車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月25日 イイね!
白黒だけじゃなく、グレイがあるのが世の中    ガレージライフが危ないよ、っと。

世の中には確かに白黒付けられるように法もあるけど、現実と法理とは違う。
旧いクルマにはシートベルトが無かったり、2点シートベルトだったりする。
排ガス規制も排気音規制も年次によって異なる。








そんなクルマに乗っているヒトは、シートベルトしないで警察につかまっても、元々シートベルトが無かった時代のクルマであることを証明できればOKだよね。めんどくさいが。

だが、時代は、ポストファクト、ポスト真実の時代
法理や事実を振りかざして戦う、賢いヤツが勝つ論術戦の時代は終わり、大衆の倫理観やムードを誘導できる倫理教育戦術の時代であると認識している。



こんな感じ

http://www.mlit.go.jp/common/001091174.pdf

戦術A:
「あなたが周りからどう見られているかが大事ですよ」

これをやられると、「煩い、カッコ悪い、みんなと違う」クルマは糾弾の対象になる。
合法かどうかは余り関係ない。皆が不快なら糾弾対象になるよね。
「このクルマは、シートベルト要らないんです!」と住民の皆さんに言って回っても仕方ない。法理じゃないから。エアバッグも3点ベルトも無いクルマは安全には見えないと指摘しているだけだから。何度も通報を受けるしかない。あるいは、クラシックカーなどの特殊ビークルを普段使いするのをやめるしかない。


実際に、某メーカー社屋(街中にある)で行う集会には、「合法改造であっても近隣住民が不安になるような排気音、GTウイング装着車は参加出来ません」などの措置がとられている。


---------response 記事 《中島みなみサン担当》抜粋-------------------
《あなたはまわりからどう見られているのか気付いていますか?》の問いかけの横に、ライディングウエアを着たサングラスの中年男性。登場を要望したのは、不正改造防止推進協議会に加盟する「全国二輪車用品連合会」だった。交換マフラーのメーカーと販売店が会員になっている。

「違法マフラーを装着しているのは、若者ではなく、リターンライダーなどの中高年が多いのが実態。昔乗っていただけに、環境規制が厳しくなる前のイメージそのままで、乗り出そうとする。だから、あえておじさんポスターにしてほしいと、国交省にお願いした」と、連合会事務局は話す。
-----------------------------------------------------------------------------------

・・・・・実は私は、規制前(世紀末)の単車を買って、当時の改造をして乗ろうと思っている。法的には勝てるが、戦術Aには勝てそうもない。




戦術Aに対抗する倫理教育戦術はいくつかある。



戦術B:流行らせない。
にわかファンの流行が一気にアンチムードを増やすことに。代表例はノーブレーキピストとか、皇居周回ランナーとか。
登山愛好家が増えると排泄物処理も問題になるしね。富士山の汚物放置は問題にもなりました。
だから。マウンテンバイク愛好家はトレイルを一切紹介しない戦術。



戦術C:マッチポンプ的に問題を取り上げ、解決努力を猛烈アピール。
キャンピングカー業界がこれかな。
http://www.jrva.com/camping/manner/
でも、これ遵守したら、キャンプサイトしか泊まれないよね。雄大な景色を偶然見つけたら、日の沈むのを見て、そのまま星空を眺める、、ってキャンピングカーの楽しみって削がれないのかなあ・・。

(コレ、日本ではやっちゃダメな例。憧れるシチュエーションなのにね。)


で。  このような目線で見ると心配なのが、カーガレージ趣味の領域。
ガレージには定義がないので、ビルトインガレージにはビルトイン納屋もあればビルトイン車庫もある。
ガレージで車庫証明とろうとすると、納屋ガレージでは取れないので用途車庫で車庫ガレージを建てないとならない。だが、この手の情報は余り広まっているとは言えない。ガレージ専門誌の掲載例の殆どは用途車庫では通らない。DIYでガレージつくっちゃおう!という流行もあるが、キットガレージで作れるのが殆どが納屋ガレージ。ましてDIYで素人がガレージ作ったら、建築基準法自体知らないで、確認申請すらしないかもしれない。
知らないまま、にわかファンが急増すると、アンチ気分が醸成されてくる。
さて、ガレージファンとしては、とるべき対抗戦術はBかCかDかEか。




実はこんなのもあって。

プロ設計士のガレージ建築中の写真だが、柱の下に車輪がついているのがおわかりだろうか。
コンクリート土間の上に跨がるように車輪ツキの柱で屋根を立てて、これから外板を貼っていく。
下がガレージドアも付けた状態


この工法だと課税の3大要件

外気分断性・・・屋根及び周壁などの外気を分断するものを有する
        (3方向壁に囲まれていて、高さが1.5メートル以上)

定着性   ・・・土地に固着していることが必要であり、かつ永続的
         に土地に定着して使用されること
         (基礎で固定されていて、容易に 移動できない)

