• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

energy273chsのブログ一覧

2018年01月21日 イイね!

セレナとお別れ

とうとうこの日が来た。

約10年間家族と一緒に過ごしたセレナとお別れ。

セレナは10年前、オデッセイかセレナか迷っていた。むしろオデッセイに多少傾いていたかも知れない。

当時2歳の娘にセレナとオデッセイのカタログを見せて「どっちがいい?」と聞くと「ちー」(こっち)と言ってセレナのカタログを指差した。

カタログの位置を左右変えてもう一度「どっちがいい?」と聞くと「ちー」と言ってやっぱりセレナを指差す。

最終的に娘の後押しもありセレナにした。


セレナにする場合、ボディーカラーはソレイユ オレンジ メタリックが良かったけど、既にその色はマイナーチェンジによりカタログ落ちとなっていた。

そこで程度の良い中古車を探していると他県に1台あり契約と引き取りで2往復した。


それから10年間は買い物から保育所の送迎等の日常。
趣味のキャンプ、スノーボード、その他旅行等々、家族のイベントにはいつもセレナと一緒だった。

ボタン1つで開き、間口の広いスライドドアは寝てしまった子供を乗り降りさせるのにとても重宝した。
子供が起きている時、スライドドアを開けてあげるとステップに立っていて、迎えにいくとジャンプして飛び付いて来た。

後席のヘッドレストモニターを頑張って自力で取り付けた。すると子供達はすごく喜んでいた。

大きくリクライニングする2列目は夜長距離運転する時、子供達はぐっすり寝ていた。

キャンプの荷物が多くなったので、ルーフラックを取り付けた。すると子供はそれを見て「冠をかぶってるみたい」と言っていた。

スノーボードや海水浴に言った時も室内高のあるセレナは3列目で着替も楽だった。

かみさんが朝自転車で子供を保育所に預け仕事に行った。午後は雨が降るので昼休みに一旦家に帰ってセレナに乗り替えた。
乗り替えた事を知らない子供を雨の中迎えに行って「雨だからセレナくんが迎えに来てくれたよ」と言うと子供は喜んでセレナにお礼を言っていた。

セレナの買い替えの話が出た時、子供は自分が大きくなって免許取ったら買うからそれまで売っちゃだめと言っていた。

ディーラーの担当さんも、スタッドレスの履き替え時期になると連絡してくれたり、小さい修理は無償でやってくれたり、仕事だから当たり前と言ってしまえばそれまでだが、うちのセレナを良くしてくれた。


セレナは10年前の車だし、11万キロも乗ったし、車検まで残り6ヶ月しかないので金銭的な価値も低い。
セレナは人じゃない。車なので当たり前だけど別れを悲しんだりしない。感謝しても何も感じない。いつも無表情でそこにいる。

しかし、一方的だが思いでや別れを惜しむ気持ち、感謝の気持ちが沸いてくる。本当によく我々家族にとってそこまでの存在になってくれた。

事故や大きな故障もなく家族の楽しい思いでの一部となってくれたセレナくんに本当に感謝したい。

ありがとう。
Posted at 2018/01/21 16:56:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月10日 イイね!

CXー8 ホイールとタイヤ

3大悩み事の1つ、ホイールとタイヤについて、クロスカントリー風に16インチホイールとホワイトレターのタイヤを入れたかったが、16インチが入らない恐れがあった。

CXー8が発売日してしばらくたったので、試しにMKWに問い合わせてみた。

結果は以下の通り。

-----------------
お問い合せ頂いた件、マツダ・CX-8(2017年式 3DA-KG2P 4WD)にはMKWホイールの16インチ17インチ共に装着出来ます。
マッチングに付いては以下の通りです。

以下のモデル・サイズはフェンダーからの突出も無く、車検対応で装着出来るサイズです。

・MK-36 7.0J x16 +42 5H114.3    (タイヤ225/70R16)
・MK-46 7.0J x16 +42 5H114.3    (タイヤ225/70R16)
・MK-46 M/L+ 7.0J x16 +42 5H114.3 (タイヤ225/70R16)
・MK-66 7.0J x17 +45 5H114.3     (タイヤ225/65R17)

