• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年08月28日

「古本大学講義」(十)

(安岡正篤-「人物を創る」より)





「格物」 --- 科学的読み方と哲学的・認識論的読み方(二)

この「格」がなかなかの問題で、先述のように七十二家の説があるというくらいの問題であります。最も新しい訓詁学によりますと、「物」を「法」と解しようという主義が採用されております。「天生蒸民、有物有則」(天、蒸民を生ずるに物有り則有り)という場合の「物」はこの「法」の意味であります。古典に「不物者」という句がありますが、これは「不法者、禁を犯す者、法のごとく生活しない者」の意です。法律の「法」の意味に「物」という字を使う。

次に「格」という字の読み方、解釈の仕方として、大きく分けると朱子学派的に「至る」と読むのと、陽明学派として「正す」と読むのと両説がある。そして互いに排斥しあっているのは、はなはだ妥当ではない。

朱子学派の「知を致すは物に至るにあり」という読み方と、陽明学派の「物を正すにあり」という読み方があるわけであるが、物を法と解釈すれば、つまり物の中には法があるわけです。自然科学というものは物の間に行われている法則を研究するものであり、哲学というのは人格性格に含む法則を研究してゆくものであります。物というのは広い読み方であり、法というのは狭い意味の読み方です。だから物と読んでもよいし、法と読んでも、どっちでもよろしい。ここでは、そうむずかしく詮索せずに、物と読んでおきましょう。

「物に至るにあり」というのはそれぞれ意味がありますが、どちらかというと科学的な意味の読み方であります。「物を正す」という方は哲学的・認識論的意味の読み方であります。ただし科学が進んで行けば同じ趣になります。実例でいいますと、昔の人は太陽が東から出て地球を中心に西へ運行するものだと考えていた。ところが研究してみると、その常識的な考え方が間違っていることがわかった。本当は地球が太陽に対し、西から東に向かって回転していると正さなくてはならぬ。我々が普通に考えていることは決して世の中の真なりとは言えない。だから我々が学問をするとき、修養をするときに、我々の普通の考え方、普通のやり方というものを正してゆかなくてはならぬ。そうしなければ物の真相は得られない --- という意味に解釈するのが陽明学派の「格物」の「格」の字の読み方であります。

けれども「至る」というのは物の真相に到達することであって、それこそ「物の法則、物の真実に至ることである」ということもできる。「物の真に至る」というのは“科学的”と解釈することができる。それで、どちらかというと科学的に考えた方が、そう読んだ方がよろしいというのは朱子学派である。

こうして両説共に捨て難い妙味があるのであります。相排斥するということはよろしくない。だから我々が本当に学問修養をしてゆこうと思ったならば、ただ漫然とありきたりの生活をしているわけにはゆかぬ。日常の経験というものをできるだけ正してゆかなければならぬ。あるいは物の真実に到達してゆかなければならぬ。そこで初めて事の知識、本当の自覚というものが生じてくる。それによって「我々はこうすべきではなかった、こうしなければならぬ」というふうに、我々の意識を誠にして行くことができる。誠というのは最も深く造化的であり、絶対的であり、したがって真実であります。こうして我々の意志を真実にして行くことができる。そうすると心全体の働き(潜在意識に対する心です)が正しくなり、それが正しくなってゆけば自分の身が修まってくる。自分の身が修まってくれば家が斉ってくる。家が斉ってくれば国が治まってくる。国が治まってくれば天下が平らかに治まってくる。而して天子より一般人民に至るまで、身を修めるということを本としなければならぬ、というわけである。したがって致知格物となる。字の示す如し。

「其本乱、而末治者否矣」本が乱れて末が治まりようがない。

「其所厚者薄、而其所薄者厚、未之有也」未という字は無に通じるから、「これある無きなり」と読んでもよい。これが「大学」の有名な八条目。





前頁「古本大学講義」(九)

次頁「古本大学講義」(十一)





ブログ一覧 | 「大学」・「小学」 | 日記
Posted at 2011/08/28 07:53:55

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

お得なショップキャンペーン情報!( ...
TEINさん

ご当地サイダ~伊豆とみかん♬
ライト パープルさん

たまには奥様の事、お姫様抱っこでも ...
ウッドミッツさん

みなさんどうされてますか? (謎の ...
HIRO SEVENさん

【行ってきました】お台場旧車天国~ ...
シュアラスターさん

みんカラ:呉工業モニターキャンペー ...
3kさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「[整備] #エブリイワゴン エブリィワゴン ブレーキペダルスイッチ交換 2017.11.15 http://minkara.carview.co.jp/userid/304468/car/2040489/4523799/note.aspx
何シテル?   11/23 10:49
65年式の四駆好きです。最近あちこちガタが来てます。オーバーホール出来たら良いのに(笑)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ファン

88 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザワゴン マツダ アテンザワゴン
2014年10月納車。 アテンザワゴンSKYACTIV-D2.2、XD-LのMTモデル。 ...
ランドローバー レンジローバー ランドローバー レンジローバー
2000年に我が家にやってきた92年式レンジローバー。 路上停止するような致命的な故障は ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
90年式JA11の初期型です。 2007年7月に我が家にやってきました♪ やっぱり日本の ...
日産 ルークス 日産 ルークス
2010年7月にセレナと入れ替えで納車。 なりは小さくともなかなか使い勝手の良いクルマ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.