• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

manablogのブログ一覧

2008年08月30日 イイね!

やるせなさすぎる…

■今週、なんだかとてもやるせないシーンに遭遇した。

■午前3時、首都高、かなりの雨。僕はタクシーの後席に乗っていた。

■ご存知のように首都高は、そのほとんどが制限速度60km/hとなっている。しかしご存知のように、深夜で流れていれば60km/hで走るクルマというのはほとんどいない。たとえ雨、でも。もっとも首都高や雨という天候に関わらず、高速や自動車専用道では制限速度より高い速度で流れているのが常。実勢速度で走るクルマが多い中で制限速度で走行するというのは、ちょっと判っている人ならとても怖い、と思うこともあるはずだ。昔高速でパトカーに捕まり、パトカーから「後ろをついてきなさい」と言われ走行車線を法定速度で連なって走ったことがあるが、後ろからガンガン実勢速度で走るクルマたちが来て、とても怖い思いをしたことがある。そのくらい、今や制限速度と実勢速度は離れている。例え雨でも自動車の性能が進化したからか、法定速度で走るという状況すら少なくなって来ている。

■それはさておき僕が乗るタクシーは追い越し車線を走っていた。ふと前を見ると随分と前車との車間が詰まっている。どうしたんだろう? 雨が降っているのに、その前のクルマも、前車との車間が妙に詰まっているのだ。

■僕が乗るタクシーは最もベーシックなタイプ。だからおそらくABSが装着されているかも微妙だし、タイヤは長い距離を走っても減りが少ないタイプのため、かためでウェットグリップも低いだろう。思わず装着していたシートベルトを握りしめてしまった。もし、前のクルマになんかあったら即座に多重衝突するだろうし、この路面で衝突すれば僕を載せたクルマはピンボールのように壁にゴンゴンとぶつかるだろう。

■だが、少したつとタクシーの運転手はそんな車間に嫌気がさしたようで、走行車線に移動した。走行車線に移動すると、連なっていたのは追い越し車線をを走る前車とその前のクルマ、さらにその前のクルマの3台だったことが判った。しかも移動した追い越し車線は目の前がずーっと開けている。そう、追い越し車線で一番後ろに位置していた僕のタクシーだけに、走行車線に出ると詰まっているのはほんの数台で、首都高自体の流れが悪くなっていたのではないことが判った。自分の至近だけが詰まって走行していたのだ。

■タクシーの運転手は、走行車線に移るとアクセルを踏み、その詰まった数台の集団を左から追い越して行った。左からの追い越しは違反、ということになるのだろう。もっとも右側が数台で詰まっていて左側はガラガラだったため、何事もなく追い越しは行われた。

■走行車線からタクシーの運転手が追い越ししていく時、僕は気になって詰まっている数台の先頭のクルマのドライバーを見た。車種は国産ミニバンだ。僕の右側にそのクルマが来る。そして通り過ぎようとした時に運転席に目をこらした。するとドライバーは20代~30代の男性。右手に携帯を持って、携帯の画面を見ている。夜中だったから、顔に携帯画面の光があたっていた。ものすごく、ボーっとして画面を見ていた。

■それを見た瞬間、僕はなんかこう、とてもやるせない気持ちになってしまったのだった。本当に、決定的に、何かが損なわれている気がして、怒る気持ちなどとても持てなくなってしまった。

■もちろん、ミニバンのドライバーに対してもそうだが、その時の状況の全てに対してやるせない想いを抱いたのだった。僕はタクシーの中からドライバーの顔を眺めていただけだが、人によっては文句のひとつも言ってやりたくなる怒りを覚えるはずだ。深夜、雨、追い越し車線、片手に携帯…それゆえに後ろのクルマが詰まって明らかにイライラしている。

■しかし、もし仮に先頭のミニバンドライバーに文句を言えたとしても、彼はこう返すかもしれない。「は? 制限速度で走ってるけど?」。もし多重衝突があったら、後続車は車間距離の不保持を指摘されるかもしれない。さらに僕の乗ったタクシーは左から追い越ししているから、仮にミニバンが左に移動を始めたら、衝突するかもしれないし、そうなれば悪いのは左から追い越しをかけたタクシーとなるのだろう。

■そんなことを考えていたら、ほんとうにやるせなくなってしまった。

■自動車の動力性能や安全性能の進化にマッチしていない環境=実勢速度とはかけ離れた道路があり、雨が振れば持っている動力性能/運動性能にマッチしていない部分が露呈してしまう乗り物=ABS装着も疑わしくウェットグリップの低いタイヤをスタンダードとするタクシーがあり、性能的には十分に現代的な内容を備えながらもドライバーの運転に対する意識を目覚めさせない人とのマッチングが悪いクルマ=あまりに道具的な自動車といえるミニバンがあり、運転には生死がかかっていることを意識できない周りとのマッチングを考えないドライバー=後ろがつまろうが自分が交通の流れを妨げていようが関係なく何か言われれば正義を振りかざすかもしれない人間があり…ともう、いろんなことが嫌な感じだった。

■もしこの状況で何かあれば、悪いのは左から追い越したタクシーの運転手になるのだろうか? 違反、であることに間違いない。一方60km/hぴったりで、追い越し車線を走っているミニバンのドライバーはどうなのだろうか? 僕はたまたまタクシーの後席からそうしたシーンを目にすることができたけど、そのクルマの後ろについている限りは彼が携帯を凝視しているか否かなど判らないだろう。後ろから見る限り、実勢速度からすれば「なんでこんなにノロノロ走っているのか?」と思えたとしても、法規からすれば制限速度を守って運転している、ともいえるわけで…。

■もし僕の乗るタクシーが左から追い越して行く時に、ミニバンのドライバーが左の走行車線に移動して、2台がぶつかった時には、ミニバンのドライバーは携帯を見てたことなど言わないだろうし、事故処理を行ってもそれは明らかにならないだろう。また後続車は巻き込まれる可能性が大きいが、それまでは先頭を走るミニバンにイライラして車間を詰めて走っていた人たちが、タクシーが左から追い越すのが悪い、という旨の発言をする可能性もある。

■なんかいろいろと想像が頭の中を駆け巡って、本当にやるせない気持ちになった。何かが間違ってる、しかもどれもが少しづつ間違っていて、それらが結集すると、本当になんだか良く分からないけど凄く大きな間違いになっている気がしてとても嫌な気分になる。

■結果的には何事もなく過ぎたが、なにかこう薄暗い気持ちになった。クルマとクルマを取り巻く環境とクルマを操る人間と…日常の中で起こるこんなワンシーン、果たしてこのままでいいのだろうか?

■僕はそれまで久々に気持ちよいお酒が飲めて機嫌よくタクシーに乗ったはずだった。が、家に着く頃にはもうすっかり酔いも醒めてしまい、それもまたかなりの意味合いでやるせなかったのだった。
Posted at 2008/08/30 12:47:46 | コメント(19) | トラックバック(2) | ふとしたシーン | 日記
2008年08月29日 イイね!

逆転現象?

逆転現象?■先日の撮影帰りのひとコマ。

■きっと昔(いつの昔?)なら、国産車=小さい、輸入車=大きい、というようなイメージや認識があったと思うのですが、今や逆転してます。この写真の中では。

■左は僕のスマートロードスター、右はインフィニティ(日産)のQX。いや~、時代は変わった、のかもしれません。QXは日本未導入モデルですが、こうして見ると日本車もかつて憧れた欧米のそれと変わらぬものを作るようになったのですね。

■でも、そうした時代もさらに変わり、左のようなクルマが主流になりつつある昨今、なのかもしれません。仕事で机に向かって原稿を書いていると、文字を重ねる度に、大変な時代になりつつあるな、と思います。

■ただ、そうした中でも自動車の愉しみが失われて欲しくないし、我々はそれを何らかの手段で止めなければならない、あるいは何らかの方策で愉しみを見つける方向を見出したい、とか思ったり。

■なんか、こういう写真を見て素直に「おもろいなぁ」と思えた時代は過ぎ去った感はありますが、それでもなお素直に「おもろいなぁ」と思えるような価値観を見つけたいっすね。いやはやホントに。
Posted at 2008/08/29 19:18:36 | コメント(4) | トラックバック(0) | ふとしたシーン | 日記
2008年08月28日 イイね!

