車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月20日 イイね!
「市原に日本最大の国分尼寺跡があり、しかも復元されている」というのを先日偶然知り(※)、この週末を利用して行ってきました。
※とあるディーラーのブログで営業氏が紹介していた。クルマ趣味が意外なところで役に立ちました(^_^;

さっそく現地へ!というか、市原市役所のあたりって結構何度も通ってるのに全然知りませんでした。

上総(かずさ)国分尼寺資料館へ到着。住宅街に囲まれた一角で、ナビがないと辿りつくのに苦労したと思います(^^;





資料館の展示も気になりますが、まずは復元された建物へ。



資料館の壁に貼られた地図。②が今いる国分尼寺跡。①が国分寺跡です。間に市原市役所が。両方とも結構な広さがあります。
で、資料館を抜けると・・・



復元された金堂が見えてきました! ・・と、正面である南大門はこの建物の向こう側になるので、そこまでてくてく歩いていきます。



こちらが南大門。



おおお! 月並みな感想しか出てこないですが、スゴイ迫力です!!
話しはずれますが、羅生門(羅城門)とかもこんな感じだったのかな?と思ったら、もっと壮大だったようです。



本来は誰も入れない金堂ですが、そこは復元建物。脇から内部の回廊に。キブンは一機に天平の甍へタイムスリップ!です。
平成9年に竣工したこの建物ですが、当時の技術に拘り、たとえば柱は槍鉋を造るところから再現したそうです。



本堂側から南大門を眺める。八角燈籠は東大寺のものなどを参考にしたとか。
本来であれば本堂も復元され、さらには講堂であるとか尼さんの住まいの尼坊など全体を復元するはずだったようですが、この本堂(の一部)を復元したところで頓挫(行政の財力が力尽きてしまった?)。ちなみにこの南大門と回廊の復元で13億円かかっているそうです。



草原にはツクシが。暖かでしたねぇ。



資料館にも行ってみました。国分尼寺の全景模型が展示されていますが、自動の解説アナウンスとライティングによる劇的な演出もあったりして、お金がかかった展示で一見の価値アリ!です(しかも無料!)。訪問された際にはぜひ御内覧をおススメします。

他にも解説した映像の上映などもありますが、時間がなく、我が家はスキップさせて頂きました(^_^)
ちなみに当館のパンフレットはpdfになっています。(こちら

それにしても日本史の授業で「各地に国分寺を配置した」の一言で片付けられる国分寺(国分尼寺)ですが、お坊さん(尼さん)とお寺があるだけと思っていたところ、とてつもなくシステマチックな設備として整備されていたんですね。各地に仏教徒のエリート中のエリートが派遣され、日々職務に励んでいた重要な「仏教センター」として機能してた施設ですもの、当然ですね。大変勉強になりました。



次いで、国分寺跡の方にも行ってみました。



こちらは草原に盛り上がった石の基礎部があるのみ。



横の看板を見ると、七重の塔の跡だそうです。小高い台地の上に、林しかないところに忽然とそそりたつ七重の塔、当時はさぞ荘厳な威容を放っていたことでしょう。
七重の塔の横には金堂があったそうですが、



いまやこの状態。焼き討ちなどで消失してしまった天平文化の財産。なんとも惜しいですね。

今回の見学で、市原市の周辺が当時、時代の最先端として位置づけられた千葉の要所であったこと(だから市原周辺の千葉県中央部を”上総(かずさ)”、千葉県北部を”下総(しもうさ)”と呼ぶ)を学びました。
その反面、実際に行ってみたら、標識も殆どないし貴重な史跡だけになんとも勿体無いですねぇ。昨年とあるクルマの試乗で直ぐ近くを通っていたことに気付いて再度びっくりでした。社会人になって千葉に移り住んできた自分は、ヘタをすると今回の復元建物も一生知らずにいたかもしれません。市原市や千葉県には、もう少しお金をかけて整備・アピールして欲しいと思いました。 

それはともかく、天気もあいまって、充実した史跡探訪となりました。


Posted at 2017/03/20 18:45:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | スプラッシュアレコレ | クルマ
2017年03月16日 イイね!
ええと、甚だ唐突ではありますが、実はパッソに乗り換えることになりました。
そうです、パッソです PASSO!!!

