車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月09日 イイね!
昨年ニュルブルクリンク24hでの走行を見て以来、デビューした暁には乗ってみたかったC-HR、ようやく試乗できました。ハイブリット全盛のご時世ですが、幸い? 1.2Lターボの方を試乗。

※)写真はcarviewから

エクステリア

インテリア

で、そんなC-HRですが、・・・良くも悪くもトヨタらしいクロスオーバーでした(^^)

外装のデザインは肉眼でも凄かったです。この抑揚とエッジの効いた造形を大衆車でできるなんて。トヨタのデザイン力、生産精度の高さに他メーカーの関係者は羨望の眼差しで嘆息しているのではないでしょうか。自分的にはかなり好み!年末にこのデザインだけで「C-HRのすべて」を購入したほど(^^)

太いサイドシルを跨いでシートに乗り込むと、インパネやドアの高さ、そして黒い天井などからくる包まれ感がパーソナルな空間を演出します。フェンダーアーチなどにボリュームを持たせている分、車内が狭くなると思いきや、全くそんなこともなく、前後左右は広いです。

いよいよエンジンスタート。1.2Lターボは十分なパワーを発揮しているようですが、CVTの反応が思いのほかゆったりで、走行フィールはエクステリアのピーキーさに反して?加速は穏やかです。
足回りもトヨタらしい穏やかな印象。路面の凹凸の揺れの侵入が抑えられ、ジェントルなフィールですが、もう少しガッチリ引き締めてあっても(キャラ的に)良いのでは・・・と思いました。
この穏やかな印象は、ステアリングフィールにも徹底していて、むしろステアリングインフォメーションはもう少しあっても良いのでは、と思ってしまったくらい。ステアリングの切れ味もかなり穏やかな(いわゆるダルな)方向のセッティングでした。

静粛性はさすが、しっかり抑えられています。

ということで内外装のビビットさから一転、実際の走行フィールは穏やかかつあくまで伝統的な?国産車的。トヨタ車オーナーであれば、違和感なく運転できると思います。さしずめ「狼の皮を被った”非スポーティ”セダン」という感じでした。
でも、それこそがトヨタ車に望まれている姿であり、そしてトヨタ自身もファンに望まれているものを正確に把握しているんだな、と感心しきりでした。

リアシート

後部座席は天井に髪が少し触れるくらい。セダンを思えば十分実用的だと思いました。

リアデザイン

デザインから気になる後方視界は、予想通り決して良くはないです。購入検討されている方は、ここは試乗で十分確認してみてください。自分は仮にこのクルマの購入を検討していたとしても、この部分で涙を呑んで諦めたと思います。
Posted at 2017/01/09 10:34:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | 試乗 | クルマ
2017年01月08日 イイね!
年初初っ端の試乗がこのクルマ、というのは今年は正月から縁起が良い!?
ということでクルマ好きの皆さんも既にトライされていると思いますが、自分も新型スイフト、早速試乗してきました。
千葉市周辺では数少ない試乗車、ブースタージェットエンジン搭載のRStです!

エクステリア

インテリア

上の写真はいずれもハイブリットRS。RStとの外装の差異は「HYBRID」のオーナメントの有無、だけかな?(下はRSt。再度にオーナメントがありません)

新型スイフトRSt

乗り込んでシート着座位置とステアリング位置の調整。・・・は微々たるもので、すっと決まりました。お、「良いクルマ」の兆候だぞ(^^)と期待も高まりつつエンジン始動!

インテリア

インパネのデザインは賛否両論あると思いますが(自分は肯定派です)、質感はまずまず。このインパネデザインの効果もあってか、横方向の空間的な広がりを感じます。

ディーラーから出て加速・・・アクセルペダルにリニアに反応してグイグイ加速する! その一方で決して荒々しいことはなく、あくまで「パワフルだけれど扱い易い」印象。良いですね~~~(^_^)!
ブースタージェットエンジンはバレーノと同じ型式ながらレギュラーガソリン化されたのが大きな変更ですが、レギュラー化の影響は正直全くわかりませんでした。相変わらずトルクフルで低速から力強く、乗り出しからニヤついてしまいました(^_^)
また6ATも変わらず絶品。マガジンX誌によると、アイシンの非トヨタ向けの”汎用品”らしいですが、エンジンのトルクを無駄なく伝達しているダイレクト感が無茶苦茶良いですね。アイシン、良い仕事してます。それともスズキのセッティングの賜物なのかな? ギア比はバレーノと変更ないのはむしろ意外ではあります。

