• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

WITHのブログ一覧

2017年11月21日 イイね!

ヒラメ釣れちゃいました

ちょうど2年前、大ヒラメを目の前で釣り上げたのを見てからいつか釣ってみたい魚でしたがついに念願がかないヒラメが釣れちゃいました。

寒くなってきて私の釣りはもっぱら釣り場は車横付けが絶対条件、アタリは暖房を効かせた車内で待つという不精者の釣りとなります。
そんな釣り場を求めて今回は南房総まで行ってきました。
天気がよく昼間は富士山がよく見えました。
やっぱり海は気持ちがいい。

写真で見るとぼんやりですが実際にはきれいにしかも意外と近くに感じます。
海の中を覗くと小さな魚が群れをなして泳いでいるのが見えました。

ゆっくりと足元用にトリックサビキと軽く投げられるカゴサビキを準備、コマセを詰めて魚を寄せにかかります。
夕方頃になってぼちぼちと反応が出始めますが一応狙いは大中のアジなので餌をつついている魚のサイズと仕掛けが合わないようです。
恐らくコマセに反応しているのはさっき上から見えた魚たちでしょう。
その後ときどきトリック仕掛けにアタックしてきた魚が釣り上がってきます。
正体は予想通りカタクチイワシでした。
釣り上げるとすかさず、ご当地猫がやってきます。
ウロコまみれになるのも嫌なので魚には触れず、振り落としたりしながら仕掛け投入を繰り返します。
カゴサビキには1度15センチくらいのウルメイワシがかかりましたがこれも猫様に献上。
間詰め時の本命アジのアタリを待ちます。

そうこうしているとトリックサビキの竿にイワシにしては大きめのアタリがカタカタと出ました。
ゆっくり上げると重い。でもその重さは魚の反応というより大きめのゴミをかけてしまった感じでした。
無理をしないようにさらに竿を立てると、お?おお?おおお?黒く平たい影が見えました。
間違いなくヒラメでした。
トリックにかかったカタクチイワシに食いついたのでしょう。柔らかい1号竿なのでそのまま抜き上げはできそうにありません。
魚を刺激しないように1度竿をもどし、車から急いでタモ網を出して準備しました。
付いててくれよ。と願いつつ再度竿を立てるとさっきと同じようにヌタァ~と上がってきました。
タモを沈めると魚も何度か抵抗し2~3度平をうつのをかわしてなんとかタモに入りました。
こんな感じでヒラメが釣れちゃいました。
釣った感はありません。釣れちゃったんです。

サイズは家に帰ってから測りましたが45センチありました。
いわゆるソゲクラスかぎりぎりヒラメと呼べるサイズくらいでしょう。
以前、大ヒラメを釣り上げた老釣り師も言っていましたがヒラメはバカだから居れば釣れるんだよ。
とおっしゃってたのがちょっとだけ理解できました。
釣れちゃうときには釣れちゃうのですね。

その日、アジはまったく釣れませんでした。
釣って楽しいのはやっぱりアジの方かもしれません。
でも、タナボタ的なご褒美としてヒラメ狙いは続きそうです。
Posted at 2017/11/24 14:01:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り | 趣味
2017年11月03日 イイね!

ひさびさに内房へ釣りに行ってきました

外房へはたまに行っては釣れずを繰り返していましたが、最近は市川のオリジナルメーカー釣り施設に行ってみたりしていました。
今年は東京湾でイナダ、ワラサが絶好調なようで市川の釣り施設でも半月前くらいまで40センチ以上のイナダが毎日数十匹上がっていたようです。
私は2週間くらい前に行きましたがそろそろ落ち着いてきていてその日上がったイナダは10に満たないほどだったようです。
私はというとサビキを落としていれば何か釣れるだろうと様子見を兼ねて行ったのですがまったくの音無し。
お隣りの若者も同じようにサビキで釣っているのですが、ときどき大きなカマスを上げていました。
サビキでカマス?と思って声をかけてみるとサビキのオモリ代わりにジグをつけておくとカマスが勝手に食ってくるのだとか。
親切な方でジグをひとつ譲っていただきさっそくサビキのオモリと交換。
しばらくするとコツコツ、ググゥーーーと大きなアタリが来ました。
釣り上げたのは35センチくらいの大カマス。お隣にお礼を行ってボウズを免れました。
その方のお話だとジグでもピンク系がいいようです。

