車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月16日
リユース材で    ニアパブリック(半公共空間)なガレージ庭を作ろう
リユース材で    ニアパブリック(半公共空間)なガレージ庭を作ろう
前回、チェルシーガーデンショー金賞の石原さんおめでとうをPOSTしたけど、


地元も銀賞だけど頑張ったんだよ、ということを教えて貰いました。
ええ?知らなかった。ということで早速見に行ってきました。







はい、到着。





まずは彼らの言い分
-----
毎年5月にイギリス・ロンドンのチェルシーで開催される世界最古にして、世界で最も威厳と格式のあるガーデンショー【チェルシーフラワーショー2016年】に出場します。開催されるショーの中でもメインとなる、”ショーガーデン”部門の世界17枠に入りました。日本代表として、日本の美意識・伝統文化を伝え、世界の人たちとの交流を広げていきます。出展ガーデンのテーマは「The EAST & WEST GARDEN」。日本と英国、東と西の小さな島国で育まれてきた歴史ある庭と暮らしの文化を一つのガーデンで表現し、全く新しい融合したスタイルを発表します。
------
そのコンセプト模型がこれ

http://cotton1598admin.watahan.co.jp/pcbuilder/view/Co1700#1



それで、その戦略モデルが
Container Garden コンテナガーデン


建物とガーデンを融合させ、常設と仮設の中間を狙った暮らしの空間は、日本の良き庭文化を取りいれ、空間を極度に切り詰め、五感を感じる斬新なデザインをシンプルに提供します。・・だって。




リユースのコンテナをホントに使ってる。
コンテナ廃材を使った「コンテナ町家」なんだって。これで空間を仕切って、和の表現をしてる。





水盤があるんだね。





全天候型の琉球畳つかって、野点(のだて)もできる仕組みか。
3方をコンテナで囲えば、とても好い感じだよね。コンテナの中も茶室になっていた。


で、これがサスティナブル(持続可能)なんだって。
デザイン活動って利潤を生まないから基本的には自立的永続的でない。そのカラクリや如何に。

民間企業が半公共的に開放する「ニアパブリック空間(半公共空間)」に、自然の息吹を注ぎ込む近自然空間「ニアネイチャー空間(近自然空間)」を作るんだって。



このデザイン活動が持続可能なカラクリは。
最近のCSR (Corporate Social Responsibility)とかCSV (Creating Shared Value:共通価値の創造)の時流で、ゼネコン系大手企業(三菱地所、大和リース、住友林業、、などなど)が行いたい「ニアパブリック空間」「ニアネイチャー空間」のデザイン需要に応えるビジネスモデルなんだって。 

これならそういう民間企業にデザインを売って、更に、新しい再デザインっって風に持続できるよね。



これ、大手町。都市の中の「ニアネイチャー空間」。
こういうのがあると、その企業ビルに入って行っちゃうよね。


http://diamond.jp/articles/-/37714




じゃあ、個人宅ではそんなリユース材をつかった提案なんて需要があるだろうか。
現在、個人宅で「ニアパブリック空間」って玄関先(ファサード空間)だけど、近未来ではどうだろうか。

近未来のガレージのあり方は、モータリングの変化で如何様にも変わるだろう。

電気自動車&自動運転の近未来には、ガレージとリビングが一体化しているだろうし、そんな自動運転生活の中では、クルマが移動するんじゃなくて、家庭のリビングの一部が魔法の絨毯よろしく移動して、移動先のお宅のリビングに接続する、ようになるだろうと予想する建築デザイナーの一派がある。

 昨年のポストだけど、 G-LDKという発想
http://minkara.carview.co.jp/userid/300934/blog/36901659/






この設計では、コミューターとしての自家用車が家の食卓やリビングのすぐとなりに入ってきている。道路の一部が家の中に入ってくる、という発想は、道路のあり方やモータリングの概念をひっくり返しそう。クルマのドア開けたら、訪問先リビングルームなんだよね。凄い!



