• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

tripleRのブログ一覧

2017年09月24日 イイね!

evoqueの今後

JLRはシャシーの共有化が進んでいます。

まずは、RRとRRS。初代のRRSはdiscoベースでしたが2代目は本家と共通に。

そしてevoque(イヴォーク)とdisco sport。ホイールベースが延長され、リヤサスはマルチリンクに変わりましたが基本的には共通シャーシです。
(disco sportの前身のフリラン2のシャシーをベースにevoqueは作られましたが、フロアを下げずに車内高を確保するために90%以上変更されたそうです)

次にdiscoがRR、RRSと共通シャシーでモデルチェンジ。

ここまではLRファミリー内でしたが

velarはf-paceとシャシーを共有しています。(XE、XFも同じです)
この件は以前のエントリで書きました。
(なのでvelarはFRベースのAWDです。一部メディアでフロントにも100%駆動力を掛けられるとありますがセンターデフを持たないので誤りですね。)

そしてe-pace。登場前はアルミの新シャシーとか言われましたが、実際にはevoqueと共通シャシーのようです。
ナナ27さんのブログのe-paceのエントリにAREZE(アレーゼ)さんがコメントされているところで、'Dのサービスに偽装した車両が入庫したそうで、営業の方が言うには中身はほぼイヴォークだそうです。'という記述があります。

実際dimensionを見ても、ホイールベース、前後トレッドはほぼ同じです。
更にJLRのサイトで透視で見えるエンジンは横置きでatも9速ですし、フロントサスはストラット。ただリヤサスはevoqueのストラットからマルチリンクに変更になっています。(disco sportの流用?) ガソリンタンク容量がevoqueより僅かに少ないのはリヤサスの形式変更のせいでしょうね。

JLRのサイトで'最大100%の駆動トルクを後輪のいずれかに配分できます。'とあるのでFFベースじゃないのでは? と思われた方もいらっしゃるかも知れませんが、UKのサイトでは

The system allows up to 100 percent of rear axle drive torque to be distributed to either rear wheel according to available grip.

とあって、'リヤアクスルの駆動トルクの'という前提があるのでFFベースでも解釈に矛盾は出ません。

で、evoque。

18-19年にフルモデルチェンジとかメディアでは言われていますが本当でしょうか?

16年モデルでフェイスリフトをしたばかりですので、さすがにちょっと早すぎるような気がします。
まず18年モデルでe-paceに倣い、やっと横置き対応が完了したingeniumエンジンを積んだモデルが出てくると見るのが妥当な感じがします。
その際、グレードによって搭載エンジンが限定される可能性もあるのではないかと思います。
300psのガソリンはdynamic専用に、ディーゼルは、もしかしたらdisco sport専用となってevoqueには載らない、というパターンもあるかもしれません。
本国では今までもガソリンエンジンはdynamic以上でしか選択できませんでした。日本はエンジンバリエーションがなかったから全グレード同一エンジンとなっていただけとも言えます。

その数年後のFMC。

トレッドが広がる、とか書いているメディアもありましたが、共通シャシーを使ったe-paceが出て数年のタイミングで更に新しいシャシーを投入するとは思えません。出るとすれば、シャシーは現在のもののキャリーオーバーでしょう。

で、忘れてはいけないのは、evoqueは2ドアのLRXをベースに商品化され、それを無理矢理4ドアにしたモデルを(販売政策上)追加した、と言うこと。
(なので現行モデルのリヤシートやラゲッジスペースが狭いのは、ある意味当然。それを補って余りあるデザインのアドバンテージに賭けて市販された。そしてその賭は大成功を収めた。)
もし、次モデルが最初から2,4ドアの存在を前提としてデザインされたならば、恐らく現在のような魅力的なデザインは生まれ得ないのではないかと、私は危惧します。

それはJLRも分かっているでしょう。で、ここから(<-これもですが)は私の裏付けのない完全な空想です。

モデルチェンジするならば、更に販売台数を伸ばすため、4ドアはもう少し後席とラゲッジスペースを拡大する必要があります。
ちょうど良い具合に、共通シャシーながら既にホイールベースが8cm長いdisco sportがあります。このシャシーをベースに考えれば後席のスペースにゆとりを持たせられます。(e-paceの+2cmのシャシーを使う、という見方もあるようですが)
リヤのオーバーハングも伸ばして、RRファミリーであることを明確にしたデザインにすれば、ラゲッジスペースも拡大できます。

RRSやvelarを見ても分かるとおり、JLRはRRの血筋でevoque風味のデザインを上手に作れるようになりました。
更に風味を強くすれば(なんといってもevoqueなんですから)、それが次世代のevoque(4ドア)ということになるのでしょう。

では、2ドアは?

4ドアモデルをベースに2ドアを作っても、間違いなく間延びしたデザインになります。
だからといって、ショートホイールベースにして2ドア化しても、多分evoque coupeにはなりません。
2ドアモデルを作ると言うことは、LRXを越えるLRXを作ることに他ならないからです。
でも、そんなデザインは出来るのでしょうか?

