• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

だいちゃん@CZ4Aのブログ一覧

2016年10月22日 イイね!

2016.10.21間瀬

昨日はドライを狙って、間瀬のフリー走行に行ってきました。


先日のTC1000で発生したガスケット抜けかどうかの確認も合わせてです。


出発前にディーラーで純正のラジエターキャップを購入し、現地へ向かいます。


一般道を走るくらいでは特に変りもなく普通に走るのですが、どうなることやら・・・


最近は筑波を2回走ってるので、久々の間瀬となります。


そのせいか、走るまではリラックスしてたんですけど、コースイン直後やっぱり間瀬って怖いなと思いました(^^;


目が慣れてないせいで、体感スピードがすごく、ビビり全開です。


5回のアタックでベスト更新まではいきませんでしたが、5.9秒で2年ぶりに5秒台を出せました。


ただ、走行中、先日と似たような症状が出たので、エンジンを休憩させることに。


マフラーからもクーラントの匂いするし、クーラントの減りが異常だったので、ほぼ間違いなくガスケット抜けが原因ではないかとなりました。


これ以上、負荷はかけれないので、その日の走行は終了。


もう少し慣れればベストは間違いなく更新できそうな感触はありました。


ちなみにセカンドドライバーとして弟も乗りましたが、ベストは5.4秒で流石ですね。


GPSで確認したところ、2人のタラレバは4.4秒。セクター4つに分けたうちの2つは私だったので、全部が弟のセクターではなくて良かったw


嫌というほど苦手な箇所は分かっているので、後は慣れと度胸が必要そうです(T_T)


車のポテンシャルは再確認できたので、しっかりと直し、後はドライバーが頑張れば目標の4秒台を出すことが出来るかもしれないでしょう。


今期はもう走るのが難しいかな?エンジンの具合等にもよりますけど、走れる日が残ってれば、再チャレンジしたいなと思っています。


ということで、明日は横浜のお店に車を預けに2週続けての遠距離ドライブです(汗


Posted at 2016/10/22 22:53:08 | コメント(5) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2016年10月17日 イイね!

筑波バリアフリーフェスタ2016

筑波バリアフリーフェスタ2016先日の10/15(土)にTC1000で開催された「筑波バリアフリーフェスタ2016」に参加してきました。


自分と同じように、ハンディを持ったドライバーも多く参加されていたので、全国各地で頑張ってる皆さんの走りにもすごく興味津々です。


以前から気になっていたイベントだったので、とても楽しみで前日は1時間半くらいしか眠れず・・・


到着すると多くの皆さんが既に走行準備をされていて、その中に来る予定のなかった専属カメラマンがw


なんとサプライズで来たとか。のちに来てくれて本当に助かったハプニングが起こるのですが、その話は後半で。


今回エントリーしたのは「ハンディキャップドライバー日本一決定戦」と初めてのサーキットだったので「バリアフリー走行会」のダブルエントリーをしました。









■バリアフリー走行会1本目


減衰F2戻R5戻
空気圧2.4グラベルDTM0
気温15℃くらい


初めてのサーキットなので、タイムよりも慣れることに重点を置いて走りました。


前回のTC2000でも感じましたが、コース幅は広く、路面状態もいいので走りやすい!


本当に近くの人が羨ましいw


ガンガン踏んでいけるもんですから、ブレーキ遅れてクリップにつけないこともしばしば(^^;


すごく楽しかったです。


初アタックで40秒前半が出たので、ちょっとブレーキ頑張ったりしてアタックした結果、今回の目標である39秒台(39.902)がとりあえず出せてホッとしました。


朝は気温が上がっていなかったので、その恩恵が大きかったですね。


不安材料だったエアクリのホースも外れず完治したようで絶好調でした!


