• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年01月23日

公道を走るということ

公道を走るということ いつかは、触れないとなぁと思っていたネタです。

私は今でこそ「サーキット」しか走っていませんが、元々「走り屋」と呼ばれる類の人間でした。

峠道、ドリフトスポット、ゼロヨン会場、色々な所に赴いては、愛車の性能を引き出すべく、アクセルを踏み込んでおりました。

転機は、冬の峠道で愛車を全損にした事。

10分前まで普通に走っていた道が、折り返し時には凍結していたのが原因でした。

単に凍結していただけなら何とかなったかもしれませんが、カーブの途中で路上駐車していたミニバンを避ける為にコースを変えたのが大きな要因でもありました。

そのミニバンは、後部のウインカーが黄色ではなく、白色発光に変わっており、カーブの途中で、こちらが高速だった事もあって、「停車状態(ハザード)」ではなく、「後退中(バックライト)」と誤認し、結果急ハンドルを切った上に凍結路面に乗ってしまい操作不能…。

完全に横向きで滑りだし、反対の下り車線に飛び出した所に、下りの車が突っ込んで来るのが見え、立て直しは不可能と悟り、アクセルオンして前輪のグリップを回復させて上り車線側の壁に激突、サイドを引いてハーフスピンさせ、リヤから再度壁にぶつけて停止…。

車両は前後を潰し、切り取られた状態で、辛うじてAピラーからBピラーが残っている状態でした。

後を走っていた友人は、間違いなく私が重症以上だろうと思い、携帯で119番しながら駆けつけましたが、本人はロールケイジにしっかりと守られており、幸いな事にむち打ち程度…車両は当然廃車に…。

「公道を走る」「違法改造」については、あらゆる掲示板で長きに渡って論じられている問題です。

誰もいない道なら…
他人に迷惑をかけなければ…
あくまでも自己責任の範疇で…

色々な言い様はあるんですが、私個人の見解としては、やはり「公道での走行は控えて欲しい。」というのが本音。
自分がやっておきながら、今更何を言っているのか状態でもありますが(^-^;)

公道の状況というのは、逐次変化します。

さっきまで平気だった路面が凍結しているかもしれない。
さっきまで何もなかったコースに、落下物があるかもしれない。
路上駐車があるかもしれない。
進入禁止の場所と知らず、迷いこんでくる車があるかもしれない。
何より、愛車が急に不調を起こすかもしれない。

比較的解放されたサーキットですら、予想出来ない事態が起こります。
公道のそれは、比べ物にならないくらい、不透明なファクターを有しています。

サーキットだって、必ずしも安全とは言えません。
でも走るなら、やっぱりサーキットで走ってほしい。
公道では、どんな要因で、どんな事故が起こるかも判りません。

命は助かっても、大好きな愛車に乗る事も出来ない体になってしまう事もありえます。

とはいえ、パワフルな愛車を手に入れれば、飛ばしてみたくなるのが人情ですよね(^-^;)
でもまずは、自分の愛車がどんな動きをするのか、理解するところから始めてみませんか?

サーキットやジムカーナに行くのも良いでしょう。
ブログを回った感じ、かなり乗れる方々も多いように感じます。
みんカラでは、行かれてる方も多くいますので、どうしたら参加出来るのか、聞いてみれば色々教えてくれると思います♪

車が滑った時、アクセルオンするとどうなるのか?
重心が傾いたロール状態から、車のバランスを立て直すにはどうしたら良いのか?

頭で考えながら走るのは、とっても楽しい事です♪
考えながら、体感しながら、S字をひとつクリアするだけでも、色々な事が判りますよ(^-^)
公道だと、そんな余裕はあまり無いんじゃないでしょうか。

以上、反面教師でした(笑)
なんだか、まとまりのない文になってしまいましたが…

公道でしか得られない事も確かにあります。ですから「1から100まで大反対」という訳ではありません。でも、大凡にしてソレは、「やらなければ良い」だけの事であったりします。リスクを犯してまで体験して学ぶより、避ける事によって頭だけで学習出来る事だったりするんです。とても難しいことではありますが・・・。
若い人には、車を維持しつつ、サーキットへ行くだけの費用を捻出する事が厳しいのも現実でしょう。でも、そこは何とか頑張って貰いたい。大事な愛車を長く大切に乗るためにも…。

