• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

iso121111のブログ一覧

2017年07月25日 イイね!

初SUGO、supergtを観にいってきた

初SUGO、supergtを観にいってきた連休いただきまして、supergtを観にSUGO行ってきました

初SUGO!
ダンロップブリッジから先がみえないこの画!テレビでみたことあるやつや~。「下ってるように見えるけど登ってるんですよ~」というのは、1コーナースタンドが高い所にあって見降ろすように撮ってるから、最終が10%勾配で先が見えないから、現地でやっと理解した。



1コーナーに席を確保してF4はSPでみました。ウェット路面でSCが何度も出るわ、リスタートを失敗してクラッシュするわで煮え切らないレースでしたね。迫力があるだろうSPコーナーに期待したけどもコンディションではしかたないか(´Д`)



さてさて、待ちに待って14:30決勝スタートのGTですが、、、GT500はコース特性とWHの頃合いからしてSUGOがNSXにとってチャンス、勝てるんじゃないかと、俄然期待してたら予選1-2-3!さらにはウェット路面。MR有利じゃんね。

これはもう勝つとこ見れる!期待大!写真もほどほどに今回は集中して腰を据えてレース観戦モードです^^



午前は断続的に雨がシトシト降り、午後は水滴が飛んでくる程度の天候で、前半はウェット、後半はチョイ濡れドライ、かつ気温が下がっていく超難しい展開。タイヤ特性のちがいがレース展開をうねらせていく、実に面白いレースでしたが、、、あちこちでコースオフやスピン、大なり小なりのクラッシュでSCが3回も(´Д`)

52周終わりのリスタート、SCまえにタイヤ交換済ませてたかどうか、運命の分かれ道にハマってしまった100号車は非常に悔しかった。快調にラップを刻んで20秒近いマージンがあったのにSCでそれが消えて、かつ無念のピットインにより大きく後退。。。その脇を通過していくLC勢。

序盤は「NSX表彰台独占」の夢をみたが、、、うぐぐ。勝ちグセを忘れてしまったな(´Д`)


レースのクライマックスは最終ラップに!
タイヤ交換のタイミングで上位に浮上した1号車 LCと46号車 gt-rがズルズルのタイヤと濡れた路面でお互いにコースオフしながら接触しながら優勝争い。サーキットが大きくどよめいて、SPの歓声が1コーナーまで聞こえた。

hondaは悔しかったけども、大変見応えのあるレース観戦できました^^現地観戦しにきた甲斐があった!やっぱSUGOは面白い^^





さて、初SUGOだったわけですが、所感として。

・随所で巡り合わせによるドラマがあってレースに見応えがある
・サーキットの移動可能範囲は広くないが高低差70mはダテじゃない
・FMはいった
・1コーナースタンドはストレートの奥から3コーナーまで見えて良い席
・写真撮影スポットは少ない?
・駐車場が岡山のようだったが渋滞もなく仙台市内まで40分程度で帰れた。意外。
・イベントブースはインフィールドなのでアクセスしにくい

現地観戦したいサーキット勝手にランキングは、
 鈴鹿 > 菅生(new!)≧岡山>大分>>>富士

国内supergt開催サーキット、残すはツインリンクもてぎのみ(゚∀゚)









2泊3日の旅程でした、、、初日は山形へ行き、レース観戦日は仙台に宿泊し、最終日は松島観光しました。なお、セントレアでも仙台空港でもGT関係のチームシャツ来てる人を見かけて嬉しかった。しかも行きの飛行機では隣に座ってた方もそうだったので、少しお話しましたw

ありがとう宮城。楽しい旅でした^^



170723_supergt菅生(1) (2)(3)(4)
Posted at 2017/07/26 00:10:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2017年07月02日 イイね!

鈴鹿へsupergt公式テストを見にいった

鈴鹿へsupergt公式テストを見にいったsupergtのテストを見にいってきました。

ちょうどたまたま休みが取れたので金曜に行ってきました。ことしは私事で1,000kmを観にいけないかもしれない(´Д`)休めないだろうなと思っていたら休めたり、淡々といけると思ったらクソ忙しくなったり。なるようにしかならんすな~。



午前は雨でした。駐車場に川が出来るくらいのけっこうな雨量。チーム、メーカーにとってはテストにならなくて最悪ですが、ファンには飛沫を舞い上げて走るマシンが観られる、撮れる良いチャンス。

グランドスタンドで雨をしのぎながらあの手この手で設定をいじって撮りました。かっこいいわ~。gt300と比べてgt500は水煙が一段と高い。ダウンフォースの可視化か~。



午前のタイムはNSX勢が上位に並んでました。MRが躍進する健全な状況。雨でもレクサス、、、だったら興ざめですからね。ハンデウェイトに加えて性能調整もあり天候や環境次第でコンペティティブな力関係にありそうで、よしよし。

午前の走行が終わる頃には小雨になり、ピット側へ移動して引き続きストレートの様子を観察。じょじょにレコードラインが乾いて水をもとめてピットウォールを爆走する、、、あぁウォール寄りまくっててマシンが見えねぇよ(´Д`)金網がどちらにせよ映り込むなぁ。




1000kmへ向けたテストで、最大の注目はジェンソン・バトンでしょう!16号車のグリーン灯=第3ドライバーがジェイビー。motul無限のレーシングスーツを着たJBがそこにいる!今回のヘルメットはユニオンジャックのようです。

午後は2時間以上も走りっぱなしで、本気度が感じられます。マシンの習熟とトラフィック処理の経験値でしょうか。各ドライバーから「S字の走行ラインがちがう」「ブレーキング時のリアを求めてる」、、、ドラテクが化学反応を起こして、本番でいいとこ見せてほしいなぁ~。

ところで16号車の左リアからチラ見してる洗濯機のようなダクトホース、、、何?



