• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SHO_のブログ一覧

2012年07月02日 イイね!

『アメイジング・スパイダーマン』

6/30に『アメイジング・スパイダーマン』が公開となりました。




息子創太が観たいと言っていたので6/23(土)3D先行上映で観に行きました。





土曜の先行上映で来場者が多いのではないかと思い、昼にチケットを買いに行きました。
チケット売り場は対面販売から券売機に変ってました(知らなかった 笑)





レイトショーでしたので食事してからフレスポジャングルパーク





入場前にパンフレット売り場に行きます。
実は以前3D映画を観た際の3Dグラスがありましたが、息子創太用のメガネは
子供用でとても小さく、本人が大人用を希望したのです。





通常の大人用は100円で販売されていましたが、上写真のオーバーグラス用が
300円で売られており購入しました。(創太には私の3Dグラスをかけさせました)





『アメイジング・スパイダーマン』 なかなか面白かったです。

内容は初代スパイダーマンのリメイクでストーリーもかなり変わっていましたが、新鮮な演出だったです。
ピーター・パーカー役のアンドリュー・ガーフィールドはカッコ良かったし、
グウェン・ステーシー役のエマ・ストーンもとっても可愛かったです。
なお3Dでの上映でしたが、スパイダーマンがビルの谷間を渡るシーン等は3Dならではの迫力で良かったと思います。
また今回はオーバーグラスでしたので、メガネを2個重ねて観る辛さから開放され比較的快適でした。


帰り車中で息子創太と感想を話し合っていたら、以前の『スパイダーマン』シリーズの話になりました。
『スパイダーマン』シリーズは1~3までで、自分のおさらいのためもあり予告編をembedします。





まずは2002年『スパイダーマン』です。
あらすじは以下です。

“幼くして両親を失ったピーター・パーカー(トビー・マグワイア)は伯父夫妻に引き取られ、NY郊外のクイーンズに暮らしていた。幼なじみの同級生メリー・ジェーン(キルスティン・ダンスト)に密かに思いを寄せつつ、化学の勉強に精を出す日々。そんなある日、遺伝子を組み換えたスーパースパイダーに刺されたピーターは、身体に異変が起きはじめ、強靭な肉体と蜘蛛のような特殊能力を持つようになる。高校卒業後、カレッジに入学したピーターは、親友ハリー(ジェームズ・フランコ)とマンハッタンで共同生活を開始。女優志望のメリー・ジェーンも上京していたが、彼女はハリーと付き合うようになっていた。一方ピーターは、スパイダーマンとなって正義の活動をし、その姿を自ら撮影して売り込む報道カメラマンのバイトで生活を支える毎日。その頃、天才科学者であるハリーの父親ノーマン(ウィレム・デフォー)が、軍事目的で開発した新薬を自ら服用。その副作用で彼は二重人格となり、邪悪なサイドの性格が世界制服を企むグリーン・ゴブリンという怪物を生み出した。ノーマンはグリーン・ゴブリンとなってマンハッタンを攻撃。駆け付けたスパイダーマンと対峙したグリーン・ゴブリンは、彼に世界征服の共謀を持ちかけるが、スパイダーマンは正義を貫くことを選ぶ。やがてスパイダーマンとグリーン・ゴブリンは、互いの正体を知りつつ対決する。激しい戦いの中でグリーン・ゴブリンが死亡した。ハリーは自分の父親を殺したスパイダーマンへの恨みを口にするが、ピーターは真相を言えずに苦い気持ちで彼を慰める。そしてメリー・ジェーンは、初めてピーターに愛の告白をするのだが、スパイダーマンとしての重い事情を背負ったピーターは、彼女の申し出を拒否するのだった。 ”





