車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月21日 イイね!
クルマのドレスアップ。  レトロ趣味はエバーグリーンか?

日本限定のフェラーリJ-50のレトロ(懐古)趣味について紹介したが、思い直して、もっと肯定的に取り上げてもいいかも、でも、限界もあるかも、という話。



休題
---------------------------------------
今日はちょっと好いことあった。
75才から始まる運転免許更新時認知症検査
https://www.npa.go.jp/annai/license_renewal/ninti/sinkoyoryo.pdf

受けたくないよね。僕もあと20ウン年で、そのときを迎える。


認知症の専門家センセイを囲んでの会で、、

センセイ:
認知症だからといって、運転が危険かどうかはわからないです。認知症の原理から言えば「物忘れ」「思いだし」が悪くなっても、体で覚えた運転技倆は忘れにくいです。だから、認知症の方は目的地までの最短ルート(裏道)が思い出せなくて表道を繋いで遠回りして行くことがあっても、あるいは、目的地にたどり着かなくても、それで運転自体が危険かどうかはわからないんですね。
視野狭窄とか反射時間の延長とかは認知症と関連のない加齢変化です。認知症の無い高齢者の方が、運転が下手ということもありえますね。それで、本当に認知症検査が有用なのかの検討をしていくことを提言してみたいな、と。


私:
ええ?それでは、認知症でも「運転技倆は充分に安全」な場合もあると!朗報です。
  ・・でも、どうやって証明するんです?レトロ(後ろ向き)な調査じゃ証明難しいでしょう?

 





レトロな調査っていうのは実際間違いが多い。

 事故起こした老人の認知症率が、一般老人の認知症率より高かったら、認知症が事故の原因か?

違うでしょう。



例えば、

 歩行中転倒した人が、長靴を履いていた割合が、一般歩行者の長靴率より高かったら、長靴が転倒の原因か?

本当は、長靴を履いた日は雪の日が多くて、それで転倒していたというのが真の原因。長靴転倒説は濡れ衣になるってワケ。


私の質問にセンセイからの明快な返答はなかったけど、提言はしてくれるみたい。物忘れになっても、クルマに乗りたいよね!

レトロには限界がある!
--------------------------------------------


さて、クルマのレトロ(懐古)ドレスアップ。
前回のオートサロンでも注目のレトロ・ドレスアップ車があった。

まずはこれ。

S660 Neo Classic グランプリを受賞

http://www.honda.co.jp/hondatv/2016/ch-product0318_01/

なんだろ、エスハチのオマージュか?


ロードスター絡みではNCのレトロ・ドレスアップが優秀賞
DUCKS-GARDEN RHT NIGHTINGALE




マスタング?


いえいえ、
マツダ ファミリア ロータリークーペをモチーフとしたらしい
http://www.ducks-garden.co.jp/original84.html

ん? どゆこと? 
ファミリア ロータリークーペってこれだよ。




・・・んと。レトロ造形はオマージュ先へのリスペクトも必要だから、マジになっちゃだめだよね。



さて、デザイン・トークはどこへいく・・・・
2017年01月15日 イイね!
自転車は秘やかに浸透中。     複雑怪奇なマウンテンバイクの世界。

  公道でスポーツすんな!

まあ、その通りだが、クレバーにやっていきたい。
自慢の改造スポーツカーで真夜のC1グルグル、とか、揃いのオープンスポーツで峠道集団ランなんてのは完全にスポーツだが、クレバーに長く楽しみたい。


自転車の話

ロードバイクが好き。
ロードバイクレースが機材競争にならないように自転車の形って細かく決められている。F1などのフォーミュラレースの世界と同じ。

UCI国際自転車競技連合という連中が競技用自転車のフォーミュラを決めている。
だからロードレーサーってどれもこれも形が一緒でしょ。

ウチのマリアローザ号とマイヨジョーヌ号。


草レースにも出るが、成績は中学生にもかなわない。



ところが、マウンテンバイクの自転車の種類って、そらー、凄い有る。
ちょっと挙げてみよう。


●クロスカントリー(XC)
平地もあればアップダウンもあるオフロードで競う、「クロスカントリー」レース向けのマウンテンバイク。カーボンフレームで軽い。サドルは水平。

