車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月22日 イイね!
ななちん連れて小豆島 後編小豆島旅行レポ、後編です。

めっちゃ快適なベッドで熟睡できたので、2日目の朝はめっちゃ爽やかな寝起きでした\(^^)/


朝ごはん食べて、ぽんたの宿の看板犬だいちゃんとななちんのツーショットを撮影してチェックアウトしました。
お世話になりましたー!
小豆島にまた来るときは利用させて頂きますねー(^^)


趣味?で養蜂もされているおもしろいおじいちゃんが営むバイク屋、サイクル石井さんの前を通ってエンジェルロードへ。
昨日の夕方はシャッター開いていたので、まだお元気にバイク屋さんを続けられている様子。
3年前はあまり時間がなくて養蜂場見学とか、秘密のヤード見学できませんでした。たっぷり時間をとってまたお邪魔したいですわ。


午前9時半頃。
エンジェルロード到着。
前日は海だったところに天使の散歩道が出現してます!!


この写真を嫁さんに撮ってもらってから、エンジェルロードを嫁さんと手を繋いで渡った。
今のところ、我々夫婦に具体的なエンジェルロード効果は見られない。長期的な観察を要するようだ??(謎笑)








エンジェルロードを渡ったあとも岩場を元気にガンガン進むななちん。
行ける所まで行ってみる。


途中から岩場が険しくなってきたので、ななちんを抱っこしてさらに前進。


海草で足元がヌルヌルなので注意しながら前進。


途中の中洲に自然が作ったアートを発見。


拡大するとオイラとななちんがいてますよ(^^)

この自然アート、いずれ風化が進んで崩れてしまうんやろなぁ。


2つ目?のエンジェルロードを渡って、さらに先の3つ目のエンジェルロードを目指す。


がっ、3つ目のエンジェルロードまであと少しのところで2メートルほどの磯に阻まれて進行を断念。
靴をぬいで磯を渡れば行けなくはなかったが。。。

もっとも、この先はYMCAの私有地で立ち入り禁止エリアだったみたいなので、無理して行かなくて正解だったかも。


帰り道、オイラに抱っこされながら気持ち良さそうに寝るななちん(笑)


すやすや眠るななちんを抱っこしてエンジェルロードまで戻り。。。


エンジェルロードの砂地に着くと、抱っこで寝てパワー復活したななちんが笑顔で元気に自分で歩いてエンジェルロードの復路を完走。

お疲れ様でした、ななちん。
お疲れ様でした、嫁さん。
お疲れ様でした、自分。

教訓。普通に行くならひとつ目のエンジェルロードだけにしておきましょう。
奥まで行くとなかなか疲れます(汗)


エンジェルロードを後にして次に向かったのは殿川ダム

ここは堤高も低く、見た目も地味ですが、小豆島の飲用水確保を目的とした小豆島の水がめの役割を持つ重要なダムらしい。


殿川ダムの看板をバックにはい、チーズ(^^)


ダムカード3枚目ゲットしたので、ランチタイムへ~(^^)


2日目のランチは3年前も訪れた、こまめ食堂。
行列のできる人気店なので、開店時間前に到着してポールポジション狙ってたけど、残念ながら?3番手でした。


。。。どうでもエエけど、ななちん、なんでオイラが抱っこやとそんな顔なん?



嫁さんが抱っこしたらヘラヘラ笑ってるし。
一応、私もカイヌシなんですが(苦笑)



懐かしい小学校の机と椅子。
眼下にはのどかな棚田の風景。


でっかいおにぎりと地元の魚や野菜をふんだんに使ったおにぎり定食♪


足元には「なんかくだしゃい」と待機する食いしん坊コーギー(笑)

最高のランチでした\(^^)/

お腹いっぱいになったので先を急ぎます。


。。。と、思ったら行き止まり(汗笑)

ここ、3年前も訪れたので同じアングル狙ってKPで突撃(笑)


高坂隧道という大正時代の石積みのトンネルです。
切り通しの新道がすぐ横に開通した後は廃道となり車両の通行はできなくなったものの、数年前までは徒歩での通り抜けは出来た様子。
近年、フェンスで完全に閉鎖されたようです。う~ん残念。(自分の3年前のブログより引用。笑)

さて、ホンマに先を急ごう。


寒霞渓に向かう途中にKP仲間の息子?のごんたくんが!いや、あれは野生のお猿さんや!