納車祭りが続く中、皆さんに読んで頂き、また自分自身を改めて戒める意味で、今日ブログアップしてみました。賛否両論あるとは思いますが、率直な気持ちで書かせて貰いました。

おそまつさまでした(;^-^A
ブログ一覧 | LANCER EVOLUTION X | クルマ
Posted at 2008/01/23 02:37:08

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

ウイッシュ リアバンパー ワンオフ ...
倉地塗装さん

「 てるてる坊主 」 ~
利根川の天然水さん

おはようございます\(^o^)/
歩龍さん

オートSiドライブ&多機能 ...
ANYOKiNG 【DRiViSiON】さん

キリ番とは名ばかりのネタ
影虎。さん

台風のやって来る前に…No.3 や ...
nanamaiさん

この記事へのコメント

2008/01/23 03:34:47
私も最初に購入した車は峠で滑って操作不能で壁に激突しました。その後しばらくはあまり飛ばすことも出来なくなりましたが、何年か後またそのトラウマも消えてしまいました。
今回のこの車、安全性が飛躍的に向上しているとはいえ、よしほさんの言うように公道は危険が一杯!!自分だけでなく他人も巻き添えにしてしまったらと思うと怖いですよね。

でも持てる性能は使用したいという狭間で自問自答してしまいそうです。快適なカーライフを送る事は大事です。その中で何が出来るか?を考えつつ納車を迎えたいです。
コメントへの返答
2008/01/23 09:38:24
同じような経験がおありでしたか。
そうですね、車はどんどん進化してゆきますが、人間は殆ど進化していませんから(^-^;)(笑)自分はもちろん、他人も巻き込むなんてのは論外ですし…喉元過ぎれば熱さ忘れる、ではいけないなっと思い、時々思い返したりもしています。全損車両の写真も大切に取ってあります。
車好き、走り好きとしては、気持ちはとっても良く判るんですよね(^-^;)
でも、いけない事だと判っていて、悩みながら走っているうちは、まだ大丈夫なんだと思います。問題は、自分が間違った事をしているという自覚が無くなって、走り出した時なのかもしれません…。
2008/01/23 05:25:01
難しいです...。
車好きだと楽しく走りたいという気持ちが起こって公道でもついつい踏み込んでしまいがち。
確かにどこでそういう風な状況になるかわからないですものね。
そういいながら..私も雪のお山にいき凍結した下り道コントロール不能になって対向車に突っ込んでしまいました。
幸い、掠っただけだったので相手の方の白い車に私の赤い車の塗装がついただけでした....が
楽しい気分も一転してすごすごと引き上げてきました。
それっきり冬の山には行っていないですが、どうしても自分子供が乗っていなくて自分ひとりだとついつい踏み込んでしまう...反省ですね。
コメントへの返答
2008/01/23 09:50:15
難しいですね。
私も、周囲に誰もいない高速などでは、ついつい思いっきり踏み込んでしまう事があります。
Mikarinさんの状況も、かなりヒヤッとされたことでしょう。道が狭かったりすると、逃げ場もなくなってしまいますし、対向車の事や、路面状況の事、車の状態など、やはり公道では考えなくてはいけない事が多分にあります。
そう言う意味では、サーキットの方がのびのびと走れますからね(^-^)
Mikarinさんも、周囲にいる若い子がやんちゃしていたら、是非サーキットへ連れて行く側になってくださいな(^-^)ノ
2008/01/23 06:18:02
自分も1度飛び出しにあって車は全損、腰椎圧迫骨折でいまも日常生活に影響があるほどです。
公道は走るとしてもそこそこにしておかないと大変なことになりますよね。

それを考えるとサーキットのほうがよっぽど安心です。
性能がいい分どこまで自制できるかですね。
コメントへの返答
2008/01/23 09:54:13
あう、お体大丈夫ですか?
そうですね、やはり公道を走る事は、リスクが大きいですね。例えそれが閉鎖されたコースで、他人に迷惑が掛からないにしても、自分自身にも災いがあるかもしれない…最悪の場合、好きな車に二度と乗れなくなるかも知れないという事…それでは悲しいですものね。
サーキットも決して完全に安全という訳ではありませんが、それでも気にしなくてはいけないリスクは少ないと思います。
色々気にしながら走るよりは、楽しめると思いますしね(^-^)
2008/01/23 07:44:04
自分もよしほさんと同じく若い頃は
バリバリの走り屋でした。
しかし今まで事故の経験は無く
無事なのですが・・・。

大学卒業後は職業柄、公道での暴走行為は
辞めざるを得なかったのですが・・・。
サーキットは公道とは比較になら無い程
安全ですもんね!

