• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

papanenのブログ一覧

2017年09月20日 イイね!

箱根の旅路-3-

チェックアウト後、兄の車でダウンヒルです。土曜日の朝とあって下り道路はスムーズに流れています。駅伝で有名になった函嶺洞門、現在は徒歩でも立ち入り禁止になってしまったのですね残念です。

箱根湯本駅で落っことしてもらいました。10:40を回ったところ、思うより早くふもとまで下りてこられたので予定を練り直します。当初13:49発の「はこね24号」ロマンスカー7000形LSEに予約を入れていましたが1回早い12:21発「はこね18号」LSEに乗って帰れそうです。スマホで予約を差し替え、さすがに展望席は叶いませんが先頭車の窓側に席が取れました。

それでも待ち時間は1時間半ほど、早川沿いを少し歩いて旧道入り口の橋の上から箱根湯本駅と鉄道の風景を切り取ります。
箱根登山鉄道/箱根湯本
箱根登山鉄道/箱根湯本 posted by (C)papa_nen

ロマンスカー50000形VSEこの電車以前、後方展望となりましたが展望席エリアに乗車したことがありましたが(3列目くらいだったかな?)とても快適で心地よい旅を満喫しました。デザインも新しいロマンスカーとして白に赤帯を配しシンプルながら目立ちます
箱根登山鉄道/箱根湯本
箱根登山鉄道/箱根湯本 posted by (C)papa_nen

駅に戻って駅弁、飲み物を買って早めにホームへ入り駅撮りを続けます。
VSEカッコいいですね、これにも機会があればまた乗りたいです。
箱根登山鉄道/箱根湯本
箱根登山鉄道/箱根湯本 posted by (C)papa_nen

さあ、新宿に向けて走り出します。小田急は線路幅1067mm狭軌、箱根登山鉄道は1435mmの標準軌なので三線軌条となっています。小田原から箱根湯本間は単線です。
箱根登山鉄道/箱根湯本
箱根登山鉄道/箱根湯本 posted by (C)papa_nen

山の緑に囲まれた中を走り去るVSEは映えます。出発の時に鳴らすミュージックホーン、箱根を去るということもあって切なく耳に響きます。
箱根登山鉄道/箱根湯本
箱根登山鉄道/箱根湯本 posted by (C)papa_nen

さあ、今日の主役7000形LSEの入線です、シルバーと赤、正調ロマンスカーのカラーリングは健在です。
箱根登山鉄道/箱根湯本
箱根登山鉄道/箱根湯本 posted by (C)papa_nen

箱根登山鉄道/箱根湯本
箱根登山鉄道/箱根湯本 posted by (C)papa_nen

運転士さんは折りたたみ式のハシゴで運転台に上り下りします。
箱根登山鉄道/箱根湯本
箱根登山鉄道/箱根湯本 posted by (C)papa_nen

あっという間に出発時間、後ろ髪をひかれる想いで乗り込みます。
この時、すでに兄と両親は横浜の自宅に着いていました(笑)

お昼時だったので駅弁をいただきます。


お肉も硬くなく甘辛いタレとご飯が合います。
小田急といえば箱根そばも捨てがたいのですが手近に無かったので駅弁にしました。


食後はアテンダントさんからコーヒーを購入、車窓を楽しみます。
多摩川を越えると日常に戻ってゆく感覚があります。


新宿駅に着きました車両案内板をパシャリ、連接車両のおかげか往路のMSEにも負けない滑らかで上品な乗り心地でした、下りるのが惜しいです。
小田急線/新宿
小田急線/新宿 posted by (C)papa_nen

旧くともこの優雅な佇まいが最高です、後輩ロマンスカーに負けない堂々とした存在感を醸し出しています。
小田急線/新宿
小田急線/新宿 posted by (C)papa_nen

先行する各駅停車で参宮橋駅へ行ってみました。再び下りLSEを撮影、素晴らしい旅をありがとう。
小田急線/参宮橋
小田急線/参宮橋 posted by (C)papa_nen

振り返ってもう1枚、颯爽と走り去って行きました。
小田急線/参宮橋
小田急線/参宮橋 posted by (C)papa_nen

箱根旅行も無事終わり、さあ明日からがんばろう!

Posted at 2017/09/21 18:40:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旅・ドライブ | 日記
2017年09月16日 イイね!