ピット3階ラウンジからマシンやピット作業が見られるテストの楽しみ(゚∀゚)ウェットからドライにコンディションが変化する状況だったんで頻繁にピットイン、ピットアウトの機会が多くて、まぁ忙しい。赤旗も数回あったからさらに忙しい。

レインからドライへセッティング変更、、、supergtマシンは小一時間でできるんかな。



ピットレーンの出口に“激感ピット”エリアがありまして、ピットアウトして猛加速しくとこを目の前で(´Д`)あらためて見ると、速ぇ~わ。r8とウラカンのv10サウンド。絶妙に濁りながら奏でるように伸びていく、、、たまらん(´Д`)(´Д`)(´Д`)





1-2コーナー内側の“激感エリア”に久々入場。ここは流し撮りしやすい。

金曜はさすがに閑散としていて雨だったこともありグランドスタンドでお弁当食べてのんびりしてる感じがありました。土曜は快晴でsuper fomula決勝日並みにお客さんが来てたとか。。。

もはやテストデーは前夜祭のよう。色とりどりのマシンを眺めて、音と匂いを体感して満足です。

170630_鈴鹿GTテスト(1)~(4)
Posted at 2017/07/02 15:45:17 | コメント(2) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2017年06月13日 イイね!

土屋圭市を撮っておきたくてS耐を観にいった

土屋圭市を撮っておきたくてS耐を観にいったSuper耐久を観に鈴鹿サーキット行ってきました

Super耐久のクラス分けはどの車両が何クラスって即答できないんですが、、、2017年から新設された「ST-TCR」に興味津津。WTCCを戦う“FF車のGT3”という解釈をしてます。

なかでもCIVIC。事前情報で土屋圭市がレースに復活するというので、撮らねば!


「がっつり撮れ高つくってやる!」てときはヘアピンへ。

4時間耐久を3人のドライバーで走りきるとあって、今は誰が乗っているのか実況をよーく聞いてないといけませんが、、、緑のヘルメットと赤いグローブが見えたときはテンションあがりました「土屋圭市だ!」



そこからはcivicばかり目で追ってました。排気音が野太くて回転数があまり高くない、、、そういえばターボ車なんだなァ。左ハンドルと重厚なロールケージがただのcivicじゃないことを感じさせます。そしてそれに乗るドリキン土屋圭市。スーパースターが走っとるがや。



スプーンまで移動して引き続き土屋圭市のスティントを追っかけてました。「サンセットゴール」とは言うものの夏至間近なので16:30では大した西日にもならないので、、、ホワイトバランスをいじりました。

このスプーン1個目が面白くて見ていて飽きなかった。車種でライン取りがちがう~。


gt-rもいちおうAWD?イチカクで向きをつけてドーンと加速するような動き。



FR勢はしっかりリアにトラクションがかかってるような、弧を描くようにクリップをなめていきます。



FF勢は内側を浮かせながら積極的に縁石をまたいで、テールをほのん少し流すような立ち上がり。このGOLFのフェンダー形状は目をひくものがあります。市販?




ピンボケだけども、土屋圭市はさらにそのイン!インカット!しかもスプーンだけじゃなくてあらゆるコーナーでインカットをしては土煙をあげまくってた様子。笑ってしまった。それでいて極端にタイム落ちしていない。観客を楽しませる姿に、さすがドリキンです^^



もうひとりの注目ドライバ、道上龍にドライバ交代したころにサーキットをまた歩いて最終コーナーへ。よく見る日立オートモーティブシステムがバックに映った画ですが、、、やっと撮り方が分かった。金網にへばりついてるカメラマンが多いのはそういういことだったんですね。

カメラかレンズか設定か場所か、、、金網を消し去ることはできなかったけども新たな撮影スポットを会得しました^^




あまりレース内容のことはこだわらずただひたすらcivicを撮ってましたが、先の佐藤琢磨しかり、「現地にいってみよう」「レースを観てみよう」という気にさせるスーパースター、スーパーヒーローの存在を感じました。

FF車の走りは面白いっすなぁ~


まだまだ頑張ってるDC5インテグラとCIVICの2ショット、、、遠いけどな(トリミングしない)!


170611_Super耐久 鈴鹿(1)
Posted at 2017/06/14 00:30:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2017年05月29日 イイね!