まあ同じ事は高速道路でも言えますね。
どれだけ急いでいるか知りませんが
煽りながら走っている車がなんと多い事か。

自損事故だけで済むならまだしも
他人に迷惑をかけないようにしないと・・・。

「大人のマナー」ですかね(^^;)
コメントへの返答
2008/01/23 10:05:11
事故の経験が無いのは幸いです(^-^)
でも、擦りそうになったり、ぶつけそうになったり、ヒヤッとした経験は多いんじゃないでしょうか?

高速道路も多いですね。
昨日も久々に首都高を(普通に流して)回って来ましたが、昔ほど走り屋さんは見なくなりましたね。と言うか、雰囲気組を幾つか見ただけで、昔みたいに本気で飛ばしてるのは、1台も見ませんでした。
その代わり、他車を煽りながらブッ飛んで行く高級車の多いこと…BMW、ベンツに始まり、セルシオやマークⅡまで…ピッタリ尻に付いて、抗議するかのようにハイビームを浴びせ、隙間があればウインカーも出さずに抜き去って行く…昔の走り屋の方が、まだなんぼか礼儀があったように思います。

「大人のマナー」を知らないのか、「子供が大人になってしまった」のか…車が進化して行く中で、人間の方が取り残されているのかも知れませんね。
2008/01/23 08:15:34
貴重な経験の披露ありがとうございました。大変参考になりました。
是非、私もサーキット走行で車の限界を勉強しておきたいですね!
公道では安全マージン十分のドライブを心掛け、一車線の峠ではおとなしくしてきましたが、より一層の安全運転を心掛けたいですね。街乗りでは、死角を作る車両がいた場合は指差し呼称で安全確認しています。ちょっとやりすぎですか。(^^)
コメントへの返答
2008/01/23 10:14:36
若気の至りとは言え、本当にお恥ずかしい話です(^-^;)(笑)
安全確認は大事ですよ!やり過ぎでも良いんです。過ぎて不足はありませんからね(^-^)
私も特に左折時には、左側巻き込みの確認の為、振り返り確認を必ずします。極端に振り返るんで、同乗者が「なんだ?」と思うほどです(^-^;)でも、これで原付の巻き込みを予防出来た事が何度もあります。死角車両は、本当に怖いですよね…時々、白バイとかも隠れていますからね…(笑)
2008/01/23 08:31:16
公道っていうのを思い知らされますね。。
昔は僕も無茶してましたが。。。^^;

ミニサーキット行ってから峠なんかは
行かなくなりましたね~
峠でもタイヤ鳴かせて挙動は楽しめますが
サーキットではその上の領域があることを
思い知らされますからね。。
タイム計測があると自分のアクションや
車のチューニングの効果もハッキリ
でちゃいますから感覚だけで判断しなくて
いいですからね。。
フリー走行なら安く気楽に走れますからね。。
コメントへの返答
2008/01/23 10:21:05
車好きで、ハイパワー車を乗り継いでいる人には、恐らくやんちゃな経験はあるんじゃないでしょうか(^-^;)

そうですねぇ。サーキットでは、運転はもちろん、チューンの良し悪しがハッキリ感じ取れますよね♪
公道に比べれば、リスクを大きく軽減出来る分、ドライビングに集中出来るのもサーキットの良いところです。それだけ、車両の限界も引き出してやれますし、何よりドライバー本人が考えながら乗れる事で、大きく成長出来ますからね(^-^)
幾つかのサーキットでは、平日に格安のフリー走行なんかもやってますね♪
若い人には、積極的にそういうのを調べて参加してほしいですね。
2008/01/23 10:25:45
正に仰るとおりです。

