• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

あどのブログ一覧

2011年07月30日 イイね!

Cool,Fun,Freedom CHEVROLET CAPTIVA #lovecars

今日は河口まなぶさんのLOVECARSが主催するGMジャパンのイベントへ参加しました。
最近、試乗会づいているんですが、今回はまさしく今日7/30発売のシボレーキャプティバの試乗です。

品川シーサイドにあるビルの8FがGMジャパンの本社になります。



土曜日なので、社員はほとんどいませんが、ディレクターのジョージ・ハンセン氏の案内で会議室へ…。


試乗前に、キャプティバのプレゼンです。

ミドルサイズSUVで3列シート7人乗りという、日本人好みのパッケージ。
直4DOHC2.4リットル、167PSというエンジンに6ATが組み合わされる電子制御AWDです。

価格も354万円(ラグジュアリーパック+35万円)という価格設定はかなりお値打ちな感じがします。

詳しくはこちらへ。

プレゼンの間にテーブルにはコーヒーとこんなものが配られました。


こういうセンス、大好きです。(^^v


その後、地下駐車場へ移動して実車とご対面。


強面ミニバン好きな方々には、ちょうどいい感じのイカつい顔つき。
大きさの割には小さく見えるデザインも○ですね。

実際に運転してみると、足回りのセッティングは腰高感もなくしっかりしていて、レーンチェンジでもふらつくことはありません。国産RVに車高調を組んだような感じです。
エンジンは普通に流す分には申し分ないですが、いざ踏み込んだ時の押し出しはちょっと不満が残ります。現状のラインナップに加えて、V6-3.5リットルくらいのパワフルな設定があっても面白いと思います。




室内のシートアレンジはこの手のSUVの中では飛び抜けて優れていて、セレナやステップワゴンのような使い勝手の良さがあります。このように助手席まで倒せばロングボードさえ室内に収納が可能です。


試乗した車はラグジュアリーパッケージ装着車だったので、革シート、サンルーフなどの装備も充実。
価格に対しての質感は十分すぎると思います。内装だけなら、とてもリーフと同じ金額とは思えない…。(笑)



その後、一旦地下駐車場へ戻って、他の車も見せて頂きました。

※SONIC


※VOLT




そして、これまたデビューしたてのカマロコンバーチブル&トランスフォーマー(笑)の2台を試乗して終了~。



最後に会議室に戻ると、GMジャパンの社長までいらっしゃって、暖かくお出迎え。恐縮です。


キャプティバはかなり面白い車です。販売チャンネルがもっと多ければ、かなり売れるんじゃないかなぁ。
ハリアーを乗り換えようとしている社員がいるので、勧めてみよう!(^^v
Posted at 2011/07/30 16:39:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2011年07月29日 イイね!

LEAF FSWアタック その2

LEAF FSWアタック その2H23.07.28 天候:雨 路面:フルウェット
※FSW走行5周(INLAP、OUTLAP各1周、計測3周)

消費量 8.0kWh
発電量 1.1kWh
合 計 6.9kWh
走行距離 22.0km
電 費 3.2km/kWh
2分47秒47(計測3周目)
※3/10…2分42秒86(ドライ)

雨で前回のタイムの更新ならず…。残念。
Posted at 2011/07/29 09:35:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年07月20日 イイね!

TopGear The Test Track R35_MY11



07モデルが 1分19秒7
11モデルは 1分17秒8

速いです…
Posted at 2011/07/20 20:04:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2011年07月19日 イイね!

“最高傑作”のC-class、スペシャル試乗会レポート

“最高傑作”のC-class、スペシャル試乗会レポート先日Blogで紹介した“最高傑作”のC-class、スペシャル試乗会に当選したので、17日午前の部に参加してきました。

会場はレインボーブリッジを見渡せるオシャレなレストラン『T'SUKI sur la mer』。ここをベースにレーンボーブリッジを渡ってお台場までの往復が試乗コースでした。会場入りしたのが2組目だったこともあって、試乗する車を自由に選ぶことができ、選んだのは「C250ワゴンのAMGパッケージ装着車」です。現Cクラスはレガシィからの車両入替で検討していたこともあったので、AMGワゴンを選択できたのは幸いでした。欲を言えば、C350かC63にというところですが…(笑)


試乗した車に関しては後でまとめてコメントすることにして、イベント全体の様子をご紹介しましょう。

今回のイベントはCarviewが主催していることもあって、メーカーやディーラーが主催する車ばかりのイベントではなかったのが、自分はもとより、同行した妻(免許なし)にも好評でした。
全体のプログラムはプレゼン・試乗・ランチビュッフェ・トークショーという構成で、特にトークショーは車を宣伝するという偏った感じではなく、それぞれのゲストが自分のスタンスで好きなことを話しているのが好印象でした。もちろん、ランチもとても美味しかったですよ!(^^v

トークショーは写真左から、
 ・Carview編集長加藤さん
 ・河口まなぶさん(MC)
 ・鶴見辰吾さん
 ・清水和夫さん
 ・M.Benz広報伊藤さん
 ・五味康隆さん

最近はめっきり自転車のイメージが強くなってしまった鶴見辰吾さんがなぜここに?っていう感じもしますが…(笑)