参考にさせていただいたG-T2さんが、まさか参加されていて、しかもお話ししていた方だったというのを宿についてから知ることに・・・本当にありがとうございましたm(_ _)m









■ハンディキャップドライバー日本一決定戦プラクティス1本目


減衰F2戻R5戻
グラベルDTM4
空気圧2.4(休憩30分くらいあったので、ベスト時は2.3か?)
気温17℃くらい


30分後くらいにすぐ順番が回ってきたので、エンジンもタイヤも温まっていたので、コースイン後、すぐにアタック。


課題は最終コーナーのクリップが思った以上に手前だったので、最終コーナー前のスピードをコントロールして、しっかりクリップを取るのを意識して走りました。


これが本日のベストとなる39.730です。








この枠ではあと2回ほど39秒台に入れることができましたが、タイヤも垂れてきてやっと入るといった感じでした。


この枠以降は気温も高くなり、ベストを更新することはできませんでした。


そしてここで、みん友のMonkeさん登場。


都合がついたので応援に来てくれたとのことです。感謝ですね。


休憩のときなど車談義とても楽しかったです。


そろそろ次の走行枠が始まります。そして、あらためて本当に感謝することになります。





■ハンディキャップドライバー日本一決定戦プラクティス2本目


事件が起こります。


2回ほどアタックしてクーリングをしていると、水温のアラームが鳴りました。


なんで?と思いつつメーターに目をやると、みるみるうちに温度が上昇し、120℃まで上がります。


メーターの故障か?と思い、車のディスプレイを見ると標準の水温計も上限まで到達して警告が出ました。


しかし、すぐに温度が下がりましたが、再度上昇して、またアラームが鳴ります。


これが2回ほど繰り返されたので、ヒーター全開にしてピットへ。


弟に事情を説明してエンジンルームを開けてみたら、リザーバータンクの水が溢れそうなくらいになってました。


もしかしたらガスケット抜けかラジエターキャップの破損じゃないかと。


どちらにしろ穏やかではありません。


とりあえずエンジンを冷まし、キャップを開けるとホース内に全然水がありませんでした。


地元のショップにも事情を説明してみると、やはりガスケット抜けが怪しいとのこと。


クーラントは特にオイルが混じって白濁している感じもなくサラサラでしたが、不安で仕方ありません。


もしかしたらラジエターキャップの可能性もないわけではないので、応援に駆け付けてくれていたMonkeさんのご厚意により、車からラジエターキャップをお借りして神頼みするような気持ちで走行を待ちます。





■ハンディキャップドライバー日本一決定戦決勝ヒート1


減衰F1戻R4戻
グラベルDTM4
空気圧2.4


また同じような症状が出たらすぐに止めるのと、ヒーター全開を条件に走りました。


決勝ヒートは2周走り、1周目はホームストレートのシケインを通ります。


結果からいうと水温が90℃付近までしか上がらず、特に問題ありませんでした。


タイムは1.22.606で、体のハンディや排気量によるタイムハンデを含めた順位は暫定1位でした。


2回目を走ろうか迷いましたが、ガスケット抜けかどうか見極めるためにも2本目を走ります。











みん友さんが外撮りしてくれました。ありがとうございます!





■ハンディキャップドライバー日本一決定戦決勝ヒート2


減衰F2戻R5戻
グラベルDTM4
空気圧2.4


今回はヒーターをオフにして走りましたが、水温は90℃を超えるも100℃までは到達せず、特に問題はありません。


走りのほうは1回目の走行でシケインが不満だったので、今回は気を付けて早目にアクセルを踏むように気を付けてみました。


タイムは1.22.241で0.3秒近く短縮でき、全員の走行終了後、タイムハンデを含めた最終結果ですが、なんと優勝することができました。











あらためて自分は多くの方に支えられながら走っているんだなと思いました。


優勝できたのも弟がいてくれなければ車の状態も分からなかったですし、Monkeさんがいなければラジエターキャップを借りることもできなかったので、もしかしたら日本一決定戦を走れなかった可能性もあります。


2人には感謝してもしきれません(^^; 本当にありがとうございました!


