車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月07日 イイね!
マツダファンブック青コスモのダッシュ割れを発見したショックを少しでも忘れるため?立て続けに投稿してみます(笑)

最近、マツダファンブック(FANBOOK)という雑誌が発売されたようですね、マツダファンブックというと2005年発売の同じ名前の雑誌(こちらはFUNBOOK)がどうしても頭に思い浮かびます。

コスモAPが初めて本格的に取り上げられたのが2005年のマツダファンブックでした、今回はこの時の思い出をちょっと書いてみます。





これが2005年に発売されたマツダファンブックです、タイトルの通りでマツダ車の情報を中心とした本なんですが、この雑誌で私の赤コスモと札幌のワンオーナーのコスモLが取材を受けました。

取材された日は2005年9月の初旬だったんですが、この頃の私は一ヵ月後の30周年里帰りの準備、一緒に広島まで行くRX-5さんのコスモの整備、地元の旧車仲間の車の全塗装と、忙しさは最高潮でした、そんな頃に取材の話がありまして、コスモAPが本格的に取材されるとあって、それは嬉しかったですね(^^)

取材は私が日曜日しか休みがないので日曜日に行なう事になりましたが問題は取材場所です、取材するほうも東京から最新マツダ車の試乗を兼ねて長距離を走行して来るので両方の距離の都合から取材場所は道南の七飯町に決まりました。

そして取材の前日の土曜日・・仕事を終えて帰宅した私はすぐに準備にかかりました、赤コスモは以前に国道を走行中に小動物が飛び出してきてハネてしまいフロントスカートがベッコリ凹んでいたのでそれを叩いてパテを付けて大雑把に形を整え、同じボディ色はないので適当な赤を吹いて、取り敢えず遠目では分からない程度に突貫作業で仕上げました。

そして全ての準備が終って出発したのは夜中になっていました、夜も明ける頃に札幌に到着しRX-5さん、コスモLのオーナーさんと合流して七飯町に向います、ちなみに私は一睡もしていませんでした^^;

高速道路で七飯町に向いますがこの当時は、まだ国縫までしか高速が開通していなかったので今よりも時間が掛かりました、そして取材場所に着いたのが午前8時半~9時頃だったかな、取材場所は事前に取材者側がロケハンで見付けた場所で、自然に囲まれて実に雰囲気の良い場所でした。

そして取材が始まりました、取材者側はライターの方が一人とカメラマンとその助手の計3人でした、私のコスモを見て「綺麗ですね~」と言われて嬉しかったですね(^^)

プロのカメラマンの撮影する様子を初めて見ましたが、助手の方がレフ板を当てていたりして本格的です、これがプロの撮影風景なんだな~まるでグラビアアイドルの撮影のよう?カメラマンは地面に寝転がったりしてコスモを撮影していました。

撮影の間に私はライターの方からコスモに関する取材と質問に答えたり・・こうして数時間に及ぶ撮影と取材は終了し、最後にライターの方が私の赤コスモを少し運転して周囲を走行して取材終了。



こうして大変素晴らしい写真と記事でコスモAPが初めて雑誌で本格的に紹介されました、嬉しかったですね~それまでコスモAPが雑誌に出る事は殆どなく、たまに歴代ロータリー車特集!みたいな雑誌の企画でもなぜかコスモAPは登場する事がなく・・完全にマイナー車扱いでした、かつてカー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、オイルショックで経営難だったマツダを救った大ヒット車種にも関わらず、雑誌で取り上げられることも無く寂しい思いでしたが、これでようやく陽の目を見たような思いでした(^^)

取材も無事に終了し、あとは帰宅するんですが、前日に一睡もしていなかった私はここからが地獄でした^^;もう眠くて仕方がありません、でも仮眠したら絶対に朝まで寝てしまいそう・・月曜日は仕事ですから何としても帰らなければなりません、眠眠打破を飲んでみるも全く効かず^^;取材場所から自宅までは400kmの距離・・それでも何とか自宅に無事に到着しましたがグッタリでした、一睡もせずに道南日帰りはかなりキツかったですね^^;

でも苦労の甲斐があって素晴らしい誌面になったのは嬉しかったですね、一ヵ月後の30周年の広島里帰りの道中では「よろしくメカドック」でおなじみの次原隆二先生の「レストアガレージ251」で私の赤コスモが取材されたり、RX-7マガジンの取材を受けたりと、2005年はコスモがメディアに多く登場した年になりました。

