に入れて、22年が経ちました。車の免許を取るまでは、バイクに乗っていました。冬は特にツラい。とにかく寒い。体の軸から震えがきます。

 

暖かい車内で、楽しそうにじゃれあうカップルを見ながら、歯を食い芝って寒さに耐えていました。いつになったら、あんな思いが出来るのだろう?いつになったら、幸せな「車内」が手に入るのだろう?

 

すると、翌年手に入りました。わずか1年後。あっけなかったですが、それ以来冬はほとんど車で移動しました。バイクはほぼ乗っていません。

 

バイク通勤の方は、本当に尊敬します。あれだけ寒いのに、毎日乗って。私は、冬は車以外に考えられません。

 

冬の夜に、特に日付けが変わりそうな時間に、急に思い立って、車でラーメンを食べに出かけることもありました。夜中の1時、2時のラーメンがどれだけ旨いか!?とにかく寒い日はたまりません。一時期これにハマって、友達と夜中に3軒ラーメン屋さんをハシゴしました。ナビゲーションで次のラーメン屋を探しながら。

 

車があるからこそ、私は冬に幸せを感じるのです。この魅力に取りつかれた者は、もう一生、抜け出せないでしょう。

 

Posted at 2017/12/08 23:43:58 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年12月05日 イイね!

劇的な変化、2台目のジムニー「JA22」



2カ月でなんと骨折2回!崖っぷちカーセールスライターの左手ブログ!

もう、車業界に身を置いて、22年になります。「カーセールスライター」というのを最近始めて、もう20数件のお仕事をさせて頂きました。ですが、7月に右足かかと粉砕骨折、10月1日に右肘開放骨折。セールスライターであり、現職の職人でもあり、車業界20年にして最大のピンチを迎えた最近、始めたブログです。こののび太のような状況を笑い、車業界などの話しを中心に楽しんで下さい!

2017-12-05

2台目で劇的な変化、「ジムニーJA22」






 

今回はまた、「ジムニーシリーズ」です。

先日の記事でもあった通り、最初に乗ったジムニーは「JA71」です。幌車で、ワイルドで、楽しかったのですが、乗りにくく、ハンドルも重い。タイヤ&ホイールを太い物と交換していたので余計です。

 

一年半ほど乗って、当時発売間もないジムニーの「JA22」に乗り換えようと決めました。

 

この「JA22」は、当時バカ売れしていた、「パジェロミニ」の対抗馬として出たモデルです。

 

当時はパジェロミニも高かったのですが、ジムニーにはない乗り心地、左右シートの広さ、乗りやすい大きいドア、パジェロ譲りのオンロード性能などでよく売れました。可愛いだけでなく、ちゃんと雪道や林道を走れる実力を持った軽四駆でした。

 

ジムニーもモデルチェンジを余儀なくされました。バカ売れのパジェロミニに歯止めをかけたかったのです。

 

外観はフロントのグリル回り、顔が変わりました。後は、新開発のオールアルミのエンジン(アルトワークスと同じ)、コイルサスペンションに設計変更、初めての5ナンバー乗用車の導入。先代のJA11を何とか乗用車ライクにしようと、パジェロミニに追いつかせようと、必死でモデルチェンジしたのです。

 

私はその内容を知る為に、JA71からJA22に乗り換えました。専門店のスタッフとしては、必要にかられてですが。

 

もちろん、ノーマルを買って、1つ1つ改造していきました。毎回、型式ごとにお金がかかります。給料はほとんどジムニーの改造に流れました…。

 

JA71の幌車から、JA22のワゴン車に乗り換えると、まず静かさに驚きました。まぁ、幌車なんかそもそも外の音はそのまま入ってきますけど。助手席の人の言葉も聞こえる。「え~っ!」と聞き返すこともない。

 

JA22は、初めて内張りに整形パネルが採用されました。ドアもちょっと分厚いし、 後ろの席の横も整形パネルです。JA11では、リアフェンダーの上も布がペラッと張ってあっただけなので、進化を感じました。

 

床もモコモコして、遮音材を増やした印象です。ドアも気を抜くと半ドアになるぐらいに密閉性が高い。以前の、「ベンっ!」と閉まる鉄板らしいドアはどこへやら。

 

静かさを大きく進歩させたのは、やはりエンジンでした。「シュン、シュン!」と回るツインカムエンジンは、回しても、引っ張っても、静かでした。以前のような、回すと振動が増える感覚はありません。乗っていても、室内に響くエンジンのうなり音は激減。一番の進化は、このエンジンでしょうか?