私も若い頃は埠頭のドリフトから始まり、大小の峠へ愛車と共に繰り出していました。毎晩遅くまで走り込み、自分の運転が上手くなった気がしていました(>_<)。幸い私は大きな事故には遭いませんでしたが、後輩や友人を何度も山へ迎えに行きました(当時は携帯が無かったので、ポケベルで呼び出し(笑))。幸い誰も大きな怪我はなかったのですが、殆どが全損の状態でしたね。車を見て「よく無事だったな」って思うのもありました。

そんなある日先輩からサーキットに誘われ、それ以降公道を走る事は止めました。確かに費用は掛かりますが、他人に危害を加える危険性の低さ、思い切り車を開放させてあげる喜び、そして何より自分の腕の無さを走る度に痛感します。そんな思いから、公道で無茶する友人には強引に走行会へ拉致し(笑)、そのまま次回の走行会仲間に引き込んでいます(^^♪

エボはかなりの高性能車、公道でその性能を試すのは危険だと感じます。大事な車を可愛そうな目に遭わせない為に、そして他人を巻き込まないようにする余裕を持ちたいと思いますね。
コメントへの返答
2008/01/23 10:57:24
私もそうでした。夜中に呼び出されては、迎えに行く事が何度かありました。
そして、私自身がそうでもありました。ショップの社長にも、積載車で故障した車両を取りに来てもらったりで、よくご迷惑をお掛けしてました(^-^;)

車好きの方は、一度サーキットで走ると、「やはりサーキットの方が良い!」と病みつきになる方が大半ですよね。私も少なからず、そのクチです(^-^;)(笑)
やはり、きちんとタイムが出る事が、自分のドライビングを見直す手掛かりになるからだと思います。仲間との間にタイム差があれば、やっぱり悔しいですし、何が原因なのか?彼と自分でドコが違うのか?ライン取りはどうなのか?考えて走るようになるんですよね。そして、その先に必ず答えがあるのも、サーキットに嵌る理由かもしれません。

エボの高性能は魅力ですよね。確かに安全装備が充実し、素人でもその性能の一端を引き出しやすくなっている魅力もあります。それだけに過信せず、サーキットで楽しく走ってもらえたらなぁとも思います(^-^)
2008/01/23 13:45:54
最高272キロ出すギャラン君でも、一般公道ではミニバンさんに煽られまくりでした(^_^;)
自分も完璧な運転は全然できませんが、どちらもイヤな思いする煽りだけは社会からなくしたいですm(__)m
コメントへの返答
2008/01/24 20:52:32
煽りも事故の大きな元ですからねぇ…。
煽られたら相手にせず、「フッ…バカがいるぜ…」と、紳士に道を譲りたいものです(^-^)
2008/01/23 14:46:40
全開走行はサーキットで!!
ですね♪
サーキットを走ったとき、己のスキルの無さに愕然としましたもの。

是非、皆さんにサーキットを体感してもらい、車の限界の見極めをしてもらいたいですね。

自分も若い頃は公道で無謀な運転をしていたので、まったく人のことは言えませんが・・・(>_<)
コメントへの返答
2008/01/24 20:57:26
そうですねぇ、いざサーキットを走るようになると、峠で走っていた自分の技術が、以下に荒かったか良く判りますね(^-^)
私も、走り好きな人は、出来るだけサーキットに誘うようにしています。サーキットだって決して安全ではないですが、クローズされたコースで、エスケープゾーンがあるだけで、死亡事故につながるような危険性が、数%でも軽減される訳ですから…。

車好きな人には、少なからずチクッとする所はあるんじゃないでしょうか(^-^;)(笑)
2008/01/23 23:09:34
こんばんは!お友達登録後、初コメです。
宜しくお願いします♪
やはり、エボほどの高性能な車ですと、個人的には是非サーキットを走って貰いたいと思いますね。まぁ、今度は保障云々と色々しがらみもあるので…ゴリ押しはできませんが(^^;しかし、公道であれサーキットであれ、最低限マナーは身に着けて貰いたいと思います。同じエボに乗っている者として、「エボ乗りはマナーが良い」と周りから認知されたいですよね♪某漫画ではエボ=悪人扱いでしたからねぇ…(^^;
コメントへの返答
2008/01/24 21:02:51
こんばんわ!
お友達登録有難う御座います(^-^)

