車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月18日 イイね!
ミラーレスで流し撮る。









先日のよっしーさん来訪、美浜サーキットと鈴鹿ツインスイフトチャレンジで、
たまには写真でも撮ってみるかと手持ちのカメラで撮影してみました。

もともとは仕事で物撮りのために買ったカメラ、CANON EOS M。
ミラーレスではクルマやバイクなどの撮影は無理です!
ときっぱりカメラ屋さん店員に言われてそのつもりは無かったのですがものは試しと挑戦。

まずはカメラのモードや調整をsyanさんに聞いて試し撮り。
「とりあえずsyanさん、ちょっとそのへん走ってみ?」

で、さっそく車も。

よし、大体わかった(笑。

ということでスイチャレ参加車両を撮影。

ツイン1~2コーナーの土手上からですが、
使用したレンズEF-M 18-55 IS STMでは最大望遠でも全然遠いです。
普段スナップショットに使うのにも屋外ではすぐに遠く感じているのでこんなもんですか。
なので画像はトリミングなどちょっと補正しています。

一枚目の画像を補正、修正しました。
色味やピントはカメラの性能以上のことは出来ないのでどの程度かはわかるかと思います。


想像していたよりかはけっこう撮れるみたいです。
ピンがいまいちですが、まぁブログなんかに使う分には全然OKです。
流し撮り事態をもう少し練習したり、もうちょい望遠のレンズに変えればもっと綺麗にもなりそうです。
また機会があったら自分のカメラでも撮影しようと思います。

で、美浜でsyanさんに撮影してもらった画像を比較に。
syanさんのカメラは良くわかりませんがでっかい一眼レフです。


やっぱりカメラとレンズの性能差は歴然です。

とりあえず普段使いにも不便なのでレンズはそのうち買おうかと思います。
CANON EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMがほしいなぁ。。。

Posted at 2017/03/18 12:44:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2017年03月08日 イイね!
金曜日は○○の日










3月11日(土)鈴鹿ツインでのスイフトチャレンジによっしーさんが参加するため三重に来るそうです。
しかも10日(金)の朝から、美浜を走るために(笑。
若い、とうかまさに走り屋、行けたらMLSもなんて言ってたくらいで、それは狂ってる部類(笑。
そんな走りの鬼にすべては付き合えませんが金曜の美浜はお付き合いしようかと思います。
急ですが3月10日(金)お時間取れる方、美浜サーキットいかがでしょうか。
助手席同乗歓迎です。
車のドライブがオンザレールだと思ってる方、是非ピッチ、ロール、ヨーの体験しにきてください(笑。





と、話は変わりまして先日の平チェカ走行会での画像です。
状況など不明ですが、見て欲しいのはリアイン側タイヤ。
自分はどちらもありだと考えます、結果が良好なら。
エンジン載せ換え、タイヤサイズアップ以降のかみの号には乗ったことが無いので想定ですが、車高と本人の話、好みからかみの号はリア寄り(アンダーセット)です。
そのため向き変え最大角付近ではリアのグリップが最小になるポイントが必要と自分は考えます。そのためインリフトは必要な行程と考えます。

比べて赤号はタイヤハウスとホイルの距離とタイヤの変形具合からトラクションは抜け気味ですが接地はしています。(ただこのときは同乗なのでイン側にもウエイトありです。)
なんとなく倦厭される赤号のフロント寄り(オーバーセット)では、リアのトラクションがコントロールできないと乗りにくく、フロントのトラクション抜けにもつながり前に進みません。
そのためタイヤハイト、ヘルパーなどで急激なトラクション抜けを考慮しています。

これらの違いはたんなるドライブの好みと勘違いされる方も多いなと感じますが、
マシンの根本の特性、メカLSDのありなしや、それらの要因で前後のタイヤグリップ、を考えたメカニカルグリップ、から結果対応するためのドライブ←好みではなくマシンに合わせたドライブになります。

ちなみにP10とP11ではリア足回り構造が違います。
独立懸架のP10が優位だと思われがちですが、どちらにも有益なポイントはあると自分は思います。
独立懸架は路面追従性が高いのがメリットですが、逆に考えればちょっとしたことで左右のバランスは崩れてしまいます。
それを上手くコントロールする荷重移動やセットが必要になります。
P11など最近の車に多いホーシングの場合、追従性が悪いとも取れますが、常に安定した挙動が得られるとも考えられます。
そのほかにもセッティング、例えばトーやキャンバーなどの変更がしやすいかなどの要素も絡むのでどちらがベスト、優れているではなく、自分に必要な状況にどれだけ合わせられるかがまずは重要だと思います。

曲がらないからタイヤのグリップをもっと!とか、メカLSDがあればもっと曲がるのに!とか言う前に、
曲がるセットや、曲げるドライブを模索するのも車でスポーツする、または車を意のままに操るドライブスキルを楽しむ要素ではないでしょうか。

モノを追加するプラスカスタマイズだけでなく、
今ある材料を付けたり外したり、入れ替えたり組み合わせを変えて、プラスマイナスセッティングするだけでもまだまだ詰める要素はあるかと思います。

Posted at 2017/03/08 10:31:28 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2017年02月19日 イイね!
プリメーラ インパル エキマニ補修その2