今回、初参加初優勝と出来すぎた結果でしたが、本当にこのイベントに参加してよかったです。


新しい交流の場として、たくさんの方とお話しできましたし、皆さん親切に接してくれました。


自分を含め皆さん多少なりともハンデはありますが、サーキットを走る情熱・雄姿は一般の方となんら変わりはありません。


これを機に自分でもお手伝い出来ることがあれば、積極的に参加していこうと思います。








最後に表彰台での一言でもお話しましたが、今回優勝できたのは、いつも応援してくれる妻のおかげであり、いつも一緒に走ったりサポートをしてくれる弟、仲間たちのおかげだと思っています。





副賞に来年の招待券が入っておりましたので、勝ち逃げせず参加する予定ですw


そして2連覇できるよう、家計に支障のない範囲で頑張りたいと思います(^^;


帰り際にそっくりなちゃちゃさんとツーショット♪











長くなりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


優勝めっちゃ嬉しい~~~♪



Posted at 2016/10/18 00:28:49 | コメント(13) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2016年10月12日 イイね!

ファイナルエディション化とエアクリ対策他

どうもお疲れ様です。


今回は久々にイジリネタです。


前回の走行前にちょこっとしたことですが、エンジンマウントを強化品にしたせいか、マフラーがやけに振動するので、YRアドバンスさんの強化マフラブッシュを装着しました。


下から覗いた時の振動はもちろんのこと、停車時の室内の振動も軽減されたので交換してよかったです。


次に車高調のスプリングを固定するロアシート?が、今使ってるのはゴム製ですぐ破損するため、ちょっとお高いですがベアリング付きのものを装着しました。
これで今までの問題が解消され、スプリングの動きもスムーズになります。


そして前回の走行時にガス欠症状が再発した原因かと思われるエアクリのホース抜け。


コメを頂いたので、検索してみると同じような症状の方がいたので、素直に真似させていただきました。





とりあえず症状はでませんが、サーキット走って負荷かけてみないことには完治したと言えないので、試したいところですがあいにくの天気で・・・


昨年からの不調続きなので、気持ちよく走りたいところです。


そして最後にタイトルのファイナルエディション化ですが、久々に走りと全く関係ないところです。


以前から欧州車でよく見かけましたが、最近の日本車にも取り入れられてきましたね。


車内に乗り込んだ時に高級感が伝わってきて、自分の車もしたいな~と思ってたんですが、エボⅩでは無理だろうと思っていました。


しかし、調べてみるとエボⅩのファイナルエディションがまさにそれだったんです。


そう、内装(ピラーや天井等)が黒いんですね。全然知りませんでした。


それを知ってからはブラック化したいな~と悩むこと数か月・・・


ついに実行しちゃいましたw


対象の純正部品を取り寄せて部品を交換するだけです。


室内に高級感が出てイイ感じ♪





久々に走りとは関係ないチューニングでしたが、大満足でした。


ちなみに余っていたレカロを助手席に装着して軽量化。


普段走るときは助手席を外しますが、車検のあるイベントに出場するので、その対策です。


今月は間瀬1回、TC1000を1回の予定。


その後、また空力に手を出します。
Posted at 2016/10/12 15:14:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「ホントそれ思いましたwしかしサーキットでは普通に走れたので気付くことも出来ず…」
何シテル?   12/01 19:45
はじめまして♪ CZ4A(SST)に乗っている「だいちゃん」と申します。 新潟県にある日本海間瀬サーキットをメインに走っています。 間瀬の目標はラ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

私のカーライフを変えたみん友さんたち 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/07/20 22:49:50

お友達

サーキットを走っている方、大歓迎です♪
情報交換等、いろいろ交流してください☆
友達募集中なので、お気軽にどうぞ(^O^)

プロフや愛車情報を登録していない方、趣味が合わなそうな方は、お断りさせていただきます。
91 人のお友達がいます
_かず__かず_ * alcemyalcemy *
羽無羽無 * sec11sec11 *
ファイターズ・LOVE!ファイターズ・LOVE! * あつし34あつし34 *

ファン

50 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
エアコンがまだ残っているので、快適ストリートカーらしいです
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
初めてのマイカーです♪後先考えず弄ってたらこんな車になりました(^^;) 今までありが ...
三菱 ランサーエボリューションVII 三菱 ランサーエボリューションVII
まだまだ発展途上中です。これからどんどんエボリューションしていきます! 2011年4月 ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
セカンドカーとして約1年頑張ってくれました。 燃費さえ良ければ乗り心地いいし、荷物たくさ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる