• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

manablogのブログ一覧

2011年09月24日 イイね!

ニュル、という場所で想うこと

■初めてここに来てから、実に10年以上の時間が経過しました。しかし、いつ来てもここは初めてに等しい緊張とプレッシャー、そして感動と感激、加えて明日からまた走り続けなければ、と思う力を与えてくれる場所です。
 
 
■今回僕は日産GT-Rの開発テストを取材することを、既に大分前から決めていて実行に映しました。一昔前ならばどこかのメディアの方と一緒に違いないのですが、今回は一人。時代は変わって厳しさは日々増しています。しかし僕はたとえ一人でもここに来ることを躊躇いませんでした。
 
■GT-R開発のボスである水野さんは快く僕を迎え入れてくれました。もちろん、開発に携わるスタッフの全員の方がそうです。僕は以前、GT-Rを購入してハッキリと「好きではない」と記しました。しかしそれでも水野さんを始め、スタッフの皆さんは暖かく迎え入れてくれるのです。本当に心から頭が下がります。


■もっとも僕も、GT-Rに関してはそんな風に言うだけの責任を持っていて逐一ウォッチさせてもらっています。そして実際にウォッチしている中でGT-Rは確実に進化成長しているし、自分が好ましいと思う部分も多々感じられるものになっています。そして改めて、かつて「好きではない」と記した自分を恥じながら、どこまでも食らいつこうと思っているのです。水野さんを始め、GT-R開発に携わるスタッフの皆様、そして日産自動車の皆様、本当にありがとうございます。まだまだ、しつこく迫っていきますのでこれに懲りずよろしくお願いします。


 ■それはさておき、ニュルという場所は来る度にものを想わせ自分に力を与えてくれます。ただ単にクルマに乗り、取材をする、というだけでなく、自分の精神に訴えかけるものがあり、それに気付き再び走り出せるのです。

■今回は日産GT-Rを取材させていただくと同時に、レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージも取材させていただきました。実はこれも僕の急遽のお願いであり、それを飲んでいただいたトヨタおよびレクサスの関係者の方々に深く御礼を申し上げます。本当にありがとうございます。当初は取材できないかもしれない状況でしたが、僕がしつこくお願いしてしまいました、本当に取材を実現していただきありがとうございました。また今回の取材ではXaCARの城市さんからのお願いが非常に大きな力となったことも記しておかなければなりません。そしてレクサスの田村さんを始めスタッフの方、現地でわがままを聞いていただき感謝いたします。

 
■また同時に今回、横浜ゴムのガレージを訪れ、テストドライバーのゲンターさんのドライブの助手席でノルドシェライフェを体験させていただくという貴重な機会も得ました。伊藤さん、大前さん、タイスさん、ゲンターさん、心より感謝いたします。ありがとうございました。

■そして今回、快くシボレークルーズを貸してくれたGMジャパンのジョージさんにも心より感謝いたします。おかげさまでスムーズな取材ができました。ThnX!


 
 ■本日、ニュルブルクリンクの最終日は朝起きてスーパーに花を買いにいきトヨタのガレージにいき、昨年6月23日に亡くなられた成瀬さんに会いにいきました。グッとくる気持ちを堪えながら、最近の自分の報告に始まり、これまでにかわいがっていただいた感謝の気持ちと、それを活かして今後も走り続ける誓いをさせていただきました。そしてその後、成瀬さんが手塩にかけていたレクサスLFAニュルブルクリンクパッケージに、容赦なく鞭を入れさせていただきました。


■ニュルブルクリンクはノルドシェライフェを走るという意味が大きいですが、同時にその周りの郊外路を走ることもまた重要な意味があります。ペースの速いカントリー路をいかに気持ちよく走れるか、これはひとつの指標でもあります。またアウトバーンで速度を気にせず走ることも大きな意味を持ちます。

■今回、日産GT-Rでも、レクサスLFAニュルブルクリンクパッケージでも、アウトバーンにて300km/h超をしっかり体感させていただきました。そして日本のスポーツカーがそれを苦もなく実現できていることに、心の底から敬意を表しますし、日本人としての高い誇りを感じております。日本車は凄い、のです。

 
■また今回はノルドシェライフェを日産GT-R2012モデルで試させていただいた事も非常に大きな糧となりました。このクルマの偉大さを知ると同時に、自分の器の小ささを教えられ、しかしながら自分はもっともっとGT-Rをしっかりと走らせて評価できるようになりたい、とも思いましたし、そのために改めて努力すると決めました。

