車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月03日 イイね!
これまで「なぜソリオのライバルが登場しないのか」不思議でした。
考えられるところとしては、
・他メーカーがソリオの人気は一過性で終わると油断していた?
良いとこ取りのコンセプトは自社のヒエラルキーを乱す可能性があり、手を出したくても出せなかった?
てなところでしょうか。

ところがここにきてついに投入された、そんな印象がある、トール/ルーミー/タンク/ジャスティ。

タンク エクステリア

タンク インテリア

ソリオにない、リア中央席のヘッドレスト、6エアバッグのオプションもあり、それだけでも選ぶ価値あり、ですが、

6エアバッグ

さらにダウンサイジングターボ搭載、という想定外のスペックも嬉しい誤算でした。

1Lターボ

でもそうなると、走行フィールは、ヒエラルキーに配慮されて、上位車種を超えない程度のクオリティにとどめられているのでは?

・・・そんな先入観は、今回、良い意味で裏切られました。

■良いところ

足回りはしっかり硬めで、剛性感の高いボディとともに安心感が高いです。パッソ・ブーンを開発した同じメーカーと思えない豹変ぶり。
・シートはクッション圧は柔らかめですが、アップライトな着座姿勢はやはり腰に負担が少なく、座っていて疲れにくそう。長距離もいける!という気にさせてくれます。ぺらぺらと思われたリアシートも結構しっかり作ってあり(ムーヴのフレームを流用?)適正な姿勢が取れます。
・1Lターボ+CVTのパワートレインは1tの車重に対して余裕たっぷり。力強い加速に加えて空走距離が長く、加速が得られればあとはアクセルペダルから足を離してもどんどん走っていきます。よほどの長距離を除いて日常生活ではクルコンを活用できる機会は少ないかもしれません。
静粛性もこのクラスとしては高く、個人的には問題ありませんでした。

・今回2つのフロントデザインがあり、販路によってノーマル・カスタムのバリエーションも豊かでユーザにとっては選択肢が増えて面白い試みと思いました。個人的にはタンク(ジャスティ)のカスタムが好みですが、ルーミー(トール)のカスタムモデルのスクエアなデザインも捨て難いですね。いずれも、シエンタ的な「奇抜で理解に時間のかかる文脈のデザイン」を狙わず、クリーンなデザインなのもよいと思いました。

ダイハツトール

全体のデザイン、質感、パッケージ、走行フィールは「まさにこの一台で十分」と思わせる説得力がありました。普通車でこういうクルマを待ってました! という高い満足感を得られる一台と思います。

■残念なところ

・がさつな音のエンジンノイズ
 ダイハツからようやく登場したダウンサイジングターボ、パワフルなのは良いのですが、質感は・・・低速からの加速でビックリするほどノイジーで、むしろ軽自動車の0.66Lターボを拡張したような感覚です。

・もう少ししっかり感の欲しいステアリングフィール

パッソ・ブーン同様、女性を意識したかステアリングの操舵に遊びが大きめで心もとないと感じる人もいるかもしれません。あとちょっとだけ操舵感を重めに、そして遊びを少なめにしてダイレクト感を強めにするだけでもかなり印象が良くなりそうです。

・ライバルに見劣りする床下収納

床下収納

 床下収納が殆どありません。タント・ムーヴ・ブーン(パッソ)などの深く掘られた収納スペースを
 確保できなかったのは残念ですね。

・ややゴツゴツする足回り
 足回りはしっかりしていますが、カスタムG-Tのタイヤは15インチのためか、ややゴツゴツ感が強いです。スプラッシュに慣れている自分はあまり気にならないですがそれでも強めに感じましたので、国産車から乗り換えを考えている方は試乗で確認された方がよいかと思います。
 特にリアシートに座って体感されることをお勧めします。

・好みの分かれそうな不思議な?内装の表現

ダッシュボード表皮

 ダッシュボードは一見、革張りのような質感ですが、ステッチはモールドで触ってみるとカチカチの樹脂パーツ。ぱっと見のフェイクぶりは見事ですが、そのセンスから敬遠されるケースも出てくるかも。

■ベストグレードはアレ?