LRXが発表された2008年。この年はLRがFordからTATAに売却された年です。恐らくその開発時は先が見えないとても不安定な時期だったのではないでしょうか。でも、だからこそ、平常時では発揮できないような力で、あの素晴らしいデザインが生まれた。
逆に言えば、あのようなデザインが生まれ得る機会はそんなには多くない...

LRXを越えることは10年とかの短い期間では出来ないのではないか、と私は思います。ならば

JLRには15年まで67年間生産が継続したdefender(この名前になったのは途中からですが)というモデルがあります。外形はほとんど変わらないまま、パワートレイン等内部を更新しながら生産され続けました。
私は、evoqueの2ドア(coupe)はdefenderのようなモデルになるのではないか(というか、なって欲しいか?)と考えています。
基本シルエットは現在のまま。2ドアであればラゲッジルームが狭くなる後輪ストラットのままでも大丈夫です。
その中に、その時その時のテクノロジを内包し、進歩し続ける。
それだけの価値が、evoque coupeにはあると思います。


4ドアはdisco sportのシャシーを利用してRRS、velarの流れでFMC
2ドアはdefenderと同じように、基本骨格、外形は現在のまま、メカニズムや内装をアップデート。(カブリオレを含む)
どうでしょう、あり得ない展開でしょうか。
4ドアと2ドアの販売比率を考えれば、可能性は全く無いとはいえないような気もします。

以上、evoqueの納車時、本気で'LRX'のリヤエンブレムをどこかで作ってもらって貼ろうと思っていた、LRX好きの妄想、ということで。
Posted at 2017/09/24 21:10:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年09月16日 イイね!

evoqueのデザインは1,900mmの全幅があって初めて成り立った

'XXのすべて'という雑誌があります。新車が出ると(マイナーチェンジでも出たりする)発売される三栄書房のムックですね。
私は興味がある車が出たときに買うようにしています。で、ちょっと面白い話がありましたので。

CX-5のすべて、です。どの記事でも高評価を受けており、先代よりも引き締まった感じだったので買ってみました。
が、全体に比べてサイドの面が平面的で、自分の車にはしたくない。(本を)買うんじゃなかったかなと思いながらもパラパラめくっていると。

最初、アイデアスケッチを元に寸法要件にあうようなクレイモデルを作ったら全然良くなかったそうです。
で、それを没にして、新たなスケッチをベースに寸法要件を気にせずに自由に作ってみたら、とても魅力的なモデルが出来た。でも幅が1.920mmもあった!! なんとかイメージを残すようにして両側20mmずつ削った。更に寸法要件に合うように20mmずつ削り、最終的に1,840mmにした。

確かに、元のクレイモデルを見るとサイドもかなりダイナミックなデザインです。このまま商品化されていたらと思わせるようなものでした。
(でも、立駐に入らないといけないとか、国産車は制限が多いんですよね。)

で、evoque(イヴォーク)です。全体的には直線的なデザインに見えますが、実車を見ると、サイドはフェンダのフレアがかなり大きく、かなり無駄に幅を使っているのが分かります。
買うまでは、このデザインのままで1,850mmぐらいだったら良かったのに、とか勝手を言っていましたが、実際にはこの車幅が有ればこそのデザインだったわけです。全幅を縮めていたらきっと失敗作になっていたでしょう。

以下余談

違うアプローチで来たのがC-HRだと思います。

以前からなんとなく、evoqueに似ているなと思っていたのですが、先日evoqueを背中合わせに駐車する機会がありました。
見比べてみると細かなディテールは違いますが、イメージ(特にサイド)はとても良く似ています。まあ前後のオーバーハングを削って、フェンダのフレアを強調したデザインにしてルーフを斜めにしたsuvを作れば皆同じようになる、とも言えますが、コンセプトモデルの頃を思うと、実車化する際にevoqueの影響は大きかったのではないかと思います。

で、C-HRでは、フェンダとボディの間に一度大きなえぐりを入れています。そうすることによって全幅を大きくすることなく大きなフェンダフレアを得ることができたのです。デザインモチーフとしてダイヤモンド云々が言われていますが、これは結果としてサイドに出来た形がそうなったのであって、最初から意図したわけではないのでは? と思っています。
Posted at 2017/09/16 16:37:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月14日 イイね!

本当に幅広?

話題になっているcliccarの'イヴォーク(evoque)次期型プロトタイプ'の記事についてです。

'よく見ればフェンダーが幅広にされ'と記述がありますが、写真を見ても市販車と変わっているようには思えません。
似た角度の写真を探し、比べてみたのですが、いくら'よく見ても'私には違いが分かりませんでした。皆さんは如何ですか?
(リヤのホイールアーチ、ドアの部分までは完全にそのままですし。)

写真から分かるのは、

フロントバンパの開口部(ロワ)が広くなり、更にサイドの部分もネットになっている。
リヤのバンパがワンオフらしい。バックフォグの部分が盛り上がっている。ホイールアーチ後半部分からリベット止めらしきもの多数。

ルームミラーの所にあるカメラが2眼。

最初の2点から考えると、新しいエンジンのテストと見るのが妥当だと思います。開口部が多いのは冷却能力のアップ、リヤバンパの変更はマフラーのタイコ部分の容量変更と考えられます。
ガソリンエンジンについてはevoqueは本国でもまだ旧タイプ(現行)のままです。ingeniumエンジンを横向きで搭載するにあたり、冷却系、排気系のテストをしているのではないかと。

カメラについては、運転支援システムの高度化でしょうか。2眼のカメラはスバルでもサプライヤからの供給ですから、ソフト部分でスバルの特許に触れないようにすれば良いわけで、tataはソフト開発も得意ですから。
Posted at 2017/04/14 11:43:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月24日 イイね!