当時30代だった私・・今は髪に白いものが混じるようになり、体型もすっかり中年になってしまいました^^;でもコスモに対する愛情は変わりません、これからもブログでコスモAPの楽しさと魅力を発信していきます(^o^)
Posted at 2017/01/08 00:55:35 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月07日 イイね!
謹賀新年今更ではありますが2017年のスタートですね!皆様、今年も宜しくお願い申し上げます。

今年は私が初めて手に入れた赤コスモが車齢40年を迎えます、そして今年の末には赤コスモの所有歴が15年目の節目を迎えます。

昨年は白コスモと足車のマークⅡの車検でしたから今年は車検がありませんし、節目という事もあって今年は赤コスモのボディーのレストアをしたいと思っています、でも自分でやるつもりはないので金額がハッキリしてからでないと出来ませんので絶対にやりますとは宣言出来ませんが(爆)

さて、今年もコスモとのふれあいです、2日前に青コスモのエンジンをかけてみました、青コスモはしばらくエンジンをかけていなかったのですがエンジンの調子はすこぶる良好です、ついでにちょっと動画を撮ってみました。

そして今日も青コスモのエンジンをかけてみました、2日前にエンジンをかけたばかりですからエンジンはすぐに目覚めて調子も良好です(^^)

運転席に座って暖気運転をしながら水温計に目をやると・・。

ん?ダッシュボードに髪の毛が付いてる?


 

               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 









                 ∑(゚◇゚ノ)ノ









               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            
               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            
               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










ダッシュ割れてるべや!!!(驚きのあまり方言になる)










                    

                      マジですか・・・。





















最後に2日前に撮影した動画を貼りますが、その時はダッシュには全く問題はありませんでした、私はこまめにダッシュボードに亀裂が無いかをチェックしていますが2日前もダッシュボードの端のセンタースピーカーのところまで指でなぞって亀裂が全く無い事を確認しています、という事はこの2日の間に一気に割れてしまったようです(ノω=`)

この車を手に入れて今年で丁度10年・・今まで全然何ともなかったのに何の兆候もなく突然割れてしまいました、この車はガレージの中で毛布をかけて車内に日光が入らないように保管していましたが、これで割れたら仕方がありません、残念ではありますが・・。

コスモAPのダッシュボードはとにかく弱くて新車でも数年で割れたというくらいですから40年割れなかっただけでも褒めてあげるできしょうけれど・・でもやっぱり気分はヘコみますね、コスモAPのダッシュボードは丁度真ん中から分割するように割れるんですが今回もまさにその定番の割れ方です、それにしても綺麗に割れたものです、まるで最初から分割になっているかのようです^^;これはさすがに自分で修理する気にはなれません、外注に出す事になりますが結構お金掛かるだろうなぁ~赤コスモのボディも直したいので、いつ補修に出せるか分かりませんが・・。


              ちなみに赤コスモのダッシュは大丈夫でした。

では最後に動画を貼ってみます、ダッシュが割れる直前の最後の映像です(笑)

Posted at 2017/01/07 17:54:33 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月25日 イイね!
TVや映画でのコスモAPコスモAP大好きの私としては昔のTVや映画でコスモAPが登場するシーンを出来るだけ多く見たいと思っているのですが、コスモAPが登場するTVや映画は少ないので、ある意味レアな映像なのかも知れません、なのでコスモAPが登場する映像というのは見付けるのが結構困難です。

日産車なら「西部警察」、トヨタ車なら「太陽にほえろ」といったように有名なドラマがありますがマツダも「土曜ワイド劇場」や「探偵物語」、「大激闘マッドポリス」、「プロハンター」等、結構車両提供をしているんですがコスモAPが登場する事は殆ど無く、あっても主役級ではなくスタントで破壊される事が多いのがコスモAPオーナーの私としては悲しいところ・・。

特に「探偵物語」では2台のコスモAPが破壊されていますが最初期型だとしても当時まだ4年落ちの車です。

昭和54年の映画「太陽を盗んだ男」では当時新車のRX-7やコスモAPが破壊されていますが、これは映画なので車両提供をしたマツダも大盤振る舞いをしたのかも知れませんがTV番組で高年式の車を破壊するというのは、なかなかありません。