箱根の旅路-2-

今回のお宿は「TJK箱根の森」です。


法人向け会員制の宿泊施設で彫刻の森にほど近い山の斜面を利用して建てられた高級保養所、ここを目指して小田原から山道を走り始めましたが空からは雨がポツポツと降り始めました。(晴天下の建物の写真は翌朝撮影)


天気もさえず、のんびり過ごしたいという両親の希望もあり14時過ぎには到着、チェックインまで1時間ほどの待ちとなったためラウンジでコーヒーとケーキを注文、フカフカのソファーでくつろぎます。このソファーが心地よくてたまりませんでした。


15時過ぎにチェックイン、部屋に入りそこかしこ偵察、4人ではもてあますほど広い。つなぎ和室に洋間(ベッド2つ)また温泉大浴場は近くて便利です。この頃から窓の外は大雨になってきました。腰を下ろすと父の提案で駆けつけ一杯、缶ビールで乾杯です。


その後は温泉でのんびり♨、野郎三人でゆっくり浸かっていたので夕食の時間が迫ってしまいました。あ、母放置して申し訳なかったなぁ。

夕食はダイニングで和の懐石料理です。レストランのオススメサッポロビールのエーデルピルスで2度目の乾杯、初めて飲むビールですがサッポロにしては意外に苦みが強めに感じました。

窓の外は暮れてゆきます、間接照明がきれい。
2杯目は日本酒、琴姫という名の吟醸酒でしたがちょっと甘いかな?

食事を終えて部屋に戻る前にお土産コーナーを冷やかし。


夜の闇に浮かぶロビーをスローシャッターで切り取ります。


この後はぼっちで2回目の入浴、戻ってきてまたまた缶ビールを空けてしまいました。テレビ見ながらウトウトしていると母が「寝たら?」と一声、23時を過ぎた頃ベッドに入り就寝


さて翌朝も6時起き、一番で温泉!1宿温泉3回はお約束です。
内湯はそこそこの広さ、露天風呂は4つ、斜面の地形を利用して階段状にぬるめの湯、ジャグジー、池のような大きめな通常温度の露天風呂があります。
いずれも石作の立派なものでした。

戻って涼んだらレストランで朝食。バイキングです。ああ、朝から別腹発動?もうちょっときれいに盛れたらたらいいのだけど…そっちのセンスは全然です。


食後はチェックアウトまで小一時間ほど休憩。ということで箱根登山鉄道の撮影に繰り出します。最寄りの彫刻の森駅の時刻表に合わせて撮影です。歩いてすぐに踏切を見つけました。さい先よく貴重な旧型電車モハ1です。
箱根登山鉄道/小涌谷ー彫刻の森
箱根登山鉄道/小涌谷ー彫刻の森 posted by (C)papa_nen

夏乗ると暑いのですが…これぞ箱根登山鉄道の顔です。
箱根登山鉄道/小涌谷ー彫刻の森
箱根登山鉄道/小涌谷ー彫刻の森 posted by (C)papa_nen

踏切の名前が面白い、牛乳屋はどこだろう?(トリミングしてます)
箱根登山鉄道/小涌谷ー彫刻の森
箱根登山鉄道/小涌谷ー彫刻の森 posted by (C)papa_nen

昨日と打って変わって晴天。朝風呂でさっぱりしてたのに額から汗がにじんできました。この後は新世代の車輌が続きます。
箱根登山鉄道/小涌谷ー彫刻の森
箱根登山鉄道/小涌谷ー彫刻の森 posted by (C)papa_nen

箱根登山鉄道/小涌谷ー彫刻の森
箱根登山鉄道/小涌谷ー彫刻の森 posted by (C)papa_nen

少し歩いてアウトカーブの頂点、70cmくらいかさ上げされた線路の法面の外で待っていると…ト、トンと勢いのよい足音。若いお嬢さんがミラーレスカメラで撮影に来ました。でもどうみてもいわゆるインスタ栄え狙いな感じの娘。会話するわけではないけどカメラ持ったオジさん見て撮影スポットと思ったんじゃないかと…心のなかで(ご想像通りり撮り鉄だけどここは遠征先だから撮影スポット知らないんだよ)と心の中で呟きます。
実際ここでの撮影はちょっと物足りなく感じました。お嬢さんは一足先に駅の方へ行ったようです。
箱根登山鉄道/小涌谷ー彫刻の森
箱根登山鉄道/小涌谷ー彫刻の森 posted by (C)papa_nen

