• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

manablogのブログ一覧

2012年09月11日 イイね!

マークX試乗短評 #LOVECARS

マークX試乗短評 #LOVECARS■マイナーチェンジしたマークXも試乗することができた。事前の説明を一切聞いていないですが、率直に3.5Lと2.5Lに乗って僕は2.5Lが良いと思った。理由は走行感覚。3.5Lは前後のバランスとして頭が重い感じが常にあって、河口湖からスバルラインへ向かう道では荒れた路面起因の振動がかなり増幅されます。キレイな路面ではしなやかさも顔を出しますが、この車格/価格だともう少し期待値は上かなと。あとステアリングの操舵感がややゴムっぽい感じでした。

■乗り換えて2.5Lは先の3.5Lほどのプレミアム感はないですが、全体的に走りがスッキリしていて好印象。先に感じた頭の重さもなくて前後のバランスが良い感じ。先の路面でも3.5より振動は少なく軽やかないなしを見せます。この軽やかさを安っぽく感じる人もいるでしょうが、僕はこのクルマは2.5Lで軽く走る方がキャラにあってると思いました。もっとも4気筒の直噴ターボなんかがあればそっちの方が良いのではないかと。と話はそれたけど、嫌みがない乗り味走り味がこちら。3.5に比べると無理をしてない。それにもともとマークXはマイチェン以前も結構いい感じの走りで、クローズドで走らせた時に感心するくらいハンドリングが良かった。その感覚があるのは2.5の方で、3.5はちょっと無理しているかな〜と。大排気量ならクラウンに…という割りきりがあっても良いかも。

■それと気になったのはリアドアの開閉音と軽さ、車格を考えるとこの辺りもう少ししっとりした重量感欲しいです。試乗を終えて主査の大井さんと1時間近く話しましたが、いろいろと悩ましいところがあることを共有しました。

■このサイズのFRとして貴重だし、2.5は細かなところを詰めて、捨てるものは捨ててスッキリさせたら、シンプルだけど味わいのあるクルマになると思う。ただ、それを市場は求めてないのだろうけど。

■味わいは見え隠れしている。けれど時代はそれよりもっと即物的なものを求めてるのが実際。後輪駆動の良さや味…確かにあるそれを価値としてもらえなければ…う〜ん。もったいな話です。
Posted at 2012/09/13 00:40:27 | コメント(3) | トラックバック(0) | 試乗記 | 日記
2012年09月10日 イイね!

オーリス試乗短評 #LOVECARS

オーリス試乗短評 #LOVECARS■11日にトヨタの新型オーリスの試乗会に行ってきたので短評を。

■試乗したのは150XとRSの2種類。150Xは乗り味走り味ともに可も不可もない実用車…あ、16インチならもう少ししなやかでないとなぁ。ロールとかボディコントロールは意外に良いがステアリングから感じられるものは少ない。パワートレーンは印象薄。アクセルを踏み込むとゴム感強い加速。。走りが印象に残るとかそういう感じではない。なので、一見すると過激そうなスタイリングにつられて乗ると肩すかしとなる方も多いかも。写真の試乗車はなんだかんだでオプション込みで250万円に迫る…冷静に考えるとフツーはプリウスに行く気がするわけで、積極的にこのクルマを選ぶポイントが見えづらい。

■一方リアサスがこのモデルだけダブルウィッシュボーンというRSは、走り出してすぐに好印象。ボディのコントロールやロールはさらに上手(当たり前)で、しなやかな乗り味が生まれていた。でも、このくらいの感じなら、RSって言わないでしょ、が本音。まぁトヨタでいうRSは欧州仕様のノーマルくらいの感じが常なので仕方ないのだけど。で、結論として思ったのは、このRSの足回りがノーマルじゃないと始まらない…ということ。つまり150Xはやはり物足りないということです。じゃあ1.8Lなら満足かというと、これも微妙。数字的にも体感的にも足りてますが、足りてれば良いという話ではないわけで。RSは6MT専用でイマドキによくぞ、と言いたいところですが、イマドキ1.8Lという比較的大きな排気量のNAをMTで…も切ないのが本音です。

■思うのは、いまどきの日本でこの手を買う人は、ある程度”個性を求める”傾向があるわけで、そういうニーズを満足させるには物足りないように思う。スタイリングがブッ飛んでるわけでもなく(いままでからすると社内的にはガンバっているのだろうけど)、ドライブトレーンが新機軸なのでもなく(大体にして欧州車だと直噴ターボとか当然になってるわけでイマドキ)…となると、価格? それも結構な感じになるのです。じゃあ何がウリなのか?割に真剣に考えたけれど少なくとも僕は見出せなかった。

■それと気になったのが内外装のデザイン。発表会ではここからデザインを替えていく起点的な位置づけだと発言があったらしいが、内外ともに普遍性を感じないのが残念なところ。なんというか、このモデル限りの感覚が強い。にも関わらずぶっ飛びきれない。ゴルフとかって保守的といえばそれまでだけど、新しいモデルは確実に新しいと感じさせつつもどこか普遍的で、コツコツやってる感がある。それと同じで行ってほしいとは言わないけれど、何かそういうものに匹敵する思想や哲学が”貫かれている感”が欲しい。特にインテリア、デザインのためのデザインになっていて厳しいと思った。

■実用車に徹するのか、趣味性を強く出すのか、がこれからのクルマには求められるけれど、そのどっちにも行ききれないところが悩ましく、そうした悩ましさが商品のオーラになっている、気がする。

■欧州だと様々なドライブトレーンで展開されるようだが、そうした基軸もない日本市場向けだけに、どうにも収まりが悪い。。。。

■厳しいけど、自分で買おうと思ったらこのくらいの話にはなります。
Posted at 2012/09/13 00:17:21 | コメント(6) | トラックバック(0) | 試乗記 | 日記
2012年07月28日 イイね!

