車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月27日 イイね!
先日のML350のスピーカー交換、まだ慣らし中とはいえ格段に良くなった音質に満足で
特に女性ボーカルの艶っぽくエロい鳴り方にハマっております…(^_^.)

さて仕事や買い物に使ってるプリウスのオーディオは、以前自分でドアをデッドニング
そこそこ音質改善したものの高域の音質が今ひとつだったので、近くのホームセンターで
特売していたツイータースピーカーを購入し取り付けようとしたのですが
接続するケーブルが、メインスピーカーの接続と一体化したコネクターで繋がれていて
自分で取り付けるのは諦めてそのままにしていました…

ところが先日のML350の交換したスピーカーとの音質の差がさらに広がった事もあり
何とか購入した社外ツイーターを取り付けられないかと調べてみたら
当時は無かったプリウス専用の取付キットがアルパインから発売されている事を知り
早速取り付けてみる事にしました・・・

交換方法は「プリウス・ツィーター交換」とググると山ほど出てくるので、それを参考に
内装パネルを3枚外して約1時間ほどで完了…!!

大きなスピーカーをそのまま小さくしたような純正品では聴こえてなかった高域が
すっきりと出てきたのが良い感じですね~♪
さらになぜか中低域の音も改善しました。

この980円で購入した「Magnat」ブランドのツイーター、MADE IN CHINAとあったので
名も知れないメーカーの物かと思ったら、なんとホームオーディオの製品も展開している
ドイツのメーカーの製品でした。

そんな事で、このところはプリウスで移動の時も、艶っぽい女性ボーカルのCDを入れ
聴くようになりましたよ。。。(^_^.)/




Posted at 2017/03/27 20:35:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | プリウス | クルマ
2017年03月09日 イイね!
2年ほど前にML350の標準スピーカーを社外品に交換し、そこそこ満足していました
しかし聴きなれてくると、やはりもう少し良い音を…、と不満が出てくるものでして
また車内で聴く音楽ジャンルも、以前はジャズ系をメインに聴くことが多く、良い意味での
ドンシャリ系の音質がメリハリがあって楽しめたので、交換していたスピーカーでも
それなりに満足してたのですが、最近はボーカルやエレクトリック音源が主体の
EDMやハウス系音楽と、幅広いジャンルを聴くようになり、もう少し繊細な鳴り方をする
スピーカーが欲しくなってしまいました…
私の車両も含めた最近のベンツ車もそうなのですが、オーディオとそれ以外の機能の
インターフェースが一体化されたシステムが主流となった車両では、気軽にオーディオ
システムを交換出来なくなった半面、既存の純正オーディオシステムの出力を通して
音質を自在にコントロールする「デジタルオーディオプロセッサー」なる物も登場して
あまり高級でない純正アンプ&スピーカーでも、そこそこの音質で鳴らせるようになり
そういう意味では選択肢も広がったとも言えるのですが、これもまたそれなりの性能の
プロセッサーとアンプを導入するとなると、軽く諭吉さん10名どころか30名くらいの
ご予算となってしまうとの事…

でも私のオーディオに対する考え方は、やはり「音の入口と出口にお金をかけないとダメ」
と言う昔からのアナログ的な?ものでして、そうなるとこれはまた「より音質の良い
スピーカーと交換する」と言う選択肢がベストと考えるに至りました。。。
まあ今さら30万近く投入する予算が捻出できなかったと言う事が本音なんですが…(汗)

そして二代目スピーカーはこちらを取り付けました…

モレルはイスラエルの高級オーディオメーカーで、カーオーディオ用のスピーカーも
数種類発売されていて、この機種はちょうど中間クラスのグレードの製品のようです

さてスピーカーを交換し、聴きはじめの第一印象は…

おおっ、きめ細かい音質感が良いですねぇ~♪
音のメリハリや迫力感は、それまでの「HELIX E62C」でも十分満足でしたが
繊細な音の表現力と解像度と奥深さは、この「TEMPO Ultra 602」が格段に優れてますね
低域もドンドコ鳴る感じではなく何か品のある上品な広がりのある音質で
音量を上げてもあまりうるさく感じません
またギターやピアノなど楽器によるアコースティクな音源がない最近のJ-POPやEDM
ハウス系などのコンピューター素材の音源でも、その音質の違いが良く分かるように
なったのは意外な驚きでした。
まあ定価でも2倍以上の価格差があるので、当然と言えばそれまでですけどね…
まだ慣らしの途中ですが、十分満足できるスピーカーと感じましたね。

あっ、それと私の経験から言いますと、スピーカー交換の時には、そのドア周りなどは
しっかりとデッドニング加工する事も、そのスピーカーの良い音を引き出す前提になる
事も付け加えておきます。

そんな事でロングドライブには、こんなジャンルを聴くことが多くなりましたよ…(^_^.))