 今回試乗したのはトップグレードのカスタムG-Tですがホイールは15インチ。そこへいくと同じターボでもG-Tグレードは14インチです。セールス氏もG-Tの方が乗り味は柔らかいと言っていました。
 なので、ベストチョイスはノーマルグレードのターボ搭載車、となるかもしれません。機会を見つけて、G-Tグレードを試乗してきたいと思います。

いずれにしても、我が家的にはまさに理想の一台。現行ソリオが軽量化した車重に対して足回りが跳ね気味で、セッティングが煮詰め切れていない印象だったのに対して、逆の重厚感漂う走行フィールだったのも好印象。

ネット上では「軽自動車の上級版」的感想も多いですが、「コンパクトカー以上、ミニバン未満」、を考えている方には決定版となる可能性も高いクルマ、ぜひ試乗してみてください。

Posted at 2016/12/03 12:39:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗 | クルマ
2016年11月27日 イイね!
去る11月20日に、皇居の東御苑に行ってみました。以前から行ってみたかったのですが、この紅葉の季節にこそ、と思いたち。

新日本橋駅で降りてちょこっと寄り道。



日本橋三越の横の桜並木の紅葉を見てみました。まだ緑の葉もありますが、何しろ両サイドの建物も相まって、ちょっとヨーロッパみたいな良い感じです。



その先の日銀前も陽の光の加減がステキでした。(右手の日銀は何か工事中でした)

ということでいざ大手門から東御苑へ。



情報を仕入れて知ってはいましたが、外国人観光客の多いことにびっくり。
とはいえ、さすがに皆さん心得ていらっしゃるご様子で、ゾロゾロと混乱なく入っていきます。



普通の公園と違い、入場したところで入園票を受け取ります。3ヶ所あるいずれかの門から退場する際に返却するシステム。(念のため票に加工を施しました)

さてさて、いよいよ散策。と、江戸城の石垣がお出迎え。さっそく異世界感たっぷりで興奮しちゃいました!(^^)





当日は昨日の冷たい雨が嘘のように気温が急上昇。コートを着ていた自分も、いつしかシャツだけで歩いていました(^^;



都心の摩天楼を背景に同心番所をパチリ。広い空、都心のビル郡、江戸時代の建物・・・と、この組み合わせの景色もココならでは、ではないでしょうか。





さらに少し歩いていくと、、、、今回の目的の場所「二の丸雑木林」が見えてきました!!



昭和天皇の「武蔵野の雑木林を造りたい」との御意思により、昭和58年から造成が行われ5年後に完成、最近(平成14年)でも第2期の造成が行われた雑木林だそうです。

さっそく目前の遊歩道から林の中に入ってみました。

・・・・・素晴らしい!

順不同になってしまいますが、撮ってきた写真(のうちほんの一握り)を以下に。







紅葉には若干早めでしたが、良い色合い。







静かな木漏れ日と時々聞こえる鳥のさえずり。突然別世界に迷い込んだような、バランス感覚がずれてしまったような不思議な感覚に陥りました。

メインの散策路(舗装道)を行き交う人は沢山いるのですが、林の中の遊歩道に入ってくる人は殆どいませんでした(自分は1人とすれ違っただけ)。











ここが文字通り東京のど真ん中であることを忘れる静かな空間でした。
実際には規模は大きくなく、確かに「林」のレベルですが、ここまでに造成した関係各位に頭が下がる思いです。

途中のベンチで持参したオニギリを食べてしばし休憩後、雑木林を後にしました。

一般の人には、西側の本丸跡とかの方がご興味の対象になると思いますが、自分的には今回はこの雑木林でお腹一杯。平川門から退出しました。



平川門を出たところ。正面(この写真で右手)の特徴的なビルが、パレスサイドビル(毎日新聞本社ビル)です。正面に東京都近代美術館が見えますね。



お堀の向こうの木も紅葉しています。その下を、皇居ランニングのジョガーが大挙して走っていきます。あっという間に現実世界に戻ってきた、そんなキブンになりました。
ちょっと変な表現ですが、東御苑、一気にファンになってしまいました(^_^)  機会をみつけてまた訪れたいと思います。

みんカラ的なオマケ。



皇宮警察の車両でしょうか、スバル インプレッサで園内を巡回されてました。スバルマークの代わりに菊の御紋なのも当然といえば当然ですが、普通のパトカーと何か違うなぁ・・・と思ったら、カラーリングが全然違いますよね、と今更気付きました。勉強になりました(^^)
Posted at 2016/11/27 20:16:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマアレコレ | クルマ
2016年11月27日 イイね!
あいからわらず時間が若干経過してますが、11月19日に、毎年恒例、この時期に行くイチョウの林に行ってみました。



当日はあいにくの雨模様でしたが小降りになったタイミングを狙って写真を。



微妙にタイミングを逸してだいぶ散ってしまっている様子。それでもとても奇麗でしたね。







まだ緑色を残す葉も多かったです。





短時間でしたが堪能いたしました。また来年!

