• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ゆ~。のブログ一覧

2017年10月10日 イイね!

ゼスティノ07R 履いてみた。

ゼスティノ07R 履いてみた。

話題の日本設計、中国生産の格安タイヤを試してみました。
ZESTINO GREDGE 07R

http://zestino.jp/product/gredge/

215/45-17
245/40-17 ※XL規格
ストリート向けの07Rです。
よりハイグリップの07RRもありますが、冷感時の熱の入り方や、トレッドウェアの違いから今回は07Rを選択。

とにかく安い!
値上げしたらしいですが、4本で6.5万!
ネオバだったらリヤ2本も買えません(笑)
この安さは魅力ですね。
耐久性もトレッドウェア240なので、計算だと理論的に33600㎞まで
持つことになります。
ちなみにネオバ08Rの前期は180、現行は200です。

事前情報では真円度のバラツキがあるとこ事ですが、
本当でした(笑)
フロントはかなり優秀な精度でしたが、問題はリヤ↓



ありえない数値!

245サイズの釜の精度か製造ロッドの問題か(汗)
235サイズではそこまで酷くなかった事からサイズによる釜の精度かもしれません。
組み込み後のタイヤナラシを終わってから再度、バランス取ることにしました。
結果、少し良くはなったけど、この尋常ではない錘はビックリ。


で、肝心の性能です。
あくまでも、街乗り、高速、峠などストリートの感想です。
そして、私の車高調での話です。

タイヤはサスとセットの評価となりますのであくまでも参考程度に。
※仕様変更でバネレート前:8Kg 後:10kg の8インチ
 ストリートで脚がよく動く仕様としています。

乗り心地:
新品時の評価ですが、細かい振動も吸収してハイグリップではかなり良いほうだと思う。ネオバより上かも。
懸念された真円度の精度の問題も、私の走るステージでは全く
気になりません。
そもそもストリートの路面は悪いですから(笑)
ストリートでは無い、平面滑らかな路面だと気になるのかもしれませんが、
私は高速でも気になりませんでした。(高速も結構凹凸あったりします)

ロードノイズ:
静かな部類でしょう。
どのステージでも気にならない。

ドライグリップ:

街乗り、峠、高速レベルではまったく不満なし。
特に斜めグリップに強い気がします。
旋回ブレーキやトラクション掛けながらの立ち上がりなどで
分かりますね。
それに熱の入りもストリート向けなので良さげ。

ウエットグリップ:降雨量5mmくらい

あくまでも街乗と峠ですが、ちゃんとグリップします。
問題は見当たりません。(笑)
ってかそれほど限界で走行してません
豪雨の高速とか耐ハイドロ性能は未検証。

剛性:
サイドウォールもしっかりしていて、よくアジアンタイヤにある、ハンドリングが
緩慢になるヨレなどは無い。
ただし、タイヤサイズによってXL規格のものがあるので、適切(高め)な空気圧設定が
重要です。245/40-17はXL規格でした。

ライフ:
まだ800kmほどの走行ですが、耐久性はあるように思われます。
Treadwear 240 が本当かどうかはこれからですね。
あと、摩耗してからのグリップがどう変化するか今後再評価します。

結論:

この価格でこの性能が出ていればアリ!です。
アラを探せばいくらでも出てきますが、どれもストリートで使用する分には
それほど影響は感じられません。

タイヤの真円度のバラツキ、バリがあるなど許せないユーザーは国産タイヤを勧めます。

そしてすべてのタイヤに言える事ですが、ちゃんと過重を掛けてグリップさせてやる事でタイヤの
最大性能を発揮します。

特に07シリーズはショルダー部が少しラウンド形状となっています。
このラウンド形状を有効に利用するには、ストリートでは特にバネレートは柔らめで、ロールをさせてタイヤの接地圧を掛け、接地面積を増やしてやったほうが相性は良いと思います。
ですので、高レートのサスにありがちな、適切な過重が不足すると、タイヤのコンパウンドの性能依存度が高くなり、また異なる評価になるかもしれません。

ちなみに07RRはコンパウンドだけでなく、内部構造も異なるようなので、あくまでも07Rの感想です。

高価な国産高性能タイヤでも3年も使うと、コンパウンドはカチカチ、性能は1/3以下です。

ZESTINOのような低価格でもちゃんとした性能が出るタイヤを少し早いサイクルで
交換し使用するのも、フレッシュなコンパウンドで楽しめて、安全にもつながることを考えると
アリではと思いました。
Posted at 2017/10/10 10:26:46 | コメント(4) | トラックバック(0) | タイヤ | クルマ
2017年09月29日 イイね!