エキマニ修理の続きでフロントパイプジャバラの交換です。
今回はジャバラから球面フランジへの変更になります。

まずは交換するジャバラを切る前に簡単な冶具を作り、切った後に位置や長さが合うようにします。


で、切断。


切断したパイプはΦ54で、曲げに近いところは楕円に変形しています。
なのでなるべく丸になるよう修正します。


次にジャバラと球面フランジでは長さが違うので接続パイプを作りますが、フランジはΦ60を使用するので接続できるようにも加工します。

拡管したり、端面だしたり。


パーツがそろったら冶具にあてがいつつ仮組みして確認。
問題なければ本溶接して完了。

Posted at 2017/02/20 00:21:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | パーツ製作・修理 | 日記
2017年02月18日 イイね!
HP10マフラー その3








とりあえずプロトタイプ?が完成しました。
先日の鈴鹿ツイン走行で実装試験済みです。
とはいっても取り回しや性能的なものは既存のものと変わらないので、
クリアランスや振動などでの不具合の確認です。

微振動でも大きく衝撃を受けてもどこにも当らず、
スプリング接続でも車体に接触したり脱落しないことが確認できました。



しかしプリメーラの場合、
取り回しがクランク状のため、マフラー全体が斜めに垂れるようにぶら下がり、
スプリング接続は差し込み部で回転方向に可動してしまうので、固定できるフランジ接続のほうがいいというのが結論です。
また、クルマはバイクに比べるとマフラーそのものが長く、ゴムブッシュで吊る装着をするので振動、というかマフラーそのものを常に振っている状態です。
スプリング接続ではフックやスプリングの破損や耐久性に疑問があり、保険にスプリングとフックを1接続3箇所以上にしたり、こまめなチェックが必要かと思います。
毎日通勤で使ったりする車には気軽ではないというのが予想です。
まぁ、スプリングが全部外れても吊りブッシュがつながっていれば外れないですが。

あと、多少は動くことも考えつつバンパーとのクリアランスは狭いほうがいいからと調整しましたが、ちょっと攻めすぎたようでマフラーとバンパーが当ってしまい、溶かしてかなりえぐってしまいました(泣。

逆に言えばP10系でリアサイレンサーをこの位置まで上げてストレートエンドの場合、バンパーのこの位置にエンドが来ると思ってください(笑。



そして重量測定です。(家庭用体重計測定)

比較したのは5ZIGENプロレーサー 
4.0kg
2.9kg
5.8kg
計12.7kgに対して、

フルチタンマフラー(サブタイコ無)
1.0kg
1.0kg
3.2kg
計5.2kgで約7kgの軽量化です。

サブタイコがあるので純粋な比較になりませんが、チタンだとテールサイレンサーですらステンのサブタイコより軽いので同じセットでも軽いかと思います。
テールサイレンサーをもう一つ増やしても8.7kgということになります。


とにもかくにも念願だったフルチタンマフラー、ただ装着するだけでなく自分で作ることも出来ました。
その所有感、達成感、プライスレス!笑
Posted at 2017/02/19 23:50:48 | コメント(3) | トラックバック(0) | パーツ製作・修理 | 日記
2017年02月18日 イイね!
プリメーラ インパル エキマニ補修その1









エキマニの修理、補修です。
モノはSR20横置き系の社外エキマニ、今回はインパル(マキシムワークス)です。
マニパイプとフランジの接続部クラックとジャバラ修理が主な内容。
とりあえずマニとフロントパイプを分離。


このボルトはかなりはずしにくくなります。
場所にもよりますがボルトを真っ赤になるまであぶって「縁切り」してやると大体外れます。
バーナーとか、最近はtig溶接機を借りてあぶっています。
ピンポイントで加熱できるのが溶接機であぶるいいところです。

まずはマニの接続部ですが、ここの製品の特徴で外側に溶接が無いスマートな見た目が売り?ですが、そのおかげか結構クラックが入ります。

矢印のところ、排気漏れでススが出ています。
なのでここをぐるりと溶接します。

この溶接で注意したのは熱変形、ひずみです。
溶接すると縮むとか引っ張るというような変形をするのでそれに注意しました。
厚板のフランジに溶接するのでそれなりの電圧が必要になりますが、熱も高くなるせいか膨張、収縮なのかフランジがゆがんでしまいます。
場合によっては溶接冶具、拘束冶具というモノを作ってそれにセットして作業することもあります。
今回は一度に作業せず時間を空けて作業したのでおかしな変形はしませんでした。

つづく
Posted at 2017/02/18 20:13:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | パーツ製作・修理 | 日記
プロフィール
クルマ、バイク、弄りも走りも楽しんでます! 足あとは興味があるクルマ、パーツ、カスタム用語を検索、 気になった事をのぞかせてもらってます。 車種や...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
走りもイジリもたしなむ程度に楽しんでます。
気軽に声かけて下さいー。
76 人のお友達がいます
ましこましこ * ぎんとぎんと *
かとやん@RA2かとやん@RA2 * コンフェイトコンフェイト *
CONA・コナ・CONACONA・コナ・CONA スタッフKスタッフK
ファン
22 人のファンがいます
愛車一覧
日産 プリメーラ 日産 プリメーラ
お気に入りプリメーラ(二代目)です。 【エンジン】  ・実走227,000km(O/ ...
ヤマハ TZM50R ヤマハ TZM50R
原付免許を取って初めて買ったバイクです。 それからもう10年以上経ちましたがまだ乗ってま ...
スズキ キャリイトラック スズキ キャリイトラック
2007年11月以降、ホンダ アクティトラックから乗り換えました。 アクティと比べるとあ ...
プジョー 206 (ハッチバック) プジョー 206 (ハッチバック)
普段使いの車に。 年式と生産台数で値段がこなれてきたようでそれなりにお値打ちで購入。 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.