●ダウンヒル(DH)
山の斜面などに作られた急な下り坂を競う。重量級な車体で、登ることは考えてない。サドルは前上がり

●フリーライド(FR)
ダウンヒルをもうちょっと華奢にして、少し登りも行ける。サドルは前上がりで跳ね上げ式。

●エンデューロ
フリーライドより、さらに登れる。タイムアタックがあるレースなので、軽く瞬発力がある。サドルは水平で跳ね上げ式。

●ダートジャンプ(DH)
土を固めたコース、スケボーパーク、街中の公園?で、ジャンプしたりエアメイクしたり、トリックを競う。フレームは丈夫。ギアがシングル。サドルはめいっぱい低く、上向き。

●スロープスタイル
板で作られた下り中心のワンウエイコースに作られたジャンプ台や障害物をこなしてエアを競う。ドロップオフ(飛ぶ落差)が、ダートジャンプより大きいので、ダブルサスの事が多い。ギアがシングル。サドルはめいっぱい低く、上向き。

●フォークロス (4X)
スロープスタイルのような下り中心のワンウエイコースをスピードで競う。4台で走る。変速機が搭載されている。

●トライアル (BTR)
歩けもしないような所を、脚を着かずに自転車で乗る競技。もはやサドルはない。

●オールマウンテン
何かに特化しないで、荒れ地を走れるようにしたバイク。入門用。トレイルバイクともいう。

●シクロクロス
ロードバイクを荒れ地仕様にした車輌。ドロップハンドル、

ちょっと思いつくだけでもこれだけ。







僕は20インチBTRから自転車での遊びをはじめたんだけど、
Martin Söderströmというスウェーデン人の若者がとてもカッコ好くて。
第一、彼の自転車は街にとても似合っている。
彼の競技種目はダートジャンプスロープスタイル。Specializedからバイクの供給を受けている選手だ。

動画。




これがスロープスタイル用。


北欧の街並みに好く合うよね。明るいし、B系ギアにありがちな「ワル」っぽさとか、「ベビーギャング感」がない。格好いい。


こっちがダートジャンプ用。


コッチの方がシンプルで好感がもてる。ホントにMartin Söderströmという男は、X系スポーツマンにありがちな「ワル」な感じが微塵もしない。爽やかで、かっこいい。

バイク単体


うひょー。好い。朱ラメって今時流行りだよね。マツダの鼓動デザインのイメージカラー。

彼のシグネチャーモデルが出るっていうんで、急いで注文した。(ジングウの本店に掛け合った)
これがSTOCK状態。



このフレームの出来がとてもよく、大勢のフォークロスの選手がフレーム流用した。そのため、リアエンドがオープンエンドになっているこのフレームにディレイラーハンガーをそれぞれ工夫して削りだしていたのだが、そのパーツをSpecializedは純正で出すという。



ほら、ギアついているでしょ。フォークロスの競技車両。(色はソリッドな赤。でも朱ラメの方が街には映えそう。)
これをシグネチャーモデルで真似するしかない!


それで、これがウチのマシン。


ちょー格好いい。

もちろんMartin Söderströmのシグネチャーもあるよ。(印刷だけど・・・)





これで、街中でトリックをメイクしたり、里山や山中のトレイルをかけたりする。

トレイルってどこにあるの?という質問は禁句だ。

雑誌にも載ってないし、WEBでも探せない。マウンテンバイクを買っただけではトレイルを走れない。
この暗黙の了解は徹底している。その理由を愛好家は皆知っている。
大昔からある”信用された人だけが紹介される”、というアナクロなシステムだ。
地元の自転車店が客のお行儀教育も担っている。

いまのところ、とてもクレバーな戦術だと思う。

4駆ブームやOFF単車ブームのときは一気にコースがネットや紙媒体で拡散したため、トレイルからの排斥運動が起きた。


トレイルはもちろんハイカー(ハイキング歩行者)優先でいいんだけど、いつか、トレイルをハイカーとビークルでシェアしあうようなマウンテンバイクのあり方が事実として認められてくるといいなあ、と。