用途性   ・・・目的とする用途に供し得る状態にあること


このうち、定着性について、無いことになる。

強度の面からは大きなガレージは作れないだろうが、一台ガレージなら充分に考えられる工法である。非課税ガレージ。考えたなあ・・・。コレも流行るとアンチ気分が醸成されそう。



駐車場を取り巻く建築基準は自動車のクリーン化によってかなり変わってきている。実際に公共の駐車場の換気基準は随分緩和されたしね。電気自動車が増えると確実に納屋ガレージでも車庫証明が取れるようになると思ってる。

さて、みんなが一斉に楽しむとなると急激に規則ができる。声高に権利を主張すると、アンチの気分も醸成される。


「俺は、周りからどう見えようと関係ないぜ!」という猛者が一番わりを食う、この手の話。

電気自動車の普及で自動車か家電化するなら、リビングガレージでさえ解禁になると予想してる。早く未来がこないかな。


2017年03月24日 イイね!
LAST GIGS        最後のライブ

倅たちのうち、一番上が当地を離れることになった。

学校でけいおん活動をしていたのだが、卒後はメンバーもそれぞれの道に進むためバラバラになる。小さな街のライブハウスで、最後の演奏、LAST GIGSをやるんだそうだ。。



練習はウチのガレージを使って。高校生達が集まって、夜な夜な下手なリズムを刻んでいたが、それも今日で終わりだと思うとちょっと寂しい。



自分が高校生だったときに、ウチのガレージのようなスペースで楽器持ち寄って仲間と過ごす夜があったら、絶対楽しいと思うのだが、倅どもはそれが当たり前に有る世界で生きているので、「お前の父さんはヘンな趣味」ということでカタが付いているようだ。




まあ、いいんだけどね。倅が下手で良かった。悩まなくて。

俺の友達には「屋根裏」やら「本多劇場」に絡め取られて道を踏み外した奴が沢山居る。
バイトしながらスタジオミュージシャンとか、バイトしながら役者とか。


   堅実に生きるか。人生は博打か。


この想いは二転三転して、今は何度目かの「博打推し」のターン。


だが、倅が「役者になりたい」「噺家になりたい」とか言い出したら、、、、動揺するだろうなあ(笑)




「ロックやりたい!」といって飛び出した地元のエースバンド。



メディアでインタビューに答えてたけど、親も親戚も反対したってさ。頑張れよぉ〜!
Posted at 2017/03/24 20:09:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | ガレージライフ | 日記
2017年03月20日 イイね!
明治神宮の内庭の赤松      父親孝行をしてみたよ

俺のオヤジ殿が、言い出した。

そろそろ遺影の写真を撮らねばならん

と。







オヤジ殿はいつあちらに行ってもいい年齢。端から見ても気持ちいいくらい迷いを捨てた日々を送っているので、遺影の心配とは、意外であったが。


明治神宮の内庭が好きなオヤジ殿で、たまたまお呼ばれがあって、内庭の松を拝見するのも最後だろうという。なんと、明治神宮では肖像写真も撮ってくれるとのことで、宮内写真館の予約をして出かけたのだ。まあ、明治神宮はオヤジ殿のディスニーランドといったところか。



ハラジュク駅の脇からクルマで入っていく。通行証がファストパスチケットのようで気分が良い。

まずは今日の仕事をやっつける

この建物は最近建てたんだろうね。



神宮の森

いつ来ても鬱蒼としてジャングルのようだ。


カグラ殿地下の写真館にいく。本来は結婚式写真とか、七五三記念写真とかを撮るスタジオなのだろうが、オヤジ殿は満面の笑顔で写真を撮って貰った。


宴会の始まる前に内庭を拝見する。
内庭は日本庭園ではなく、樹木を楽しむ形式の庭。しかし、ここの赤松は圧巻だ。
どうよこれ。


説明を聞くと、100年前に植えたモノらしいが、樹齢は優に数百年は行っているだろう。凄いばかでかい樹を活着させるとは、超絶技巧だ。


樹ハダはウロもあるしコブもある。だが、手入れがいい。


比べるのもおこがましいが、ウチの同じ樹種のレッドパイン。


同じように大きくならないかな。
世代を超えて引き継がないとならないけどね。


宴会は内庭に面した茶室トウリンソウ。気さくな和風レストラン喫茶といったカジュアルな感じ。



トウリンソウは最近文化材指定を受けているんだよね。でも全然偉そうじゃない。

いい感じ。本家のバアちゃん家のようだ。懐かしくて、暖かい。
(本来はこのガラス窓の部分は木の雨戸だったんだろうけど、それじゃ飲食店として営業できないんだろうね)





いよいよ暮れて、美味しいご飯。全く気取った所がない雰囲気でオヤジ殿も旧知と一緒で楽しそうでした。
(給仕の女の子のトークが冴えてて、これも楽しかったのはナイショ。お爺さん慣れしてるんだね、きっと)