保障云々のお話もありますよねぇ…アレも不思議な話で。
これだけの性能の車を、公道で発揮せずに封印し続けるというのも変な話…(笑)じゃぁ、どこで出すんだよ!と言えば、競技かサーキットになる訳ですが、それがダメという話になると…もうメーカーが公道暴走を容認しているとしか言えない訳ですよね(^-^;)

「サーキットで走ったら保障出来ません。ですから公道だけで、その性能を楽しんで下さい!」

って事ですよね?∑( ̄ロ ̄;)

いや、それじゃぁ困るんだってば…orz

そうですねぇ。是非「エボ=マナーの良い車」というイメージを作りたいですね♪
そうすれば、車両の保険料率もドンドン下がるわけですから(^-^)
2008/01/24 17:20:34
体験談拝見させていただきましたm(_ _)m

私はサーキットで走る訳でもなく、また走り屋でもない、ごくごく一般的なドライバーのつもりですが、身に覚えが無いかと言われると自信を持って胸を張る事が出来ないのもまた事実。

思うところは色々ありますが長くなってしまいそうですので・・・。

しかし、これを期にサーキットも走りたいと思っていますので、色々ご教授願いたいと思います。
m(_ _)m
コメントへの返答
2008/01/24 21:05:41
お恥ずかしいお話をお聞かせしました(^-^;)

長くなってもいいですよ?( ̄▽ ̄*)(笑)

サーキット走行、ぜひ行きましょう!
早く走る必要はないんですよ♪愛車を操る事を楽しめれば、そして愛車の挙動を学ぶ事が出来れば、ゆっくりでも自由に走って貰ってよいと思うんです(^-^)
2008/01/24 22:03:10
かなり危険な思いされたのですね。
でも、そこで重症や死に至らなかったようなので、出来事的にはとても良かったですね。転機になったのですから。

それを続けていたら、もしかしたらよしほさんのとても幸せそうな今の家庭は無かったかもしれませんしね。


自分も昔ほど無茶はしなくなりました。。^^;
やはりターニングポイントは必要ですね。(自分はたった2回の違反で免許取り消し寸前で、もう車に乗れないかも、な抜け殻感を感じ、だいぶ落ち着きました。


あとは、今の若い人が危なくない様に、安く走れるサーキットのような場所が出来ていく事を望みます。
なかなか叶わない願いですが・・・。

あとは、一般ドライバーにも免許取得時にサーキット講習が必須科目になってもらいたいところです。一線を外すと車はどういう怖い動きをするのか。
知らずに飛ばすから死亡事故になるわけで・・・。
コメントへの返答
2008/01/25 19:45:55
そうですねぇ、若い人たちが積極的に走れるような、安い走行料金のサーキットとか出来ると良いですね♪まぁ、維持費や設備投資を考えると、難しい問題でしょうか…( ̄~ ̄;)

免許取得時に、放水路での横滑り体験とか、危険回避動作を教えるのは良いように思いますね。ただ、横滑りからの建て直しにしても、車や状況によって変わりますから、「教えられた通りにやったけど、ダメだった!金返せ!」的な話になりそうで、難しいかもですね(;^_^A(笑)この辺りが、問題なければ、なんとかいける?かな?
究極的なドライビングシミュレーションとか、できないですかねぇ?(´∀`)
2008/01/25 00:32:31
かなり遅いコメントになってすみません。
まず、過去に大変な事故に逢われたそうで、無事で何よりでした。

このお話は自分と密接に関わっている話しなので、ここ2日間ずっと考えていました。
公道を走ると言う事はどういうことか、ずっと自問自答してました。
どこまでなら許されて、どこからが許されないのか。
でも、答えが出ませんでした。

自分は、5年ほど前から山道を走る事が好きになり、今でもぶら~っと人の居ない時間帯を見計らって走りに行ってます。
これが、よく言われるスポーティな走りなのか、それともそれを越えてしまっているものなのか、それは自分では分かりません。
自分なりにルールはあって、絶対に無茶はしない、車線を越えない、各コーナー毎に制限速度を決める、対向車が見えたら速度を落とす、など色々決めてます。
でも、法律で定められている制限速度を超過してしまっている事も事実です。
具体的な数字を出す事に意味があるのかは分かりませんが、平均すれば20km/h~30km/h程度超過してしまっているでしょうか。
場所によってはそれ以上超過してしまっている所もあります。