そして昨日はもう少し南下して広々とした岸壁へ。
昨日も一応アミブロックだけ用意し様子見のつもりで15時ころ到着。
釣り人は平日の割にはいる方だなという感じでした。多くの方が地元の常連らしく期待感があります。
磯竿でルアーやカゴを付けて投げている人、足元をリール付き短竿やノベ竿サビキをしている人、虫エサを付けて投げ込んでいる人、釣り方はさまざまでした。
しばらく車の中から様子を見ているとカゴ釣りの釣り師が何か白っぽい20センチくらいの魚を上げていました。
サバかコノシロかな?と思っていたのですが、その後もカゴサビキの釣り師にポツポツと上がり始めました。
近くの釣り人にも上がったので車を降りて見に行くとなんとアジでした。
こんな明るいうちにアジが釣れるんだ?!
さっそく準備です。
ちょうど目の前の釣り人が帰り支度をしているところだったので声かけして場所をいただきカゴサビキ開始。
水深が10m近くあると聞いていたので底から1mくらいのイメージで深棚を狙って何度か投げますがウキはピクリともしません。
その間も廻りではポツリ、ポツリとアジが上がっているようです。様子を見るとどうももっと浅い棚のようだったので私も思い切って棚を半分にまであげて投入。
しばらくするとウキが消えました。
待望のアジ、小さいながらも内房でアジを釣ったのはもしかしたら初めてかもしれません。
その後、ウキがモヤモヤと沈んだので軽く合わせるとググン、ググンと魚が暴れる感触。
これは何か違うなと思いつつ魚の引きを感じながら引き上げるとやはりアジでしたが丸々と太ったまあまあのサイズのものでした。
近くのおじさん方から「おお、いいサイズだね」と賞賛の言葉をいただきました。
アタリが続くことはありませんでしたがポツリポツリと全部で6匹。夕間詰めを過ぎてあたりが暗くなったので電気ウキに交換し投げ込みますがまったくウキが動かなくなりました。
潮周りは満潮を過ぎて引きにかかったころなのでまあまあのはず。
でもピクリともしません。
お隣のいかにも地元ベテランさんは、「ここは暗くなるとダメなんだよ。次は明日の5時だよ。
朝はいいよ~」と言っていました。
たしかに地元のベテランさんは帰り支度をしたり、投光器を用意したりしています。

車中泊のつもりはなかったので周りの様子を見ながらゆっくりと後片付けを始めました。
すっかり暗くなったころにルアーを遠投していた釣り人の竿が弓型に曲がります。
しばらくして上がったのはピカピカのタチウオでした。
タチウオを釣り上げるのは初めて見ました。
もしかしたらアレが動き始めるのでアジなどは姿を消すのかもしれません。

しかし、思わぬ大アジを釣り上げました。しかも車は横付け、明るいうちに釣れるとなると楽なこと大好きな私にはぴったりです。

写真は自宅に帰ってからのものだけです。



サイズは16センチから最大は25センチありました。
釣りの頻度が少し上がりそうです。
Posted at 2017/11/03 10:52:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月11日 イイね!

【コペン売却】10年間ありがとう!