デジイチ構えてシャッター押したとたんに猛ダッシュで逃げちゃいました。
大きい目玉に見えるのか、動物はデジイチのレンズ嫌がりますね。

野生化した孔雀もいてると噂ですが、出現せず。


写真では伝わらない寒霞渓の雄大な風景。
この時期の渋い雰囲気もいいけど、やはり寒霞渓は紅葉の季節に来るべきですね。


お約束の1枚を撮って。


総工費1億円のトイレで用をたして先を急ぎます。


次に向かったのは寒霞渓から下った道沿いにある内海ダム。


ダムの下は綺麗な公園が整備されてます。


ここで4枚目のダムカードゲット!
小豆島でもらえるダムカードコンプリート\(^^)/

嫁さん、ななちん、ダムカード集めに付き合ってくれてありがとう(^^)


いよいよ帰りのフェリーの時間が迫ってきました。
帰りのフェリーで食べるパンを買いに森國ベーカリーへ。

森國ベーカリーは小豆島唯一の酒蔵である森國酒造と共同開発したコッペパンが有名。
人気のあんこコッペパン狙いで行きましたが、残念ながら完売。
ピーナッツコッペパンが辛うじて2つだけ残ってたので、とりあえず2つともゲット。
ウチが買ったピーナッツコッペパンでこの日のコッペパン完売。
嫁さんがここのコッペパンを楽しみにしてたのでとりあえず一安心。

これで小豆島での全ての観光予定終了。
あとは福田港へ向かいます。




。。。がっ!



もうひとつ観光?ポイントが残ってました。





それは。。。








三菱コルトバン??の廃車体(爆)



実は小豆島に上陸してすぐにこの廃車体に気がついたんですが、地元のおばあちゃんが廃車体の横で井戸端会議してたので、撮影断念したんです。
このすぐ近くにホンダ today(原チャリにあらず)の廃車体もあったのですが、そちらは撮影できず。

これで小豆島観光終了。


福田港発、姫路港行き第五おりいぶ丸に乗船。

さようなら、小豆島。

「ヤマハの原チャリでヤマハ醤油を表敬訪問」とか、「あのバイク屋の養蜂場と秘密のヤード見学」とか、「小豆島に泊まらなければ食べられないうどん」とか、まだ宿題が残ってますが、それはまたマニアックな仲間と共にいずれまた。


出港後、森國ベーカリーのコッペパンを食べてみた。
モチモチしてめっちゃ美味かった!
これはあんこコッペパンも食べてみたい!

来年の紅葉の季節にまた行きたいなー。






オマケ。



帰りの第五おりいぶ丸で念願の?フェリーうどん食べることができました。
嫁さんはうどんに興味ないので、おりーぶしまちゃんとサシでフェリーうどん食べました(笑)

小豆島旅行レポおしまい。
Posted at 2017/03/24 20:06:00 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年03月22日 イイね!
ななちん連れて小豆島 前編小豆島に上陸してまず向かったのは。。。














吉田ダム(爆)
堤高74.5メートル。
香川県内で1番の高さを誇ります。


ダムの横には重さ1.4トンの丸い石が水圧で浮いていて、手でグルグル回せます。
これの小さいやつ、大阪市内の江戸堀あたりで見たような?
童心にかえってめっちゃグルグル回したった(笑)


筐体中央部から下を見下ろす。

怖い。

よく見たら下に「吉田ダム」って植え込みで描かれてますね。芸が細かい。


小豆島1枚目のダムカードゲット!
2日かけて小豆島内のダム4ヶ所を回るのも今回の旅の目的のひとつなのだ。

もちろん嫁さんには呆れられる(笑)