【まとめ!】ミニ・クロスオーバー試乗記その6 #LOVECARS

【まとめ!】ミニ・クロスオーバー試乗記その6 #LOVECARS■というわけでミニ・クロスオーバー、かなり魅力的でした。通常使用ではもう少しラゲッジがあると良いなと思えたのは本音ですが、大体にして自転車を積んででかけるとなると4〜5人乗車はしないわけで全くノープロブレムであることは間違いなし!

■そう考えると、デザインはユニークだし、室内自体は意外に広いし、走りは確実に愉しい気持ち良いがある…ということでかなりグラグラとしたのでした。

■それに何より価格も考えると、この辺りが良いところかなぁと思うわけで、ミニ・クロスオーバーというのは商品としても価格的にも、絶妙な立ち位置にあるのだなということを痛感した次第なのです。

■そんな個性の塊ともいえるミニ・クロスオーバーは点数でいえば90点! 当然買うモードに入るくらいのスコアが出せるクルマだと思ったのでした。

■なので次回はミニとは路線が違うクルマを試してみようと思います。
Posted at 2012/08/01 02:54:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗記 | 日記
2012年07月27日 イイね!

【走りは?】ミニ・クロスオーバー試乗記その5 #LOVECARS

【走りは?】ミニ・クロスオーバー試乗記その5 #LOVECARS■今回お借りしたミニ・クロスオーバーはクーパーS。つまりシリーズ中で最もスポーティなモデル、と言って良いモデルだ。当然ながらスペック的にも最も上級に位置づけられており、動力性能は十分過ぎるほど十分で文句ナシ!といえるものがあります。

■では乗り味は? クーパーSはご覧のように17インチサイズが標準。さらにもっと大きなホイールもオプションでは用意されるのですが、僕的にはここまでスポーティじゃなくても良いかな、と正直思いました。多分16インチくらいが乗り味的には味わい深さが生まれるかなと。そしてサスペンションもクーパーSの場合はビシッとしたところがあると思いますが、これもクーパーとかワンくらいの感じで良いんじゃないかな? と思いました。

■ということはこのクーパーSはそれだけスポーティな味わいがあって、とてもキビキビかつダイレクトな感じがあったわけです。そのボディの大きさからはちょっと想像つかないような機敏な身のこなしも披露するほどでした。

■だからこういうクルマにも関わらず、走りが愉しい!気持ちよい!と思えるのがポイント。単にユーティリティが高いとかユニークな造形を持っているとか、存在そのものが魅力…というだけでなく、走らせて愉しめる要素を持っている点がニクいなと思えたわけです。

■もちろん個人的にはもう少し穏やかで良いかな、とは思うのですが、とはいえ一度走らせると、その愉しさの持っている魅力も相当でかいな〜と思えたでした。

■やっぱさ、どうせなら”愉しく気持ち良く”だよね。
Posted at 2012/07/31 00:01:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗記 | 日記
2012年07月26日 イイね!

【やっぱりミニ!】ミニ・クロスオーバー試乗記その4 #LOVECARS

【やっぱりミニ!】ミニ・クロスオーバー試乗記その4 #LOVECARS ■やっぱりミニだな! と思えるのがインテリア。クロスオーバーのインテリアはミニのそれを踏襲しています。

■で、このインテリアは老若男女を問わず人気なんです、ホント。子供たちの食いつきが良いのはもちろんなのですが、なんと先日登場していただいたお婆ちゃんズにも人気があったのが驚き! 面白いインテリアだね、とか、楽しい感じだね、という言葉をいただく事ができました>ミニの方、本国に報告してくださいw

■繰り返しになりますが、個性を感じるクルマが少ない日本車に比べると…こういうユニークさは見習ってほしいですね。実はミニのインテリアって、ユーザーインターフェイスもしっかりと考えられているんですよね。つまり見た目だけでなく、しっかりと使える…大切なことがここにある、と思えたのでした。

■もちろん僕もこのインテリアはお気に入りポイントのひとつです。このインテリアがあることが、ミニおよびミニ・クロスオーバーの相当に魅力的な部分なのであります。
Posted at 2012/07/30 00:34:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗記 | 日記
twitter
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

自動車ジャーナリスト河口まなぶです。僕の自動車生活を徒然なるままに綴りますのでよろしくお願いします!LOVECARS!ーweb自動車部ー 部長/部員No.0 h...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

LOVECARS! -web自動車部- 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/09/19 00:55:13
 
プジョー京都北 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/04/22 00:51:44
 
プジョー京都南 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/04/22 00:51:17
 

お友達

おかげさまでお友達登録が800人突破しました!目標1000人!是非お友達よろしくお願いします!!
818 人のお友達がいます
Avanti YasunoriAvanti Yasunori * インヂュニアインヂュニア *
TED3TED3 * ジュゴン9ジュゴン9 *
Leather Custom FIRSTLeather Custom FIRST *みんカラ公認 EVOMANIAEVOMANIA *

ファン

664 人のファンがいます

愛車一覧

スバル BRZ スバル BRZ
BRZをtSに買い替えました。早くも2台目となるBRZです。
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
自身5台目となるCクラスです。
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
このブログ開設時の主役となったのが僕にとって3台目となるメルセデス・ベンツCクラス、W2 ...
ホンダ NSX ホンダ NSX
僕の車歴の中において、最も長く所有していたのがこの02NSX-Rです。タイプRゆえに普段 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.