以下おまけ。





通りかかったちばリサーチパークにて。相変わらず雑草茂る空き地が目立ちますが、車道沿いの並木は奇麗な紅葉が見られました。

おまけ2



こちらも通りがかりの住宅街にて。こちらの並木もずいぶん大きく紅葉が奇麗でした。

紅葉紹介編はあと1回あります(^^;
Posted at 2016/11/27 20:15:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | スプラッシュアレコレ | 日記
2016年11月24日 イイね!
私事で忙しくUPが遅れがちですが、せっかくなので。
そろそろ紅葉も見頃かな、と11月13日に日本最古の大学、匝瑳市の飯高檀林跡に行ってみました。

以前から行ってみたかったところでしたが、ネットで場所を検索したりしてたら、「とと姉ちゃん」のロケに使われたとか。自分が熱心に見た朝ドラは、最近作では「マッサン」が最大瞬間風速で、それ以外は殆どみてないので全く知りませんでした(^_^;



朝の10時に着きましたら、駐車場はガラガラ。匝瑳市観光マップがあったのでパチリ。匝瑳市、こちら以外にも結構史跡があるんですね。



駐車場は南と北と2つあります。山門は南側ですので、南側駐車場に停めるのが正当かもしれません。・・・が、結構遠いので、今回は北駐車場に停めて、坂を上っていくと、目前に巨大な屋根が見えてきました!



ということであっという間に講堂に到着!





この威容に圧倒されっぱなし。



講堂脇のもみじはこのくらいの色づき加減でした。ちょっとタイミングが速かったようで。



講堂側からの参道の眺め。本来はこの奥から歩いてくるわけですね。



参道を少し歩いて振り返って講堂を改めて撮りました。このアングルからの写真がよく紹介されてます。

この日本最古の大学、飯高檀林は、やがて立正大学へと発展していくのだそうです(この写真の右横にその石碑がありました)。ここが「遺産」として、後世に繋がることなく潰えてしまったわけではなく、現代に連綿と続く礎となっている、というのが少し嬉しくなりました。

そしてこの学び舎が匝瑳にあった、という事実。周辺は千葉でも有数の米どころ(多古米)ではありますが、つまりは何故か”人里離れた集落”にあります。

でも、それは東京など一極集中に麻痺している現代人の頭の硬いモノの考え方なのかな、と。かつては各地方ごとにその中で完結した生活圏が確立していて、だからこそ戦国時代とか、江戸時代でいう「藩」であるとか、お互いに経済を発展させ、人材を育成する環境を整えて切磋琢磨していたのでしょう。そう考えれば、この下総でも優秀な人材の集う場があったのは不思議なことではなく、こういった勉学を勤しむ環境が全国津々浦々に存在していたのでしょうね。

そう考えると、先人は都市部に限らず、各地方・農村でも精神的に豊かな生活をおくっていたのかも。翻って、現代は物理的にも情報面でも便利になり、世界は「狭く」なりましたが、その結果、地方から都市部へと人が流れ、精神的な豊かさはむしろ後退しているとも思えるのは、なんとも皮肉な話しです。

。。。。などとツラツラと考えて駐車場に戻ってきたところでスプをパチリ。



そうはいっても、クルマがなければここにも来れなかったし、ネットがなければ辿りつくのも苦労してただろうし、とと姉ちゃんのロケ地だったことも知らなかっただろうし(^^;・・・  イロイロ考えさせられ収穫の多い飯高檀林訪問でした。(^^)
Posted at 2016/11/24 23:12:07 | コメント(2) | トラックバック(0) | スプラッシュアレコレ | クルマ
2016年11月19日 イイね!
発売前から雑誌でe-POWERは目にしていたものの、「またハイブリットでしょ」と
興味がわきませんでしたが、「エンジンは発電専用のEV」というのは面白い!
ということで試乗してきました。

ノート エクステリア

ノート インテリア


■e-POWERの走行性能

もちろん走行はEVのそれ。アクセルペダルに反応してスーッと加速。
が、ペダルの踏み込みに呼応してエンジンも始動し、エンジンの回転数も上がっていきます。
アクセルペダルはモーター制御に繋がっていてエンジンは関係ないはずが、エンジンも反応するのが不思議な感じ。でも、
ペダル踏み込む→加速する→モーター出力上昇→バッテリー減→エンジンで充電
と走行と出力の需要関係は繋がっているので、当然といえば当然ですよね。
「なら通常のエンジン車と変わらないじゃん」て感じですが、「EV走行の方がエンジンよりもロスが少ない=燃費効率高い」ということですね。

実際、モーターによる加速はリーフ譲りで力強く、ストレスありません。
もちろんアイドリングストップもあるのでガソリン消費は抑えられていますし、静粛性が高いのか、エンジン始動時の音も小さいのも良いですね。

■良いところ

・しっかりした足回り
従来のエンジン車の車重に加えてEVのパーツを積載するので、
それに見合って剛性を高める必要があったのか、
足回りはしっかりかつ重厚、ボディの揺すられ感も非常に少なく、
国産コンパクトカークラスでは現状最良の印象でした。
欧州車に近いといえるかもしれません。