一般的にここまでは許されるっていう、線引きがされていないので、どこまでがいわゆるスポーティな走りで、どこからが危険走行に含まれるのかが難しい所だと思います。
唯一の線引きと言えば、法律で定められている制限速度でしょうか?
でも、制限速度をきっちり守って走りを楽しむのは難しくて、スポーティに走ろうと思えば、どうしても制限速度をオーバーしてしまいます。
スポーティに走らなくても大多数の人は制限速度以下では走行していないのではないでしょうか。
メーカーやディーラーの人もワインディングをスポーティに走って楽しい車と言ってるくらいなので、そう考えるとある程度速度超過した状態でスポーティに走ると言うのは、場所や周りに配慮した上でならばある程度許される行為なのかとも思います。
とは言え、このある程度というのが難しくて、人によっては20km/h超過までであるかもしれませんし、またある人によっては50km/h超過までなのかもしれません。

実際みんカラをされている、某自動車ジャーナリストの方は、公道で瞬間的に1.3Gの横Gがかかる状態で走行されたそうです。
勿論、これはそれなりの技量があるからこそなのでしょうが、これだけの横Gが発生する走りはとても制限速度を10km/h~20km/h越えたくらいでは到達できない領域だと思います。
さすがに、ここまで来るとスポーティを超えてしまっていると思いますし、自分はここまで極限の状態で走った事はありません。
ただ、有名なジャーナリストの人が走ってるんだから、自分も走りたいと思う気持ちは少なからずあります。
だから、無理をしない範囲で走りたいと言うのが本音です。

とは言うものの、正直な所、公道では練習するにしても限界があるなと感じてもいます。
本気でスピードの乗った状態でのフルブレーキングの練習をやろうと思えば、それこそ何かあったときに事故を回避出来ないどころか、重大な事態を招くのは間違いないですもんね。
だから、来月の頭に友人とサーキットに行く約束をしました。
お金がかかりますが、最低限必要な物を揃えて行ってみようと思います。
そこで、公道では練習の出来ない、ブレーキングの練習や限界付近での挙動を学びたいと思っています。

最後に、一つだけ偉そうな事を言わせてもらうと、サーキットにはサーキットの公道には公道の楽しさというのが間違いなくあると思います。
ただ、サーキットで出来るからと言って、同じ事を公道でするのは間違っているのでしょう。
サーキットで自分と車の限界を学び、その上でワインディング等で自分が怖さを感じない、気持ち良いと感じられる速さで走る事で、もしもの時に自分と車の限界の中で事故を回避あるいは、最小限の被害に留められる事が自分の理想とする車の楽しみ方かな~と思います。

長文ならびに読みにくい文章で申し訳ありませんが、最後まで読んでいただきありがとうございます。
このブログは自分の車に対する考え方を見直す大変良いきっかけになったと思います。
コメントへの返答
2008/01/26 01:28:22
こんばんわ!
長文コメント有難う御座います!

色々悩んでくれたようで嬉しいです。過去の自分の恥を晒し、今回のネタを挙げた甲斐があったと思います(^_^)

hiroさんに対する回答は、今回の私のブログアップの本意を示すものにもなります。
なので、別ブログとして、立ち上げてコメントに変えたいと思います(^-^)

もうちょっとお待ち下さいね(^-^;)
2008/01/26 10:53:24
遅レスすみません

こちらが後になってしまいましたが、
重たい話しなのでじっくり読んでから
書き出した次第です

私の体験談では別途ブログにも書いたり
しておりますが、20代に初めて車に出会
って(仕事もそれなりの仕事でしたし)
必然的にモータースポーツにいきなり入
って特にラリーでガンガンやっておりま
した。