静粛性も先代より高められ、エンジンの心地よい音は遠くに聞こえつつ、ロードノイズはほどよく抑えられている、そんな感じでした。
ステアリングインフォメーションも程好くあります。扱い易さ・運転し易いキャラクター、という印象に寄与していてまさに良い塩梅。この価格帯でここまで出来るんですね! 
そうそう、ステアリングの握った感触がとても良かったです。このクラス、価格帯にして1クラス上の質感と思いました。「スポーツモデルにしては細く、径が大きい」と不満を憶える人もいるかも。でも個人的には、ほどよいスポーティ感を残しつつ、万人に訴求する絶妙のバランスではないかな、と思いました。

先代のボディも剛性感が高かったですが、新型の、路面の凹凸に対して全くびくともしない堅牢なボディは、軽量化の効果か軽快さも追加され、ぐっと研ぎ澄まされたキレの良さが感じられる印象。欧州車のそれ、もっといえば先代から新型の変化は、ゴルフの6から7への変貌を思い出しました。

総じて質感の高さが印象的でした。新型スイフト、ほぼ正常進化」だと思います。開発陣の愚直さ・コダワリを感じられる、現状の国産コンパクトカーの中では先代に引き続いて「コンパクトカーを探していたら一度は購入検討候補に含めるべき貴重な一台」ではないでしょうか。

とはいえ、良いことばかりでなく、正直気になるところもあったのですが、どうしても期待値が高くなってしまう故の、かもしれません。。。
今回は試乗も短時間だったので、来週にもハイブリットRSあたりを試乗してからその他のことを書きたいと思います(^_^)
Posted at 2017/01/08 09:34:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗 | クルマ
2017年01月03日 イイね!
あけましておめでとうございます!
年末年始は主に大掃除と初詣で終わり(^^;明日ははや仕事始め。
休み最終日、小春日和といった温かい天気もあって、せっかくなので以前から行ってみたかったところにブラッとドライブしてみました。



千葉市街地なのに、こんな松林があるところ・・・と、いうことで訪れたのがこちらです↓



千葉ポートタワーの足元、千葉ポートパークです。
丁度スプの後ろにポートタワーが。

駐車場から林のなか(上の写真のスプの後ろの林)をしばらく歩いていってみました。
基本、舗装道路ですが、こんな土の遊歩道↓も用意されていて歩くこともできます。



途中から海岸の方に方向転換してみたら、人工海岸に出ました!



風が強かったですが、家族連れで意外に賑わってましたねぇ。凧揚げやっている子供も多かったです。格好の凧揚げ日和・・・には風は強過ぎだったかな(^^;

ふと磯の香りが。自分は好きな匂いです。工場やタンクに囲まれた人工海岸とはいえ、海は生きているんですねぇ、なんだか不思議とリラックスできました(^_^)

千葉ポートパークといえば、春先の潮干狩りで有名ですが、冬もなかなかどうして良い雰囲気でした!



海の向こうにコンビナートと、幕張のマンションが見えます。



間近にはカモさんが(^^)



改めてポートタワーをパチリ。周辺にマンションが多くなりましたね。今日訪れるまでは、もっと殺風景な景色をイメージしてました。なんというか、ちょっとお台場的な異世界感が面白かったです。



海から離れて公園の陸側へ。丘が形成されていて歩道にそって上っていきます。結構起伏があります。



振り返ってポートタワーを見るとこんな感じ。この景色も意外と広報とかにない感じだと思います。
海岸では風が強かったんですが、林が防いでいるのか、丘の上なのにすっかり風は凪いでいました。凧揚げしている親子がいらっしゃいましたが、残念ながら上がっていませんでしたね(^^)