個人宅でも「ニアパブリック空間」を持とう、という意識改革は世の中変えそうだ。(井戸端会議が出来る場所ってことだけど、家庭が井戸を無くして半世紀以上経つでしょ。新語が要るんだよね。ニアパブリックとか)

なんかすっごい未来を感じた。こういうヒトが地元にいたなんて、知らなかった。

都心だけ、地方都市だけ、に住むのってもったいない。プライベートとパブリックの間に「ニアパブリック空間」があるって発想が、一生同じ土地に住まなくちゃ行けないような観念をこじ開けるかも。クルマ生活も変わるよね。




ブログ一覧 | ガレージのアイディアあれこれ | 日記
Posted at 2016/10/16 19:47:51

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/16 22:25:24
実はウチの会社の事務所 40ftハイキューブ リユースコンテナ を3連並列に連結し 真ん中をくり抜いて H鋼で中間を2カ所連結する という ワイルドな仕様で 7年前作成した 内寸が 12M×9M 程度のスクエアな なかなか 面白い建造物です 倉庫登記で かなり経済的です  
 それの外装を 1100刀の 純正色みたいなアルミシルバーでオールペンしています 
 形が形なので 事務所 近隣の皆さんも ご存知です

 外観の凹凸感が お気に入りなのですが、こいつが業務用の 天吊り型 大型エアコンを三基 装着して 防温材も入れてますが  夏場に限って、まるでロドの 幌をオープンにした状態で エアコンを掛けているか如く 全く冷えないため 沸騰死しそうになります・・ 特に今年の8月は 半端無かったです・・・

冬とかは天吊り暖房だけでも意外に快適で 春夏は 風も通ってとても心地よいのですが・・・
コメントへの返答
2016/10/16 23:38:14
どもです。

そうそう。コンテナリユースは税制でも有利なんですってね。
土地との定着性がもっと薄いと、(モーターハウス等)もっと有利。

バイクガレージや単車ガレージならコンテナがいいと思いました。格好いいしね。


事務所、かっこいいですね。
まあ、コンテナは鉄の箱ですから、夏の日差しで、中はオーブンになっちゃいますね。
労組側の立場では、夏の暑いときはフレックスを推し進めた、「シエスタ」がいいナ、と意見具申(笑)
気楽ですみません。

(真面目に言うと、室外機周囲温が高すぎるんだと疑います。室外機が炎天下、って設計のおうちは、エアコン効きませんね。)

こちら、高原気候の夏は本当に快適ですよ。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「300馬力の124スパイダープロトキタ!      FIAT 124 ABARTH R-GT   http://cvw.jp/b/300934/38585221/
何シテル?   09/22 21:31
超ど田舎で北欧風ガレージライフを実践してます。 ガレージも作っちゃったし、ブログのコンテンツ指向性を変更します。 田舎生活の中のデザインを発見してちょっ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
ガレージを建ててみる80 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/19 20:12:01
お友達
何度か絡んでからお願いいたします。

こちらからは滅多にお声かけしないです。
23 人のお友達がいます
でぃーすけ君でぃーすけ君 * ゆき@1002Sゆき@1002S *
ハヤタハヤタ * なべちゃん.なべちゃん.
M2-hideM2-hide スリーダイヤスリーダイヤ
ファン
51 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ M2 1001 M2-1001 (マツダ M2 1001)
新車で買って、え?もう25年?? お不動様になってから5年。 一念発起でフルレストア敢行 ...
三菱 デリカD:5 三菱 デリカD:5
モーターショーモデルConcept D:5 に惚れました。 rallye carが好きだ ...
ルノー ルーテシア ルノー ルーテシア
納車しました! とっても好い色です。第一印象は・・派手! まあ、開発テーマが「ルノーと ...
トヨタ プロボックスバン トヨタ プロボックスバン
仕事用車。5MTが無くなるってんで、旧型の新車在庫を国内中探して貰って年末に購入。 コレ ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.