• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

竜胆急行のブログ一覧

2008年12月07日 イイね!

シーズンイン その2

いよいよ告知がアップされました 氷上走行会!
↓のアドレスから参照可能
http://www.procrews.co.jp/hyojo/index.html

申込開始はまだですが、勿論エントリーの予定。
今年も楽しみです^^*
会場は長野県 八千穂高原の、八千穂レイク。
時速20kmでもクルマが横を向くコンディションは
ここでしかありえません
でも、暖冬だと氷が十分張らなくて中止の可能性も…
今年の冬は寒くなってほしぃなー♪


ちなみに、昨シーズンは雪上走行会にも参加。
会場の北志賀竜王スノーサーキットHPのドコカに
私の写真も載ってます^^
暇な人は探してみよう(w
http://krsnowcircuit.com/
Posted at 2008/12/07 19:08:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2008年12月07日 イイね!

シーズンイン

シーズンインいよいよモータースポーツのシーズンが
やってきましたね!(?)

ってなわけで、ちょっくら走ってきました
今日のコースは、

霧降高原~いろは坂~金精峠
~いろは坂~細尾峠~粕尾峠



まずは霧降高原から。
まずは川治から川俣方面(龍王峡)へ向かい、
あわよくば山王林道を通ろうと目論んでいたのですが…

龍王峡付近から激しく雪が降り始め、「これはいけるかも!?」と
期待して山王林道入口へ向かうと、既に通行止め;;TT)"
やむなく引き返し、霧降高原から日光へ抜けることに。

しかし、霧降あたりじゃ、路面には雪は全く無し。
(付近の牧場は雪化粧されてました)
しかし、今年で3シーズン目のスタッドレスは、先々週の菅生の感覚に慣れた
私にとっては、予想外の低グリップで、ヘアピンではちょっと油断すると
リアを振りだしてしまうので、ガマンの運転になりました^^;;

霧降がドライなだけに、いろはもドライ。
但し、登りの前半は、コーナーにグルーヴ舗装が施工されていて、
グリップが全然ない!
昨日にも一本走ったのですが、ウェット状況では、それこそ氷上のごとく
滑りまくるので、ここを走る人は要注意です。
(2車線あって対向車が無いので、慎重に走れば危険は無いですが)

で、一番期待してたのが金精峠。
栃木側はほとんど積雪なし。とはいえ、トンネル直前は、コーナー手前に
一部雪が残っていて、気をつけないと足を取られます。
群馬側は、さすがに積もってますが、まだまだシーズン初めということで、
ドライとウェットと雪と氷がモザイクになっているので
グリップが全く読めない!! という
非常に恐ろしい状況でした。
まぁそれはそれで、路面を読む練習にはなりましたが^^;;
コース閉鎖までにもう一度走りたいですね~

で、一往復してから、いろはを下って足尾方面へ。
その手前に日足トンネルがあるのですが、折角の山をトンネルで抜けちゃうのも
勿体ないので、旧道の細尾峠をまわることにしました。

この峠道が、フルスピードで飛ばしても20分もかかるロングコース。
しかも、倒木・落石当たり前、場所によっては陥没アリ という
超ハードコース。当然センターラインも無し!

でも、そういうコースなら一般車も入り込まないし、それこそ
ドライバーの総合力を鍛えることができるでしょ!
ということで、気合いを入れてアタックを開始しました。

倒木・落石も ですが、落ち葉や砂埃、湧水や残雪など、路面状況は最悪。
狭いコースで低速コーナーの連続なので、タイヤはズルズルっぱなし^^;;
(お陰でスタッドレスの特性をすぐに思い出せましたが)
でも、スピードが出てないので、有視界走行にも余裕をもて、
攻め甲斐のあるコースで大満足! と思っていたのですが…


峠まで到達したところで通行止め!!!
道路崩落で歩きも不可 なんだそーで^^;; さすがは屈指のハードコース(w

ってなことで、足尾側のダウンヒルはあきらめ、
もと来た道をダウンヒルで攻めることにしました。

しかし、ドライ路面ってのはいーねー ダウンヒルでもスライドが使える
(ってか、逆にスライド止めやすいので安心してスライドに持ち込める)


で、気を取り直して足尾から粕尾峠へ。
この峠は、以前に雪道走行の練習でも紹介した、これまた栃木屈指の
ハードコース。
雪道だと片道40分かかってましたが、今回は…

