• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年02月25日

Autodromo Nazionale Monza

Autodromo Nazionale Monza ミラノの北にあるモンツァサーキット。
戦前に建設されコースレイアウトは幾度か変わっていますが歴史のあるサーキットです。
1967年のF1イタリアGPでは、ホンダがローラのフレームを使って突貫工事で作ったRA300が僅差で優勝しています。
この時の優勝ドライバーのジョン・サーティースは、シフトアップのロスを避けるため、4速のままコントロールラインを横切ったとの話があります。ローラーベアリングの組み立て式クランクシャフトを使った高回転に強いホンダエンジンの特性を生かした勝利です。





モンツァは公園の中にあるサーキットです。ちなみにサーキットの入場料は5ユーロでした。



ピットレーンとコントロールタワー。
1967年当時はピットレーンとコースを隔てるウォールはなく、コース上でチェッカーフラッグを振っている写真が残っています。



コース上ではフォーミュラ・ルノー3.5のテストが行われていました。





1978年のイタリアGPスタートで、ロータス78に乗ったロニー・ピーターソンがクラッシュ&炎上した場所。
ホームストレートからシケインに向かうバンクでコース幅が絞り込まれたところになります。
ピーターソンはその後、この事故の怪我により亡くなっています。



バンクの先の風景です。
「グランプリ」というF1を題材にした映画がありましたが、映画にはこのバンクを疾走するシーンが写っていました。映画の中ではこのバンクで全走車の排気管が脱落して、後続がそれを避けてコースアウトしてしまったと思います。
しかし当時(1960年代)のグランプリではこのバンクは使われていなかったはずです。
ちなみに映画「グランプリ」では三船敏郎さんが出演されていて、確か三村モータースというホンダをモチーフとした会社の社長を演じられていました。



バンクの表と裏です。当時は急角度のバンク路面を平らに仕上げる技術もなく、事前に製作したコンクリート路面の板を、同じくコンクリートで作った骨組みの上に乗せてコースを作ったんだろうと思います。




バンクの分岐点の先には第一シケインがあります。
1988年のF1では、マクラーレン・ホンダのセナとプロストが圧倒的な強さを誇っていましたが、唯一このレースだけ優勝を逃しています。
セナがトップでこのシケインに侵入したところ、周回遅れのジャン・ルイ・シュレッサーのウィリアムズと絡んでリタイアとなってしまいました。
このレースではフェラーリのゲルハルト・ベルガーが優勝を飾り、レースの直前に他界したエンツォ・フェラーリの弔い勝利となりました。
ちなみにセナと絡んだジャン・ルイ・シュレッサーは、ホンダRA302という本田宗一郎氏の空冷エンジン信望を具現化した自然空冷F1を駆り、1968年のルーアンで行われたフランスグランプリで亡くなったジョー・シュレッサーの甥で、当時はこの因縁に因果を感じたものでした。


反対側のバンクを走ることができました。



モンツァの最終コーナー、パラボリカ。入り口がきつく、だんだん大きくなる曲率半径のコーナー形状から、放物線:パラボリカと名づけられたコーナーです。
1970年のイタリアGPの予選でヨッヘン・リントがロータス72に乗って、このコーナーでクラッシュして亡くなられました。
しかしそれまでのポイント獲得数がその後抜かれることがなく、現在までで唯一の死後のF1チャンピオンとなっています。
このコーナーを生で見るとコーナーの入り口Rがすごくきついため、よくあのスピードでF1が走っていけるもんだと感心します。



サーキットの中には五回もF1チャンピオンとなった」ファン・マニュエル・ファンジオの記念碑があります。
車はメルセデスW196Rで当時最強のレーシングカーでした。気筒内直接噴射やデスモドローミック(バルブの強制開閉機構)を備えたマシンです。
このW196Rは1954年からレースに投入され各地のレースで優勝を飾りましたが、1955年のルマンでピエール・ルベーが前走者と絡んで空を飛び観客席に飛び込む大惨事を引き起こし、その年を最後にメルセデスチームはレースから撤退しました。

ブログ一覧 | 日記
Posted at 2011/02/25 06:53:50

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2011/02/25 07:07:59
毎度感心してますが、
レースの知識は、大学で教鞭を取れるんほど
スゴイですね。

イタリアに行きたくなりました(^^♪
コメントへの返答
2011/02/25 07:33:18
レース歴史学者の教授を目指して精進させていただきます(笑)
今回もたくさん重い本を買い込みましたので、知識に磨きをかけれると思います。(写真を見るだけですが・・・)

イタリアも含めたヨーロッパはレース好きにはたまりませんね。次回はプライベートでじっくりあちこちのレースに関する名所を訪ねてみたいと思います。
2011/02/26 23:07:01
ホンダがローラで6週間でクルマ作った話はあまりに有名ですね。

映画「グランプリ」なつかしい・・。ダン・ガーニ、グラハム・ヒルなどのレーサーもですが、俳優はイブ・モンタンの渋さが記憶に残っています。見たいなと思ったけどDVD出てないんですね。

個人的には、F1は葉巻のボデーに3000ccを縦置きに積んでいたRA300の頃が、レギュレーションの統一性と各メーカーの自由度のバランスが一番で、面白かった時代だと思います。

このRA300のV12の空吹かしの音がホンダのホームページに載っています、PCスピーカーの音を最大にしてお楽しみください(笑)

http://www.honda.co.jp/hondafan/SoundofHonda/engine/4MS01/ra300.html
コメントへの返答
2011/02/26 23:30:02
映画グランプリはLDで出ていたのをVHSにダビングしたのを持ってます。でも現在VHSを見ることができません。DVDは私も以前からチェックしていますが、出てこないんですよね。残念ながら。

1982年だったと思いますが、鈴鹿サーキットの20周年記念の催しがあった際に、RA272のデモ走行を見たことがあります。
ウォーミングアップのときのスロットル操作に対するエンジン回転上昇速さと回転落ちの速さはまるでバイクのエンジンでした。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「2017鈴鹿クラブマンレース第3戦 クラブマンスポーツ決勝(フルコース) http://cvw.jp/b/295766/39815024/
何シテル?   05/22 23:09
車とバイク大好きです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

Joy耐 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/05 00:30:30
本日、納車しました。新車はいつもウキウキします。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/21 03:25:41
2015年02月28日_美浜スーパージムカーナ_第6戦_昭和車クラス 参戦 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/08 20:17:29

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ スープラ トヨタ スープラ
NAです
ウエストレーシングカーズ VITA-01 ウエストレーシングカーズ VITA-01
2015年から鈴鹿クラブマンレースのクラブマンスポーツクラスにVITAで参加しています。
その他 その他 その他 その他
2011-2012年に鈴鹿クラブマンレースに参戦していました。
トヨタ MR-S ファイナルバージョン (トヨタ MR-S)
AW11 SCから乗り換えました。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.