トヨタiQプロトタイプ+エロい!の結果

トヨタiQプロトタイプ+エロい!の結果■先日はちょっと実験めいたことをしてみました。この数日、まなブログのアクセス数を押し上げて来たトヨタiQプロトタイプと、以前のエントリ-でアクセス数を押し上げた「エロい!」というワードをミックスしたら、アクセス数がさらに伸びるのではないか、と。

■で、結果です。残念ながら、アクセス数は思ったより伸びず! もっとも多くの人に見ていただいたようで、その前日のアクセス数に匹敵する2位を記録しましたが。世の中、ほんと判らんもんですw こりゃ自動車メーカーも売れるクルマを作るのは苦労するわけだw

■さて、今日の写真は先日の取材風景。僕のスマート・ロードスターを始め、スマート・ブラバス、フィアット500、そして一番手前のルノー・トゥインゴGTといった具合で、何やら楽しそうなコンパクトカーが何台も! そのサイズ、排気量などから、おそらく皆さんもどんな企画なのか、想像がつくかもしれません。これは9月20日発売のXacarで展開されますのでこうご期待!

■それにしても、どれもさいっこーー!に楽しく気持ちよいクルマたちでした。だからこの日はとてもハッピーだったのであります。こうして様々なコンパクトカーに乗ると、やっぱりコンパクトカーはいい! と改めて思う次第。もともと小さいクルマが好きな僕だけに、今後の志向に影響与えるなぁと思いつつ試乗しました。

■ブラバス、最高! 500、最高! トゥインゴ、最高! そして〆に、自分のスマート・ロードスター、最高!だったのでした。世の中には、強敵がいっぱいいる、ということです。
Posted at 2008/08/28 19:17:59 | コメント(4) | トラックバック(0) | ふとしたシーン | 日記
2008年08月27日 イイね!

トヨタiQプロトタイプ、は「エロい!」を凌いだ!

トヨタiQプロトタイプ、は「エロい!」を凌いだ!■昨日、一昨日とトヨタiQに関する話を書いたわけですが、正直驚きの結果です。今朝、ブログの昨日のアクセス数をチェックしてみると…!! なんと今月のトップに輝いていたのでした。ということはつまり、それだけ皆さんがiQに対して何らかの興味がある、ということなのでしょう。

■ちなみにiQの記事を載せる以前に今月アクセス数が多かったのは、タイトルに「エロい!」と記した時。これで相当数のアクセスがあったことは既にご報告済みです。ということは…タイトルで「iQ」と「エロい」を組み合わせればさらにアクセス増? ということなのかと思って、ワケの判らぬタイトルにしてみたワケです。スイマセン、実験して(笑)。

■それはそうとiQ、今日は室内の写真をアップしてみました。こうして見ると質感はなかなか悪くないんじゃないかな、と思います。ただそれだけに、CVTのシフトレバー&ゲート部分がとっても残念! に思えるのは僕だけではないはずです。ここを見ると、「ああっ、トヨタの小型車」「ヴィッツと同じ?」と思えてしまうのです。せっかくですからこの辺りまで作り込んで欲しかった…。もっともシフトノブだけはしっかりと作り込んでるのですが、やはりもう少し手を入れて欲しかったなというのが本音です。

■それとダッシュボードなどに濃いめの茶色が使われていて、実際に目にしてもなかなか悪くないのですが、これが意外や目に留まらないんですね。やはり他の部分とのカラーコーディネイト上の問題かしら? と思えなくもありません。さらにはこの部分、他の色もあると良いのですが…という感じです。

■改めて写真を眺めると、細かなところまでデザインされていることも判ります。だからこそ、もっと色で遊んだバージョンがあってもいいんじゃないか? そんな風に思うのです。皆さんはいかがでしょう?