Posted at 2017/01/15 21:59:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自転車 | 日記
2017年01月12日 イイね!
2拠点居住/クルマ生活         都心に住むなら、こんなトコがいいな!
新年になった。でも、なかなか溌剌(ハツラツ)とした話題がない。

おじさんたち仲間で、トピックの話を出来る人を呼んで話を聞く会をやっているんだけど、クルマがらみがあった。



  認知症の激増と運転免許返納


ん〜〜。これまた身につまされる。

脳天気な楽しいクルマ生活!より、他者に配慮をした”ちょっとクレバーなクルマ生活”の方が「戦略として」長持ちしそうだ。



うんと先。

子供達が手離れて、時間を手に入れた頃。何して楽しもうかな?
田舎と都心の2拠点居住を狙って、都心までわずか40分になるこの谷に棲み着いたんだけど、、。今のところ、都心の住宅は持っていない。

丁度、今の感性を刺激するような、いい感じの物件があって、ご紹介。暮らしの中で応用できないかな。

今、田舎では平面的にバーン!と広い空間で暮らしているので、将来都心で暮らせるようになったら、立体的な立て穴のような住宅がいいかな。ぎゅ〜っと狭くて。空が見えるような。




メゾネットに住むかな。こんなの。

いい色使いだよね。



窓からの景色なんてショボイので結構。遠くまで見透せなくてまったく結構




でもこういうスペースは欲しいよね。

空の一区画を占有できるような。



実は、これ、屋根をえぐってあるバルコニーなんですね。



用途に応じて、ささっと着替えて


こういうスペースはホント素敵。


ミニキッチンとお風呂があればいいや。


ゆったりした暮らしは田舎でするとして、都心ではぎゅ〜っとコンパクトな感じを楽しみたい。

他のスペースは狭くてOK






そんな都心暮しではコミューターが欲しいよね。電気コミューター





こういうの、所有せずにカーシェアで持てばいいのかな。うーん。クレバーな感じ。





この物件はストックホルムの南の島(セーデルマルム)のマンションなんだけど、サイズとしたら、もっともっと小さい部屋でもいいなあ。暮らしの拠点を田舎軸足にしちゃえば、荷物は最小限でOKでしょう。

北欧で最初に暮らした部屋に似ている。
たぶん、こういう電気コミューターにインセンティブが効いてくる未来になるよね。
ストックホルムもロードプライシングとかコンジェスチョン・チャージとかあるんだよね。


まだまだ時間がたっぷりあるので、しばし妄想の時を楽しもうと思う。


2017年01月06日 イイね!
一年の計は元旦にあり。        今年は何をしようかな。今年は何をしようかな?いろいろ考える。

今の田舎暮らしは都心生活の頃より圧倒的に時間があるので、こういうのがいいよね。
家族のこと、仕事のこと、仲間のこと、地域のこと、日本のこと、世界のこと。

できるだけ文化的なことをしたいな。
文化は実践! とにかくやってみよう!


ここはみんカラなので、楽しいクルマ生活の為に、今年はなにをしようかな。




新車で買って大切にしてきたマルイチも、乗れば乗ったで運命を感じるしね。このまま一生乗るかな、と。今年もどんどん壊れていくだろうから、補修をキッチリやりたいな、と。





さて、今年の大晦日の夜は好く晴れました。

ウチのメインツリーのレッドパイン大樹の上にはオリオンが光ります。



氏子になってる神社に2年参りに行きます。


この谷のNew yearは結構派手に花火があちこちから打ち上がります。




このお寺の鐘のところの柿すだれは地元の名産の柿で、ウチの農場でも出荷します。冬のメイン作物。


朝日が差すと、

谷だから、冬の朝はガスってて、

街中はこんなもやだらけ

なんだけど、コレが柿にいいんだな。



正月の文化はなんといっても伝統の食文化!
とにかくやってみよう!

