• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

あどのブログ一覧

2015年08月29日 イイね!

自動ブレーキより大事なもの【追記あり2】

最近、自動車のTVCMを見ると多くのメーカーが前面に打ち出しているのが

「自動ブレーキ」

でも、これに関するCMを見るたびに違和感を覚えてしまうんですよね。
クルマを運転する以上、社会的責任を負わなきゃならないわけですから、ブレーキくらい自分で責任持ってかけて欲しいですよ。そんなこともできない人にはクルマを運転してもらいたくない。

とは言え、より安全性を高めるために、自動ブレーキも必要だという点は否定しません。
ただ、メーカーが力を注ぐべき部分は、電子制御であらゆる場面に対応できるようにとかそういうところより、もっと大事なところがあると思うんです。

ひとつの例ですが…



この動画はBestMotoringというビデオマガジンの連載企画「パニックブレーキランキング」、
一定の速度で左コーナーへ進入しての旋回制動距離や旋回性を比較するというものです。
単に止まるまでの距離だけでなく、旋回性まで考慮している点がとても素晴らしいと思います。
個人的にも大好きな企画で、現代の新車でもこういうのをぜひやって欲しいですね。

映像の後半11分すぎあたりで、これまで登場したクルマたちのランキングが出てきます。

 1 日産GT-R(R35) ☆☆☆ 43.5m
 2 ランボルギーニガヤルドLP560-4 ☆☆☆ 47.5m
 3 スバルインプレッサWRXSTispecCRA-R ☆☆☆ 51.5m
 …
 29 メルセデスベンツS550 ☆☆ 60.5m
 …
 43 マツダプレマシー20S ☆☆ 67.8m
 …
 64 日産セレナ20RS ☆ 68.0m
 …
 75 ホンダフィットRS ☆ 76.5m
 …
 83 トヨタプリウスS ☆ 83.0m


自動ブレーキはクルマがブレーキをかけてくれるというだけの話で、ブレーキをかけるのが人であれ機械であれ、そのクルマがどう止まるかどうかはこのランキングにもあるようにクルマの特性によって全然違うんですよ。

このランキングを見てわかるとおり、1位のGT-Rと83位のプリウスでは静止するまでの距離が倍近い差があります。しかも距離だけでなく、旋回性も段違いです。
この違いって、目の前に飛び出してきた人を避けて止まれるか、避けようとしても避けられずに跳ね飛ばしてしまうかという違いになるってことですよね。

これだけ大きな差は、単にブレーキそのものだけでなく、タイヤのグリップやシャシーバランスなど、様々な要因が重なり合って生じた差です。

最近のマスコミはスポーツ系のクルマをやり玉に挙げるような報道をすることが多々ありますが、その内容は、スポーツカーだから危ない的な論調になっています。

本当にそうですか?


エコカーの燃費競争が過熱して、タイヤそのものも低燃費のエコタイヤが重宝されていますが、転がり抵抗が低いってことは、摩擦も低いってことですから、当然ブレーキ踏んでも止まりにくくなっているんですよね。実際に運転してみればわかりますが、その手のタイヤに乗ると、あまりのブレーキの効かなさに恐怖さえ感じます。特にウエット路面はひどいもんです。

これじゃあ、いくら自動でブレーキかけたって、クルマ本体の制動性能が低かったら意味ないですよね。


ちゃんと走らないクルマは笑えますが
ちゃんと止まらないクルマは笑えないです


自分は止まることについては人よりはるかに気にする方なので、シャレでリーフにGT-Rのブレーキを入れたりしていますが…(笑)


各メーカーさんには、本当の意味できちんと止まるクルマを作ってもらいたいと思っています。

※本田さん映像リンク貼ってしまってすみません。

【追記】
GT-Rの記録映像も追加しておきます。(8分すぎです)



【追記2】
刺激的すぎてUPしていませんでしたが、やっぱり追加します。

4分20秒くらいからの某車はほんと怖いです。
Posted at 2015/08/29 02:07:12 | コメント(44) | トラックバック(1) | 日記
2015年08月19日 イイね!