これは想像の域を出ないのですがマツダは当時、ディーラーに報奨金を出してまで下取りに入ったロータリー車を自主回収して潰していましたが、もしかするとそういった車を提供していたのでは・・などと勘ぐってみたりします。

コスモAPが大好きな私としては破壊されるシーンは心が痛みますが、しっかりと見届ける事が破壊されたコスモAPへの供養?だと思う事にしています。

では、昔のコスモAPの映像(ここでは画像ですが)を紹介してみたいと思います。


1986年の映画「紳士同盟」より・・急ブレーキをかけるフォード・カプリ、その後方に迫るコスモAP・・フロントグリルやライトベゼル、ヘッドライトも片目が外されて運転席のドアもヘコんでいて程度の悪そうな車です。


                コスモAPはカプリの後部に激突!


かなりのダメージですね・・ところでコスモAPは逆ヒンジのボンネット(チルトボンネット)ですが逆ヒンジのボンネットは衝突時にフロントガラスを突破る恐れがあるという危険性が指摘されたりもしました、でもコスモのボンネットは裏の骨の中央に凹加工がしてあり衝突時にはその部分が折れてボンネットが「く」の字になるように安全対策も考慮されています、このコスモのボンネットも「く」の字になっていますね。


そしてコスモAPの後ろからファミリアAP(これまた今となってはレア車ですね)が・・。


           ファミリアAPはスピンしてコスモAPの後部に激突!


このコスモAPなんですがフロントコンビネーションランプやフェンダーミラーが初期タイプなので改造されていないという前提で考えると昭和52年7月以前の車両だと思われます、フロントガラス上部はボカシがあるように見えるのでグレードはリミテッドの可能性があります、ただリミテッドならヘッドレストの横に取っ手のような形状のシートベルトガイドがあるハズなんですがそれが確認出来ないんですよね、映像の画質が鮮明でないので何とも言えないんですが・・でも内装が白内装のように見えるんですよね・・白内装はリミテッドしか設定がなく、しかも赤のボディー色には白内装の設定は無いので、このコスモAPは白内装のリミテッドを赤に再塗装した車ではないかと推測します。


                    ボロボロですね・・(;゚д゚)



次に紹介するのは1978年のTVドラマ「大追跡」より・・珍しいサンダーイエローのボディ色のコスモAPです。


             パトカーの追跡を振り切って逃げるコスモAP。


フロントガラス上部のボカシ、フェンダーミラーの形状等から初期型のリミテッドですね、サンダーイエローのリミテッドは珍しいですね。


これは1977年のモーターファン誌の記事の写真・・走行しているサンダーイエローのコスモAPリミテッドの画像はこれしか見た事がありませんでした。


                      カッコいいなぁ~(^^)

破壊されるシーンを見ると勿体無いですね、その頃は底値だったでしょうけれど今となっては価格が高騰してコスモAPもとんでもなく高価な車になってしまいましたね・・。
Posted at 2016/12/25 23:44:16 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月05日 イイね!
コスモ歴14年平成14年12月初旬に赤コスモが納車されて、もう14年になりました、時が経つのは本当に早いものですね。

その頃の私はFD3SとAA63カリーナGT-Rの2台体制で、カリーナは自作の車高調を付けてTRDの4ピニLSDを入れ、次はエンジンをパワーUPしたくてターボを付けるべくタービンやインタークーラー、追加インジェクター等の部品も全て手元に揃えて後は付けるだけという段階まで来ていました。

カリーナは程度が良くて、とても気に入っていて、どんどんイジって遊ぶ気満々でした、そんな時、たまたま軽い気持ちで見に行った旧車イベントでコスモAPを見てしまった瞬間、子供の頃からの憧れの車を久し振りに見た嬉しさと懐かしさで私はもう我慢出来ませんでした、絶対にコスモAPを手に入れる!と強く決意したのです、そして私は翌日から早速コスモAP探しを始めて約2ヶ月後、ついに念願のコスモAPを手に入れる事が出来ました。

カリーナは気に入っていたものの、コスモの購入資金が必要なので手放しました、短期間の所有でしたが楽しませてもらいました(^^)