2007年秋、アルティメットエディションⅡメモリアル発売と同時に注文し、シリアルナンバー付きのコペンを手に入れてからちょうど10年。
事情があって手放すことになりました。
いじってばかりでぜんぜん乗らなかったコペン。
こんなに愛着があってペットのような車は初めてです。

売却にあたり、ブローオフバルブ、フロントグリル、トランクバー、ホーン、アンテナなど外せる装備は外し、加工したドリンクホルダーやコンソールリッドなどもノーマルの状態に復元してネットでの一斉査定後、近場の中古車店を廻りました。

まだ距離も2万キロ台、大事に扱ってきた甲斐あってどこもいい価格を提示してくれました。

普通に考えればとても10年経過した軽自動車につく価格ではありません。
ますます手放したくなくなる気持ちが湧いてきますが、仕方ありません。
中でも信頼できそうな大手チェーン店にお任せしてついに売却契約書にハンコを押しました。

走行距離26,471キロ。
いじっても乗っても最高に楽しい車でした。


車引渡し日の昨日、中古車屋さんの駐車場に置いてきたコペンを振り返ると笑っていました。


大事に乗ってくれる次のオーナーに渡ることを願いながらひとり寂しく帰ってきました。
10年間、楽しい時間を本当にありがとう。
Posted at 2017/10/11 16:02:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月06日 イイね!

エボダイ獲ったどぉ

先月から今月にかけて何度か釣行しましたが、なかなか思ったように釣果があがりません。
そんな中で珍しい魚を釣ったのでアップします。
月曜夕方から23時頃まで例によって車が横付けできるお気軽岸壁での釣りです。

明るいうちに釣り場に着くと先行釣り師はひと組だけ。
ご夫婦で竿を出していらっしゃいました。
声をかけるとその方もまだ来たばかりとのことでお隣で竿を出させていただくことにしました。
しばらくするとそのお隣が出していた竿にたて続けにアタリ。
コマセにサッパが寄ってきたようです。サビキに2匹、3匹と付いています。
足元に撒いたコマセには他に小メジナもたくさん寄ってきます。
明るいうちは本命のアジは期待できないと判断してゆっくりと準備をしながら日が落ちるのを待ちました。
この日は風もなく比較的気温も高いので身体は楽です。
潮は小潮、夜中にかけてあげていく感じです。

薄暗くなり本格的に気合を入れて竿を振ります。
完全に暗くなった頃からぽつ~~り、ぽつ~~りとアジが釣れてきますが続きません。
30分に1匹ペース、サイズも17・8センチくらいでイマイチです。
たまに強い引きで40センチ級のボラが上がりました。
ボラは上がってからも大暴れして仕掛けをぐちゃぐちゃにしてくれます。
できるだけ傷をつけないように海にお帰りいただきました。「友達のアジくんを呼んでね」心の中で声をかけました。

潮止まりが近づきアタリも少なくなってきたのでそろそろ引き上げるかと思った頃、電気ウキがフワッと沈みました。
確かな魚の引きを感じながらひさびさのアジが来たかとあげてみると平たい形だったのでウミタナゴでもかかったかと思いながら明かりを当ててみると見覚えのない魚です。
形や色は小型のメッキやショゴのようですが鼻先が丸く、肩のあたりに黒い柄があります。
目立った鱗はなくハリはずしをしている間にどんどんヌメってきます。
見たことがなく、そのままクーラーに入れるとヌメリで始末が悪そうだったので写真だけ撮って海に返しました。

撮った写真はこれです。

体長は20センチ弱といったところです。

帰宅後、調べてみるとそれがエボダイであると判明。
初めて釣った魚です。エボダイは干物や煮物などで食べたことがあります。堤防からの釣りで釣れる魚だとは知りませんでした。

またもやぱっとしない釣果でしたがこの日は朝まで粘ることもなく帰宅しました。
この日釣れたアジは全部で8匹でした。
先のボラとエボダイ以外には面倒な外道はなく比較的釣りやすかったのですがもう少し数がでないと満足できません。


釣れたアジくんたち。
お刺身でとてもおいしくいただきました。



Posted at 2016/12/08 11:39:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 釣り | 日記
2016年09月16日 イイね!