パッソ
PASSOのCMだとドラえもんマツコさんのこのバージョンが大好き(^_^)



パッソ座面

PASSOの座面、良いですねぇ、快適度大幅UPです!!

あれほどスプラッシュいちおしだったのに、あっさり乗り換えたよな~
ごめんねスプラッシュ、気持ちよさには抗えなかったの・・・
さらばスズキ、さらばスプラッシュ、さらば青春の日よ(古杉)

スプラッシュ


って、待て待て、スプラッシュは手放してませんよ! 
あ、じゃあスプとPASSOと2台体制? いいえ、我が家はスプ1台です。

だって、乗り換えたんでしょ!? 
ええ、









トヨタじゃなくてLIXILのPASSOに、ですけどね!

LIXIL パッソ

という、無駄な前フリでしたが(^^;
自宅トイレの便座をLIXILのPASSOに入れ替えました。
洗浄便座を乗り換えた、というわけ<「乗り換える」て言わないだろ普通

以前からトイレリフォームを考えてたんですが、我が家には1Fと2Fと2つあって、2つ同時は予算的にダメ・・・というところで長らく停まってたところ、じゃあ便座だけ換えようか、ということになり。

もともと我が家のトイレはINAX製だったので、入れ替えても違和感ないだろう、ということでLIXILで、瞬間式かつリモコン式で安いものを、ということでこれになった次第。結果、最初から仕様としてあったかのような予想の斜め上いく全くの違和感のなさに驚愕。もちろん快適度大幅UPで大満足!

20年前のトイレに何の問題もなく装着できたことにもビックリ。色も同じだし。日本のトイレメーカーってスゴイ!と、再認識したのでした。

まぁそんなわけで、PASSO導入でクルマの趣味にも益々勢いがつきそうです!<かなり無理矢理な纏め(^^;
ってな、今回はクルマネタじゃなく全編単なるヨタ話でスミマセン m(_ _)m
Posted at 2017/03/18 10:05:00 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月04日 イイね!
ハイブリッドに格別の興味のない自分、ソリオでフルハイブリッドのリリースが取り沙汰されても食指は動きませんでしたが、具体的にその機構を動画で見たりするにつれ、俄然興味が沸いてきました!
ということで、ようやく試乗する機会がもてました。
(写真はすべてcarviewからリンク

ソリオ バンディッド フルハイブリッド

ソリオ フルハイブリッド メーター

試乗してみたら・・・いやはやソリオハイブリッド、これは良いですね! 自分的に「地に足のついたハイブリッド」という印象で、ハイブリッド車で初めて購入候補に入れようと思いました!(^^)

■良かったところ

ソリオ バンディッド リア

・走る・停まる・曲がるが楽しい!
 なんといっても「シングルクラッチのAGSの変速の間をモーターでアシスト」というアイデアが素晴らしい!(^^)
 AGSなのにアクセルペダル踏みっぱなしでもショックが殆どないままのスムーズな変速に感激(ギアチェンジは感じますが、身体を揺すられるようなショックは皆無)!! クルマに詳しくない人なら、普通のトルコンATと思うかもしれません。
 AGSの最大の?ネガが払拭されれば、あとはMTとしての心地よいダイレクト感だけが残るだけ! アクセルペダルに対しての反応がひたすら心地よい!そして楽しい!!
 「CVTが入らなかったためにAGSにせざるを得なかった」問題を逆手にとって見事に昇華、まさに逆転の発想! てなプロジェクトX的な技術開発秘話に弱い自分(^^; とにかく素晴らしい!の一言です。

・高い剛性感
 フルハイブリッドだけでなく、その他の部分にも着実に手が入っている様子。現行ソリオデビュー時に試乗したときと剛性感の印象が違い、ガッチリ感が大幅UPしたように感じました。ミニバン的ボディ形状を考えれば十分過ぎる剛性感と思います。