Posted at 2017/03/09 22:43:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | ML350 | クルマ
2017年02月09日 イイね!
仕事の関係で取得している資格の5年の有効期限が迫ってきたので
先日更新のための法定講習へ行ってきました。

久しぶりに朝から夕方まで、みっちりと受講してまいりましたよ…(汗)
まあ資格証の更新のための講習なので聞き流してても良いのですけど
この5年間に変わった法改正、例えば東日本大震災や広島豪雨による大規模災害などに
端を発する自然災害に関する法改正から、近年急激に増えてきた「空家」問題
マンションの建て替え問題、そして住宅ローンや取得税、相続税など、我々に身近な
問題に関する事についての法改正もあったので、それなりにメモを取りながらの
受講でしたけどね・・・

講習最後に簡単な試験形式の物が出題されましたが、記入後に講師から説明を受け
自己採点するだけなので気楽にやりましたけど、〇×問題は10問全正解でした…ヽ(^o^)丿

しかし数日もすれば忘れてしまうと思いますが…

そんな事で講習も無事終わり、その場で新しい資格証が交付されました

都道府県が発行する資格証なので東京都の場合、5年前は「石原慎太郎」知事でしたが
今回の新しい資格証には「小池百合子」都知事の名が記されています。
まああの〇添氏の名前では無くてホント良かった、と思いますけどね~
その慎太郎さんは近々例の豊洲市場移転問題で東京都の公聴会に出席されるようです

さて小池都知事と、どんなバトルが繰り広げられるのか…
今から楽しみ?でもありますよ。。。(^_^.)




Posted at 2017/02/09 16:08:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月27日 イイね!
枕元に置いて寝床用として使っていた「ナショナル製」ラジオが
かなりくたびれてきたので、新しく買い替える事にしました。

思い返せば個人でラジオを所有したのは、中学時代にラジオ深夜放送を聴き始めたのが
きっかけで、当時はBCLブームだった事もあり、多くの家電メーカーから高性能なラジオが
発売されていて、その中で少ない小遣いの中からソニーのスカイセンサーを購入し
それからはずっと私のベッドの脇には必ず小型のラジオが常駐していました。

アウトドア用途に使っている超小型のラジオはあるのですけど、これだと小さすぎて
寝床で使うには少々使いにくいので色々探してみる事にしました。

選定基準としては…
AM/FM受信と、AM補完放送(ワイドFM)周波数帯を受信できる事
小さすぎず大きすぎない寝床でも使える適度な大きさの物
屋内の受信感度の良いもの
周波数を確実にチューニングできるデジタルシンセサイザーチューニングタイプの物
暗がりでも周波数確認できるもの
ガンガン聴くわけではないので価格の高くない1万円以下の物

色々探してみたのですが、今やソニーをはじめとする国内メーカー製のラジオは
殆ど新しい機種が発売されてなくて、あってもかなり高いBCLマニア向けの物が多く
価格もそれなりにするものばかりでした
そんな中で見つけたのがこれでした…

一見して分かるとおり中華製の物で、価格は4,000円程でした。
日本のアマゾンなどでも販売されていて、かなり評判も良いようです
AM/FM受信とAM補完放送周波数帯はもちろん、短波(SW)や長波(LW)まで受信でき
ちょっと寝床用にしてはもったいないほど多機能な小型のBCLレシーバーラジオです。


今風のラジオらしくUSB電源入力でリチャージバッテリーも使えるし、ちゃんとした日本語の
説明書、ちゃんとした音質のステレオイヤホン付属でステレオ放送も受信可能です。
携帯用ポーチも付いて、そして何よりも、この大きさ感が気に入りましたね…♪

これで久しぶりに日本向け海外放送でもエアチェックしてみるか。。。(^_^.)

追記 
とりあえず寝床でAMとFM放送を聴いてみましたけど、格段に感度が良くなって
AMでは特有のノイズが減少し聴きやすくなったし、以前はアンテナを少し伸ばさないと
ダメだったFMも、アンテナを畳んだ状態でもフツーに聴けるようになりましたよ。。。

Posted at 2017/01/27 23:10:19 | コメント(3) | トラックバック(0) | 趣味
2017年01月21日 イイね!
先日「アクティブレーンキーピングアシスト」が動作しないトラブルでディーラーに
入院していたML350が3日後に退院してきました。
ディーラーの方では動作確認しているとの事ですけど、現時点では私の方が
まだ作動する環境で試していないので何とも言えないのですが
ここではとりあえず「修理完了」としておきましょう…(^_^.)