Fuji-1GP2015 参戦報告

真夏の富士スピードウェイで毎年開催されているFuji-1GP。
今年から走行時間が4時間に拡大され、より過酷なレースとなりました。

R35GTRclubも毎年参戦してきて2014年大会までに総合3連覇、今年は4連覇をかけて5チーム20台体制での参戦です。

 12号車 関西チーム
 22号車 2連覇中のチーム
 23号車 FSWエキスパートチーム
 24号車 ロケット&初心者チーム
 35号車 クラブ初優勝神奈川チーム





恒例のグリッド抽選ではすごいことに…



優勝請負人が引いた22号車は7番、その他が12~15番でしたが、12号車が何と45番!
主催者の思惑や他の参加者の意見もいろいろあるかと思いますが、スタート直後の安全を考えたら、2014年大会のように速いクラスを前の方に固めるか、または公式練習を予選として使うかして、混乱を避けるようにするのが良いと思います。
大パワー車優遇とか言われそうですが、4時間耐久ならグリッドはさほど大きな影響はないことを今年の12号車が証明してくれています。あくまでスタート直後の安全性を最優先に考えてのこととして受け留めて欲しいです。


さて、レース前のお楽しみグリッドウォーク。








レースの方はというと、スタート直後は24号車のTさん劇場でした。15番グリッドから3周目でトップに立ち、他チームを全て周回遅れにする快走で2番手にバトンタッチ、その後の24号車はレース初心者ののんびり走行…の予定が、レース初参戦の935R嬢も奮闘して、トップのまま3番手に…。
と、こんな感じの派手な演出の傍らで、他のチームは耐久用の走行プランで淡々と走行を重ねて行きます。

レース中盤では、耐久巧者のP車チームがトップに出ます。全周ラップを見ても、かなりいいペースで70分間の連続走行ができるので、燃費の悪いR35にはかなり不利です。

見事な走りを見せてくれたのは最後尾スタートの12号車。
気が付くと総合2位を走行しています。ポンダーリレーでのロスタイムも最小限になっていて、まさにチーム一丸となってのレース展開を見せてくれました!

レース終盤には総合2位の12号車を総合3位の22号車が猛追する展開に!
周回ごとに差を詰めるものの、最後は11秒差まで行ったところで4時間のレースが終了。

今回はSCが一度も入らないという快挙です。

【チームごとのリザルト】
#12 117LAP 総合2位 Superクラス2位 BT 1'59.396
#22 117LAP 総合3位 Superクラス3位 BT 1'56.438
#35 114LAP 総合5位 Superクラス5位 BT 1'58.886
#24 108LAP 総合10位 Racingクラス1位 BT 1'51.096 ※大会BT
#23 103LAP 総合15位 Superクラス8位 BT 1'59.502





最後尾スタートから見事に総合2位に輝いた12号車の皆さん、おめでとうございます!


また、大会唯一のスリックタイヤ装着でRacingクラス1位(1チームのみです笑)になった24号車のメンバーは快走のTさん以外はレースが初めてでしたが、思いがけず富士のポディウムに上がれて、とても嬉しそうでした!


【チーム別全周回数LAP】
参加された方は、ご自身の走りのチェックにご利用ください。
12号車 http://r35gtrclub.com/data/R35_12_2015.pdf
22号車 http://r35gtrclub.com/data/R35_22_2015.pdf
23号車 http://r35gtrclub.com/data/R35_23_2015.pdf
24号車 http://r35gtrclub.com/data/R35_24_2015.pdf
35号車 http://r35gtrclub.com/data/R35_35_2015.pdf


さて、4連覇はなりませんでしたので、次回へ向けて打倒P車の作戦を立てないといけません。
R35のチーム戦も楽しいのですが、あえて総合優勝狙いのチームを作ってみますか?


※本文中の写真は皆さんのブログからお借りしました。
Posted at 2015/08/19 19:38:13 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@さゆん 東ゲートから歩いたの?(^^;;」
何シテル?   06/24 21:41
いろいろな職を転々として、いつの間にやら自営業。 車が大好き、それもクーペタイプのスポーツモデルばかり乗り継いでとうとう15台目になりました。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

大きな1歩となるか!?のシーサイドラインThe学開催 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/20 11:51:49
タイヤのお色直し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/02/21 11:17:44

ファン

183 人のファンがいます

愛車一覧

日産 NISSAN GT-R R35specV (日産 NISSAN GT-R)
12th NISSAN GT-R R35specV   (アルティメイトオパールブラック ...
日産 ノートeパワー NOTE e-POWER NISMO (日産 ノートeパワー)
15th NISSAN NOTE e-POWER NISMO ダークメタルグレー(M) ...
日産 リーフ NISSAN LEAF RC (日産 リーフ)
13th NISSAN LEAF G (ホワイトパール) ※パワートレイン  NISM ...
メルセデス・ベンツ AMG GT AMG GT S Edition1 (メルセデス・ベンツ AMG GT)
14th AMG GT S Edition1 足は固いし、ハンドリングはクイックだ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.