• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

manablogのブログ一覧

2007年09月30日 イイね!

や、やってもうた…

や、やってもうた…■ああ、ついにやってもうた。で、何をやってもうたのか? それは明日、報告します。

■なぜならば、僕はこれから成田に向かい、エールフランスの夜便で旅立つからです。

■もちろん、向こうからの様子もご報告します。ではいってきます!
Posted at 2007/09/30 17:42:05 | コメント(11) | トラックバック(0) | Cクラス生活 | 日記
2007年09月29日 イイね!

雨の日のメルセデス・ベンツ

■珍しく写真なしで。その後東北道をひた走り宇都宮へ。東北道は途中から雨。でも、改めてメルセデス・ベンツの良さを痛感する。

■メルセデス・ベンツに乗っていて、本当に心の底から「いいなぁ」と思うのは、雨の高速道路を走っている時。この時、受ける感覚はドライで高速を走っている時とほぼ変わらないのだ。そう、法定速度での巡航ではもちろん、追い越し時などの+αの領域でも、全く不安を感じさせない。なんでかは分からないのだけど、雨の日の高速でメルセデスは絶大なる信頼を感じさせる。

■途中、ワイパーを最速にした。が、ステアリングから伝わる感触はドライの時とほぼ変わらない。だから気を使うこともないし、宇都宮までのドライブは全く苦でない。

■昔、雨の高速でメルセデスのよさを痛感したことを今日、改めて思い出したのだった。悪くいうつもりはないが、これはBMW3シリーズでは感じられないものでもある。天候に関わらず、どこまでもハイスピードクルージングを可能としてくれるだけの安心感。そして安心感のもととなるクルマから受ける感触。こういう瞬間を味わうと、やっぱりメルセデスと思うのです。おやすみなさい。
Posted at 2007/09/29 01:00:26 | コメント(10) | トラックバック(0) | Cクラス生活 | 日記
2007年09月28日 イイね!

C200に乗り換え

C200に乗り換えC300Sとは今日でお別れ。6発はやっぱり質感が高いですね。で、今日からまた愛車との生活が始まります。これから宇都宮までひとっ走り。4発ならではの良さを味わいながら行ってきます!
Posted at 2007/09/28 19:39:45 | コメント(6) | トラックバック(0) | Cクラス生活 | モブログ
2007年09月27日 イイね!

C300アバンギャルドSに乗る


■昨日の晩に伊豆に向けC300アバンギャルドSを走らせました。六本木を出て、まず一般道を走るとすぐに乗り味が違うことが分かります。感触としてはC200Kよりも明らかに重厚。ステアリングにも若干重みが増しているし、路面にビタっと吸い付く感じがあります。もちろんこれはC200Kとは対照的な部分。比べるとC200Kのステアリングは軽い感触で、路面にヒタっと吸い付く感じなのです。

■では乗り心地の方はどうか? C300アバンギャルドSはスポーツサスペンションが与えられるため、標準車よりも車高が15mm低められているのですが、スポーツサスペンションで-15mmという事実から想像するよりも優れた乗り心地が提供されるのがポイント。もちろんC200Kと比べればしなやかな感触は薄れるわけですが、それでも決して硬い…という印象は与えない。むしろノーマルよりもフラット感が増して、先に記したように路面にビタっと吸い付く感が強いので、言い換えればC200Kのしなやかさゆえのソフトな部分を削ぎ落とした感じです。もちろん路面が荒れたところなどではC200Kよりも強い入力や振動が感じられるのですが、それとて決して不快と思えるほどのものではなかったです。ならばBMW3シリーズのMスポーツと比べてどうか? というと、僕が感じた印象としてはMスポよりも遥かに乗り心地に優れて高速でもフラット感が抜群に高いものでした。Mスポの場合サスペンション&タイヤが硬いため、街中はもちろん高速巡航でも路面変化に対してボディが反応し揺すられ感が強いのですが、このスポーツサスペンションではそういう感覚は皆無。たまに路面状況によってノーマルのC200Kよりもわずかにボディが揺すられる…という程度でした。それゆえに高速域での直進安定性もすこぶる高く、なおかつC200Kよりも重厚かつビタっと吸い付く感があるため、とても安心して高速ツーリングが行えた…というわけです。

■といった具合で走りはC200Kと明らかに異なる乗り味。さすが上級のスポーツモデル…と思えたわけですが、それ以上に魅力的なのがこのエクステリア。カタログやCM等でもアバンギャルドはこちらが使われているだけあって、やはりノーマルよりもカッコええです。できることならこのAMGスタイリングパッケージが欲しい…と思わせますね。もちろんC200Kもオプションで装着可能。確か+60万円だったと思いますが、このエアロ(前後及びサイド)に加えスポーツサスペンション&ワイドタイヤ&AMGアルミホイール&ドリルドディスクブレーキ&大型キャリパー&スポーツシート(前席)&3本スポークパドルシフト付きステアリング&シルバーシフトノブ&ステンレス・アクセル/ブレーキ・ペダル&本革シート(前席シートヒーター付き)&パークトロニックが付くことを考えると、あら、かなりお得なパッケージでもあるわけです(って僕の場合は今更気付いても遅いですがw)。

■あー、それなら頑張ってアバンギャルドSパッケージを付ければ良かったと思うわけです。で、フロントからの迫力はもちろん、サイドから見るとこんなに車高短でカッコいい。しかもこれだけタイヤハウスとタイヤの隙間が詰まっているのにあの乗り心地…と考えると、ますますアバンギャルドSパッケージを装着すれば良かったと思ってしまうわけです。