丘の上には「ウォータープラザ」が。冬なので?水はありませんでした。



そんなこんなで駐車場に戻ってきました。

もう少し東京側に稲毛の人工海岸がありますが、駐車場から少し歩く必要があり、冬場は身体が冷えてしまうことも。。。その点、ここは海に面した駐車場もあって、「よりお気軽に海を見に行ける」ところですね~。 今回はさらっと立ち寄っただけですが、いつか改めてじっくり過ごしてみたいです。



ということで、最後は駐車場で愛車をパチリ。

2017年もいろいろなクルマに試乗して「良いクルマ」に出会えればいいな、と思います。自分のお気に入りスポットも見つかるといいな~。

そんなこんなで、今年もよろしくお願いいたします~。
Posted at 2017/01/03 18:16:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | スプラッシュアレコレ | クルマ
2016年12月30日 イイね!
■今年のベスト1は・・・

2016年もあと1日となりました。個人的には仕事でもいろいろ変化があったこともあり、去年のメキシコ出張した以上に慌しくあっという間に過ぎた1年でした。

はてさて、そんななか、今年試乗したクルマのベスト1を。

今年デビューした新型車のなかでは、スバル インプレッサ ・・・としたかったのですが、自分の基準軸には「お値段以上」であること、というのがあるので(どこぞの家具量販店のようですが(^^; ) その観点からは「その総額であれば、たしかにこのクオリティも納得です」という感じ。
これは今年試乗したクルマの多くに感じられた傾向ですね。ホンダのフリードしかり、(新型じゃないですがビッグMCを経た)マツダ アクセラしかり。

ということで、実は今年の個人的ベスト1はありません。
うーん、いろいろ考えたんですが、いずれも帯に短し襷に流し。。。で。

で、次点としてスズキ バレーノを上げたいと思います。

バレーノ

欧州コンパクトに引けをとらない高い質感のドライビングフィールが、あの値段で実現されている上、スズキとしては国内発のダウンサイジングターボのブースタージェットエンジンの出来も遜色なく、いやはやびっくりでした。今の国内販売コンパクト車のなかで稀有な存在と思います。立ち位置からか、そもそもあまり取り上げられませんが、もっと高評価されても良いのにな、と勿体無い気がします。
安全装備の手抜きさえなければ、個人的にはベスト1でした。今後の熟成に期待します。

3位はダイハツ・トール(タンク、ルーミー、ジャスティ)です。

ダイハツ トール

完成度は往年のダイハツの真面目な姿勢を感じさせる、高いものだと思います。
ボディ、エンジンその他諸々、アリモノをベースにしていますが、良い形でまとめてきたと思います。正直、我が家的には一番関心のある一台。ただ、バレーノと比較するとその急ごしらえ感が災いするのか、クラフトマンシップ的なものが薄いのが残念。

ちなみに、「まんまソリオ」的なご意見ありますが、この手の始祖であるタント対抗でパレット(スペーシア)が、N-BOXが、EKスペースがあるわけで、ソリオとは仕様も結構異なりますし、個人的には無問題です。
まぁストリームと排気量・ディメンションまで同じにしたウイッシュには疑問を感じましたが(^^;

さらに同率として、ルノー トゥインゴを選びます。

ルノー トゥインゴ

欧州車ならではの堅牢な骨格と安心感高い足回りで、かつて少なからず国産車にも持ち合わせていた「運転して愉しいクルマ」像を素直にブラッシュアップしたらこうなった、という商品価値が素晴らしい。 これを購入して人生を共にできる人が素直に羨ましい、そんな一台です。

さらにさらに同率としてスズキ エスクードを。

エスクード

1.6Lエンジンに6ATのパワートレインは絶品
先代の剛性感には及びませんが、それでも並みの国産車にないガッチリしたボディやよく動く足回り、など、これまた良い一台。安全装備が貧弱なのがホントに惜しい。

その後は、スズキ・イグニス、ソリオ。日産ノート・・・と続きます。
いずれも安全装備の充実とドライブフィールの熟成に期待してます。

■来年はいい年であってほしい

今年くらい、日本のクルマ産業・クルマ文化の後退を感じた年はありませんでした。
初夏から秋にかけての新型車投入がぱったり停まったのが象徴的です。ついにクルマ雑誌でも「今年上半期は地味だった」と評した(認めた)媒体がありました。