反射材シートでステッカーをつくる

反射材シートでステッカーをつくるステッカーをあらたに作りました。

バイク雑誌で読んだ、反射するものや光るものを身につけて安全に、ていうネタで、反射材の存在を知ってさっそくホームセンターで調達しお得意の自作ステッカーをこしらえました。


人の顔=目、鼻、口は視認性が高いようなので、こっち見てるような図案からマスター・ヨーダにしました。明るいところだと白黒とグレーが溶け込んで地味ですけど、光があたるとクッキリ。キリッとした顔が浮かびあがって満足。思いのほか面白い。フォース出てます。

ダース・モールの顔面なんて目力があってうってつけなんですけど、ほら、『安全性』がテーマやのにダークサイドに足を踏み入れるとかどないやねん。、、、まぁ、、、ベイダー卿が実はいるんでライトサイドとダークサイドが共存する悩ましい頭部になってますが^^;ダースベイダーは外せないね~(どないやねん





クマー。
これはボツ案。黒目怖すぎ。剥がすときに気づいたのは、伸縮性が低く、素材も特殊で粘着層と表面が分離しがちだったから、経年劣化でボロくなるのは早そう。あと、ヘルメットの曲面には面よりも線の構成で図案を作成したほうが貼りやすいですね。




ニュルとかルマンの夜間走行を彷彿させるゼッケンは相性いいかも。かっこいい。





「たぶんこっちに気づいてないなぁ」ていうタイミングで飛び出してこられたりすることが1年に1回はあるんです。小さいから目測をクルマのときと誤りがちなんでしょう。遠くにいるように見える、ってやつです。とくに夜はさらにリスクが高いですからね。

世の中に絶対はないけども、リスクは避けられるし減らすことは可能だと思います。避けられないなら避けてもらう。すこし派手にしてまずは気づいてもらうこと。

どうぞご安全に!
Posted at 2017/05/30 00:09:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 小ネタ | 日記
2017年05月29日 イイね!

佐藤琢磨がインディ500優勝した日!

佐藤琢磨がインディ500優勝した日!史上最激戦のインディ500を琢磨が勝利。日本人初の歴史的快挙を達成

朝一から眠気が吹っ飛ぶニュースでしたね!嬉しくて嬉しくて、いままでモタスポ見てきたなかでトップクラスに嬉しいです。「勝てたら嬉しいよなぁ」くらいに思ってたのが、ホントに優勝しちゃうなんてね!それにしてもインディアナポリスの観客ギュウギュウっぷりったらないね。あの環境すごいわ。

いちばん熱心にF1を観てた時期の、まさにデビューイヤーの2002年F1GP鈴鹿、黄色いTシャツだらけのスタンドにいて熱狂してた世代なので。こんなに清々しい月曜日はいままで経験したことないくらいに。日本のモタスポファンの希望が見事に花開いたような感があって、なんかこう胸張って行ける気がしませんかw?世界の頂点のひとつに琢磨が立ったんですよ!すごいよね!

オーバルレースって、速くても強くても、巡り合わせ次第で結果も二転三転するから結果が読めないし期待通りにはいかないことのほうが多いし。ただそこに琢磨は相変わらずの笑顔と精神力で挑み続けてチャンスをモノにしたっていう。昔からいわれている『有言実行』をしたたかに。優勝が舞い降りたという表現がしっくりきます。あきらめないで愚直に希望に向かって努力して結果を呼び寄せた、その姿にグッときます。

琢磨が喜んでる写真てすごく画になるから好きなんですよ。伝統のあのミルクを琢磨が飲んでる画を拝めるとは。素晴らしい。とにかく素晴らしい。ありがとう。



いまのDC5を乗りはじめたころからクルマに置きっぱなしの“琢磨パペット”はもうちょっといい場所に設置せなあかんな~。

あと、このネタを読んだら家庭、職場で10人以上に話題を振って自分の知ってることを時間の限り吐き出しましょう。「2002年の鈴鹿は、、、」「2004年のアメリカで、、、」「マカオが、、、」「インディとは、、、」いやぁ~嬉しいなぁ。モタスポって最高やな~。
Posted at 2017/05/29 21:36:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット | 日記

プロフィール

「ロケハンからの長良川花火大会 http://cvw.jp/b/301304/38342551/
何シテル?   08/07 14:30
2輪でも4輪でも走り回るのが好きです。趣味は「日帰り」です。気分でたいていDIY。dc5logとして活用していこうと思います。是非情報交換していきましょう~。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

ブログの写真を画面いっぱいまで大きく表示させる方法 No.1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/16 10:26:55
エクセルでステッカーを作る、の巻 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/22 15:02:09
フォトクラブF11 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/05/09 09:47:24

ファン

11 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
2台目のDC5。パーツを移植。
ホンダ スーパーカブ90 ホンダ スーパーカブ90
ホンダといえばカブ!通勤に使いたくて、維持費を抑えたくて乗り換え。50ccじゃ制約多いの ...
ホンダ グロム125 ホンダ グロム125
たまに借りて乗る 低燃費、取り回ししやすさ、クルマの流れについていける能力のバランス、扱 ...
カワサキ Z250 カワサキ Z250
中距離担当マシン のんびりツーリング

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.