ダムカードゲット出来たので先を急ごう。


次に向かったのは素麺屋さんのなかぶ庵
よく見かける細くて真っ直ぐな乾燥状態の素麺になる前。つまり乾麺になる前の出来立ての生麺を食べることができるお店。

ここはペット同伴不可なので、ななちんはKPでお留守番。


生産地に行かないとなかなか食べられない生素麺。
モチモチして美味しかったですが、なにかうどんっぽい感じ。

ちょっと気になって調べてみたら、JAS規格によると乾麺の太さ1.7ミリ以上はうどんとなり、それより細くなるとひやむぎ。さらに細い1.3ミリ以下は素麺という区分になるらしい。

え!太さの違いだけ??知らんかった。

まぁ、製法が違うので太さだけの違いではないんですが、元は同じ小麦ですからねぇ。

さて、ちょっとお腹も落ち着いたので先を急ごう。


先を急いでたら、竹やぶからキャリィぱみゅぱみゅちゃんがコンニチハ。
小豆島、油断ならんな(笑)


なかぶ庵からすぐ近くの栗地ダムに到着。




筐体の上は車で渡ることができます。
幅は香川県内で2番目に長い290メートル


ダムカード2枚目ゲット!


次に向かったのは二十四の瞳の舞台となった岬の分教場。
ここは20年程前に嫁さんと来たときに中に入ったことがあるので、内部はパス。

ここの近くに二十四の瞳のテーマパーク?もあるのですが、3年前行ったし、時間もないのでパス。


次に向かったのはマルキン醤油さん。
上は3年前、パセッタで来たときの写真。


お約束の醤油ソフトクリームを食べて一息。


次に向かったのは。。。


廃バス存在確認(爆)
3年前、偶然見つけたときは思わず声を上げたな。




角目ダイナのレッカーカッコいい!


・・・で、寄り道しつつ次に向かったのは。。。


小豆島の名うどん店、三太郎。
お昼時なので店内は満員御礼。
うどんに興味のない嫁さんはななちんと一緒にKPでお留守番。


3年ぶりに食べる三太郎のカレー釜玉うどん。
釜玉うどんにカレー粉をまぶした独特のビジュアルと味は変わらない。
やっぱり美味いなぁ~。


三太郎に続いて、鶏天が美味いうどん店、とろん家に寄りたかったが、先の予定もあるのでグッと我慢してオリーブ公園に立ち寄り。


オリーブ色の郵便ポストの前で写真を撮って、隣のオリーブ園に移動。(名前がオリーブ公園とオリーブ園で紛らわしい。笑)


オリーブ園の駐車場に巨大なランクル80がとまってたので隣にKPを停める。
KP踏み潰されそう(笑)


オリーブ園のレストランはわんこ連れOKなテラス席があるので、海を眺めながらランチタイム♪




地元のオリーブや海鮮を使った料理を使った料理は美味でした(^^)


食後は小豆島のオリーブ栽培の礎とも言える小豆島オリーブの原木を見たり。


間引き伐採されたオリーブの枝葉からハート形のオリーブの葉を探してみたり。
(ハート形のオリーブの葉は愛のお守りになるそうな。倦怠期の我々夫婦にも効力があるかは微妙だが。(爆))


駐車場までの下り階段はななちんを歩かせるのは危ないので、オイラがお姫様抱っこしてたら、ななちん、気持ち良さそうにウトウト眠りこんでました(^^)


オリーブ園を後にして、次に向かったのはエンジェルロード。

エンジェルロードとは小豆島の前島から沖に浮かぶ中余島を経て大余島(総称・余島)へと続く約500mの細長い砂州の道。『天使の散歩道』とも呼ばれ、潮の干満により道があらわれたり海に消えたりする(トンボロ現象)。このため1日に2回干潮の時のみ渡ることができる
(Wikipediaより引用)
干潮時に現れる天使の散歩道を手を繋いで歩いたカップルは幸せになるらしい。

この時間帯は潮が満ちていてエンジェルロードはまだ海面下。
明日は干潮の時間帯を狙ってエンジェルロードを手を繋いで渡ってみようと思う。
倦怠期の我々夫婦にも効力があるかは微妙だが。(爆)