追記
行ったところはマップでみるとこんな感じ。


ハラジュク駅宮廷ホームの真ん前。参集殿前駐車場に停めて、トウリンソウ前の庭に回って、赤松を拝見、と。
航空写真で見ても、でかい松だよね。
2017年03月16日 イイね!
卒業
倅の卒業式があった。
オヤジは行かない卒業式。

倅は「田舎なんて嫌だ!」なんて言っていたのに、すっかりそんなことも忘れてる。
倅はけろっとしていたが、担任の先生は号泣していたそうだ。

中高生は疾風怒濤の時代なので、そりゃ、いろいろあるだろう。




3年生のとき学校に来れなくなった子がいた。
卒業式の今日、その子のお母さんがウチのかみさんに話したんだ。
塾が一緒のウチの倅が、塾の始まる前の時間にその子の家に上がり込んでひとしきりゲームをして、一緒に塾に通ったんだと。半年も。道理で塾に早く行くわけだ。さすが受験生と思っていたのだが・・。

その子のお母さんは今日までずっとウチのかみさんにもそのことを言えなかった。理由を想像すると切なくなる。

ウチの倅もそのことを一言も親に言わなかった。



・・・・・まあ、疾風怒濤の時代だナ。いろいろある。



子育てで嬉しいのは、子供達と一緒にもう一度青春の頃のあの気持ちになること。そんなチャンスに感謝してる。




田園



2017年03月14日 イイね!
いちねんって速いね。   今年も育てます。   景色を作ります。
準備の時がまたやってきた。

土いじりは絶対感のある価値を教えてくれる。  

植えると生えてくる。育てると実る。実ったモノは巧くやれば美味く、下手を打てばそうでない。天の恵みも必要だ。天に恵まれれば美味く実り、天に見放されればそうではない。




食べるモノの価値に「相対的に価値がある」とかは無いよね。旨いモノは旨いし、そうでないものはそうでない。どんなに美味いモノでも腹一杯以上は食べられない。それ以上は要らない。こんな価値。

だんだんそう言う価値観(相対的価値→絶対的価値)に汚染されてきて、どんどん身なりはお洒落でなくなってきて、クルマだって手前勝手に好きなモノに価値を見いだしている。自分の車の相場価格がどうかなんて全く気にしなくなった。イカンよこれは。文化抹殺だよ。
「お宝鑑定団」的な相対価値観を無くしたら、クルマが文化財になる日は来ないね。


だが、田舎暮らしは語りかけるんだよなあ。どんなに美味いモノでも腹一杯以上は食べられない。


田舎暮らしのウチの居間からの景色は、春夏秋冬変化する。その景色は素の大自然では無いからにして、自分も参加して人工景観(里山風景)を彩る、スゴイものなんだけどなあ、、。家族では俺だけ感動してる。
でも、この居間からの景色はお金の価値で相対化できない。都心に住んでたら、この景観は望めない。


居間からの景色。1年見続けて、ようやっと一周しました。


始まりは春。去年のもの。お師匠が耕耘してます。

美しい巨大水盤が視界の限り広がります。この景色が一番好き。

苗が青いですよね。

強い日差しを浴びてぐんぐん育ちます。空の色の好いこと!

青い空。日本の田園風景。

実ってきました。風でたなびく様が美しい。

みのるほどこうべを垂れる稲穂です。黄金色!

収穫の時。土が眠りにつきます。

彩度がひくい寒い時期。

雪が降ると、白い風景。

そしてまた・・・春が来て、準備の時。


1年って速いねえ。今年もこの景色を作っていきます。ありふれた日本の田舎風景。
Posted at 2017/03/14 17:26:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | ガレージライフ | 日記
プロフィール
「300馬力の124スパイダープロトキタ!      FIAT 124 ABARTH R-GT   http://cvw.jp/b/300934/38585221/
何シテル?   09/22 21:31
超ど田舎で北欧風ガレージライフを実践してます。 ガレージも作っちゃったし、ブログのコンテンツ指向性を変更します。 田舎生活の中のデザインを発見してちょっ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
No.16     ガレージの外灯 の計画 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/08 13:00:00
ガレージを建ててみる80 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/19 20:12:01
お友達
何度か絡んでからお願いいたします。

こちらからは滅多にお声かけしないです。
23 人のお友達がいます
ハヤタハヤタ * M2-hideM2-hide
ニッタ@標準車ニッタ@標準車 たあ坊!たあ坊!
macha.smacha.s ゆき@1002Sゆき@1002S
ファン
68 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ロードスター M2-1001 (マツダ ロードスター)
新車で買って、え?もう25年?? お不動様になってから5年。 一念発起でフルレストア敢行 ...
三菱 デリカD:5 三菱 デリカD:5
モーターショーモデルConcept D:5 に惚れました。 rallye carが好きだ ...
ルノー ルーテシア ルノー ルーテシア
納車しました! とっても好い色です。第一印象は・・派手! まあ、開発テーマが「ルノーと ...
トヨタ プロボックスバン トヨタ プロボックスバン
仕事用車。5MTが無くなるってんで、旧型の新車在庫を国内中探して貰って年末に購入。 コレ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.