いつの間にかTypeRのエンジンはUS製に

なっていたって皆さんご存知でしたか? 私は車自体に興味が無かったこともあって全く知りませんでした。
(切っ掛けは国沢さんの記事。ちょっと調べてみると製造過程の動画も。K型エンジンのwikiにもちゃんと書いてあった...)

オハイオのアンナ工場製(NSXが生産されるのは同じオハイオでもメアリズビルのPMC、アンナはエンジン専門工場でNSXもエンジンはこちら)だそうで、去年750台が限定販売されたFK2から(エンジン型式K20C1)で、今年販売されるモデルも同じだそうです。

USで組んだエンジンがUKに運ばれて車に搭載され、再び海を渡ってデリバリされる。
それだけホンダがワールドワイドな企業になったと言うことなのでしょうが、高見沢高根沢工場(後期は鈴鹿)で生産されていたNSXやS2000、鈴鹿で生産されていたTypeR達を思うとなにか複雑な心境です。

TypeR初期の頃はポート研磨もやっていたというのに、国内のラインにはスポーツモデルが全く流れていないなんて...(S660は八千代ですし)

偶然見つけたこんな記事を読み直すと、これから先ホンダの車を買うべきなのかどうか、迷いが生じてきます。
Posted at 2017/03/24 15:37:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月06日 イイね!

VELARとF-PACE

で、velar(ヴェラール、じゃなくてヴェラーで良いような気がしますが)です。

アルミシャシーだし、なんとなくF-PACEの兄弟車(シャシー共通)かなと思っていたのですが、ビデオのサスペンションが透視で写るところで、フロントに見覚えのある形のダブルウィッシュボーンを見つけて確信しました。

が、velar関連のどの記事を見てもf-paceの文字は全く出て来ません。不思議に思ってチェックしていたのですが、ブランニューとの情報も出て来ました。分からなくなってきたので更に調べてみたのですが、

ホイールベース: 2,874 2,875
フロントトレッド: 1,642 1,640
リヤトレッド: 1,657 1,655
(単位mm velar f-paceの順)

という数値と、

While the Velar traces its underpinnings to the “Jaguar Land Rover Lightweight Aluminum Architecture” that holds up the Jaguar F-Pace SUV and the XF and XE sedans, engineers assure us that 70 percent of the parts on the new Velar are brand-new.

autoweekの記事

という情報から見てf-paceベースと見て間違いないと思います。
(velarの方が150kgぐらい軽いのは、70%の新パーツでのアルミ使用率がかなり高いんでしょうね)

そうなると気になるのが、f-paceとの能力差、ですね。

# 一つ前のエントリを先にアップしたのはこのためです。

evoque(イヴォーク)の高評価に比べると正直あまりぱっとしないf-pace。LRとjaguarとでの不十分と言われるノウハウの融通(一説に、ですが)。
果たしてvelarは、ベースとなったf-paceに対して、どれぐらいLRの味が強くなっているんでしょうか? もっと言ってしまえば、evoqueレベル、更にはそれを越えるレベルに改善されているのでしょうか?
150キロの軽量化が、その回答を導き出すための要因となっていることを期待したいと思うのですが、最近の自動車雑誌じゃvelar vs. f-paceなんていう記事は絶対出てこないでしょうね。

デザインについては、正にsmall (range rover) sport(ただしちょっと新世代)だと思います。discoveryがbig discovery sportだった(こっちはコンサバ)のと逆ですね。evoqueとは無縁(のデザイン)であることは

"We wanted an emphasis on the classic Range Rover proportions," says Frascella. "The short front overhangs and long tail give an incredible elegance, moving the emphasis rearward like luxury yachts ... There's nothing quite like it."

autoblogの記事

というMassimo Frascella(Land Rover's exterior creative director)の言葉からも明らかだと思います。

これでLRの車種展開は、本家RRを頂点として、sportのシリーズとdiscoveryのシリーズに明確に分かれたことになります。
さて、すっかり鬼子になってしまったevoqueの将来はどうなるんでしょう?

あ、velarのあの2つのダイヤル、パナソニックのシステムらしいです。(上のautoblogの記事、引用した次の段落)
もう一つ、ディーゼルは、何故パワー不足が言われる180ps版を入れたのでしょう。240ps版だったら面白かったのにと思います。(規制をクリアできなかった?)
Posted at 2017/03/06 01:35:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@norie NSXの下取り? (と隣で言っております)」
何シテル?   09/24 14:50
http://rr-lovers.seesaa.net/
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

お友達

ファン

13 人のファンがいます

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる