• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しょうさまのブログ一覧

2017年11月16日 イイね!

P-FCのアナログデータ入力

P-FCにアナログデータを繋いでる方は大なり小なりお感じなのではないでしょうか?

センサーのディスプレイに表示される値とP-FC経由で取得される値に差があることを。

以前からずっと気になっていたのですが、エクスポート後に補正をかけて読んでいました。

ここん所、車に乗るたびにデータ取りですが、たまたまFC-PROのフォルダを見て気づいた事がありました。

アナログデータの読み替え一覧にある名前と同じファイル名があることを。

そのファイルは「phy」ファイル。

試しにテキストで開いてみると文字化けせずに開けます。

そうです、これがA/D変換のマッピングデータです。

私が使っているPLXのAF計や排気温度計はオフセットかドリフトかはわかりませんが、
数字がずれるので、いつも補正している値に置き換えました。

概ねセンサー表示とP-FCのデータがそろいました。

気をよくした私は、PLXのファイルを作って保存しましたが認識しません。

この手の造りであればiniファイルかなにかでパラメーターを持たすのが多いのですが
P-FC君はそのような造りで無い模様。

仕方が無いのでデータの差し替えだけで使ってますが、ズレがないだけでも随分みやすくなるので、これはお勧めです。


さて、準備もできたので今週末もデータ取りにいそしみましょう。w
Posted at 2017/11/16 22:50:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年11月12日 イイね!

まいっちゃうくらい楽しい

T:「たのしいですよね北○サン」

K:「・・まいっちゃうぐらい たのしいよナ」

心のバイブル 湾○Midnightの一節です。




私の車は現在慣らし中。

負荷の軽い所で、色々と確認しながらセッティング中です。

今回は、圧縮もカムもインジェクターも変わっているので、
何を目安にすればいいのかさっぱりわかりません。

唯一R35エアフロは仕様変更前から使っていましたが、
どうもそれでも燃調が合わない。
※とりあえず結果だけ合わしてセッティング中

これがVQマップのせいなのか、
それともインジェクターの公差なのか(外部要因含む)・・・
それも手探りで色々やってます。

そうかと思えば、なんでこんな所で?というところでノックレベルが上がるし、
セッティングも変更してないのに、エンジン掛ける度に雰囲気が違う。

燃料の増減や点火タイミングを変えても思った方向に結果が進まない事も度々。

やっと落ち着いても詰めたセッティングより、緩めのセッティングの方がパンチは無くてもフィールが良かったりするのでどっちにしたものかと、ここでも悩む。

色々データが欲しいので、長距離走って慣らしを進めるのも難しいですが、
色々考え、試し、悩み、ちょっとわかる。

あぁ~ まいっちゃうくらい楽しいです。w









Posted at 2017/11/12 22:18:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月22日 イイね!

リサーキュレーションバルブは いる!!

リサーキュレーションバルブは いる!!タイトル画像のとおり、見事に直りました。

やっぱり純正でやってる機構に不要な物は無いですね。

いらんことして苦労しました・・・。



作業前に「外すのはタービン手前まで!!」
と決めてましたが、30分後にはそのリミットに達してました。w

結局、バンパーを落とし、インナーフェンダーをめくる事になりました。

作業の範囲としては、確かに知れてます、
ただ、これを大阪市内の立体駐車場内でやるには
そこそこの気合が必要です。



そもそも何をやったか?ですが、私の車にはH○S社の悪名高きインテークキットがフルで付いています。

オクでゲットしたのですが、前使用者がDジェトロ仕様だったらしく、こんな風にリサーキュレーションバルブからの
戻しの配管にフタがされていました。


※どこの部品かはわかりますよねw



購入時に記載があったので、「来てから直せばいいや」くらいの気持ちで落札したのが不幸の始まりでした。

このインテークキット、誰かが書いてましたが、取り回しが変態的です。
※パワステのタンクまで移設する変態ぶりです

おかげで直そうという気がすっかりうせ、今風に言うバックタービン仕様で乗ってました。

多少のフィールの悪化はあっても、確かに立ち上がりも早くなるので、気にせずにのってましたが、今回の事象が発生したので対策しました。


こんな部品を買って


交換していらなくなったラジエターホースをつないでみました。

結局、想定していたようにはいかず、冒頭にあったぐらいの作業になりました。

コンピュータでも事象は一時的に止まっていたので、何か信号的な所を疑っていたのですが、フィールの件もあったのでまずはこちらから手を出したのが、結果的に当たりだったというわけです。


<考察>

先日オーバーホールに出しましたが、MAXパワーよりタービンの立ち上がりを重視した構成で考えました。

・ポンカムR
・ナプレックハイレスポンスキット(ヘッド)
・2.8L化
・圧縮アップ8.5→9.0
・エキマニポート拡大
・タービンBB化(GT-SS)
・HKSタービンアウトレット