・改善された足回り
 足回りもデビュー当時は若干ヒョコヒョコとしたフィールでしたが、ハイブリッド機構による重量増が功奏したか、足回りのチューニングを変更したか(その両方か)、やや硬めでまだ若干バタつきを残しつつも路面の凹凸をいなし、好印象でした。
 もっとも現行ソリオにこれまで評されていた後部座席の突き上げ感がどの程度改善されたかは、今回後部座席で試乗していないので不明です。

・良好なNVH性能
 終始エンジン音はかなり小さく、ロードノイズも積極的に遮蔽している印象。このクラスの静粛性としてはかなり高いと思います。

 とにかく欧州車然(言い過ぎ?(^^;とした足回りや剛性感、そしてAGSのスムーズなダイレクト感・・・とひたすら楽しい試乗でした。しかも広い車内も手に入る、これは売れるわけですね。
 そうそう、「個人的には問題」のアルト以降のシートフレームを使った運転席シートですが、ソリオの場合はアップライトの姿勢が幸いしてか、試乗時間中は問題なかったです。

■残念なところ

6エアバッグと後席中央席のヘッドレスト非装備はもはやデフォルトとして、その他には以下が気になりました。

・まだ熟成途上?のハイブリッド
 見事なシステムではありますが、道半ばの印象。
 例えばアイドリングストップからスタートすると、最初モーターで加速、やがてエンジン始動、となりますが、マイルドハイブリッドではエンジン始動が殆ど判らないのに対し、今回のフルハイブリッド、ややはっきりとエンジン始動が認識できます。
 パンフを再読すると、マイルドハイブリッドとISGのタイプは異なるとのこと。
 他にも加速時、ときどき1速ないし2速でやや引っ張りすぎて加速が鈍い感じの場面があったり、制御はまだまだ熟成の余地あり、と思いました。

・やっぱり6速にして欲しいAGS
 上記にも関連するかもしれませんが、AGSが5段変速なのがやっぱり勿体無い。できれば6速にして欲しい。スペース的にもう一段のギアが入らないでしょうか。あるいはコストの問題でしょうか・・・

・お値段が高め
 さっそく見積もりしてもらったら、運転席側オートスライド、自動ブレーキ、シルバー色も有料色、。。。と諸々積み重ねると車両価格が合計240万円ほど(!) 購入意欲があっという間にしぼんでしまいました(^_^;;
自分が今、ソリオを検討していたら「そこまで値段が高いならマイルドハイブリッドでもいいや・・・あ、ちょうどFリミテッドって特別仕様車があるし」となってしまうかも(^^;

そういえば、このクルマもそうですが、最近はシルバー(グレー)色でさえも有料色の場合が少なくないですね。「客から吸い取れるものなら骨の髄まで」て感じです(おいおい)
#ところがFリミのミネラルグレーメタリック(ZMW)は追加料金なし。密かにポイント高いのでは、と思ったりします。

ミネラルグリーンメタリック
(この画像のみスズキwebサイトからリンク

■スプラッシュより軽量なのに重厚感は上

ソリオ バンディッド

「エネチャージ」からスタートして開発を積み重ね、独自のフルハイブリッドのリリースにこぎつけたスズキに拍手を送りたいです。とはいえまだ荒削りの感あり。今後どんどん良くなっていく(良くなっていって欲しい)のが楽しみです。
上記のようにマイルドハイブリッドの客寄せパンダだと残念ですが、今のところフルハイブリッドの受注は堅調に推移しているようでなによりです。
また、剛性感、足回りのクオリティもアップしていたように感じました。ソリオの今後の熟成も楽しみです。

 それにしても試乗が終わって愛車スプラッシュに乗ると、スプの方が車重が70kg重いのに、走りが軽快に感じるぞ!?
 この軽快さはどこからくるのかな? それをいうならソリオの重厚感はどこから?(エコモードOFFにしても大きな変化はなかった気がするし・・・)そういえば先日試乗したワゴンRでも重厚さを滲ませていましたし、スズキさん、ハーテクトを活かすコツを掴んだのかもしれませんね。
Posted at 2017/03/05 13:03:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月18日 イイね!
最近見つけたスズキ車の記事を2件御紹介。
といっても、いずれも最新の記事ではないのでお読みになった方も多いと思います。

