• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年02月04日

人助け

金曜日の夕方S氏から連絡があった。
明日滑りに行くけど(月曜日に行ってたけどね),2台体制になったので余裕があるから一緒に行く?とのこと。今週はおとなしくして膝の回復に努めようと思っていたけど,誘惑に勝てず,行けたら行くわということで,同行決定。
集合時間や場所は毎度のということで,7:20ごろ到着一番乗り。
続々集まってきた。

今回の面子はS氏とS氏の職場の後輩(男性3名+女性1名)と,女性後輩の同期,(女性1名)の計7名。
男性のうち1人は前々回一緒に滑ったON。もう1人は高校の同級生(高校時代に絡みなし)のUA。もう1人は今回はじめましてのYO。女性は一昨年一緒に滑ったAKと,今回始めましてのST。

ホットモット到着後,前回定番メニューに決まったカツ丼を買おうとしていたら,前にいた男性陣が全てカツ丼を注文。自分ももちろんカツ丼を頼んで,後の女性陣もカツ丼。
結局全員カツ丼を注文。今回はAKBグッズのスピードくじを渡されたが,全員ノート。

昼飯を調達したところで山へと向かう。
周辺は週半ばあたりの降雪で真っ白だが,道路はしっかり除雪していて,山のふもと手前からちょこちょこ積雪あり。そのまま山のふもとまではいけたので,ふもとの広場でチェーン装着。
ホイルに傷がつかないようにビニールテープ貼って,チェーンつけるという作業で,自分がテープを貼って,S氏がチェーンを装着。
右側が終ったので,次左側。左側もテープ貼れたし,S氏にチェーンを…。
S氏がいない。辺りを見渡すと,車の右側に止まっているエスティマ周辺に人だかりが。
その真ん中にS氏がいて,エスティマの持ち主のチェーンの取説を呼んでいるところだった。
エスティマのグループ構成は,5・6歳の女の子2人とそのお母さん2人の4人体制。いぶきの里スキー場へ向かっているらしい。
チェーンは昨日買ってきたばかりのもので,つけ方がなかなか分からないようで,S氏がさくさくとつけ始めた。…が,手が入らない。
「この車ローダウンしとる?」と聞くと,「分からん」とのこと。
でも,明らかにローダウンしとる。
お母さんのうち1人はN浜市出身とのことで,えらく親近感を持って話してくる。
子どもらは,こちらの女性陣と仲良く遊んでいた。UAがここで子どもに呼ばれたが,すぐに「もうええよ」と帰されたのにはちょっと笑った。
結局,S氏が作業中に,はずし方の説明もしてここでお別れ。
いつの間にかお礼にと1野口とポンカン1袋いただいていた。

少し予定外に時間を消費したが,さくさくと花見山へ進む。
今日の到着は下側の駐車場。それでも1回目にきた時よりは少ない人数。
そそくさとカツ丼をたいらげ,準備を済ませてゲレンデへ。
やっぱり下側から行くのは結構しんどい。車へ忘れ物は絶対できん。

週半ばの積雪でもふもふの状態。
S氏は今回人生2回目のボードというSTを教えるため,歩いて少しゲレンデを登っていく。
男性3人と女性1人,あとS氏とSTは11枚つづりの回数券3枚を分かち合うということで,自分だけ午後券を購入。

4人が2回滑る間に3回滑るぐらいのペースで滑る。
左ひざは少し痛いが,普通に滑るのには支障なし。
パウダースノーが気持ちいい。
若干ワックスが聞いていないのか,少しブレーキがかかる。
帰ったら来週までにワックスかけなおさなきゃ。

1人で滑ったり,合流して滑ったりするが,やっぱり何人かで滑るほうが楽しい。
そういや,今日は職場のFさんは1人大山へスキーツアーに行っているはず。楽しんどんかなぁ。
みんなでHP的なジャンプスポットを堪能。AKがここに果敢に入っていくのはすごいなぁと。
その後,あの因縁のキッカーへ。
もう,なめる程度にしかクリアできない。
AKはここもキャーとか言いながら行っていたのはもう尊敬としか。。。