・質感の高まったシート
シートのクッション圧の配分を変更したか座った質感がアップした印象でした。
ただシートバックの角度が決まりにくい気が。このノッチとノッチの間がピッタリなんだけど~と
思いました。

・感触の良いウレタンステアリング
Xグレードはウレタンステアリングですが、握った感触がしっくりして「革巻きじゃなくていいなぁ」と思いました。加えていえば、革巻きや専用シートにこだわらなければ、試乗車のXグレードは装備も充実していて「お買い得」とさえ思いました。

・良く出来たSモードのワンペダルドライブ
一番感心したのがここ。「Sモードにするとアクセルペダルだけで速度制御ができる」というフレコミで、「本当かいな」と思いましたが、これが素晴らしい。
ペダルから足を離すと制動がかかり、それがブレーキペダルを踏み込んで減速しているかのような自然さ。
加減速にバタつくかと心配でしたが思いのほかスムーズで快適。試乗後半はずっとSモードでディーラーまで運転。思いのほか完成度の高い「1ペダルドライブ」です!
ただし、アクセルペダルから足を離すとグンと減速するので、空走距離が比較的長い国産車に慣れていると違和感があるかもしれません。自分はC4の4速ミッション「AL4」を思い出して「懐かしい」フィーリングでした(^^)


■残念なところ

・クルーズコントロール非装備
ライバルのコンパクトカーでは装備しているモデルもあるのに、最上位グレードでも非装備なのは勿体ない。
高速での燃費UPにも有効だと思うのですが、日産の上位ラインアップへの「配慮」でしょうか。

・テレスコが欲しかった
アップライトな姿勢ではないせいか、ステアリング位置がもう少し近ければ・・・と思いました。テレスコ装備だとなおピッタリとドラポジを合わせられて良かったと思います。

・若干違和感あるスマート・ルームミラー

スマートルームミラー

リアの後方視界をクリアに見ることができるスマート・ルームミラーですが、やや液晶のパネルの品質がイマイチなのか、夜間の対応もするためか、画質がイマひとつで、「リアルな映像を見ていない」人工的な違和感があります。

・この期に及んで”4”エアバッグ

ノート 4エアバッグ

このクルマのある意味最大の残念ポイント。
カーテンエアバッグは当然のように装備可能(標準装備ではないけど)と思ったら、
サイドエアバッグは省略されています。何がしかの省略できた根拠はメーカーとして持っているのだろうけど、コストカットにしか思えません。

・フロントフェイスが・・・
これは個人的な印象ですが今回のフロントデザインはややアンバランスに感じます。ヘッドライトとフォグランプの間が空いていて、見る角度によって間延びした印象になるときがあります。「写真写りが悪い」パターンかと思ったら、実車を間近で見たときの方がその印象が強いような・・・

■e-POWERは完成度が高いですが・・・

e-POWERのシステムはもちろん、内外装や骨格にまで手が入ったビッグMCで、日産ノート、相当力の入った熟成が行われました。
価格もハイブリット並みで”リーフ”が乗れる。しかも充電設備不要、というのはお得ですし、コンパクトカー随一の広さで使い勝手も抜群。
ということで、残念なところもありますが、これは売れるのでは!と思いました。
(ハイブリットと言ってしまえばそうなんですが(^^;;)

ただ、運転していてドキドキワクワクさせるものがもう少しあれば、、、というのは贅沢過ぎる希望でしょうか。
その意味で、フレーム補強が入るモードプレミアや、「ダウンサイジングターボ」的なDIG-Sの熟成がどうなったのか、ぜひ確認してみたくなりました。特に後者はe-POWER全面推しのなか、いつカタログ落ちするか判らないので早急に試乗してこようと思います。
Posted at 2016/11/22 06:31:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗 | クルマ
プロフィール
「ついに発売! http://cvw.jp/b/313915/38213378/
何シテル?   07/13 22:54
なとりです。よろしくお願いします。 クルマの話大好きです。暇さえあれば試乗に行って研究してます。 写真はそのうちに(^^;
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ファン
21 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ スプラッシュ スズキ スプラッシュ
C4の後に相棒となったクルマ。アップライトで硬めのシート、オペル風味の足回り、1.2L+ ...
シトロエン C4 ケロロ (シトロエン C4)
2013年5月にトラヴィックを惜別の思いとともに手放し、とはいえ、これでじっくり次の愛車 ...
スバル トラヴィック スバル トラヴィック
スバル トラヴィックに乗っています。 トラヴィックを乗り継いで2011年に3代目になりま ...
スバル トラヴィック スバル トラヴィック
2代目トラ。1代目を手放したものの、手放してからわかるトラのありがたさ、ということで(何 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.