以下のモデル・サイズは装着は出来ますが計算上ツライチなので、若干タイヤがフェンダーから突出する場合も有ります。

・MK-36 7.0J x16 +35 5H114.3 (タイヤ225/70R16)
・MK-46 7.0J x16 +35 5H114.3 (タイヤ225/70R16)
・MK-46 7.5J x17 +35 5H114.3 (タイヤ225/65R17)

以上、ご参考になれば幸いです。
-----------------

なんと、MK-36、MK-46共に16インチの装着は可能と言う回答で嬉しいビックリだ。

となれば、タイヤはBFGoodrichのAll-Terrainがホワイトレターで装置可能だ。

静かと言われる車内と燃費を犠牲にするがコレばかりは仕方ない。

これで残る大きな悩み事はルーフキャリアのみ。
Posted at 2018/01/10 20:49:56 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年12月27日 イイね!

CXー8 「運転が楽しい」ってなんだろ

マツダ車について調べていると良く目にする「運転が楽しい」と言う事だが、それって一体どういう事なのだろう?

「運転が楽しい」で思い当たるのが以下の3点

1)地面に吸い付く様に走るスポーツカー
2)キビキビ動くクイックなステアリング
3)ドッカンパワーのターボ車

上記をCXー8に当てはめてるとどれも該当しない。「運転」に限らず考えれば以下も思い当たる。

4)最新の運転サポート機能を試す
5)家族や友人とドライブ
6)買ったばかりの車
7)格好いい車
8)部品を追加した時

上記の全てにCXー8は該当する。しかし、マツダ車以外も該当する。

CXー8を試乗した時は確かに楽しかった。具体的にはアクティブドライビングディスプレイやMRCCを試せたのが楽しかった。
今の愛車セレナと比較してロールが少なかったり、室内が静かだったり、内装もカッコ良かったりと良い点があったが、やはりマツダ車に限った事ではないと思う。

では一体なんだろ?

答え1~2ヶ月後(CXー8が納車された後しばらくして)分かるかもしれない。
ズバリ言える事かもしれないし、感覚的な話しで表現がむずかしいかもしれなし、最悪なのは楽しさが今のセレナと同じかも知れない。

今は回答が出ないので、10年ぶりの納車までの期間を楽しむ事にする。
Posted at 2017/12/27 03:08:29 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年12月26日 イイね!

CXー8 i-stopとDPF再生の疑問

初のアイドリングストップ車を迎える事になるので色々調べて見ると、どうやら良いことばかりでは無いようだ。

〈主な良い点〉
・環境に良い
・燃費向上

〈主な悪い点〉
・バッテリーに負荷がかかる。

良い点、悪い点共には程度があり、それぞれの道路事情により異なると思う。
それでも、普通に考えて燃費が倍増するような事はない。そしてアイドリングストップ対応のバッテリーは高価。

ここで疑問が。

1)バッテリー廃棄とアイドリングどっちが環境に良くない?
2)バッテリー代とガソリン(軽油)代どっちがお得?

上の2つの疑問はガソリン車でも発生する。この段階ではバッテリーが高額なのでエンジンかけて即アイドリングストップ解除と考えていた。

しかし、アイドリングストップにはディーゼル特有の良い点がある事に気付いた。

〈追加の良い点〉
・DPFを汚さない

アイドリング中はDPFが汚れやすい。エンジンが止まっていればそれ以上DPFを汚す事はない。

そこで第三の疑問が。

3)アイドリングストップしない場合DPFはどの程度汚れる?

バッテリーは高価だが、DPF交換となったらそれも高価だと思う。

それぞれの疑問に対する回答を数値にして比較したいところだったが現時点では難しそうだ。

最終的にせっかくのアイドリングストップ機能付き車なので先ずは普通に使ってみる事にした。
疑問の回答は初回車検の頃、分かるかもしれない。
Posted at 2017/12/26 01:14:03 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年12月21日 イイね!