結局こっちも駅まで歩いてきました。道路の向こう、お蕎麦屋さんの脇に小さな階段。誰かの家があるわけでも無さそうなのでちょっと上って俯瞰で駅と踏切、電車を撮影してから部屋に戻りました。やっぱり箱根登山鉄道も1日じっくり撮影したくなりますね。
箱根登山鉄道/小涌谷ー彫刻の森
箱根登山鉄道/小涌谷ー彫刻の森 posted by (C)papa_nen
この後チェックアウト、箱根湯本まで下りて帰路につきます。
しかし自分だけなかなか帰れない…というわけでつづくです。
Posted at 2017/09/20 13:57:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 旅・ドライブ | 日記
2017年09月15日 イイね!

箱根の旅路-1-

9月のとある公休日、兄の声掛けで両親と4人で1泊旅行に出ました。兄のセッティングで3人は車でドライブ、東京住まいの私は小田原まで電車で行きピックアップしてもらうことになりました。そこで新宿まで出て小田急の特急ロマンスカーで行くことに。往路は東京メトロ直通運転を可能にした60000形MSE車に席を取りました。久しぶりの特急乗車とあっては手ぶらでは済まされず早めに家を出て新宿駅へ。ホーム清掃用のスイパーがMSEとVSEの形にラッピングされていて微笑ましいです。


さあ、案内板に表示されました。


始発・終着駅の趣きのある頭端式ホームは地下と地上の2段式ホーム、JR線と並ぶ地上ホームが速達列車の発車ホームとなります。到着案内でロマンスカーの入線が報じられます。
小田急線/新宿
小田急線/新宿 posted by (C)papa_nen

小田急としては初めてのブルーのロマンスカー。
サイドには赤ラインを配してロマンスカーの伝統を主張します。
小田急線/新宿
小田急線/新宿 posted by (C)papa_nen

地下鉄線乗り入れ対応のため正面に貫通扉を設けています。これは連結の為ではなく非常扉としての機能を要求されています。全高制限もあるため運転台は通常高さを維持、ロマンスカー特徴の展望席はありません。
小田急線/新宿
小田急線/新宿 posted by (C)papa_nen

休日には代々木上原から千代田線に乗り入れ北千住から箱根湯本まで通し運転を行っております。
小田急線/新宿
小田急線/新宿 posted by (C)papa_nen

現在の複雑な形状の新幹線のノーズ比べると、このシンプルな流線形のデザインはかっこよく感じます(昭和な感覚ですね)。
小田急線/新宿
小田急線/新宿 posted by (C)papa_nen 

山側に陣取り出発を待ちます。当初、往路をJR周りで185系特急踊り子で小田原まで出ることも視野に入れていましたが運賃の差が大きいため往復とも小田急としました。


新宿駅の売店で買ったアップルパイ、ロマンスカー車内でアテンダントさんから買ったコーヒーでくつろぎます。コーヒーには小さなビスケットが付いてきます。


秦野を過ぎたあたりから田んぼの緑が美しく波打っていました。このロケーション、向こうからロマンスカーを撮りたくなります。


コーヒーの紙コップにもロマンスカーの文字、おしゃれです。


小田原に到着、ここで車で来る家族を待ちながらしばし撮影。乗ってきた列車を見送ります。颯爽と案内する駅員さんのシルエットが印象的でしばし撮影。
小田急線/小田原
小田急線/小田原 posted by (C)papa_nen

コンコースの影で青い車体は真っ暗になってしまいました。
小田急線/小田原
小田急線/小田原 posted by (C)papa_nen

ここで4両を切り離します。MSEは分割併合運転ができます。連結部は貫通扉で結ばれようになっています。先頭車になることもあり貫通扉の横には運転台が設けられています。
小田急線/小田原
小田急線/小田原 posted by (C)papa_nen

切り離し後6両は箱根湯本を目指します。
小田急線/小田原
小田急線/小田原 posted by (C)papa_nen

この角度見ると先頭車と同じ形状に見えますが横から見るとスパっと切り落とされた断面になります。
小田急線/小田原
小田急線/小田原 posted by (C)papa_nen