そこで継続的に続いていれば今はそこそ
こになったかもしれませんが、資金が続
かずちょっと中断になってしまいました。

仕事が終わったらすぐ山に出かけて、ダ
ートを夜明けまで走り、会社に戻って
そのまま車の中で仮眠して出勤とそんな
ことを毎日やってたりしました。

ブラインドコーナーの先には何があるか
霧や雪道での走り方、轍がある場合の走
り方を諸先輩について走るだけで結構盗
めたりしました。

でも最初はどんどん引き離されてしまい
ましたが何年かでやっと追いついていけ
ました、でも痛い思いもたくさんしたり
しています。

その頃に培った教訓が今になって体に染
みついているので、限界点の怖さとか
(ダートではまっすぐ走らせるのが非常
に難しい時代でコーナーでは先に車をフ
ェイントモーションで横にしてコーナー
を抜けていくのが主流でした。でも道路
のコンディションが一定じゃないからわ
ずかなタイミングの違いで、そのまま道
の外にサヨナラというケースも日常茶飯
事でしたね)公道での色々な環境変化に
対するカンが養われたのかな?と思い
ます。

車はガード類でガチガチで固めてはいま
したが毎晩もげては治しもげては治しの
連続で(今のDIYグセはこういうところ
で養われたのかと思います。)車の外観
もとんでもない形になっていました。

練習だけで車が廃車になるのでそれでは
貧乏人は長く続く訳けないですよね


その後、結婚して子供が出来て車どころ
じゃなくてようやく落ち着いた頃やっと
新車が買えるようになってそれからは
自分だけの身じゃないから自分に言い聞
かせて常に「頭に釘が刺さった状態」で
現在も続いております。

今の方々には昔みたいに少し悪さしても
許される寛容な場所ってないと思います。

まずダートは北海道以外ではほとんど無
理だし、舗装路でもほとんど対向車が
くるので限界走行なんてとんでもない
話でしょうね。

私だって対向車が来る道は怖いです
ブラインドコーナーでは絶対インキープ
&徐行です

それに最近は環境とくに騒音に関しては
厳しい時代です。

山道を走っていても民家が見えたらエン
ジン回転を落として静かに通過するとい
う気遣いもしています。
また駐車の時も民家の近所ではアイドリ
ングはしない。
どうしても暖めたいときは民家から離れ
た場所でと気遣いが必要です。

ましてはドリフトなんて・・論外ですね

昔は爆音直管が普通の車だったので、練
習でなくても民家の前では静かに走るの
が常識でした。

そういった数々の昔からのカンと体感の
積み重ねが今の走りにつながってきてい
るのかな?と思いますね。

でも速度だけに見れば何も制限速度を超
えて攻めなくても低速度で安全に公道で
練習することが出来ますよ。

センターライン一杯までと路肩を使って
アウトインアウト、アウトインイン・・
対向車が来るか来ないか?遠くまで見通
した予測
ブレーキをABSに頼らないで走るとか・・

雪がある地方へ出かけてゆっくりで良い
から低ミュー路での走行で車の挙動がど
う違うのかお尻の感覚を鍛えるとか・・

動体視力を養うなら、電車に乗っていて
も動く景色の先に注視して細かい物をさ
がして見るとか・・・

ブレーキやアクセルワークの繊細さを
鍛えるにはつま先歩きとか、足指の運動
とか・・・

ハンドル裁きを素早くするには、重い本
を両手に持って水平にあげて回す練習と
か・・・これ結構大変!

何もお金をかけなくても「毎日の生活や
普通のドライビング」でドラテクを鍛え
る方法はいくらでも見つかると思います。

ちょっとまとまりが無くなっていますが
走りの前にマナーというか自らのしつけ
を頭において行動することが大切なので
しょう
コメントへの返答
2008/01/26 13:25:13
こちらの方へ分けての書き込み、有難う御座います。皆の経験談という事でまとめる事が出来ました(^-^)

ゆうたさん、ラリー経験者でしたか!(すみません、ブログの深い層まで拝見しておりませんでした…orz)私も以前に、少しだけカジっておりました。本当にカジっただけでしたので、あえてブログ等では記載していませんでしたが。数年前の大幅規定改訂を機に退いてしまいました…。