■つらつらと書き連ねてしまいましたが、要はニュルとはそれだけもの想わせる場所である、ということが書きたかったのです。

■いま自分がこの場所にいて、非常に貴重な体験をさせていただいている。自分は本当に周りの皆様に生かされているのだと感じます、ありがとうございます。そしてこれを読んでいただいている皆様にも、やはり生かされているからこそ僕はいまここにいる…そう思えるのです。

■今回、一人でニュルブルクリンクを訪れて本当に良かった。それは図らずも自分自身を気付かせてくれる、物心つかせてくれる旅でもありました。そして自分が今後やりたいことが、少しだけ見えてきた気がします。

■僕は皆さんに生かされている。その感謝の気持ちを形にして、皆様にお返ししたいといま、思っています。

■今後僕は皆さんに、自分のしたいことを表明することになると思います。その時には是非、ご協力とともにご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

■そういう風にして記してくると、結局「人」なんですね。人と人のつながりで全ては動いている、そんなことを改めて思いました。そう考えると、このニュルという場所は自分を素直にしてくれて、人とのつながりやそれへの感謝を存分に感じさせてくれる場所とも想えるのです。

■ニュルブルクリンクから、河口まなぶがお伝えしたいのはそういうことでした。
Posted at 2011/09/25 06:00:45 | コメント(6) | トラックバック(0) | ニュルブルクリンク | 日記
2011年09月23日 イイね!

GT-R in ニュル!その5

GT-R in ニュル!その5■2011年9月23日、日産GT-Rはこの日ニュルブルクリンク・ノルドシェライフェにおいて恒例の性能計測、いわゆるタイムアタックを行う…はずだった。実は昨日、僕がガレージを一足先に去った後、水野さんはチームを集めて本日の性能計測のキャンセルを通達したのだった。

■理由は装着タイヤが要求を満たさなかったため。実は先日の午後にようやく日本から届いたタイヤを早速テストしていたわけだが、それが水野さんの求める要求を満たさなかったようだ。もちろんこのタイヤでタイムアタックをしても、GT-Rは再び記録を更新しただろう。しかし水野さんは性能計測をキャンセルした。

■理由はそれが「市販車に装着されるタイヤではないから」である。この場の開発でOKを出したものが市販車に装着される。今回のタイヤにOKは出ていない。水野さんは言う「市販車に装着されるタイヤでタイムを計測しなければ意味がない」と。続けて「お客様に届けるものと同じものでタイム計測をした結果を発表したい。そうじゃないもので計測したタイムを公表しても、それはお客様に届けるものとは違うのだから」という。

■先日も、GT-Rは「人」が作るクルマだ、と記したが、その人である水野さんはお客様という「人」を思って開発を行っている。だからタイムアタックがなくなったことは残念だが仕方ない。

■これによって僕の一週間のニュルにおけるメインイベントも消滅してしまったが、それも仕方ないと思う。同時にそれでも来て良かった、と思えた。なぜならば、ここにいなければ開発の現場でそういったアクシデントが発生して予定が変更になった、ということも伝えられなかったからだ。そんな風に残念な気持ちながらも伝えなければならないこともある。それが分かっただけでも良かった、と思う。

■今回の性能計測のキャンセルを受けて、GT-R開発チームは10月半ばに再び挑戦を行うことを決めた。
Posted at 2011/09/23 23:37:27 | コメント(3) | トラックバック(0) | GT-R論 | 日記
2011年09月23日 イイね!

GT-R in ニュル!その4

GT-R in ニュル!その4■2011年9月23日は僕にとってのひとつの記念日となった。日産GT-Rのステアリングを自らが握り、ニュルブルクリンク・ノルドシェライフェを走ったという。

■前日にテストドライバーの神山さんの助手席に乗せてもらって、いつもと違うノルドシェライフェが目の前に広がっていた、と記したが、今日自らステアリングを握ってみて感じたのは、

その速さに思わず自分から操作をためらった、ほどだった。

■当然ながら僕がこれまでノルドシェライフェで走った中で、今回のGT-Rが最も速い。しかしその速さは想像以上で、あまりの速さに思わずアクセルを緩めたほど。こんなことってなかなかない経験だった。

■今回の試乗では隣にインストラクターが同乗してくれたのだけど、彼は終止凍っていましたw もっとも僕は中途半端にコースを知っているだけに余計に怖かったのではないか、と推測できます。全くコースを知らないなら踏めないだろうけれど、僕は中途半端には分かっているだけに中途半端に踏めるわけで、それが隣の方に恐怖を与えたのだろうな、と勝手に思ってます。最後に記念写真を撮った時には笑顔を作ってくれていますがw

■それにしても、ニュルブルクリンクを走ると改めてGT-Rの偉大さを痛感します。と同時に自分の器がはっきりと分かります、あ、俺お猪口以下かも、と。

■例えば富士でGT-Rに乗って良いよ、と言われたら割に躊躇なく乗りますが、ニュルは…国内のサーキットでは感じたことのない、言いようのない緊張とプレッシャーを感じます。この辺り、やはるニュルの凄さです。

■それにしてもただただひたすら、GT-Rの走りの凄さに恐れ戦いたのでした。

■そして自分はちっぽけだなぁ、と思わされたのでした。
Posted at 2011/09/23 23:30:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | GT-R論 | 日記
2011年09月22日 イイね!