1日:お雑煮
2日:山芋とろろ飯とイワシ
3日:餅料理のシメ。お汁粉から安倍川餅まで。

今日は6日なので、、、。

七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン

と文章に起こすととっても不穏な歌を歌って、、。




そこらに生えてる雑草と農場の野菜の食べない葉っぱを、叩いて。


その叩いた葉っぱで明日1月7日はお粥です。人日の節句

それぞれご当地の七草がゆ、食べてますか? みなさん食べてないとすると、私は貴重な文化継承者だ(笑)。


とはいえ、、もう、いいかげん和食は飽きたので、、。

タジンたべたいな、と。


モロッコ人直伝の、玉子と肉団子のタジン。


・・・いやいや、そうじゃなくて。クルマの文化を実践しないとね(笑)
Posted at 2017/01/06 21:59:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | ガレージライフ | 日記
2016年12月31日 イイね!
今年もご愛顧ありがとうございます。   一年の総括。
とうとうきました大晦日。

どのご家庭にも、それぞれの年の暮れと、新春がやってきます。準備はいかがですか?

我がど田舎の習慣では、お魚は鰤(ブリ)で伝統7種の皿を食べます。現在仕込み中で、手伝わないと怒られます(笑)
面白いのは、おせちがありません。新春は新春で決まった料理があります。

そうそう、年越し蕎麦も食べないんですよ。蕎麦の産地なのに!





ガレージの掃除も今日になりました。

ガソリンを満タンに入れて。日の丸を置いて。

今年は、なんだかんだでたくさんの方に来て頂いて、ワイワイ楽しんだスペースです。汚れちゃっても気兼ねが要らないように、ちょっと雑然としているのがミソです。
ウエスというか、雑巾というか、端にひっかけてます。

来年はもっともっと楽しみたい!






一年を、ウチの窓からの風景で振り返ると、、。


4月のおわり。準備の時。


5月はじめ。美しい水盤が広がります。


5月なかば。苗が青いですよね。


6月。強い日差しを浴びてぐんぐん育ちます。空の色の好いこと!



7月。夏の空。稲穂もでてくると黄色みが出てきます。日本の田園風景。


9月。秋の空。実ってきました。風でたなびく様が美しい。


10月。みのるほどこうべを垂れる稲穂です。黄金色!


10月半ば。収穫の時。コンバインでやるとこんな跡になります。


そして大晦日の朝。例年なら雪があるのに、今日は13℃もあります。


雪景色もキレイなんですよ。雪、降らないかなあ。





自分で出来る文化貢献の一つが、伝統文化の維持継承かな???と殊勝なこと考えて、和尚さんに聞いたり、神主さんに聞いたりした一年でした。




大晦日に作るのは、松竹梅の縁起のお飾り。上手くできました。



どちらさまも、よいお年を!


(おとしとりの料理を手伝わないと、怒られちゃいます(笑))
Posted at 2016/12/31 16:20:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | ガレージライフ | 日記
プロフィール
「300馬力の124スパイダープロトキタ!      FIAT 124 ABARTH R-GT   http://cvw.jp/b/300934/38585221/
何シテル?   09/22 21:31
超ど田舎で北欧風ガレージライフを実践してます。 ガレージも作っちゃったし、ブログのコンテンツ指向性を変更します。 田舎生活の中のデザインを発見してちょっ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
ガレージを建ててみる80 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/19 20:12:01
お友達
何度か絡んでからお願いいたします。

こちらからは滅多にお声かけしないです。
23 人のお友達がいます
でぃーすけ君でぃーすけ君 * M2-hideM2-hide
ゆき@1002Sゆき@1002S スリーダイヤスリーダイヤ
しまをしまを ハヤタハヤタ
ファン
56 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ M2 1001 M2-1001 (マツダ M2 1001)
新車で買って、え?もう25年?? お不動様になってから5年。 一念発起でフルレストア敢行 ...
三菱 デリカD:5 三菱 デリカD:5
モーターショーモデルConcept D:5 に惚れました。 rallye carが好きだ ...
ルノー ルーテシア ルノー ルーテシア
納車しました! とっても好い色です。第一印象は・・派手! まあ、開発テーマが「ルノーと ...
トヨタ プロボックスバン トヨタ プロボックスバン
仕事用車。5MTが無くなるってんで、旧型の新車在庫を国内中探して貰って年末に購入。 コレ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.