• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

manablogのブログ一覧

2013年02月18日 イイね!

【異色】ミニペースマン試乗 #LOVECARS

ついに日本でも発表されたミニの新種である「ペースマン」。こちらは一足先に昨年マヨルカ島で試乗した時の動画です。
Posted at 2013/02/18 14:06:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX | 日記
2013年01月18日 イイね!

NSXへの愛ある本音 #LOVECARS

NSXへの愛ある本音 #LOVECARS■僕・河口まなぶは1997年式のNSXタイプSと2002年式のNSX-Rを所有していました。NSXをこよなく愛し、それを生み出したHONDAをリスペクトしています、いまもなお。

■昨年、NSXコンセプトがウェルカムプラザ青山に展示された際には我がままを言って、LOVECARS!TV!で「NSXスペシャル」(http://www.ustream.tv/recorded/20212470)を放送させていただきました。ご協力いただいた広報部の方に、心より感謝しています。

■NSXが心底好きで、それは僕の人生を変えたものだと本気で思っていて、そしてそれを生み出したHONDAをリスペクトしています、心から。でも本当に、本当に、それほど好きだという気持ちがあるからこそ僕はいま、愛ある本音を言うべき時なのではないか、と自分勝手に思っています。

■昨年登場したNSXコンセプト、そして今年のNAIASで登場したNSXコンセプト。着実に市販へ向けた前身を進めていることは間違いありません。そしてそこに期待を持っているのは当然、私だけではありません。

■NSXという名前の復活。新たな時代のスポーツカーのX、それをどのように再定義するのだろうかという興味…世界中のクルマ好きが、注目していることは間違いないと思います。

■そして僕もまた、そのうちの1人に違いありません。そしてHONDAに、再び世界を、再びスポーツカーの世界を再定義して欲しい。それがホンダNSXの、新たな時代のスポーツカーのXの役割でしょう。

■だからこそ、本音が言いたいのです。あらかじめお断りしておきますが、これは単なる文句でもいちゃもんでもありません。NSXを、そしてそれを送り出すHONDAを、愛して止まないからこその本音であります。もはやジャーナリストとしてではなく、いちファンの心からの声だと思っていただければと思います。

■発売は2014年と聞いています。ですがどうか、もう一度様々をご検討いただけないでしょうか? 

■デザイン、中身、思想、哲学…僕はそこに、ホンダの本気がありありと刻まれた、新たな時代のスポーツカーのXを見たいのです。そう、これまでの時代を終わりにして、次の新たな時代を創り出すきっかけとなるような、HONDA NSXを送り出してほしいのです。

■我々のようないちファンでは、到底想像もつかない、HONDAの本気を見せてください。愛を込めて一度だけ書きます。

■いまのNSXでは、HONDAの本気を感じないのです。

■HONDAならば絶対にもっとアッと言わせるものをもっているはずだと思うのです。

■僕はデトロイトにも行っていないですし、ホンダの方にお話を聞いたわけでもありません。ですから、デトロイトにいってお話を聞いたら、納得するものがあるのかもしれません。しかし、こうして写真や報道を見ている限りでは僕の身体の中を流れる赤い血が、沸き立たないのです。

■そしてもちろんこうしたことを記す以上、僕自身は覚悟も意見も提案も行動もあります。

■ただ、そんなことを思わせる暇もないくらいに、息を、言葉を飲むような存在に期待しているのです。

■どうかもう一度、スポーツカーの世界に新たな解釈と価値をもたらしてください。

■心から期待しています。

2013年1月18日 河口まなぶ
Posted at 2013/01/18 02:46:41 | コメント(10) | トラックバック(1) | NSX | 日記
2012年02月04日 イイね!

【生中継】NSXコンセプト!今晩20時〜 #LOVECARS

【生中継】NSXコンセプト!今晩20時〜 #LOVECARS■既に告知済みですが、本日20時からLOVECARS!TV!-ホンダNSXスペシャル-をオンエアします! 

■本日の放送はなんと! 青山にあるホンダ本社ウェルカムプラザよりお届け! つまりNSXコンセプトが展示されるその場所から生中継を行います! そして先代NSXも含めたっぷりとNSXをお届け致しますのでお楽しみに!

■なお、時間が合わずに見られないという方もアーカイブが残りますのでいつでもチェックできます! 

■そんなわけで今夜20時をお楽しみにっ!

■ご視聴はLOVECARS!のwebサイト、もしくはUSTREAMからどうぞ!
Posted at 2012/02/04 16:49:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX | 日記
2012年01月31日 イイね!

【必見!】2月4日、NSXスペシャルをオンエア!【 #LOVECARS!】

■皆様、今週の土曜日2月4日の20時(予定)から、なんと! ホンダ本社青山ウェルカムプラザから生中継で、この土日に展示されている「NSXコンセプト」を徹底紹介するUSTREAMを、いつものLOVECARS!TV!でオンエアします!

■2月4−5日に青山ウェルカムプラザにて展示される「NSXコンセプト」ですが、その日どうしても見に行けない! 遠くて行けない! 現場にはいけない! という全ての方に向けて、LOVECARS!TV!が徹底的にこのモデルをご紹介させていただきます! アーカイブも残りますので、ライブで見られなくても大丈夫です! 是非、乞うご期待!
Posted at 2012/01/31 00:32:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | NSX | 日記
2012年01月10日 イイね!