さてMSEを見送って反対側にいた上り30000形EXE車が出発を向かえます。
小田急線/小田原
小田急線/小田原 posted by (C)papa_nen

この電車は新宿に向かいます。
小田急線/小田原
小田急線/小田原 posted by (C)papa_nen

さあJR在来線ホームへ移動、貨物撮影でも…と思ったら

なんと下り踊り子号が人身事故で抑止…。最初の計画でいったら乗っていたかもしれない電車です、驚きました。

そうしているうちに兄から連絡があり小田原駅に到着したとのことで合流、駅前で風情のある蕎麦屋を見つけて昼食となりました。「そば処 寿庵」さん


旧い外観と同様に中も昔のまま、手入れが行き届いており白熱灯の照明が温かさを感じさせます。


天丼のセットメニュー、かけそばにしました。


老舗らしく美味い蕎麦をいただきました。建物も古く一見の価値あり、お出かけの際にぜひ寄ってみてください。


この後、兄の車で雨の箱根を目指します。
Posted at 2017/09/15 22:02:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旅・ドライブ | 日記
2017年09月04日 イイね!

西日暮里の街角-2-

近くのスーパーで買い物を済ませて戻る際に再び常磐貨物線を渡ります。今度は一本三河島寄りの踏切に移動、撮影を始めようとしたところ単機でDE10が回送27mm(換算)で撮影、型式銘板が西日をまともに受けて白ハネしてしまいました。
常磐貨物線/三河島ー田端(信)
常磐貨物線/三河島ー田端(信) posted by (C)papa_nen
振り返って見送ります。
常磐貨物線/三河島ー田端(信)
常磐貨物線/三河島ー田端(信) posted by (C)papa_nen

踏切が開いたところで80-300mmに付替え、先ほど渡った踏切りにカメラを向けます。通行する人々を入れ込み撮影(リサイズしています)
常磐貨物線/三河島ー田端
常磐貨物線/三河島ー田端 posted by (C)papa_nen

足元の線路にピントを合わせてみて遠景をボカしてみたり。
常磐貨物線/三河島ー田端(信)
常磐貨物線/三河島ー田端(信) posted by (C)papa_nen

SSや露出補正を変えながら色々試しました。自分でも驚くような写真をNIKON1は残してくれました。撮影は一期一会ですね、同じ場所に行っても2度と同じロケーションは見せてくれません。
常磐貨物線/三河島ー田端(信)
常磐貨物線/三河島ー田端(信) posted by (C)papa_nen

線路の輝きを強調しつつカメラを上向きに…。
常磐貨物線/三河島ー田端(信)
常磐貨物線/三河島ー田端(信) posted by (C)papa_nen

再び踏切が閉じました、まったく油断しており列車撮影の設定に戻すことができませんでした。最新のEH500をモノクロで撮るというアンバランスさ…単写設定だったので十分引きつけて1ショット…顔が白ハネしてしまいました。
常磐貨物線/三河島ー田端(信)
常磐貨物線/三河島ー田端(信) posted by (C)papa_nen

開いた踏切から見送ります、これはこれで好きな絵になりました。
常磐貨物線/三河島ー田端(信)
常磐貨物線/三河島ー田端(信) posted by (C)papa_nen
小スポに見せたら「なんで今白黒なの?昭和?」とバッサリ切られました(笑)今回はカシオペアよりもこの踏切りの撮影に発見もあり楽しめました、また来てみようかな。

今回の撮影についてはこのところよく拝見させていただいているDigi-73さんが先日のブログでモノクロ撮影に触れておられました。私もちょっと挑戦してみたしだいです。

この記事は、『色彩排除』について書いています。
Posted at 2017/09/04 10:11:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月03日 イイね!

西日暮里の街角-1-(カシオペア紀行と散策)

久しぶりに土曜日休みに当たり、団臨カシオペア紀行の撮影に出かけました。
嬉しいことに夏らしい青空も戻ってきました。山手線で西日暮里駅へ、改札を出て横断歩道を渡り線路沿いを田端方向に歩いてすぐが今回の撮影地。
ここでは昔1度だけ訪れて推進回送の北斗星を写した覚えがあります。
今回はタッチの差で尾久→上野推進回送に間に合わず、EF81のブロワー音が聞こえました。大型の三脚と脚立を持ち込み超望遠でスタンバイする方、脚立の上でカメラを構える方とそれぞれ本番に向けてアングルを決めています。
高さについては対策無しで来たため柵ごしにカメラを構えることにしますがファインダーを覘けません。今回は背面液晶のライブビューでの撮影となります。本番までの短い時間レンズを入れ替えて試してゆき27mm(換算)に決定。線路上の光線はあまり良くありませんが青空と列車が撮れればいいかな?