ニュルの男<The man of Nürburgring>

ニュルの男&lt;The man of N&#252;rburgring&gt;■今日は日産GT-Rのガレージの数件隣にある、横浜タイヤさんのガレージも見学させていただきました。伊藤さん、大前さん、本当にありがとうございました。

■さて、写真のお方は横浜タイヤのテストドライバーであるThomas Genterさん。テストドライバーとして約20年、横浜タイヤにきて約7年という「職人」という表現が相応しいお方です。

■今日はこのGenterさんのドライブするポルシェ・ケイマンSの助手席も体験させていただきました。GT-Rに乗る前に体験したのですが、感じたのは「えっ?ケイマンSってこんなに速いの?」ということ。クルマの持つ性能をホント全て引き出して走っているなと感じました。

■Genterさんのような熟練のプロフェッショナル・テストドライバーがニュルブルクリンクには何人もいます。彼らの技術はハンパない。しかもかなり高い速度域における限界域で横浜タイヤの様々をチェックをしているのだけれど、それも全てタイヤにおける安全のため。隣に乗っていても、自分だったら熱くなるシーンだな、という感覚のところでも彼らは冷静にタイヤとの対話を行っていたのでした。

■Genterさん、Thank you very much!

■ニュルの男は実力で勝負、の世界を痛感したのでした。
Posted at 2011/09/23 04:24:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | ニュルブルクリンク | 日記
2011年09月22日 イイね!

GT-R in ニュル!その3

GT-R in ニュル!その3■本日はニュルブルクリンク・ノルドシェライフェを日産のテストドライバーである神山さんのドライブで同乗体験させていただきました。

■神山さんいわく「7分40秒くらいのペース」の横で感じたのは、正直「これはもう異次元」と思える圧倒的な速さでした。その速さがどのくらいだったかというと…

いつもとは違うノルドシェライフェが目の前に広がっていた、ということ。いやぁ、たまげました。これより数十秒速い世界がタイムアタック…そう考えると鳥肌ものです。

■毎度のことですが、この場所に来るといつもGT-Rの偉大さに驚かされます。

■僕は以前、GT-Rを好きじゃないと記しました。が、07年の頃から比べるとこのクルマは本当に進化成長したと思いますし、何より感じたのは先日も記した水野さんのいう「人」がクルマの乗り味走り味ににじみ出てきている…ということです。そして今では常に気になる一台になっています。

■日本に帰ったら、一度GT-Rを借り出してまたどう感じるのかを試したいとも思いました。

■さて、明日は大切な日です。性能計測が行われる予定です。
Posted at 2011/09/23 04:03:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | GT-R論 | 日記
twitter
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

自動車ジャーナリスト河口まなぶです。僕の自動車生活を徒然なるままに綴りますのでよろしくお願いします!LOVECARS!ーweb自動車部ー 部長/部員No.0 h...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

LOVECARS! -web自動車部- 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/09/19 00:55:13
 
プジョー京都北 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/04/22 00:51:44
 
プジョー京都南 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2009/04/22 00:51:17
 

お友達

おかげさまでお友達登録が800人突破しました!目標1000人!是非お友達よろしくお願いします!!
818 人のお友達がいます
Avanti YasunoriAvanti Yasunori * インヂュニアインヂュニア *
TED3TED3 * ジュゴン9ジュゴン9 *
Leather Custom FIRSTLeather Custom FIRST *みんカラ公認 EVOMANIAEVOMANIA *

ファン

664 人のファンがいます

愛車一覧

スバル BRZ スバル BRZ
BRZをtSに買い替えました。早くも2台目となるBRZです。
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
自身5台目となるCクラスです。
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン メルセデス・ベンツ Cクラス セダン
このブログ開設時の主役となったのが僕にとって3台目となるメルセデス・ベンツCクラス、W2 ...
ホンダ NSX ホンダ NSX
僕の車歴の中において、最も長く所有していたのがこの02NSX-Rです。タイプRゆえに普段 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.