さすがにオールドライだと片道20分(ヒルクライム10分、ダウンヒル10分)で
走り切れます。
足尾側から だと、まず峠までのヒルクライムは、ほぼヘアピンだらけの
急勾配が続き、最後に少々スカイライン風にゆるいコーナーが連続する
緩斜面となって峠頂上へ到着、鹿沼市に入ります
(スカイライン風とはいえ、壁伝いの狭い道で見通しは悪いので、
コーナーは2速クリアの低速コースに変わりはない)

鹿沼側ダウンヒルは、前半はやはりヘアピンの連続する急勾配。
見通しも悪いのであまり攻め込めません。
2/3くらいまで降りてくると、センターラインの入った広い道幅となり、
高速コーナー主体のダウンヒルコースになります。
(ギアは4速中心 但し、急勾配には変わりないので、攻め込むと非常に
怖いコース)
所々に3速コーナーが交じり、急に道幅が狭くなったり工事区間があったりと、
油断はならず、一歩間違えると大事故につながるので、慎重な運転が不可欠。
でも、峠アタックの醍醐味が味わえます。


…と、久々に峠三昧の一日。充実してました!

走行の車載、撮影してるんですが、編集が未だなので、
出来次第後日掲載予定です♪




それにしても…
雪道走ると、ボディ汚れるねー^^;;
Posted at 2008/12/07 02:07:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2008年11月26日 イイね!

今週末の予定

またまた怒涛の予定をたててます(汗

土曜日 29日は、偶々予定が空いたので、
1日チャリンコこぐことにしました

予定 :
 自宅(宇都宮市郊外)
 → 国道408号で下館へ
 → 県道14号で筑波山へ そのままつつじヶ丘駐車場までヒルクライム
 → フラワーパーク方面へダウンヒル
 → 国道355号で霞ヶ浦北岸を南下
 → 国道124号で利根川沿いに銚子まで
  往路150km

 → 来た道を戻り宇都宮へ。気合いで300kmサイクリングにチャレンジ!

山越え、いろはヒルクライム など、今までも色々無茶してきたけど、
300km走行は初めての領域なので、ちょっと楽しみです♪

ってなわけで、予定では、筑波山は午前中(10時頃?)、正午には
霞ヶ浦付近 銚子には午後2時ごろに通過の予定。
もし暇な人がいたら、冷やかし歓迎です(w


…あ、あくまで予定ですから。
体調や天候、私の気まぐれで時間は変動の予定あります^^;;
(途中でリタイヤの可能性も…?爆)
Posted at 2008/11/26 22:09:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2008年11月22日 イイね!

菅生 HOW MATCH 走行会

菅生 HOW MATCH 走行会またまた久々にクルマネタです。
今回も怒涛の週末 菅生遠征してきました!
その名も 「HOW MATCH走行会」!

基本料金2000円+周回数×300円 という
お手ごろ値段で、FポンやスーパーGTも
開催される、国際規格コースを走り放題!
という、非常におトクなイベント。
その菅生のコースですが、
2本のストレートを12のコーナーで繋いだ、
スピード感がありながらテクニカルな構成で、
私は2回目の走行なんですが、非常に
攻め甲斐のある楽しいコースです

当日は、CIVIC-Rを3ヶ月前に購入したK君と
2台で現地入り。彼は元々ジムカーナ専門
だったんですが、「CIVIC-Rは大きすぎて
楽しくない」というので、それじゃー高速コースで思いっきり走らないと!と
オススメした次第。

ちなみに、CIVIC-RとS2000(AP1)のスペックを比較すると、
・パワー : 若干S2000が有利? でもトルクバンドはCIVIC-Rの方が広い
・重量 : ほぼ互角(重量差は約10kg)
・スタビリティ : 当然FFのCIVIC-R有利
というわけで、あとは腕の差 ということになるでしょうか?


当日は、現地へ向かう道中、白河あたりで雪はちらつくわ、交通情報で
東北各地の高速にチェーン規制が出されてるわで、
「ホントに走れるんかいな?」と戦々恐々でした。
案の定、現地の路面状況はウェット。気温も3℃で、全然グリップしなさそう^^;;
天気は晴れだったので、日中になれば乾くだろう という期待と、
序盤はマシンコントロールとドリフトの練習になるからいいかな?
ということで、とりあえず恐る恐るコースイン。
さすがにμの低い路面では、他のクルマもビビりが入ってなかなか走り出しません。
私も、コーナーというコーナーで尻が滑りたがるのを抑え込むので精一杯(汗
でも、今までの雪道走行のお陰か、何とかそれなりに走りのスタイルは
つかむことができました。