約30分という短い時間の中で、鶴見辰吾さんがNewC-classに乗ったお陰で数年ぶりに車を購入しようと決意したり、BMWのインストラクターも務める五味康隆さんがアウェー気味で軽いイジメにあってみたり、あまりにも理論的な清水和夫さんのお話しに会場が一瞬凍り付いてみたりという状況を、河口まなぶさんが上手くまとめていましたね。
できれば、もっと長い時間をトークショーに振り分けても良かったかもしれません。

また、試乗時間帯を2グループに分けて、片方のグループが試乗している間は、もう一方のグループは待機していたんですが、このタイミングで河口まなぶさんと五味康隆さんが各テーブルを回って世間話(他のテーブルは違ったのかな?)をしていたのも、気が利いていたと思います。

最後に会場出口でアンケートと引換にM.Benzのノベルティーを記念品に頂きました。M.Benzの試乗会等では、必ず記念品をもらえるんですが、いつもそのセンスの良さに驚かされます。たまに、どう使うのか考えてしまうようなもののありますが、それでもデスクの脇に置いておくだけで、いいアクセントになったりするんです。お金をかけなくても、ちょっとした工夫で印象づけられますから、日本のメーカーも、こういうところは積極的に見習って欲しいものです。


【New C-class C250WAGON AMG-pack Impression】
「最高傑作」という謳い文句はいまいち気になりますが、確かに良くなってるというのは実感できますね。でも、車の趣味なんて人それぞれ、万人受けするものなんてあり得ないのですから、ここはあえて自分の趣味に照らしてどうだかをざっくり言ってみたいと思います。

・外観
W203がどうしても好きになれなかった自分としてはW204の顔つきはマルです。さらに、今回のフェイスリフトでスポーツグリルを標準採用したというのは大正解だと思います。C63の押し出しの効いた顔つきがそれ以下のグレードにも見られるようになりましたね。
「C」の形をしたと言われるLEDのポジションに関しては、最近の流行ということで…。自分はあまり興味ありません。

・内装
インテリアの作り方は、とても好きです。メーターパネル内に液晶画面を埋め込んでいるので、ひとつ間違うとおもちゃのような感じになりますが、そこはさすがM.Benzです。この辺りは日本車にももっと頑張って欲しいですね。
ただ、シートのホールド感がやや物足りなかったかな。それでもAMG仕様なので、ノーマルよりはマシなもののようでしたが、自分も助手席の妻も同じ印象を持ちました。

・エンジン
1.8のターボということで、ほとんど期待していませんでしたが、町乗りには十分でした。今時のターボらしく下からトルクが出てきて上が詰まるという特性は、燃費効率なども考えると仕方ないのでしょうが、7ATとの組合せで上手く制御してましたね。
でも、個人的には守備範囲の広い大排気量エンジン+5ATの息の長い加速感の方が好きかな。

・サスペンション
AMGパッケージで18インチホイール&タイヤと可変ショックが装着されていたので、減衰を変えながら挙動をチェックしてみました。橋の上では継ぎ目を拾うときのショックの違いもはっきりを感じられますが、結果としてはスポーツモードの方だけで十分という印象です。
今回のモデルになって、ウリのひとつに足回りの良さが挙げられていますが、自分も同感ですね。
過去のM.Benzにありがちな、良くも悪くもグランドツアラー的な足回りのセッティングではなく、ハンドリングを楽しむという方向性に振ってあるのが嬉しいです。

・その他
ワゴンのラゲッジルームは、フラットで十分な空間を確保できていますが、あえて言えばもっと横幅が欲しいかな。それでも、BMW3シリーズのワゴンに比べれば、遙かにマシです。

・総評
ボディーサイズ的にもCクラスはベストチョイスなのですが、発売を控えているCクーペの存在も気になりますし、何より、買うなら「同一車種のトップグレード」という自分のモットーを考えると、選択に困ってしまいます。
現在の2台体制を1台にまとめるのであれば、C63ワゴンになるかな…。(笑)
Posted at 2011/07/19 14:45:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年07月17日 イイね!

NEW C-class

NEW C-classこれから、Cクラスの試乗会です。
Posted at 2011/07/17 09:54:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | モブログ

プロフィール

「@さゆん 東ゲートから歩いたの?(^^;;」
何シテル?   06/24 21:41
いろいろな職を転々として、いつの間にやら自営業。 車が大好き、それもクーペタイプのスポーツモデルばかり乗り継いでとうとう15台目になりました。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

大きな1歩となるか!?のシーサイドラインThe学開催 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/20 11:51:49
タイヤのお色直し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/21 11:17:44

ファン

183 人のファンがいます

愛車一覧

日産 NISSAN GT-R R35specV (日産 NISSAN GT-R)
12th NISSAN GT-R R35specV   (アルティメイトオパールブラック ...
日産 ノートeパワー NOTE e-POWER NISMO (日産 ノートeパワー)
15th NISSAN NOTE e-POWER NISMO ダークメタルグレー(M) ...
日産 リーフ NISSAN LEAF RC (日産 リーフ)
13th NISSAN LEAF G (ホワイトパール) ※パワートレイン  NISM ...
メルセデス・ベンツ AMG GT AMG GT S Edition1 (メルセデス・ベンツ AMG GT)
14th AMG GT S Edition1 足は固いし、ハンドリングはクイックだ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.