どうもこれらが纏まって、悪さをしてしまったのではないかと考えています。
BBターボというのは、回りが軽いとは聞いていましたが、想像以上によく回り、エンジンを切ってからしばらくは回っているような代物です。

こんな物に上記の組み合わせをしたもんで、

アイドリングでも弱過給(エアフロセンサー流量増)
 ↓
スロットルが閉じているので(流路で充填中)、空燃比Rich
 ↓
一定の充填で過給ストップ(エアフロセンサー流量並)
 ↓
弱過給状態でアイドリング
 ↓
空燃比リーン
 ↓
排圧低下
 ↓
タービン回転低下(エアフロセンサー流量減少)

これをエアフロ1・2間でやったり、タイミングが合うとハンチングとして現れたりしたのではないかと考えています。

結果的には低速時のフィールは大き改善され、A/Fの値も落ち着ていて表示されるようになりました。

それにしてもH○Sと言うメーカー、自社製品との組み合わせなんかも考えてパーツリリースを行っているのでしょうか?
あの取り回しだと対象商品を利用されている方が、Dジェトロにされている気分がよくわかります。


Posted at 2017/10/22 21:50:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月09日 イイね!

貴様のザクでは無理だ

貴様のザクでは無理だ











もう完全に顔つきが「連邦の白いモビルスーツ」のこれ


ランエボの時にも言われてましたが、こっちの方がよりそれに近い気がします。

で、我らが旧ザクの話ですが、なかなか思ったようにセッティングがでません。
というより、思ったように数字が動かないのです。



まだ慣らしなので、3000回転までの常用域を設定中ですが、いまだアイドリングが
思ったようになりません。

アイドリングのハンチングは無くなったのですが、エアフロ1とエアフロ2の位相の変化が解決しません。

今の所、アイドリングは850rpmでもします。(ちょっと苦し気ですがw)

ポンカムとはいえ、カムが変わった状態でノーマル設定のアイドリングができればよいのかもしれませんが、今の事象がどうにも気持ち悪い。

ここでマップの切り替わりがあるせいか、アイドリング時のA/F値も安定しません。

ただ、調べていてわかったこともでてきました。
この事象を元(電圧を水平にする)に戻す方法です。

前から気づいていたのは「水温が上がるまでは本事象は発生しない」
逆から言えば、エンジンがある程度冷えてから行えば、普通にアイドリングします。

このことから水温が関係するものと考えていましたが、本日もう一つ一時的に改善する方法を発見しました。

「アイドリング設定回数を一旦上げる」という事です。

今の所950rpmで設定を行っておりますが、これをコンピュータ上で1100rpmにすると位相の荒れが収束していきます。

そしてこれは950rpmにもどしても、おちついたままアイドリングします。

しかし、それでも一旦走り出してから止まると同じように暴れます。

さらに面白いことは、1100rpmで落ち着くのであれば、それをアイドル設定値とすれば解決すると考えましたが、こちらも走行後に止まるとエアフロの荒れが始まります。

これらを総合すると、コンピュータの設定切り替え時にはなんらかの信号が送られ、
それがあれば回転数はあまり意識することなく、エアフロ電圧の荒れは収まるという事です。

残念なのは、それがどんな信号なのかがわからないので、まずは違うツールを使ってでも、隠し設定の値を見つけることからの開始となります。

シャアには題記のように言われますが、
心意気は「このザクとて、わしと百戦錬磨の戦いの中をくぐり抜けてきたのだ」と
いきたいわけです。

量産機をカスタムして通常の期待の3倍の速度で進む。
男子たるもの、ここにロマンを感じずにはおれません。

まぁ慣らしはまだしばらく続くので、この間に本事象の解決をしたいと思います。


Posted at 2017/10/09 00:56:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年10月02日 イイね!

新装備

新装備何年も前から持っていたPLXの排気温計、やっとつけました。
センサー位置を考えると、素人が車載状態でやってはいけなさそうなんで、今回のオーバーホールの時にセンサーつけてもらってました。

さて、これから本格的にセッティング!!
と言いたいところですが、排気温って何が目安かわかりません。(笑)

とりあえずデータ取りから開始ですね。
Posted at 2017/10/02 07:59:00 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「そして・・・ http://cvw.jp/b/317688/40462085/
何シテル?   09/23 23:54
エンスー(エンスージアスト):「マニア」、「熱狂的な支持者」 たぶん私は後者であろう・・・
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

スカイライン検定 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2008/04/29 10:01:34
 

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
エコという名の氷河期にも負けず、恐竜は生きていきます。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.