ゆうたさんの走る事に対する気の使い方や、考え方には敬服します。本当に良く考えられていると思います。私も見習って、もっと細かく考えないといけないなぁと感じました。

そうですねぇ、仰る通り、昔に比べてやんちゃ出来る場所は、明らかに少なくなっています。民家が増え、舗装路が増え、環境が変わり、なかなか今の人たちが走れる道というのは、無くなって来ているように思います。
先日、数年振りに箱○を流しましたが、周囲の景色も大分変っていましたね…十○峠のところに、あんなでかいパーキングが出来ている事も知りませんでしたよ(;^-^A

若い頃に培う感覚というのは、後々非常に有益な財産になると思っています。ドライビングテクニックもさることながら、車両感覚や、体感速度感等も少しずつ培われて行くものです。壊れた所を修理するテクニックもそうですね(;^-^A
そういう意味では、いっぱい走って貰いたいとも思うところではあるんですが…。
そうですね。ドラテクの向上は、速度を上げなくても鍛える方法は色々ありますよね(^-^)低速度でのアウト・イン・アウトや、ABSカットは、私も良くやりました(^-^;)

いや、色々説得力あるお話だったと思います。貴重な体験談も有難う御座いました(^-^)
お付き合い頂いて、感謝しています♪
2008/02/02 11:52:50
公道はやはり危険がいっぱいですよね^^;

私の実家は石川県の金沢市というところは、山と海に囲まれてて、20歳位までは、峠ばっかり行ってました。それこそ峠を1晩に3つハシゴが出来るほど近く、毎日のように走ってましたが、やはりそこはサーキットじゃないので、1回の事故がかなり大事の事が多いですよね。
私自身は峠での事故は、インに切り込みすぎて山に乗ってジャンプしたくらいで済みましたが、よく崖から落ちてる車がいました。それこそ連なって走るので、先頭がガードレールに刺さっただけの事故が後続車が突っ込むことで崖に落ちたりしてて・・今思うとぞっとしますよね><
ただ、ドラテクの練習って意味では、石川は雪国で、閉鎖されたところにいい練習場所があったり、通称「なぎさのドライブウェイ」と言われるバスも走ってる砂浜があったりで腕を磨くにはいい環境でしたが、サーキット自体は、2つ県の離れた新潟の間瀬サーキットしかなく、行く機会がなかったです。

今は落ち着いて峠すら行かない私ですが、転機は千葉への転勤でした。
千葉は近くに峠がなく、茨城の筑波山に走りに行ったとしても事故ったら呼べる人もいないって事で峠には行かなくなりました。
ただ石川と違いここには行ける距離のサーキットが多く、少し前に関西の鈴鹿界隈のサーキット走行しまくってる知り合いと話をしてたら、走行料が高いと思ってたのが意外に安い事を知り、HP等で確認したらビックリする位安い事を知りました。

それが最近の話です。なのでプロフィールにも書いてますが、今回エボXに乗ることを機にサーキットデビューしたいなと思った所存です。

色々教えて下さいねm(_^. .^_)m ぺこ

長文失礼しました。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【さて】発売日です・・・ http://cvw.jp/in141
何シテル?   02/15 01:47
スポーツ走行をこよなく愛する1児の父です。 ホームコースは、茂原ツインサーキット。 良く息子を連れて、会員走行に出没してます♪ ご一緒になった際には、宜し...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

A'PEXi 
カテゴリ:チューニングショップ
2008/06/29 23:07:15
 
VARIS 
カテゴリ:チューニングショップ
2007/10/30 23:55:41
 
トヨタ自動車 
カテゴリ:日本車メーカー
2007/10/30 01:35:53
 

お友達

2008年2月に
ZZT231「CELICA」から、CZ4A「LANCER EVOLUTION X」に乗り換えました。
車弄り大好きですので、CELICAオーナーの方も、EVOオーナーの方もお友達になって下さい♪
その他の車種の方も、お友達大募集です!
99 人のお友達がいます
EVOMANIAEVOMANIA * SS_stageSS_stage
エボX-SST@こういちエボX-SST@こういち waka-Xwaka-X
ウィックウィック ★ 咲川めり ★★ 咲川めり ★

ファン

19 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
2008年2月9日に納車されました! 子供が生まれるのを契機に乗り換えました♪ アペ ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
元々は「BRASH BOY」というショップのパーツ開発用車両で、開発したパーツをサーキッ ...

過去のブログ

2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.