• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

伏木悦郎のブログ一覧

2010年04月25日 イイね!

北京オートショーの"(徒)華"?

北京オートショーの"(徒)華"?もう嫌んなっちゃうほどプレスが多い(笑)北京新国際展覧中心で今日(昨日だけど)も大汗。人波が尋常ではないんですわ。どうやって写真を撮ればいいの?


泣き言をいいながら、今日は何㎞歩いただろうか。2度目の北京ショーは一見何も変わってなくて、中身も薄く感じられるところもあったけれど、内実はけっこう興味深かいものがある。依然として不透明なところも多いが、この国モータリゼーションはそう遠くない将来、大変貌を遂げるだろう。

その辺の話はcarview本編で展開しましょう。

ここで問題。最初の写真と下の写真の車名当てです。正解者には北京ショーでゲットしたちゃっちいキーホルダーを差し上げます(笑)。


もうフラフラになって、今日も都心に向かう日産のシャトルバスにお世話になり、タクシーを乗り継いで王府井。carviewトップとgodtakとともに前から「どんなんでしょう?」気になっていた北京鴨の老舗『全衆徳』。ここは("食べ物は残す"文化の国とはいえ、物凄いハイカロリーに早々と降参。


実は昨日(23日)も望京(ワンジン)の名のある?餃子屋さんで驚愕の安値の激ウマを食しているので、今回の旅の食生活は上々でありました。


Posted at 2010/04/25 11:03:07 | コメント(2) | トラックバック(1) | 日記
2010年04月24日 イイね!

北京ショーで懐かしいお顔発見

北京ショーで懐かしいお顔発見昨日取材中にここは何のメーカー? 日本語でどうぞと書いてあるけれど……受付の中国人に尋ねると、わらわらと日本人と思しき人を連れてきた。話を聞くと、ここはメーカーではなくエンジニアリング会社。明日プレカンがあるのでどうぞ。けっこう大きな話ですよ……。

ということで、人波に呑まれるように取材しながらなんとか駆けつけると、見たことのある顔が。東京R&Dの小野さんだ。ということで、さっそく取材すると、なかなか興味深い内容。これは記事ネタというとうことで、driverの北京特集をお楽しみ……っと。おおっ、まだ全然終わってないのだ。戻ります!!
Posted at 2010/04/24 16:43:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2010年04月22日 イイね!

北京は雨後晴れ

北京は雨後晴れ雨の中、意を決してプレスパスを受け取りに。この間のニューヨークで濡れ鼠になった教訓から、さっそくすぐそこのイトーヨーカ堂で傘を探す。あったけど、微妙に高い中国製にしては頑張った感じの158元。ま、自分へのお土産ということで。



店の軒先でタクシーをつかまえて、CIEC(新コンベンションセンター)。今日はプレスは入れないムードが濃厚に漂っていたが、そこはまあ"押し"で。けっきょく正規のプレスパスは明朝8時からじゃないと配布できない、と。バックアップ用にお願いしていた某社広報のUさんに電話して、まずは一安心。


ならばと、ちょっと北京での移動のバリエーションを増やそうと、北京首都空港にタクシーで向かう。エアポートエキスプレスなる鉄道を試してみよう。と、地下2階の改札入口までゆくと「トラブルのため現在運行していない」へ?であるが、動いていないものはしかたない。

タクシーでは芸がないので、北京駅行きのシャトルを選択。16元という安さも魅力だ。時間はうんとかかったけど、市内観光と思えば腹も立たない。途中の混雑ぶりはこんな感じ。


北京駅とその周辺はなかなか立派でびっくり。地図を見ると、この中央駅から天安門広場や王府井までは2㎞余り。歩ける距離でありました。当然行きました。





しかし、この天安門広場から中山公園、故宮博物館側までぐるりと歩くと、そのスケールの大きさに痺れましたなあ。そこからさらに王府井まで足を伸ばし、2年前の記憶を蘇らせようと頑張った。名物スポットを歩くと、ん?何だ。目を凝らすと蠍(さそり)さんである。さすがに、それは頂けません。


旅は楽しいな。
Posted at 2010/04/23 02:48:54 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2010年04月22日 イイね!