CXー8 リアモニター

三大悩み事の1つ、リアモニターについて解決の目処がたった。

今の愛車「セレナ」はヘッドレストモニターが付いてる。後席の子供達はとても気に入っている。

しかしヘッドレストモニターは当然ヘッドレストごと交換となる。ヘッドレストはもしもの時、首や頭部を守る大切な部品なので本来ヘッドレストの交換は良くない。

そこで、今回はヘッドレストは交換しないタイプ、carrozzeriaが言うところの「プライベートモニター」、ALPINEが言うところの「シートバック取付け型リアビジョン」にする事した。

しかし、マツダコネクトは映像出力が無い為、社外品で適合パーツが発売されるのを待つしかないのが悩み事だった。

ところが、データシステムから適合情報が出ているのを発見して、一気に解決に向かう事になった。

データシステムの適合品は「VHO-U66」。結果はCXー5と同じ物が適合品となった。

これで映像出力が確保出来るので、他の部品を考える。


1)モニター

モニターはcarrozzeriaの他、ALPINEが主な候補となり、今回も両メーカーから比較・検討する事にした。

まずモニターサイズ。後席に座った人の目の前に付く事になるため、サイズは小さくても問題無いと考えた。
2社ともサイズは10.1型と9型。よって9型とした。それにしてもマツダコネクトの7型は改めて小さい。

次に性能。ALPINEはWSVGA、carrozzeraはVGA。その他は大差ない。ここはALPINEの勝利。

次は取付け。これは面白い。carrozzeraはヘッドレストのアームの上側に付くタイプと下側に付くタイプ。ALPINEはアームの正面に付くタイプ。
シートの後ろにトレー等が無い為、どれも取付可能と思われる。ちなみに、取付け可能なアームサイズも同じだった。
なかなか決めてが無いので保留。

次はデザイン。ALPINEは10.1型にはあるイルミネーションが9型には無い。そこは別に差をつけなくても良い気がする。全体的なデザインはシンプルなcarrozzeraが好みだ。
よってデザインはcarrozzeriaに軍配。

最終的にcarrozeriaのアーム下側に付くタイプにしようと思う。弱点は解像度(VGA)だが、マツコネから出力される映像はビデオ出力のみ。HDMIでは無いのでVGAできっと十分だろうと考えた。
いろいろ書いたが、実際は「道は星に聞く」の憧れがある。CXー8はカーナビの選択肢が無いので、せめてモニターだけでも!


2)テレビキット

これいるの?って感じだか、VHO-U66の説明書に「走行中でもテレビ映像を出力したい場合は、本製品のほかに弊社製TV-KITも必要です。」とバッチリ書いてある。
この手の製品は他社でも既にCXー8の適合を見つけてたが、念のため同じデータシステム社の「UTV404P2」を採用する。

あまり余計な物を付けたくなかったし、これが付いているとディーラーで点検が受けられないと言う話しもある。
しかし、走行中に後席の人が見れないのであればリアモニターを付ける意味が薄れるので仕方なし。


これで残る悩み事はキャリアとホイールの2つになる。
Posted at 2017/12/22 20:48:38 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

マツコネTVキャンセラー+ビデオ出力 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/22 20:47:07
ドライブレコーダー取付 NO1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/14 22:44:32
後方撮影用ドライブレコーダー取付 No1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/14 22:41:56

お友達

1 人のお友達がいます
YI202-BLMZFYI202-BLMZF

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ CX-8 マツダ CX-8
マツダ CX-8乗っています。 〈本体〉 グレード:XD L Package(4WD ...
日産 エクサ 日産 エクサ
最初の愛車です。 リトラ、Tバールーフ等々、今でも格好いいと思えます。
ホンダ オデッセイ ホンダ オデッセイ
二代目の愛車です。
シボレー トレイルブレイザー シボレー トレイルブレイザー
とても気に入っていいましたが、やはり日本で左ハンドルは不便だった。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.