エンジェルロードを後にして、もう少し南へ車を走らせると、スペイン・アンダルシア地方から移植された樹齢千年を超えるオリーブの樹が植えられています。


千年オリーブの樹の場所からちょうどエンジェルロードが見えます。
ここはちょっと行くには不便な場所ですが、見事な千年オリーブの樹と共にエエ具合にエンジェルロードの全容を見ることが出来て良かった。

千年オリーブの樹を後にして、いよいよ本日の宿へ。



今回の宿は、ぽんたのお宿という、民家を丸々一棟借りる事ができるわんこ連れ大歓迎の豪華なコテージ。

立派な建物なのに、全体像撮らずに、窓から荷物搬入してる写真だけ撮っていたという。。。(汗)


台所には調理器具や食器が完備。
調味料なども用意されていて、我が家の台所より綺麗で機能的(笑)

嫁さんの料理もはかどります♪



だが、しかし!

あろうことか米を忘れたらしい(汗)

アカンがな。


と、いうわけで、急きょマルナカへ買い出し。
EP91スターレットが停まってたので、勝手にスターレットミーティング(笑)


マルナカで米やら、デザートやらを買って、ようやく晩御飯タイム♪

今夜の晩御飯はしゃぶしゃぶ~(^^)


ななちんも一緒に美味しいお肉を楽しみました(^^)

後編に続く~(^^)
Posted at 2017/03/23 19:35:16 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月22日 イイね!
ななちん連れて小豆島 プロローグちょっと時系列が前後しますが3月4、5日で小豆島に旅行に行って来ました(^^)


午前6時50分。
渋滞で予定より20分遅れて姫路港に到着。
出港まであと僅か(汗)
乗船手続きを手早く済ませて、一枚だけKPとフェリーを写真撮って慌ただしく乗船。
ほんまはゆっくりフェリーを外から眺めたかったのになぁ。


フェリーへのランプウェイはほぼ平坦なのでそこそこ車高短でも大丈夫っぽい。
いざ!乗船!!




無事乗船完了。
始発のフェリーだったから車両甲板はまだまだ空きが目立ちます。


上部デッキまでななちんを抱っこして上がりました。
姫路港~小豆島航路のこのフェリーは客室内はわんこNGですが、上部デッキはわんこ連れOKなのです。

ちなみに小豆島に渡るのは今回で3度目。
1回目(20年程前)は神戸からジャンボフェリー
2回目(3年前)は日生から瀬戸内観光汽船

今回は姫路から小豆島フェリー
本州からのフェリー航路はこれで全制覇かな?


出港準備をしている船員さんを見下ろすななちん(^^)


煙突から煙をはいて姫路港よりいよいよ出港!!

香川県行きのフェリーといえばフェリーうどんですな。
うどんに興味のない嫁さんはデッキでパンを食べるとの事で、オイラだけ客室へ降りたが。。。


まさかの始発便のみ売店休止(涙)


嫁さんに泣きを入れてコンビニで買っておいたパンを二人で分けあってを食べる。


ななにもくだしゃい♪


遠ざかる姫路港






しばらくデッキにいたけど、ちょっと寒いので車両甲板のKPに戻って車内で仮眠。。。


約100分の船旅を終えて、小豆島へ上陸!!

ななちん連れて小豆島 前編に続く~
Posted at 2017/03/22 08:58:04 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年03月12日 イイね!
第19回 関西舞子にけーぴーで参加してきましたホントは先週末の小豆島旅行ブログが順番では先なんですが、イベント参加ネタは鮮度が大事(笑)なので、3月12日、日曜日にけーぴーで参加してきた第19回関西舞子のレポを先行アップ(^^)


久しぶりに参加の関西舞子。
朝方はちょっと肌寒かったですが、昼頃からはポカポカ陽気になりました(^^)


早めに会場入りしたので、KP保存会、エエ場所に停めさせて頂きました(^^)


途中でKP4台並べ替え。。。


あ!違った!手前のお車は中期KPやなくて、ダイハツ シャレードやった!!(爆)


1月の淡路島ミーティングでk-tarouさんの中期KPと、このダイハツ シャレードとのツーショット写真を撮り損ねたので、k-tarouさんとライデルさんに無理いって並べ替えて頂いたんです。

こうやって見たら、シャレードって中期KPと後期KPをミックスした感じの顔なんですね。
同じダイハツ製造ですし、もしかしたらデザイン部門でどこか繋がりがあったのかも?なんて思えてきます(^^)


今回、会場で待ち合わせした高校時代からの旧友のiくんのキャロル。
アメリカンカスタムがチラリズム(笑)


iくんと入口付近で入場車チェック。
このアテンザ、めっちゃツボ!!カッコいい!!


NDロードスターとアバルト124
どちらも魅力的(^^)


ランボルギーニもエエけど、個人的には後方のAW11に目が。。。(笑)


NSXもエエけど、後方のクラリス姫の愛車に目が。。。(笑)


アメリカーンなパトカー!!




ナンバーはやはり911(^^)


関西舞子ではおなじみのトムスエンジェルと小さなF40

あ!ナイト2000の写真撮り忘れた!


会場の一角に人だかりができてたので、ナニかとおもえば。。。


パネルトラックタイプの高級な積載車から世界限定500台のランボルギーニが!!


おねえちゃんも一緒に納車式!!
ゴージャス過ぎ!!!!


会場はあちこちでワンコ連れも見かけました。
超大型犬のレオンベルガーが2頭もいたので、ムツゴロウさん状態になったオイラが全力でレオンベルガーちゃんと戯れる(笑)


一緒に伏せなんかもしてみたり(^^)

ななちん連れて来たかったなー。

でもななちん居てたら、レオンベルガーちゃんとこんなに戯れられなかったやろなー。
なにせ妬きもちやきコーギーやからなー(^_^;)

さてさて、会場内の気になった車をみて回りましょうか。


オイラの年代はベットと言えばやっぱりこの型ですわ。


新旧、トヨタラリーマシン


日本一速い男仕様


KTM クロスボウ!!
現代版のスーパー7って感じか。
乗ってみたい!


AZ-1トンネルくぐってみたい(^^)


ロケットバニーなセブン
ホイールが鎌ヶ谷的な色と深さ。


フェンダーミラーが素敵なシティ
スーパーシフトモデルは希少では?




光岡ラセード。
うーむ、ゴージャス。


ベッタリ決まったサニトラ


空気仕掛なサスペンションがついてましたよ~


初代シルビアと最終シルビア並び。


サイバーCR-XのオーナーはCARGAL?
このステッカー、当時、雑誌CARBOY誌の企画でありましたねー。
懐かしい(^^)


気合いの入った引っ張りタイヤなXX
オイラの7jに155くらいではまだまだヌルイなぁ。


何気に激レアな三菱ディグニティの輸出モデル!!
ディグニティなだけでもレアやのに、左ハンドルのディグニティは日本でこの1台だけだそうで。
わかってる人はガン見してましたねー。


後半はライデルさんの旧友のダットラ乗りのお友達(笑いのセンス最高!)のフリマスペース爆笑トーク♪してたので、会場の車かなり見逃したけど、おもろかったので良しですわ(^^)

関西の釣りスポットガイドは要りません。
ハイゼットのウインカーレンズも要りません。

(謎爆!!)



本日の戦利品。
KTCのフロアマットカバーと以前から欲しかったガストーチとペコちゃんのカンカンとなんか便利っぽい電気計?
安くしてもろておおきにです(^^)
オイラの旧友iくんは大きなかっこエエ工具箱買ったら、いっぱいオマケ貰って両手に持ちきれないくらいの戦利品もってウハウハやったなー。帰宅したら嫁さんに怒られてたんやろなー(笑)

最終的には来場参加台数は700台を越える大盛況だったとか。
こんな台数にもかかわらず、ほとんどの参加者(残念ながら数名、無駄にアクセル全開してアホみたいな爆音轟かせて爆走してたヤツらがいましたが。。。)グッドマナーで良い雰囲気でありました(^^)

関西舞子のスタッフの皆さま、今回も楽しい時間をありがとうございました\(^^)/

次は5月あたりにいけるかなー。

Posted at 2017/03/12 23:41:59 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年03月09日 イイね!
マニアックうどん巡礼 埃っぽい?観光編マニアックうどん巡礼レポ三部作も今回で完結です。
この翌週に行ってきた小豆島レポも控えてるからレポ編集も先を急ごう(笑)


谷底の秘境駅から這い上がってきて(笑)、徳島県からうどん県へ戻ろうとした所、ナウでイカすwww廃墟を発見。



アーチ状の入口とか、とんがり屋根が80年代から90年代前半のバブルな雰囲気やなー。
内部は多分、埃っぽくてカビっぽそう(苦)


。。。で、時代考証的に合うレイトンハウストレーナー着てるオイラがポーズをとってみるwww

ナウなシティボーイに。。。見えへんな(爆)


そこから一気に瀬戸大橋を渡って、桃の国に移動の予定でしたが、うどん県某所に昭和で時間が止まってるタイヤショップの存在を思い出して、(実際はタイヤショップの名前が思い出せなくて、お友達の38さんに電話して聞いた) 急きょ立ち寄ってみることに。


表向きは普通のタイヤショップでしたが。。。


店内に入ると圧倒されました(笑)

懐かしのヨコハマ グランプリM5とか、アドバン ネオバの前身になるグローバの新品タイヤ!!!
そして伝説のタイヤ、メイストーム21C!!!実物初めて見た!!!
メイストーム21Cってたしか日本初の17インチ超扁平サイズをラインナップしたタイヤだったような。
製造メーカーは東洋ゴムだと思ってたけど、アレなゴムで有名な岡本理研ゴム製だったことが実物をみて判明。


当時モノ?のこんなパーツもあったり。
今度行った時にまだ売れ残ってたら買おうかなー。


このデモ機のカーオーディオ、デモ什器ごと欲しい!!


同行した友人は愛車の日産最高級車のインパネ?に使える当時モノの電球買ってました。


ちょっと埃っぽい(笑)当時モノをじっくり見ていたかったけど先を急ごう。


瀬戸大橋を渡ってうどん県から桃の国へ。。。



桃の国、岡山に渡って最初に立ち寄ったのは下津井電鉄 児島駅跡。
1991年に児島~下津井路線廃止後、児島駅の駅舎だけはほぼ当時のまま保存され、観光案内所として現在も使われている様子。
でもやっぱりどこかしこと埃っぽいwww


ホームの下にまとめて置かれたレールが物悲しい。。。
せっかくなら下津井駅跡に保存されているらしい下津井電鉄の車両を持ってきて、ここで保存すればいいのになぁ。。。


下津井電鉄児島駅から程近い天満屋ハピータウンへ移動。
『天』の看板が素敵。
天満屋ハピータウンへ向かった目的は。。。


今や少数派となったドムドムハンバーガー!!
ここはちゃんと清掃されていて埃っぽくないですwww

さて、ナニたべよーかなー?


実は食べるものは事前に決まってました。
現存するドムドムハンバーガーでは数店舗しか提供されていないと噂のドムドムクレープ!!!


変わり種の雪見だいふくクレープにしてみた!!

。。。けど、よく考えたら、ディッパーダンのアイスクリームを使用してるとの噂のドムドムクレープ食べに来たのに、雪見だいふくクレープ頼んだらディッパーダンのアイス食べられへんやん!!って事に後で気付く(汗)
まぁ、美味しかったからエエねんけど。

ドムドムを後にして、車で移動しはじめてすぐ、架線柱に気付いて緊急停車!!




おおーー!!下津井電鉄の廃線跡!!
後で調べたら、廃線跡は下津井電鉄から倉敷市に譲渡されて、今は風の道として散歩道に整備されて下津井駅跡まで歩けるらしい。


これは再訪問して踏破してみたいなぁ。


続いて向かったのはドライブイン 古城。

自販機コーナーとゲームコーナーが併設されてる、ドライブインダルマとか、鉄剣タローと同じスタイル。
ここもちゃんと清掃されてて埃っぽくはないけど、イメージは埃っぽいwww


自販機コーナーといえはやはりコレですねー。
富士電機製のこのうどん自販機はデジタル表示が赤い蛍光菅の後期型?だそうで。


チン♪エエ音と共に今回のうどん巡礼6杯目の天ぷらうどんがスッ!と、元気に出てきた!
流石は後期型??