ひさびさの釣りでまぐれ当たり

休みと天気の調整が取れずなかなか行けなかった釣りに行ってきました。
アジが少し釣れているとの情報を得てよく行く外房の漁港へ。
中秋の名月、満月の大潮でした。

満潮間際の15時過ぎからノベ竿のウキ釣りで開始。
明るい内は木っ端メジナなどの雑魚の猛攻。少しづつコマセを撒いては夕方のまづめ時を待ちます。

いよいよゴールデンタイムのまづめ時、少しずつ薄暗くなり気合を入れて仕掛けの投入を繰り返します。
あれだけうるさかった雑魚も集まらなくなってきました。
いよいよアジくんの登場かと期待しましたが、そのまま静かに時間は流れアタリもなくなりました。
背後の常夜灯も点灯しすっかり暗くなりました。

昼間の魚の活性の良さからきっとアジも回ってくるものと信じてコマセと仕掛けの投入を繰り返しますがさっぱりです。
これほど魚の気配のない夜になるとは…
たまにある小さなアタリで釣れてくるのはクサフグとネンブツダイだけ。
同じく夕方から竿を出していたお隣さんもついに諦めて別の漁港へ行ってみると釣り座を去りました。

完全に意気消沈、諦めて明日の明け方に備えるかと思い始めたころ下げ5分19時頃でしょうかモヤモヤとウキが消し込みました。
すかさず合わせると予想以上の力強い引き。
ボラでも掛けたかと思いつつ耐えているとボラとは明らかに違う魚影がヒラリ…
なんとクロダイでした。
ノベ竿の細仕掛け、何度かの強い引き込みを交わしてひとりアタフタしながらなんとかタモに収めました。タモ網準備しておいてよかったあ。
狙ってもなかなか釣れないクロダイがこんなところで釣れてくるとは思いませんでした。
その後は2時間ほど粘りましたがクーラーに入れた魚はこれだけです。

ここでは明け方もアジは期待薄と考え思い切って釣り場を変更。
ソーダガツオが釣れていると聞いた南房へ向かいました。
夕食と休憩を取りつつゆったりとカゴ釣りと保険のトリック仕掛けを準備。
暗いうちは何も起こりません。近くの釣り人はいいサイズのアナゴを上げていました。
その他に上がっていたのはゴンズイ氏のみ。
私は明け方にトリック仕掛けのノベ竿にジンタサイズのアジが7つだけでした。

すっかり明るくなりましたがソウダも回ってこず、ほとんど残ったコマセの敗戦処理のごとくカゴを投げ続けているとピョコピョコとウキが動きました。
軽く合わせてみると何やら魚の手応えがあります。
上げてみるとなんとサヨリでした。
サンマサイズのサヨリも釣れるとは聞いていましたがこれはサンマよりもでかい。
コマセが切れるまでに同じくらいのサヨリを4本釣り上げました。

ソウダガツオは近くで弓づのを投げていた地元の方が一匹上げただけ。さすが地元の釣り人、時合いも釣り方も知っているのですね。

帰宅途中、道の駅で仮眠を取り眠気を取ってから家に向かいました。
帰宅後、魚のサイズを測るとクロダイは33センチ、サヨリも同サイズ位のりっぱなものでした。



今回、本命ではすっかりスカをくらいましたが、それ以上の食材を得てうれしいような悔しいような複雑な気分でした。
釣りと人生を重ねて考え期待する私です(笑)





Posted at 2016/09/18 15:16:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 釣り | 趣味

プロフィール

2007.11からコペンに乗っています。 週末限定なので距離は乗っていませんがいじる楽しさもあり魅力は色あせません。 だいじに長く乗りたい車です。 2...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

お友達になってくれる方はポチッとしてください^^
13 人のお友達がいます
tacoma@ひさしtacoma@ひさし MORATO@124MORATO@124
トミサントミサン 魚やさん魚やさん
D.α.iD.α.i ☆なお☆☆なお☆

ファン

25 人のファンがいます

愛車一覧

ダイハツ コペン ダイハツ コペン
どうしてもマニュアル車に乗りたくなり無理して購入してしまいました。 UEⅡ公式発表と同時 ...
ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
13年乗った初代ステップワゴンをフルモデルチェンジ直前の2009年夏、RG-3に買い替え ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.