 

室内のリアシートも、ワゴン車用の物が後ろの方に固定されています。ただ、もともと荷室だった所にリアシートを付けているので、足元の掘りはありません。膝を抱える感じで、リアシートは座ります。これはちょっと無理やりかな?

 

後は、コイルサスペンションの乗り心地の良さ。4Ⅹ4マガジンには、「JA11で、段差を跨ぐ時に、毛布1枚引いたような乗り心地」という名表現で示されました。実際には、もっと柔らかい乗り味で、段差でショックが来なくなりました。ちょっと段差の後にバタつく感じはありましたが、まぁ、大きく乗り心地は進化していました。

 

もし、あなたがジムニーファンで、少しでも快適な車を求めているなら、このJA22はお勧めです。旧来からの四角い、ジムニーらしいデザインで、乗り心地もちょっと快適。エンジンも静かで、音楽もまぁ、聞ける。JA22は、そんな型式のジムニーですよ。

Posted at 2017/12/05 14:51:34 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年12月03日 イイね!

お勧めの趣味、「早朝ドライブ」



2カ月でなんと骨折2回!崖っぷちカーセールスライターの左手ブログ!

もう、車業界に身を置いて、22年になります。「カーセールスライター」というのを最近始めて、もう20数件のお仕事をさせて頂きました。ですが、7月に右足かかと粉砕骨折、10月1日に右肘開放骨折。セールスライターであり、現職の職人でもあり、車業界20年にして最大のピンチを迎えた最近、始めたブログです。こののび太のような状況を笑い、車業界などの話しを中心に楽しんで下さい!

2017-12-03

お勧めの趣味、「早朝ドライブ」


皆様、いつもご覧頂き有難うございます。

先日に引き続き、終わる紅葉を最後に、見に行って来ました。

 

本日は早朝から出かけました。

 

どうも私はこの習慣が好きで、思い返せば

高校生の頃から、早朝から起きて出かけていました。もちろん、まだ免許は無いので、自転車で朝から出るのです。

 

今はもっぱら、出かけるのは車が多いです。やたら早朝に目が覚めて、腹が減って仕方のない時は、そうっと家の鍵を閉め、車に乗って出かけます。

 

毎年正月に実家に帰って、初日の出を拝む時も、こうして早朝より出かけます。何でしょう、朝から神社へ参るより、心が落ち着きます。

 

西の空が明るくなり始める頃に、コンビニで買い込んだパンとコーヒーを食しながら、朝日が昇るまで眺めます。特に冬場は良いですよ。ガンガンに暖房を効かせて、車内をコーヒーの香りで満たして。

 

朝日が昇って、完全に太陽が出たら、また行動開始です。本日の目的、「終わる前に紅葉を見る」のに再出発。車を出します。

 









遠くから山を見ると、もう紅葉も終わったのかと思うほどの枯れ葉色ですが、いざ山に入って見ると、まだ紅葉が本番の木々もあります。間に合って良かった、という心境です。









皆様、ここは大阪ですよ。東京でもあると思いますが、同じ都内、府内でも、こんな自然の豊かな郊外もあるのです。10分も車を走らせれば、こんな大自然に囲まれる。何も人の多い中心街に住まなくても、駐車場代も、家賃も安い郊外に住んだ方が、豊かな生活が送れるのではないか?そう思うのは、私だけでしょうか?

 






 

最後に、本日一番のショット。

これ、スマホで撮ったんですよ!?

最近持ち変えた「Huawei」のカメラ技術の進歩に驚かされます。やはり時代はWレンズですね。以前持っていたiphone とは違い、撮影画像の鮮明さと、画面操作の敏捷性には、大変満足しております。しかも、価格はiphoneの半額前後。もう数年先には、iphone 市場をかなり席巻しているのではないでしょうか?

 

余談でした。すいません。

紅葉が終われば、今年もあともう少しです。

今年の後半は、私にとってはとんでもない年でしたが、皆様はいかがでしたか?

 

ただ、以前の生活に戻りつつ、またこうして季節の片鱗が垣間見れた事に、感謝しようと思いました。

 
Posted at 2017/12/03 06:58:47 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

kamax@です。よろしくお願いします。もう、車業界に身を置いて、22年になります。「カーセールスライター」というのを最近始めて、もう20数件のお仕事をさせて頂...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

買い取り一括査定サイト、てどうなの!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/07 00:51:46
まずはマーケティングの概念を理解しよう① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/21 18:55:36

お友達

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ラクティス トヨタ ラクティス
トヨタ ラクティスに乗っています。 タイヤ&アルミは交換しています。 マフラーは純正のT ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる