• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

takinxのブログ一覧

2017年01月15日 イイね!

ロクタル管の短波・中波 2バンドラジオ

ロクタル管の短波・中波 2バンドラジオ皆様、ご無沙汰しております。

ロクタル管ラジオ(2号機)を製作しました。ええ、短波も聴こえる2バンドです。IFは2段にしたので感度も良好。
日本国内には真空管が無いので、NOSをUSAから取り寄せ。

マジックアイには新品の6E5C。





VRを絞ってのSP端でのVTVM値は写真のように低い。いわゆる残留ノイズですが、
3mVレンジで読み取り値は0.2mV。
 
ヒーターの片側がシャシーに接地されているので、交流6.3Vがシャーシーに流れ込んでこの値。

audioではシャーシーに交流6.3vを流さないので、真空管ラジオより低い0.1mVとか0.05mVには達しないといけませんね。




音色はST管の42よりgood。GT管6K6よりもgood.

ローノイズのやや珍しいロクタル管の短波・中波 2バンドラジオです。

ラジオ工作
Posted at 2017/01/15 15:03:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | Amateur radio | パソコン/インターネット
2016年07月02日 イイね!

グリッド再生式 ST管ラジオ  (1-V-2)

グリッド再生式 ST管ラジオ  (1-V-2)先学諸兄の皆様
お久し振りです。




再生式ラジオを周波数カウンターで表示させてみました。
1kWラジオ塔から35Km離れた「鉄筋コンクリート住居」での受信具合です。

東芝や松下などの「パワートランス式5球スーパー」よりは格段に聴こえてきます。
IFTなしは実によい音がします。

製作記事

再生検波時は動画のようにカウンターで計測できる「軽微な発振状態」です。 
通説の「再生検波時は発振していない」は戯言ですね。動画がそれを証明しています。

「発振の一歩手前が感度良い」はかなり誤った表現で、「強い発振の手前が感度良い」です。
Posted at 2016/07/02 09:15:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | Amateur radio | パソコン/インターネット
2016年01月23日 イイね!

ラジオマイク 真空管

ラジオマイク 真空管各位殿
お久し振りです。

ここ半年は、ラジオマイク造ってました。
FM補完放送も始まって 万が一にBC帯で放送局が消えてしまった場合を想定して造ってました。








掌サイズのAMラジオマイク。 ケースはリードのS-10.
鏝が入らないので中々苦労。



お疲れのマジックアイで電圧増幅。




ブーン音もほぼ判らず。
SNは50dbは確保できている。
Posted at 2016/01/23 21:36:33 | コメント(1) | トラックバック(0) | Amateur radio | 日記
2015年06月14日 イイね!

ST管ラジオ工作  6WC5,6D6,6Z-P1

ST管ラジオ工作  6WC5,6D6,6Z-P1真空管ラジオで人気があるのはST管ラジオ。

どうして人気があるのかは、オイラにはよく判らない。
オイラ的には GT管ラジオが好み。


ST管でラジオを1台製作してみた。





ソケットと球が高いのが難点。
球の外れも多い。








AF部だけで発振した。
結構 回りこみに弱い6Z-DH3。
ミニチュア管の6AV6よりゲインが取れたが、この6Z-DH3は当たりかも知れん。





6WC5はg1に0.5mA~0.6mA流すようにする。ベストな値は、NHK出版から「ラジオ技術教科書」が昭和時代に出ているのでそちらを参照。


このIFTは伝達能率が良いらしく、感度良いラジオになった。
ミニチュア管ラジオより感度良く仕上がった。

40台近く製作したラジオ達の中ではTOP3の感度になった。
感度は、つくづくIFTに左右されると想った。







相が360°回ると帰還発振するので、
同相になる1st IFのグリッド線の引き回しを長くしないこと。
シールドは無くてもOKだ。
アンテナコイルと1st IF球の距離が取れる方が「帰還発振しない側」に傾く。 




10cmSPを載せてみた。
ST管の音を楽しむにはこれでは小さいが、まともな10cmフルレンジは高価だから我慢する。


ラジオ工作

Posted at 2015/06/14 21:20:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | Amateur radio | パソコン/インターネット
2015年04月29日 イイね!

マジックアイ 6E2 ミニチュア管ラジオ

マジックアイ 6E2   ミニチュア管ラジオ
中国産のマジックアイを載せたラジオを造ってみた。

マジックアイの型式は6E2.

12Z-E8や6E5とやや異なり、g1に強めにAVC電圧を掛ける。





穂高町のLED看板屋さんで手に入る。広域農道沿いのあそこ。


















カウンターICへの注入レベルの確認をした。

オイラの環境では、5球スーパーだと放送が聞こえない。
この自作ラジオは、IFは2段のラジオ。

同調計にしたが、面白みに欠ける。










ラジオ工作はまとめてあります。

Posted at 2015/04/29 19:05:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | Amateur radio | パソコン/インターネット

プロフィール

「ロクタル管の短波・中波 2バンドラジオ http://cvw.jp/b/293723/39180112/
何シテル?   01/15 15:03
ラジオ工作。 愛車は3rdプレリュード。 アナログ無線機の修理。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

日本の技術力は、政府が潰す 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/04/26 00:08:16
 
フクシマハート ネットワーク 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/12/11 19:12:34
 
福島 原発 ナウ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/12/05 21:06:23
 

お友達

よろしくお願いします。
47 人のお友達がいます
どんみみどんみみ * たま(つと)たま(つと) *
V-テッ君♂V-テッ君♂ * マサゴローマサゴロー *
じゃがーくんじゃがーくん JI1VJI1V

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
平成2年式 XX 。 「車は2ドア」と思い込んで、いまだに そのまま。平成7年に取得。 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
平成2年式 ZS。5A-FHE,1500cc。このデザインがお気に入り。嫁に乗せようと ...
トヨタ スプリンターマリノ トヨタ スプリンターマリノ
平成6年式 ブラックマリノ。 嫁の買い物用 車両として2007年1月に入手。 嫁用く ...
トヨタ ウィンダム トヨタ ウィンダム
嫁専用。4ドアは嫁用です。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.