そうこうしているうちに路面も段々乾いて来て、正午前くらいには
フルアタックかけられるくらいにはなってきました。
しかし、こういうときこそ油断大敵 ですね
第10コーナーの40Rで突如リアがブレーク。
タコ踊りの末グラベルイン という一番カッコ悪いコースアウトを
演じてしまいました○| ̄|_
幸いクルマにはダメージがなかったので、午後も十分走れそうですが…
失敗の原因は、周囲に速いクルマが多数混走の状況で、オーバースピードで
コーナーにつっこんでしまったこと。
路面が乾いているから、スピンモードも早くて、操作が追い付かなくなる
リスクを計算しとくべきだったんですが…
ヒートアップすると周りが見えなくなるもんですねぇ^^;;

というわけで、昼食をとってクールダウンしてから、改めて午後のセッションに
チャレンジ!
コースはコンディションも徐々に好転してきて、私もコースとマシン挙動に
慣れてきたので、順調にタイムアップを重ね、ようやくベストラップ
1'47"56 を叩き出すのに成功。
ノーマルの2L NAとしてはまずまずのタイムではないかと自負してます^^*
ちなみに最高速は188km/h。
目標の190km/hには達しなかったものの… 昨年は185km/hだったから、
ある程度は上達した といえるかな?
(クルマは前回と全く同じスペック。最終コーナーで立ち上がり重視の
最速ラインを見つけたので、その分フルアクセル区間を長くとれるようになった
成果と思います)

その最速ラップが、残念ながらビデオ撮影失敗orz(バッテリー切れ
そりゃー1時間近くも走り続けりゃバッテリーも切れるわな^^;;)のため、
もう一度トライするも最速ラップには届かず。
燃料切れのために今回の走行会は打ち止めとなりました。

ちなみに、もう一台のCIVIC-R君の方は というと、1'47"78 がベストラップ。
最高速は185km/hだったようです。
初の菅生でこのタイムは驚異的! さすがにジムカーナとミニサーキットで
走り込んでるだけあって、FF使いとして相当の腕前 と舌を巻きました^^;;
今年のサーキット走行は、とりあえずこれで終了。
これからは、ウィンタースポーツ(?)で、来シーズンのタイムアップのために
腕を磨くつもりです;; ̄ー ̄)"
Posted at 2008/11/24 07:27:12 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2008年11月15日 イイね!

今週も怒涛の…

今週も怒涛の…行ってきました
いろは坂!!

チャリで…^^;;

職場の某非公式イベントで、
「ツール・ド・いろは坂」
というのに参加させていただきました

今年はちょっと気合を入れて、
いろは坂ヒルクライム→半月山ヒルクライム
という、かなりドMなコース設定だそうで…

実際、半月山の方がいろは坂よりもきつかった…


もひとつアホを重ねた告白をすると、
その日は宇都宮からスタート地点まで
自走で行っちゃいました^^;;

1日の総走行距離 148km

…えぇ アホですよ 分かってます(爆
でも、10月18日にはこの先の金精峠まで往復180km走ってるし、
今回は走りきったあとでも脚のダメージは前より小さかったし…
ってことで、アホなチャレンジも継続すれば
それなりの成果があるみたいなんで、まぁいいかな?^^;;

さぁ、今度は300km走行にチャレンジしようか!?(爆
Posted at 2008/11/18 00:37:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

免許を取ってからこのかた、 クルマいじりはほとんどやらず、 専ら公道を気持ちよく走るための ドラテクの独学を続けている 怪しげな♂です。 クルマの...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

…ってなわけで、
一緒に峠を走ってくれる方、
一緒にサーキットを走ってくれる方
お友達になりましょう*^^)/"

クルマ以外の趣味でも、いろんな方と
知り合えたらうれしいです♪
18 人のお友達がいます
・・・1番・・・1番 * ゆ~。ゆ~。
ミッドナイトぱ~ミッドナイトぱ~ サトゥ@Be a driver.サトゥ@Be a driver.
who#522who#522 44MAGNUM44MAGNUM

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S2000 ホンダ S2000
最初のクルマを手に入れて以来 いつの間にか15年近く経ってしまいました お陰で運転できた ...
その他 その他 その他 その他
ALPSはランドナーの老舗メーカーで、 輪行時のハンドル分離の方式「アルプス式輪行」で ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.