【NSX】魂の行方 #LOVECARS

【NSX】魂の行方 #LOVECARS■デトロイトで、ついに「NSXコンセプト」という名のモデルが姿を現した。これまでも明らかに次期NSXのコンセプトだろうモデルをショーに展示しながら、NSXの3文字だけは使わなかったホンダがついにその3文字を使ったということには、何か重要な意味があるのだろうか? 

■今回のモデルはあくまでもデザインスタディで、パッケージングやメカニズムはこれから本格的に構築されるといわれる。しかし同時に全長×全幅×全高:4330mm×1895mm×1160mmという3サイズと、このクラスでは比較的短いといえる2575mmのホイールベースが明らかになり、搭載されるメカニズムとしては次世代のVTECである直噴V6をミッドシップレイアウトとし、フロントの左右輪を2個のモーターでトルクベクタリングするという、スポーツハイブリッドSH-AWDマシンと謳われる。また開発は最大市場である北米で、生産もオハイオとアナウンスされたのだった。果たしてコンセプトカーとしては十分、といえる内容の伝達だろう。ただね…

■少し前に僕がこのクルマを初めて目にした時、正直様々な気持ちがわき起こった。僕はNSXを2台乗り継いで、自分なりに「NSXとは」という論を有しているけれど、そうした立場からすると率直に分からない部分が多かった。おそらくミッドシップだろうことは分かるけれど、果たしてホンダがその姿の内側に宿したいものは何なのか? それを感じなかった。いやデザインスタディだから当たり前、ともいえるのだけど、要望としては、ひと目見た瞬間からその必然性を物語るような何かが表現されていて欲しかった。それは直噴V6ミッドシップとフロント2モーターのハイブリッドSH-AWDで…というメカニズムの話ではなく、このクルマに何を込め、何を表現するのか? ということだ。

■もちろん、オリジナルのNSXにだって、そこまでのものはなかったかもしれない。しかしそこには明らかに世界への憧れと挑戦を独自のものにしようとする葛藤が現れていたといっていい。好きか嫌いか、カッコ良いか悪いかではなく、そこには心の底から渇望する想いが現れていたように思えて成らないのだ。そして稚拙な部分がありながらもなお、強い気持ちが感じられるものだった。

■いま、目の前にあるNSXコンセプトにはまだ、そうした匂いや香りがまだ薄いように思える。もっとも僕は今回現場に行っていないから正確なことは分からないのだけれども、遠く日本で静かに見守っていた側の意見として、そこにはまだ血が流れていないように思えた。これから血が流れ躍動が始まれば、また見え方が変わってくるかもしれないのだけれど。

■デザインされた方は古くから知っている方だ。2003年のHSCも確かエクステリアを手掛けている。その意味ではデザインの側としても、長年のNSXに対する想いを懸命にカタチにしたことは明白だ。そしてその過程における相当の苦労と苦難と苦悩が感じられるのもまた事実だ。

■しかしホンダにおいて、NSXとは思想であり哲学でありシステムである、と僕は考えている。これに関しては機会があれば記そうと思うけれど、どれひとつ、どのタイミングひとつ欠いても成立しない物事でもある。偶然が重なって生まれた必然の世界、それが魂となってNSXの内側に宿ってカタチに意味が生まれた。

■もちろん、まだ始まったばかりで、これからこのクルマには僕らが想像もつかないほどの魂が込められるはずだと思うし、そうであることを願って僕は心の底から応援している。

■だから今は余計に、魂の行方が気になる。

■今度は絶対に、宿るべきところへ静かに、しかし力強く宿ってほしい。

■そう、願うのだ。
Posted at 2012/01/11 00:03:13 | コメント(8) | トラックバック(0) | NSX | 日記
twitter
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

自動車ジャーナリスト河口まなぶです。僕の自動車生活を徒然なるままに綴りますのでよろしくお願いします!LOVECARS!ーweb自動車部ー 部長/部員No.0 h...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

LOVECARS! -web自動車部- 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/09/19 00:55:13
 
プジョー京都北 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/04/22 00:51:44
 
プジョー京都南 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/04/22 00:51:17
 

お友達

おかげさまでお友達登録が800人突破しました!目標1000人!是非お友達よろしくお願いします!!
821 人のお友達がいます
TruthTruth * intensive911(JUN)intensive911(JUN) *
☆藤原拓海♪☆藤原拓海♪ * dai☆A45 AMGdai☆A45 AMG *
ジュゴン9ジュゴン9 * マグナムマグナム *

ファン

669 人のファンがいます

愛車一覧

スバル BRZ スバル BRZ
BRZをtSに買い替えました。早くも2台目となるBRZです。
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
自身5台目となるCクラスです。
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
このブログ開設時の主役となったのが僕にとって3台目となるメルセデス・ベンツCクラス、W2 ...
ホンダ NSX ホンダ NSX
僕の車歴の中において、最も長く所有していたのがこの02NSX-Rです。タイプRゆえに普段 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.