その停滞気味の業界を象徴するのが、フォードの日本撤退 という事件でしょう。
もちろん理由はフォードの日本戦略のミスが大きな位置を占めていると思いますが、いずれも優等生な欧州フォード車が新車で手に入らない時代がくるとは2016年年初には予想だにしませんでした。
日本はさらにドメスティックなクルマ業界が支配する国になるとすれば、後退(というか衰退)がさらに加速するように思えてなりません。

もっとも、年末に発売されたスイフトが出来の良さを予感させる出来(パンフが今日届きましてワクワク感倍増です(^^)で、来年は幸先いいスタートが切れそうです。クルマ業界に良い一年であってほしいと思います。

皆さんにとって(自分にとっても)良い一年でありますように。ということで皆様、良いお年を!(^^)/



Posted at 2016/12/30 23:56:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマアレコレ | クルマ
2016年12月27日 イイね!
ついにスズキ スイフトがフルモデルチェンジ! 年内に間に合いましたね!

スイフト エクステリア

正直、今年のスズキには主に安全装備面で失望させられっぱなしだったので(-_-;全く期待していなかったのですが、

スイフト エクステリア

正直、個人的にはかなりどストライクに好みです!

スイフトエクステリア

スイフト インテリア

インテリアのデザインも「正常進化」という感じで良いですね。2列目中央席のシートベルトも、先代同様天井からでなく、しっかりシートに設置されているのも良かったです。

それと、広いクルマはバレーノにバトンタッチした筈が、パッケージングもそれほど極端に狭い感じもなく。

スイフト パッケージング

各寸法を見ても、居住性を大きく犠牲にしている感じじゃなく良かった良かった。
空気抵抗削減のため?ルーフが後ろ下がりになっているので、後席の頭上の余裕が若干気になりますが。。。

トピックスはまだあって、

ブースタージェットエンジン

1Lブースタージェットエンジンが、レギュラーガソリン仕様です!
てっきりバレーノ搭載タイプを流用し、「それじゃハイオク仕様で、日本じゃ受け入れられないよな」と思ってただけに嬉しい誤算!
というか、バレーノも直ちにレギュラー仕様に変更すべきでは?

そしてそして!何より嬉しいのが!

スイフト 6エアバッグ

6エアバッグが装備できること!!!
しかも今回はオプションでも用意されていないXG以外は標準装備です!!

全グレート標準装備となっていないのはなんとも残念ですが、スズキだけに(^^;2エアバッグ仕様も当然あり得たわけで、この超大英断は素晴らしい!!!! 

・・・と、年末にきて自分的には嬉しい”大プレゼント”な話題でした。(^_^)
実際に試乗できるのは年明けでしょうから、それまで楽しい夢が見られそうです(^_^)

個人的にはやっぱりブースタージェットエンジンのRStが良いなぁ。バレーノのブースタージェットエンジン車の出来が素晴らしかったですし。楽しみ楽しみ!!

Posted at 2016/12/27 19:58:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 新車発表 | クルマ
プロフィール
「ついに発売! http://cvw.jp/b/313915/38213378/
何シテル?   07/13 22:54
なとりです。よろしくお願いします。 クルマの話大好きです。暇さえあれば試乗に行って研究してます。 写真はそのうちに(^^;
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ファン
21 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ スプラッシュ スズキ スプラッシュ
C4の後に相棒となったクルマ。アップライトで硬めのシート、オペル風味の足回り、1.2L+ ...
シトロエン C4 ケロロ (シトロエン C4)
2013年5月にトラヴィックを惜別の思いとともに手放し、とはいえ、これでじっくり次の愛車 ...
スバル トラヴィック スバル トラヴィック
スバル トラヴィックに乗っています。 トラヴィックを乗り継いで2011年に3代目になりま ...
スバル トラヴィック スバル トラヴィック
2代目トラ。1代目を手放したものの、手放してからわかるトラのありがたさ、ということで(何 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.