ドライブインダルマの神戸製鋼製マシンや神戸の石田鶏卵の富士電機のマシンだともうちょっと元気なく、スゥ~ッを出てきます(笑)

味は天ぷらサクサク。麺に隠れてるちくわが美味しい(^^)
出汁も心なしかいりこっぽいような??

我々がうどん食べていたら、地元の高校生らしきヤングが来店してきて、うどん自販機で普通にうどん買って普通に食べてた。
こういうのなんかいいなぁ。
末永く地元密着で活躍してほしいものです。

ドライブイン古城を後にして倉敷市内を走ってたら、岡山の38さんがすぐ近くに居ることが判明。


マン◯書店、いや、万歩書店倉敷店でキモいマイナー車(最高の誉め言葉ですwww)に乗ってきた38さんと合流。
この写真で車種がわかる人はかなり変態ですねwww


38さん撮影。
アカン後ろ姿ww


38さん、フェラー リ好きなんですね(謎)

万歩書店倉敷店から万歩書店本店にもはしご。



途中、木村屋パンの工場に立ち寄って、お土産のパンとシガーフライ岡山モデル(笑)を購入。
買わにゃ~おえん、おえんwww


マン◯書店本店ではこんな本を購入www
ナンノちゃんと亜里沙ちゃんがかわいくて表紙買いwww


店頭でニヤニヤ読書して解散。

38さん、高速まで先導ありがとうございました(^^)
また来月、無機質なアレ巡り、ヤラシクお願いします(笑)


ここでマニアックうどん巡礼終了と思いきや。。。


神戸市深江の石田鶏卵でうどん自販機食べ比べ(笑)

石田鶏卵のマシンは調理時間表示がよりレトロなやつ。

この4秒後にチン♪と音がして、スゥ~ッと控え目に?うどん巡礼7杯目の天ぷらうどんが出てきました。


見た目はドライブイン古城とほぼ同じやけど、こっちのほうが出汁が濃いかな?
営業時間中だと新鮮な玉子を購入して、玉子入れて月見うどんにすることも出来るからなのかな?

ここ、石田鶏卵のうどん自販機はオイラが高校生時代のコンビニがまだ一般的ではない頃に原チャリで夜中に食べに来てた30年以上前から変わらぬ味。
ここも末永く活躍して欲しいなぁ。

これにてマニアックうどん巡礼終了。

今回もマニアックでおもろいうどん巡礼にお誘い頂いたうどん巡礼仲間の皆さま、ありがとうございました(^^)
また遊んでくださいませー\(^^)/
Posted at 2017/03/10 19:30:51 | コメント(3) | トラックバック(0)
プロフィール
「@なすちん_ 京都?京都でなんかミーティングあるんですか?年末の旧車ミーティングしか行ったことないですわー。」
何シテル?   03/22 07:53
FC3CとKPとコーギーとマイナー原チャリと讃岐うどんをこよなく愛する40代。 ほぼコーギーネタ、たまにFC3CとKPが登場するブログ書いてます。(現在ほ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
旧車エキスポ 2016 やんぐおうと的な車編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/25 13:48:05
関西舞子サンデー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/16 23:46:03
北の大地は熱い❗ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/29 12:06:39
お友達
現役KP乗り、FC乗り、オープンカー乗り、コーギー好きの方、デジイチ好きの方、よろしくです(^^)
113 人のお友達がいます
キクポンキクポン * prost 51prost 51 *
あかくまあかくま * よっさん63よっさん63 *
テラ乃テラ乃 amsmamsm
ファン
23 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ RX-7 マツダ RX-7
1999年。 ディーゼルのランクルにもちぎられるKPのあまりの非力さに嫌気がさして、KP ...
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
平成3年にランタボを事故で無くして、とりあえずの足代わりを探してもらってたまたま出てきた ...
ヤマハ パセッタ ヤマハ パセッタ
みどり牛乳仕様(笑)
ヤマハ ボクスン ヤマハ ボクスン
世界初のメットインスクーター、ボクスンにチャンプ顔を移植した通称『ボクチャン』(笑) ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.