Posted at 2008/08/27 15:17:28 | コメント(11) | トラックバック(0) | 日記
2008年08月26日 イイね!

iQ、予想以上にキテます。

iQ、予想以上にキテます。■いや~、iQに対する皆さんの反応。正直予想以上のものでした。昨日の夕方に「iQプロトタイプに乗った」という下のエントリーをアップしたにも関わらず、正味6時間ながらもいつもより多いページビューに達したのだから、いかにチェックされた方が多いか、ということですね。

■コメントの方もご覧の通りで、最近では最高のコメント数を記録。ここからも皆さんの期待の大きさが判るというものです。トヨタの方、そしてiQの中嶋チーフエンジニア様&開発スタッフの皆様、この反応をチェックしていただいているでしょうか? いや、僕から直接伝えようかしら。いやむしろ、大トヨタですからこのくらいの反応は既に予想済み?

■さて、今回のiQプロトタイプに関しては、やはり僕らにとってもトピックになっています。来月20日発売のXacar誌でも濃く取り上げるわけで、いまはその仕込み中だったりします。またカービューにおいても、そのうちに多くのジャーナリストによるレポートが掲載されるはずです。

スポーツカー親爺・匠さん頑固一徹親爺・和夫さんがそれぞれのレポートやブログで記しているように、1.3LのMTモード付きCVT搭載モデルやiQ-F(これは僕も考えてました!)なんていう展開はありだと僕も思います。なにせ最近、スマート・ブラバスが欲しくなったくらいですから。

■そんなワケで僕がもしiQを買うなら…という、ま、この手の話ではお決まりの妄想をすると、まずドライブトレーンは欧州仕様に存在する1.4Lのディーゼルで、これは6速MTが組み合わせられるということですが、6速MTもしくは2ペダルMTが組み合わされていたら最高ですね。僕的には6速MTでOKですが、マーケティングを考えて2ペダルMTとして一般性を高めます。

■で、ヘッドライトはブラックorクローム仕上げでエンブレムはトヨタマークorレクサス(これはつや消し黒かクロームかしら)。ホイールももう少しキリリとしたものをやはりつや消し系・黒系で行きたいですね。で、内装は911のテラコッタ・レザーに近い色で仕上げ、センターコンソールのマンタをモチーフとした三角形部分はテカテカ感をやめてやはりつや消し系で…といった具合でしょうか。ボディカラーは黒! いま僕の中ではここ半年くらい黒がキテるんです。テーマは大人の男向けちょいワルちょいラグジュアリーちょいスポ的な(笑)。

■とまぁ、そうした妄想を比較的実現しやすいのもiQの良いところかもしれません。皆さんも妄想ありましたら是非こちらにコメントを! もしかするとそんな妄想をトヨタの商品企画部門がチェックすることも、万が一の確率であるやもしれませんからw

■それと! 肝心なことを書き忘れていました。昨日のエントリーにも記したように、このiQ、いかにプロモーションできるか、が重要ではないかと。また同時に、いかに時代の多様性に応えられるかも。上で僕が妄想したように、特にボディカラーや内装色って重要です。アクセサリー類も今までの延長ではちょっと違うかもしれません。そういう部分をいかに今までと変えられるかも、iQにかかっていると思います。
Posted at 2008/08/26 14:04:38 | コメント(10) | トラックバック(1) | 仕事 | 日記
twitter
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

自動車ジャーナリスト河口まなぶです。僕の自動車生活を徒然なるままに綴りますのでよろしくお願いします!LOVECARS!ーweb自動車部ー 部長/部員No.0 h...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2008/8 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

LOVECARS! -web自動車部- 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/09/19 00:55:13
 
プジョー京都北 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/04/22 00:51:44
 
プジョー京都南 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/04/22 00:51:17
 

お友達

おかげさまでお友達登録が800人突破しました!目標1000人!是非お友達よろしくお願いします!!
819 人のお友達がいます
Leather Custom FIRSTLeather Custom FIRST *みんカラ公認 EVOMANIAEVOMANIA *
よっチよっチ * CBIICCBIIC *みんカラ公認
シンゾーシンゾー * Avanti YasunoriAvanti Yasunori *

ファン

667 人のファンがいます

愛車一覧

スバル BRZ スバル BRZ
BRZをtSに買い替えました。早くも2台目となるBRZです。
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
自身5台目となるCクラスです。
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
このブログ開設時の主役となったのが僕にとって3台目となるメルセデス・ベンツCクラス、W2 ...
ホンダ NSX ホンダ NSX
僕の車歴の中において、最も長く所有していたのがこの02NSX-Rです。タイプRゆえに普段 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.