(1)【スズキ バレーノ 800km試乗】スイフト で描いた欧州コンパクトの“夢”は消えた…井元康一郎

レスポンス

タイトルの通り、バレーノ(XT)の長距離試乗レポ。
これまで感じていた、「バレーノ、良いクルマだよなぁ、でもスプに乗るとやっぱりスプの方によさを感じてしまう」といった印象の理由が、氏のレポにより”腑に落ちた”気がしました。
まぁ真偽の程は不明ですが、クルマの開発は、どんなに技術革新が進んでも、結局は携わる人によるところが大きい、というのは興味深いです。

(2) AUTOCAR DIGITAL スズキSX-4 Sクロス1.0

AUTOCAR 試乗レポ

フェイスリフト後のSX-4 S-CROSSの試乗レポ、待ってました!・・・と思ったら昨年9月に既に公開されてました(^^; 搭載エンジンが1Lターボやら1.4Lターボやら情報が飛び交っていましたが、少なくともブースタージェットエンジン搭載版が(欧州で)世に出ているんですね!

で、相変わらずAUTOCAR誌。評価が容赦なくて(^^;参考になります(AUTOCARの日本国内の試乗記事は他媒体と大同小異)。

このマイナー後のSX-4が日本にも導入されるのか、導入されるときに6エアバッグ化されるのか、いろいろな意味で楽しみです(^^) 
といっても、日本ではこの顔は不人気だろうなぁ(^^;。個人的には慣れましたけど。むしろフロントに対してリアは全然手が入っていない様子なのがアンバランスで気になります。ガーニッシュつけるとかランプの中のデザインを変更するとか、何かしら施した方が良かったように思います。
Posted at 2017/02/19 23:13:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | スプラッシュアレコレ | クルマ
2017年02月18日 イイね!
タイトルどおり、オペルとヴォグゾールがPSAグループに売却されるようですね!(@_@)

GMからPSAへのオペル、ヴォグゾールの売却はジュネーブの前に決着か
オペル首脳陣も知らされないまま水面下で交渉されていた、という話しで、クルマ業界も世知辛い世の中になっています。

で、個人的に大好きなオペルがPSAグループとなった暁には、
オペル コルサ(ヴィータ)
とか、
オペル アストラ
とか、
オペル モッカ

とかが、PSAの一員として改めて日本に導入!! ということになったりして!!!!!(^o^)
・・・・ということは、日本の自動車市場がもはやガラパゴス過ぎて絶対ないでしょうけれど(涙) 最近元気がなかったブランドだけにこれをチャンスに勢いを取り戻して欲しいですね。

(画像は、上からコルサ(ヴィータ)、アストラ、モッカ。もちろんザフィーラとかインシグニアとかメリーヴァとかも良いですよね~。)


Posted at 2017/02/18 16:45:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマアレコレ | クルマ
プロフィール
「ついに発売! http://cvw.jp/b/313915/38213378/
何シテル?   07/13 22:54
なとりです。よろしくお願いします。 クルマの話大好きです。暇さえあれば試乗に行って研究してます。 写真はそのうちに(^^;
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ファン
20 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ スプラッシュ スズキ スプラッシュ
C4の後に相棒となったクルマ。アップライトで硬めのシート、オペル風味の足回り、1.2L+ ...
シトロエン C4 ケロロ (シトロエン C4)
2013年5月にトラヴィックを惜別の思いとともに手放し、とはいえ、これでじっくり次の愛車 ...
スバル トラヴィック スバル トラヴィック
スバル トラヴィックに乗っています。 トラヴィックを乗り継いで2011年に3代目になりま ...
スバル トラヴィック スバル トラヴィック
2代目トラ。1代目を手放したものの、手放してからわかるトラのありがたさ、ということで(何 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.