さて車両を引き取りに行ってディーラーの整備担当者から話を聞いたのですが
どうもしっくりこない説明だったんですよ…

その経過を書く前にまず今回交換した主な「部品」を列記しましょうか…
◆ステアリングコラムユニット
◆ステアリング・バイブレーションモーター
◆コンタクトプレート
「ステアリングコラムユニット」は文字通りステアリングの前にあるウインカーレバーや
ワイパーなどを動作させるユニットで、これは今回交換したものではないですが
こんなイメージの物ですね…

「ステアリング・バイブレーションモーター」は、アクティブレーンキーピングアシストが
動作した時にハンドルを振動させるための小型モーターで、ちょうど単3乾電池くらいの
大きさの物で、ハンドルの内部に内蔵されています。
そして「コンタクトプレート」はステアリングへ信号を送る基盤のような物のようです。

ディーラーの説明では、先ずステアリング・バイブレーションモーターの不具合と考え
そのユニットを交換したものの完治せず、次はコンタクトプレート交換…でもダメ。。。
そして最後はステアリングコラムユニット全体を交換しました…
しかしそれでも治らず、結局この機能にかかわる「プログラムを更新したら治った…」
という結果報告でした。。。
ところがこの更新プログラムは、以前から配信があったとの事でして
それではなぜ新しいプログラムを昨年末の車検点検の時に更新していなかったか
という疑問が湧きますが、ディーラーの担当者曰く「問題なく動作している部分では
更新することでかえって動作不良になる事があるので、あえて行っていない…」
との返答でした…(-"-)

しかし今回のトラブル箇所は、かなり以前から不具合履歴が残っていた訳でして
少なくとも昨年の車検時の点検時点で、その履歴部分の動作確認を行ってみるべき
ではなかったのか、その辺を聞いてみると
「……」との事。。。_| ̄|〇
この不具合履歴箇所の動作確認するには、60km/h以上で走行する必要があるのは
理解するのですけど、もしその手間を省くために確認を怠っていたと言う事ならば
「何のための正規ディーラー点検なのか…」という疑念が残りましたね。

例えば今回の不具合が衝突安全機能のような極めて重要な部分であった場合
同じように不具合履歴が残っていても確認しない、と言う理屈にもなり
このような「いざという時に動作しなければならない部分」は、プログラムの問題は
あるにせよ、問題が解決するまでしっかり見極めてほしいと感じましたね

延長保証に入っているので実質的な費用負担は無かったですが、この一連の修理では
作業明細書によると上記のバイブレーションモーターやステアリングコラムの大物まで
交換したりして、総合計16万円ほど掛っているのですけど、有償修理の場合だと
不良ではないのに交換してしまった部品も請求されるのでしょうかね。。。(~_~;)




Posted at 2017/01/21 18:06:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | ML350 | クルマ
プロフィール
「仕事の合間に銀座松屋まで…^ ^」
何シテル?   03/15 13:07
基本的に乗りものが好きなので これからも色々な車やバイクに乗ってみたいですね きりがないけど・・・(笑) ★車歴★ 初代FFファミリアセダン...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
掲示板
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
まとまりのないブログですが
お付き合いいただける方は是非どうぞ!!

但し、自己(自社)PRを目的とされる方や
お友達の数を増やすためだけの目的の方は
ご遠慮ください。
60 人のお友達がいます
超雨男超雨男 * MLpoloMLpolo *
nonchan1967nonchan1967 * NAGANAGA
ノリナオタクサクセナノリナオタクサクセナ クラビクラクラビクラ
ファン
12 人のファンがいます
愛車一覧
メルセデス・ベンツ Mクラス メルセデス・ベンツ Mクラス
ML350 BlueTEC 4matic [AMGエクスクルーシブパッケージ] (201 ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
ランクスの買い替えとして発売された5月末に発注し約5カ月後の10月末に納車となりました。 ...
ヤマハ ロイヤルスター ヤマハ ロイヤルスター
アメリカンバイクとしては珍しいV-MAXのV4エンジンを1300ccにして搭載したバイク ...
輸入車その他 ルイガノ LGS-MV F 輸入車その他 ルイガノ LGS-MV F
ルイガノ(LOUIS GARNEAU)の折りたたみバイク「LGS-MV F」です。 ルイ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.