回数券が残り3枚になったところで,みんな譲り合い。
結局,休憩していたSTが行くとのことで,同性のAKとYOとの4人でラストランへ向かう。
STは今日2度目のリフト。
一緒に乗ったが,やっぱり初心者にはリフトって怖いよね。
リフトの上で,上達加減とか苦手なところとかを聞いて,自分ができるアドバイスを少ししゃべる。うーん,初めたばかりのほうが,初心者の気持ちが分かって的確なアドバイスができたかも。
結局恐怖のリフト降り場では,自分が邪魔した感じでSTをこかしてしまった感じで,非常に申し訳なく思いつつ,頂上へ到着。
ここから降りるのも,今ではなんともないけど,初心者のころだと嫌な斜面なのかなぁ。
YOはちょこちょこアドバイスをしていてえらいなぁと思いながら,ゆっくり降りつつ,様子を見る。
途中平坦なところで止まってしまったので,片足はずして休みながら進む。
後形になっていたので,少しアドバイスしながら降りていく。
YOはゆっくり進んでいったので,結構足がパンパンになっていったみたい。

最後の広いところで,左サイドの山に駆け上ったりして遊びながら,アドバイス。
後ろ向きからの左ターンが結構うまくいきだしたけど,右ターンがちょっととのことだったので,練習しながら少しずつ降りていったら,結局あと少しってところで終了になってしまった。
時間的にあと1回リフトに乗れるな!と思ったけど,1人だけいってもあれなんで,膝のこともあるし,ここで終了。

片付け後17時過ぎに下山開始。
道の除雪は結構しっかりしてたので,山のふもとの広場でチェーンをはずすことに。
ほぼ外れた状態のときに,道を走っていた車から声が。
行きにチェーンをつけたエスティマが手を振りながら減速して走っていた。
「もうはずしたほうがいいんですか?」と聞いてきたので,S氏が「僕らはここではずしますよ」と言ったのだが,後続の車もあってかそのまま去っていってしまった。

出発する時にYOが「エスティマ見つけたら寄りましょう」と冗談げに言ったが,しばらく進むと広いところでチェーンをはずしているエスティマが。

自分らがはずしたころには辛うじて明るかったあたりもだいぶ暗くなってきたが,こちらのヘッドライトとかで照らして,手元はそこそこ明るい。懐中電灯もあるし。
チェーンをはずす時に,ステアリングを切ったり,バックしたりが必要なので,S氏がYOに指示して動かさせた。
YOが最初にステアリングを切ってから,戻せの指示を出すまでにYOは助手席のN浜市出身のお母さんとものすごい笑顔で談笑。戻せの指示にも全然気がつかず,次々と出す指示にもなかなか気がつかない。
まぁ楽しそうだったからええけど。
体がだいぶ冷えたころにチェーンもはずし終わり,お別れ。
また,帰り際に1野口渡されそうになったので,断って車に乗り込んだら,子どもが持ってきて車内に入れてきたので,ありがたく頂戴。

帰路についてインター入り口に着くまでにYOからS氏へメール。
「すみませんでした。」
連絡先ぐらい交換したんかなぁとこちらでは話していたが,結局それもなく。
まぁでも,ええことしたし,良かった。

S氏邸近くまで無事に到着し,1回目に寄った中華料理屋で晩飯。
いただいた1野口で餃子と肉焼売を頼み,この間OMがうまそうに食べていたジャージャー麺を注文。
思っていた感じではなかったが,おいしくいただいて,S氏邸へ。
AKBのノート(受取拒否)とポンカンを分配して解散。

やっぱりこの時期のボードはええわぁ!
ブログ一覧 | スノーボード | 日記
Posted at 2012/02/10 19:45:14

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

週刊ハコスカGTR Vol.125
TOSIHIROさん

たまには、親孝行?
Jつのさん

F355challenge 鈴鹿タ ...
DORYさん

あの日のタウシュベツ川橋梁
林道茶会首席参謀さん

キリ番とは名ばかりのネタ
影虎。さん

DTCC 37号車軽量化~1ヶ月間 ...
NR-AE86さん

この記事へのコメント

ユーザーの設定によりコメントできません。

現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

控え目
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

いりけんのアルバム 
カテゴリ:本家
2007/11/16 22:18:32
 
いりけんのへや 
カテゴリ:本家
2007/08/15 23:34:22
 

お友達

1 人のお友達がいます
d-w-bd-w-b

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カレン トヨタ カレン
H8年式。H12年に中古で購入。 その美しいフォルムに魅せられ続け現在に至る。
トヨタ RAV4 J トヨタ RAV4 J
子供の誕生とスノボのために購入。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.