• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年08月08日

少しは察してくれないか

今日も暑そうなのでサーキュレーターを持ち出してみましたが…。
余り効果なかったです。

せめて曇ってくれないか。

まずはフロントスタンド。
早速フックバーを嵌めてみました。

GROM専用なのでガタ付はなし。
ヘッドライトユニットとのクリアランスはこんな感じです。

ホーンやホーンステーとの干渉もありませんでした。
そして blue crash さんからのアドバイスでプロテクター代わりのような物を装着。

以前キタコさんのグラブバーを付けていました。
その時にシートバッグのグリップと共締めするのに使っていたやつです。
観光土産や手荷物の握り手を一纏まりにするやつです。
こんな形で再登板するとは。
一応、この状態でもヘッドライト上側のボルトを外す半開きも可能でした。
そしてスタンドアップ。

物を見たときは大丈夫かと心配でしたが…。
フロント荷重が思いの外ありビクともしません。
ウィルズウィンさん御免なさい、そして blue Crush さん有難う。
前後スタンドアップした状態がこちら。

結構浮いてます。
ホイールやタイヤ外す時は下にフロアジャッキを噛ませればアクスルシャフトも抜きやすいかも。

さて、油温・電圧計の取り付けです。
取り敢えずシェラウドとヘッドライトを撤去。
シェラウドの固定ボルトの頭がいい感じで白みがかっていたのでタッチペンでお色直ししました。

これが油温・電圧計の付属品一式です。

右上がモード切り替えスイッチ。
中上が油温センサーハーネスに割り込みさせるサブハーネス。
左上がタイラップ類。
右下が電子メーターとステー。
左下がリレーに割り込ませる電源ハーネスとアース線です。
リレーに割り込ませるハーネスがセットになってるのは嬉しかった。
この手の部品は自作するか、分岐タップが入ってるだけですしね。
純正線に傷をつけなくていいのは有難い。
メーターの固定位置はこんな感じです。

両面テープの圧着中なので見辛いですが…。
右のブレーキ・マスターブラケットの近くに取り付けました。
左についてるのはMP3プレーヤー&FMラジオです。
暗くなって撮影したのがこちら。

昼間だとチョット見辛いですが夜間だと十分視認できます。

で、肝心の配線。

一番下の緑丸が割り込みさせたサブハーネスになります。
純正のハーネスが余りまくるので赤丸部分で収束。
純正のセンサーカプラーは青丸部分に来ています。
ここに純正センサーカプラーを持ってくると、メーターまでのハーネス長に余裕ができ取り回しが楽です。

最初はACC線に直結したんですが…。
ものの見事にヒューズが切れました。
電圧計もね~、機能としてついているので整流ダイオードなんか付いてないよね。
全電圧が一気に流れヒューズがご臨終。
メーター表示が切れたときは時間が凍り付きました。
思い付きで取説に書いてないことをしないようにしましょう。

ちなみに取り付け作業で一番面倒だったのはアンダーカウルの脱着でした。
ボルトが1本固着して初めてネジザウルスが出動。
シェラウドと違ってマフラー外さない限り脱着しないですからね~。
たまには弄らないところも手入れしてあげましょう。


そしてリジットカラーの取り付けです。
取り敢えずハンドル周り整理。

スクリーンやRAMマウントバーを全撤去。
USBタップもハンドルバーから外しています。
この状態で、ハンドルマウントのボルトを緩めてやります。
取り外しでは完全にナットを外しても大丈夫です。
ハンドルバーを撤去した後に外そうとすると共回りしてイライラの原因になります。

場所が場所だけにラチェット入ってもアングルが余りありません。
作業中にアウターケースに傷をつけないようにしましょう。
左右の固定ボルトが外れたので今度はメーターをカバー。

一気にバーハンドルの固定を外しメーターにオバーハング。

トップブラケットはハンドルバーに喰い込んでいるのでプラハンで軽く叩くと良いですよ。
プラハン無い場合は、ドライバーの先端をもってグリップで叩いてやれば簡単です。
叩く時はマスキングテープとか貼ってやれば傷付き防止になります。
此処からは素早くやりましょう。
風が吹いてグラ付くと不安で作業できませんしね。
ハンドルバーが外れたらアンダーマウントが引き抜けます。

拍子抜けするくらい何の抵抗もなくスポッと抜けてしまいました。
そしてラバーブッシュの抜き取り。

そこそこ硬度がありました。
そして交換するリジットカラー。

チャチャッと組み替えて元の位置へ。

そして下側にもリジットカラーを挟んでナットで仮止めしてやります。

ハンドルバーも元の位置へ。

全てのボルトを締め込んで完了です。
組み替え作業自体は10分ほど。
ハンドル周りのパーツ撤去や再取り付け。
傷付き防止でカバリングする方が時間が掛かりました。

之でどんな感じに変わるのか。
今までエンジンの振動とかを吸収してくれていたラバーからリジットカラーに。
ハンドルの振動激増で手の痺れが増えないことを祈るばかりです。

ちなみにハンドルバーも純正位置から手前に寝かせてやりました。
少し肘の位置が下がったかな。
シェラウド付けてない時はタンクカバーにスイッチユニットが当たらないのが目安です。
そうすればシェラウド付けた際に微調整の範囲で対処可能。

あとハンドルマウントに付けていたRAMマウントを前後入れ替えてます。
今まで前側に付けていて、キー操作やメーター操作がやり辛かったんですよね。
組み替えることで少し楽になりました。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2015/08/08 21:39:15

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@shigeki Gクラフトが片持ちスイングアーム出してたよ。」
何シテル?   06/23 18:44
趣味は広く浅く手を付けてます。 時々ですが、濃い話をする時も…。 モータースポーツではミニサーキットやジムカーナを中心にしていました。 最近は、時間も...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

猫侍 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 23:32:37
 
ビッグバイクグループ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/10/13 22:23:43
 
上海アリス幻樂団 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/09/15 22:47:21
 

お友達

こんな生き物ですが、生存確認の手立てと思って御傍に置頂けると…。
9 人のお友達がいます
kyokueikyokuei 71517151
マープーマープー ジャンクんGA2ジャンクんGA2
リオの主リオの主 ゴル吉ゴル吉

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ グロム125 ホンダ グロム125
趣味人の主にアルト共々に陵辱され続けている可哀相な子です。 基本的には御散歩ライダー。 ...
ホンダ S660 ホンダ S660
納車されたばかり。 アルトとのギャップが大きくて慣れるまで暫くかかりそうです。 さて、ど ...
三菱 RVR 三菱 RVR
初めて購入した車です。 スライドルーフは、夏場の車内強制空冷に威力を発揮していました。 ...
三菱 FTO 三菱 FTO
RVRからの乗り換えでした。 ジムカに誘われて…。 今思えば、走りに目覚めた元凶だったよ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.