■リアから見てもこの迫力。マフラー横のブラックアウトされたディフューザーっぽい処理は最近の流行ですが、やっぱりカッコいいですね。

■で、ステアリングもノーマルの4本スポークとは異なり、やっぱりカッコいい3本スポーク。このステアリングを見ると、ノーマルのあの4本スポークはこちらをカッコいいと思わせるためにデザインしたとしか思えませんw

■シートも良かった。本革となるので着座位置はノーマルよりもほんとわずかに高めかなと感じますが、ホールド感がよろしいです。特にC200Kのノーマルはセンター部分がファブリックになるわけですが、それに比べるとこちらの方が若干硬めでしっかり感が高く感じます。

■そうして伊豆に付き、今日はサイクルスポーツセンターで撮影。その後伊豆スカイラインーターンパイクー小田原厚木道路ー東名ー一般道を走って帰ってきたわけですが、うーーん、良かったです。3.0LのV6エンジンは231ps/6000rpm、30.6kgm/2500-5000rpmを発生するわけですが、うちのC200Kに比べて何が良いかって常にエンジンにゆとりを感じる点。C200Kに比べて圧倒的に速い…とは思わないのですが、それでも常に影で大きな力が支えてる感があり、これぞ大排気量ならではの味があります。また7速ATである7G-TRONICも良いですね。特に伊豆スカイラインなどではギアの段数が多いので常に美味しいところが味わえる感もあるのです。さらにハンドリングも路面にビタっと吸い付く感がある上にC200Kなどよりもボディの動きに無駄がない感じがあってアジリティを存分に味わえるわけです。

■ちなみに今回試乗したC300アバンギャルドSはサンルーフなども備えるため、車両重量は1590kg。前後軸重は前870kg、後720kgだから前後重量配分は約55:45。一方僕のC200Kは車両重量が1510kg。前後軸重は前820kg、後690kgだから前後重量配分は約54:46となります。前後重量配分で見るとわずかな違いですが、軸重で見るとフロントで50kg、リアで30kgほどC200Kの方が軽いわけです。で、この数字はそのまま乗り味の違いにもつながっていると感じました。特に先に記したビタっと路面に吸い付く感はこれが影響する部分。事実乗った感じ、やはりV6モデルの方が鼻が重いし、4発に比べ車両全体に重みを感じるのです。

■ただCクラスは先代でもそう感じたのですが、この鼻の重さが悪い方向に感じられないのが良いところなんです。良く雑誌の比較記事で、4発は鼻が軽くて良い…というように表現されますが、あれって短時間での比較試乗ゆえにそうなりがちなんですね(かくいう僕もそういう風に記述することがありますが)。ところがCクラスの場合、確かに4発は鼻が軽くて良い…といえるのですが、だからといってV6は鼻が重くて嫌とはならないのです。というのも確かに4発は鼻が軽くて軽快な動きがあり、それを日常で味わう良さがあるわけですが(僕も今回はこちらを選んでますが)、一方のV6は鼻が重いゆえの重厚感が良い方向に働いていて、特に4発に比べて走りに落ち着きがあるわけです。で、その感触は日常の中でも「いいなぁ」と思えるし、この重厚感がメルセデスらしい、とも感じられるわけです。だから短時間の比較では往々にして4発の鼻の軽さ…がクローズアップされるのですが、日常を共にして生活の中で使うとV6はやはり上級ゆえの重厚感と落ち着き感の良さがしみじみと感じられて良いのです。

■もっとも今回のC300アバンギャルドSの場合、そうした数値的な違いから来る乗り味の違い以上に、スポーツサスペンション+ワイドタイヤが装着されることによる味も加わっています。これも先に記したようにステアリングの重みとして表れているし、よりフラット感が高く感じられる…という部分にもつながっているといえるでしょう。ということは…V6搭載車でスポーツサスペンション+ワイドタイヤを装着しない仕様、つまりC250のアバンギャルド&エレガンスの乗り味がかなりよろしいのでは? と想像できるわけです。もちろんC250についても今後試乗車が用意されるとのことなので、それもまたレポートしたいと思います。
Posted at 2007/09/27 18:50:13 | コメント(8) | トラックバック(0) | Cクラス生活 | 日記
2007年09月26日 イイね!

今日から3日間

今日から3日間■C300アバンギャルドSに乗ります! これから伊豆まで移動です!

■ちなみにこれはダイムラー・クライスラー・ジャパンのクルマ寄せでの一枚。映っているお二人は、メルセデス・ベンツ広報部のIさんとSさんです。
Posted at 2007/09/26 19:55:41 | コメント(11) | トラックバック(0) | Cクラス生活 | モブログ
twitter
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

自動車ジャーナリスト河口まなぶです。僕の自動車生活を徒然なるままに綴りますのでよろしくお願いします!LOVECARS!ーweb自動車部ー 部長/部員No.0 h...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2007/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

LOVECARS! -web自動車部- 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/09/19 00:55:13
 
プジョー京都北 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/04/22 00:51:44
 
プジョー京都南 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/04/22 00:51:17
 

お友達

おかげさまでお友達登録が800人突破しました!目標1000人!是非お友達よろしくお願いします!!
819 人のお友達がいます
Leather Custom FIRSTLeather Custom FIRST *みんカラ公認 EVOMANIAEVOMANIA *
よっチよっチ * CBIICCBIIC *みんカラ公認
シンゾーシンゾー * Avanti YasunoriAvanti Yasunori *

ファン

667 人のファンがいます

愛車一覧

スバル BRZ スバル BRZ
BRZをtSに買い替えました。早くも2台目となるBRZです。
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
自身5台目となるCクラスです。
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
このブログ開設時の主役となったのが僕にとって3台目となるメルセデス・ベンツCクラス、W2 ...
ホンダ NSX ホンダ NSX
僕の車歴の中において、最も長く所有していたのがこの02NSX-Rです。タイプRゆえに普段 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.