今日はそんな昔の事を思い出しながら久し振りに赤コスモのエンジンをかけてみました。


エンジンはとても調子が良くて安定しています、14年前、納車翌日にエアクリーナーの吸入口から蒸気がモクモク出てきたのはちょっとビックリでした、いきなり旧車の洗礼を浴びましたね(笑)アイドリング回転数も1600以下に下がらない・・これはアイドルアジャストスクリューと間違えてアクセルスイッチの調整スクリューで調整しようとしたらしくスロットルバルブが全閉していなかったのが原因でした。


セーフティーパネルも最初は全く作動せず・・外してみると配線のカプラーが挿さっていなかったのですが何故か本体と配線のカプラーの形状が違っていてカプラーが挿せない・・後に配線図を見ながら一本ずつ配線を繋いで正常に作動するようになりましたが何でカプラーの形状が合わないものが付いていたのか今でも不思議です^^;


この車でイベントに出かけるようになったり、雑誌に載ったり、初めて広島に行ったり・・色々と思い出します、今は休眠中ですがボディーのレストア等の構想を色々と考えています。

それにしても14年か・・あっという間のような気もしますが長くも感じますね、その間にコスモは3台になり、若かった私もすっかり中年のオジサンになって・・(爆)でもコスモはいつまでも元気でいて欲しいと思っていますし今後もそのために努力を続けていきます、コスモAP最高!!
Posted at 2016/12/05 23:45:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月27日 イイね!
冬眠今年は積雪が早くて、もう今シーズンは旧車に乗れないので白コスモは完全に冬眠に入りました、まぁ冬眠といってもダッシュボードに毛布をかけてバッテリーを外すだけなんですが・・。

息継ぎの原因がキャブレターのメーンノズルから燃料が吸い出されていなかった事が判明しましたがメーンノズル自体が詰まったような形跡はないのでちょっと腑に落ちない点はあるものの取り敢えずキャブの分解清掃で調子は回復したので調子の悪いまま冬眠に入る事は避けられました、ただ、調子が回復した頃に雪が降ってしまったので長期のテスト走行は来年の宿題とします。

キャブレターのメーンノズルはベンチュリーという部分に取り付けられています、ベンチュリーは空気の流れを絞るような形状になっていて、そこを通過する空気は流速が速くなる事で圧力が低下して負圧が発生する事で、その部分に付いているメーンノズルから燃料が吸い出されます、ただしアイドリング時はスロットルバルブが閉じているのでベンチュリーに空気が流れないためメーンノズルから燃料が吸い出されないのでスロー系統からの燃料がスロットルバルブより下のアイドルポートから吸い出され、スロットルバルブが少し開くとスロットルバルブのすぐ上のスローポートが開き、ここからも、やはりスロー系統からの燃料が吸い出されます、そしてスロットルバルブの開度が多くなってくるとベンチュリーに空気が流れる事でメーン系統からの燃料がメーンノズルから吸い出される・・これがキャブレターの燃料供給の基本的な仕組みです。

当初はてっきり点火系だと思っていて点火系ばかり点検していて、ちょっと回り道をしてしまいましたが、まぁ点火系が完璧になったので良しとしましょう^^;


冬眠に入る前にメーンノズルから燃料がちゃんと吸い出されているか確認してみました、結果はOKです。

取り敢えず今シーズンはもう冬眠なので、あとは来年に走り回って様子見ですね。

最後にメーンノズルから燃料が吸い出される様子を動画にしてみました、今のところは正常です、まぁキャブを分解清掃したばかりなので当然ではあるんですが・・このまま完治してほしいですね。


Posted at 2016/11/27 22:10:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「マツダファンブック http://cvw.jp/b/293527/39142460/
何シテル?   01/08 00:55
はじめまして、CD23Cと申します。 子供の頃から車が大好きで現在はコスモAPとRX-7を所有しております。 車バカな私ですが宜しくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ブログカテゴリー
お友達
ファン
59 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ マークII トヨタ マークII
普段乗り用です。 平成9年式で走行距離は現在42万kmですが調子は非常に良く不具合個所は ...
マツダ コスモ マツダ コスモ
現在所有している77年式コスモAPリミテッドです。 子供の頃に近所にあったコスモAPに ...
マツダ コスモ マツダ コスモ
76年式コスモAPリミテッドです。 現在の走行距離は実走12万Kmでボディーは部分的に補 ...
マツダ コスモ マツダ コスモ
1976年式コスモAPリミテッドです。 現在走行距離は実走約1万9千Km。 最初期210 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.