みんカラ:週末モニターキャンペーン【データシステム】

Q1. データシステム製品を使用したことがありますか?(製品名も)
回答:ありません


Q2. ドライブレコーダーを選ぶ際に優先する機能は?
回答:夜間の鮮明度


この記事は みんカラ:週末モニターキャンペーン【データシステム】 について書いています。


※質問を編集、削除しないでください。
Posted at 2017/09/29 13:04:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2017年08月17日 イイね!

クラッチスタートキャンセル施工

クラッチスタートキャンセル施工シートに座らなくてもエンジンスタートできるのは、暖気の際とか何かと便利なのと、エンジンへの悪影響を考えて、今回DIYにて実施しました。

調べると方法は3つほど。

①クラッチペダル上の配線加工
②アースBOX裏の配線加工
③ステアリングコラム付近のアクセサリー配線加工

アクセスしやすく、加工、現状復帰も簡単な
「③」の方法を採用。
すぐ戻せるのでスイッチも付けません。

手持ちの配線や部品使ったので費用0円♪

空色のアクセサリーケーブルを分岐させてアースポイントに繋ぐだけです(笑)

AP1とAP2でソケット位置が異なりましたが、
ソケット内の配線は同じなのですぐ分かりました♪

かなり簡単でした(^.^)
Posted at 2017/08/17 15:37:54 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年08月01日 イイね!

イオンデポジット(輪じみ跡)にならない為の対策

電車やバスの窓ガラスに付着してる汚ならしいウロコ跡。一般的にはウォータースポットと呼ばれていますが、ウォータースポットはこのウロコが進行して、塗装表面が陥没したことを指します。
ウロコ跡=イオンデポジットです。
カルキなどミネラル分が乾燥時に強固に固着する現象です。

一番の原因は水道水です!

真夏炎天下で水道水をジャバジャバかけて洗車すると、
いとも 簡単に出来ます(汗)

なので、ボディー表面が熱いとき、真夏の天気の良いとき洗車は厳禁です!
早朝、夕方、夜にボディー表面が冷たいときに洗車しましょう。

水道水の水滴は乾くまえに拭き取るのが鉄則です!

雨水は水道水ほどイオンデポジットは出来ませんが、
空気の悪い地区では発生します。
完全に固着するまえに、酢、またはイオンデポジット除去剤で除去しておきましょう。

対策としては、トップコートにガラス繊維系のコーティング剤を施工すると良いです。完全硬化型のコーティングは、イオンデポジットが出来やすく、除去も大変になる傾向があります。

とにかく一番の対策は洗車方法とタイミングを改善することです。

どうしても炎天下で洗車する場合は、純水を使うとデポジット発生を押さえられるのでオススメです。
Posted at 2017/08/01 11:28:43 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年07月15日 イイね!

みんカラ:モニタープレゼント!【クルーズジャパン】

Q1. コーティングを選ぶときに重視するポイントは何ですか?
回答:光沢、防汚性、適度な耐久性、耐デポジット性、キズ隠蔽性

Q2. カーケアや車について悩んでいることはありますか?
回答:特になし

この記事は みんカラ:モニタープレゼント!【クルーズジャパン】 について書いています。

※質問項目を変更、削除した場合、応募が無効となる可能性があります。
Posted at 2017/07/15 10:14:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用

プロフィール

「@・・・1番 さん、良いではないですか(^.^)」
何シテル?   10/15 05:27
乗り物全般大好きです(笑) クルマ、鉄道、飛行機など引き出し多数です(^^) 最近は、S2000でドライブ、レーシングカート、ヘタクソなピアノを楽しんでいま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

サロンドオイル好評でした♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/28 08:30:10
オイルモニター(サロンドオイル)オフやります! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/08 20:44:41
PowerClusterサロンドオイル訪問 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/29 22:11:09

お友達

ファン

24 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S2000 ホンダ S2000
7年9.5万キロ 大事に乗っていたMR-Sから、AP2に 乗り換えました。MR-Sがブル ...
トヨタ MR-S トヨタ MR-S
7年9.5万/km まで大事に乗っていたクルマです。 TRDの足回りと補強を入れてました ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.