上野出発は16:20で6~7分もすれば通過するはずです。柵の上にカメラを縦撮りで構えます。やがてゆっくりとしたスピードで通り過ぎて行きました。青森駅到着は翌朝、到着時間を調整するための運転停止時間が増えたという情報です、西日暮里付近での通過はかなりスローで走り抜けて行きました。
東北本線/上野ー尾久
東北本線/上野ー尾久 posted by (C)papa_nen

東北本線/上野ー尾久
東北本線/上野ー尾久 posted by (C)papa_nen

思っていた以上に日陰の影響は大きく、赤いカマが黒っぽくなってしまったのは残念なところです。今回の牽引機EF81-139は今年の3月より秋田から移籍してきたカマです。車体の赤2号塗装は田端の所属機と変わりませんが耐寒設備のひとつ運転席窓上につらら切りが設けられている点が違います。田端機には側面の流星マークがありますがこの車両にはありません。かつてはあけぼのなどの運用で活躍していたように思います。
東北本線/上野ー尾久
東北本線/上野ー尾久 posted by (C)papa_nen

東北本線/上野ー尾久
東北本線/上野ー尾久 posted by (C)papa_nen
※PCで傾き修正とトリミングしています。

カシオペア撮影後は大スポから頼まれていた買い物を済ませてしまおうとスーパーを探しつつ西日暮里の町を少し歩きました。路地を覗くとビルの壁に西日が反射しているのが目につき、ちょっとノスタルジックな街並みに合わせてモノクロに切替えて撮影。シャッタースピードや露出を見直しながら数枚撮りました。
西日暮里の街角
西日暮里の街角 posted by (C)papa_nen

先へ進むと常磐貨物線の踏切に出ました、ここでもしばしモノクロ撮影を楽しみます。西日を受けて輝くレールに誘われてシャッターを切りました。露出補正やらSSの見直し等々これまで試してきたものを使いつつ夢中で撮影を続けます。
常磐貨物線/三河島ー田端(信)
常磐貨物線/三河島ー田端(信) posted by (C)papa_nen
レールの輝きを強調してみたり…。
常磐貨物線/三河島ー田端(信)
常磐貨物線/三河島ー田端(信) posted by (C)papa_nen
アングルを足元に振ってみたり…。
常磐貨物線/三河島ー田端(信)
常磐貨物線/三河島ー田端(信) posted by (C)papa_nen
西日で測光して写したら…真っ黒になってしまいました(-_-;)
常磐貨物線/三河島ー田端(信)
常磐貨物線/三河島ー田端(信) posted by (C)papa_nen

踏切から先へ進むと現在は民間の物流基地となっている田端操車場駅の名残ともいえる遺構を発見、もはや出入口としての機能すらなしていない門に「田端操駅第五門」の表示がされており往時を語り掛けているようでした。
西日暮里の街角
西日暮里の街角 posted by (C)papa_nen

枚数が多いので次回へ続きます。

Posted at 2017/09/03 23:16:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | 写真 | 日記

プロフィール

「@LEN吉 さん
読み間違えてしまいました💦SL時代からP型F型って分かれていたんですね。D51は力強くもバランスのいいスタイルでした。」
何シテル?   09/24 06:29
もともとモータースポーツと車好きのおっさんでしたが最近は鉄道写真にどっぷりはまってしまい、もはや車とは関係のない内容に突っ走っています。新幹線よりも在来線、電車...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

[生産・販売終了間近]ホンダ・インサイト 落ち武者は静かに....。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/28 17:57:33
マリエン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/08 20:58:38

お友達

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ノート 日産 ノート
07年7月1日よりNOTEにスイッチしました。 ルミナスレッド+ベージュインテリア ...
その他 その他 その他 その他
ルイガノ MV2-PRO '09
日産 スカイライン 日産 スカイライン
1998年畑違いの某社への出向を終え職場復帰した自分へのご褒美で購入、多くの方々に出会い ...
日産 プリメーラ 日産 プリメーラ
スキーに行くようになって4WDセダンが欲しくて購入、ターボ付きのブルーバードSSS(当時 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.