北京郊外の朝

北京郊外の朝おはようございます。2010年4月22日(木)、北京の朝は雨模様です。昨夜の空港からホテルまでの道中、やはり無事ではありませんでした。前回上海の虹橋空港から宿にチェックインするまで、言葉が通じずすったもんだした教訓から、今回はホテル名(と住所)を中国語で書いてあるコピーを持参。

空港のタクシー乗り場で運転手に見せて、首を縦に振るのを確認して勇躍乗り込みました。……が、望京のネオンサインが見えたところで高速道路を降りたあたりから雲行きが怪しく。結局迷子に。右往左往したあげく、当方の携帯からホテルに電話して(2回)、やっと到着。田所君、空港からのアクセスにはくれぐれも注意するように。

朝のこのあたりの景色を、ホテルの16階の窓からいつものデジカメで動画撮影、さっそくyoutubeにアップロード…と思ったら、ログインできませんねぇ。 中国でした、ここは(笑)。帰りの仁川空港からアップしますが、眼下の道路はずっと渋滞中。向こうに見える高架の高速道路は、左から右への空港から都心部に向かう車線はずっと交通量が多いままでした。

そろそろ、コンベンションセンターに行ってプレスパスを手に入れてしまいます。明日の朝の混乱やいかに。前回の衝撃の記憶が蘇ってきました。
Posted at 2010/04/22 11:24:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2010年04月21日 イイね!

インチョン(仁川)経由ベイジン(北京)

また旅です。2年ぶり2度目の北京。オリムピックはもう一昨年のこと? 前回のautoChina 北京ショーの混乱ぶりは、オリムピック?無理でしょう?という感想が素直に出るほど凄まじかった。

でも、出来ちゃうんですね。面子と威信を賭けた世紀の祭典は、もう記憶の彼方になってしまいました。今は上海万博ですが、こっちのドタバタも相変わらずのようです。

今回の北京は……まったく見当もつきません。前回以上に充実したショーになるのは間違いありませんが、その分混乱も増幅されそう。

そろそろボーディング。マイレージで飛ぶエコノミートラベルは、スカイチームのKEで仁川経由。沢山飛行機に乗れて嬉しいな……しかし、北京着は20時50分の予定。スカイラウンジの時刻はまだ12時20分。時差が1時間あるとはいえ、なんたる非効率…でありますが、その分見聞は広がるわけで。

ほな、ぼちぼち、行ってきます。

ということで、約2時間のフライトでインチョン(仁川)空港。



北京行きは19時00分発。もうかれこれ1時間ほど経つけれど、まだボーディングまでに1時間半ほどある。前回、ジュネーブの帰路FRAviaICNだったので、空港内の概要は偵察済み。


スカイチームのゴールドはKALのラウンジには通用しないということだったので、対策が必要になるわけですが、↑のようなところがあるわけです。

無料のLANサービスが提供されるinternet lounge。SAMSUNGのノートPCが置いてあって、誰でも自由に使える。もちろん自前のPCでも無線LANに繋げて、電源も自由に使える。

ま、ロケーションはこんな感じです……と携帯で撮った動画を貼ろうとしましたが、通信状態がよろしくない。回復したらアップします。

しかし、こういう場所があると退屈しないでいいです。韓国…舐めてはいけませんね。

Posted at 2010/04/21 12:20:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「未来のために現在(いま)を生きている、のだ!! http://cvw.jp/b/286692/38730842/
何シテル?   10/21 16:15
運転免許取得は1970年4月。レースデビューは1975年10月富士スピードウェイ。ジャーナリスト(フリーライター)専業は1978年9月から。クルマ歴は45年目、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/4 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

64回目の終戦記念日 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/15 15:36:17
水素でいいと思う 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/16 08:18:46
変わるかな。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/01/01 22:53:46

お友達

あらためて多くの仲間を募集します。怖くはないので、お気軽にポチッとして下さい。
529 人のお友達がいます
silverstonesilverstone * ohkawa@Vspohkawa@Vsp *
万葉万葉 * es_es_ *
やッくんやッくん * take☆take☆ *

ファン

478 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウス トヨタ プリウス
しばらく耐える秋なのだ。
その他 その他 その他 その他
2009年3月3、4日に行われた第79回ジュネーブショーの画像です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.