続いて2004年の『スパイダーマン2』です。
あらすじは以下です。

“ピーター・パーカー(トビー・マグワイア)は、新聞社デイリービーグルでバイトをしながら、大学に通っている。一方、MJ(キルスティン・ダンスト)は念願の夢だった舞台女優としてのキャリアをスタートさせる。また親友ハリー(ジェームズ・フランコ)は、自分の父を殺したのはスパイダーマンだと思い込み、彼を倒すことを誓っていた。こうした人間関係と、疲労で学業に集中できないことに悩みながらも、ピーターはスパイダーマンとしてニューヨークの街を日々守っている。だがそんな彼の前に、2年前に倒したグリーン・ゴブリンを超える強敵が現われた。伸縮自在の人工アームを操る怪人ドック・オフである。その正体は、科学者のドクター・オクタヴィウス(アルフレッド・モリーナ)。実験の事故で金属製のアームが肉体と融合し、人格まで凶暴になったのだ。しかも彼は自分がこんな姿になったのはスパイダーマンのせいだと思い込み、復讐を誓っていた。ピーターはドック・オフとの戦いの中で、スパイダーマンの正体が自分だとバレてしまうが、そのことで人々の支持を得る。そしてドック・オフを見事に倒す。だがハリーは、いよいよスパイダーマンと対決することを決意。一方、MJは新しい恋人との結婚式を直前でキャンセルし、ピーターのもとに駆けつけ、彼とキスを交わすのだった。”






最後に2007年の『スパイダーマン3』です。
あらすじは以下です。

“恋人のMJ・ワトソン(キルスティン・ダンスト)がブロードウェイ女優になり、ピーター・パーカー(トビー・マグワイア)はプロポーズを決意する。ある夜、ピーターは何者かに襲われる。敵は父ノーマンの力を受け継ぎ「ニュー・ゴブリン」となったハリー・オズボーン(ジェームス・ブランコ)。闘いの末、ハリーは記憶障害を患い、ピーターが父の仇であることを忘れてしまう。その頃、マルコ(トーマス・ヘイ・デン・チャーチ)という脱獄囚が警察に追われていた。逃げのびた研究所で分子分解されてしまった彼は、砂の体を持つ「サンドマン」となる。新聞各紙で酷評されたMJが舞台を降板させられる一方、スパイダーマンは名誉市民賞をもらうなど大活躍。誤解やすれ違いもあり、MJと連絡が取れなくなりピーターは焦る。そんな折、ベン伯父さんを殺した真犯人がマルコであると判明する。憎悪に燃えるピーターが目覚めると、謎の黒い液体生物に包まれ、段違いの能力をもつ「ブラック・スパイダーマン」となっていた。その姿でマルコと闘い、ピーターは復讐を果たす。記憶を取り戻したハリーの差し金で、突然MJから別れを告げられるピーター。怒りに任せブラック・スパイダーマンでハリーを倒すが、ピーターとMJの仲も不穏なままとなる。数日後、謎の液体生物は宿主の攻撃性を増幅させる性質があることが判明する。ブラックスーツで性格も攻撃的になるピーターだが、MJを殴ってしまったことをきっかけに我に返りスーツを破り捨てる。宿主を失った液体生物は、ピーターに捏造写真を見破られ職を失ったエディ(トファー・グレイス)に取り付き、新たな敵「ヴェノム」へと姿を変える。ヴェノムは生きていたサンドマンと手を組み、MJを人質に取りスパイダーマンを誘い出す。窮地のスパイダーマンを助けたのは、父の死の真相を知ったハリーであった。MJを救い、敵も退けるが、ハリーは自らを犠牲にピーターを庇い、死んでしまう。ハリーの葬儀の後、シンガーとしてMJが働くジャズクラブをピーターは訪れる。ふたりは抱擁を交わし、愛の絆を取り戻す。”

※あらすじは全て「goo 映画」よりの引用です。


『アメイジング・スパイダーマン 2』を楽しみにしています。





Posted at 2012/07/02 23:14:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | Movie | 音楽/映画/テレビ
2012年05月01日 イイね!

『The Dark Knight Rises 』



クリストファー・ノーランによる『バットマン』シリーズの3作目にして完結篇だそうです。

なお大好きなアン・ハサウェイがキャットウーマンとして出演しています。

国内では7月28日公開で、楽しみにしています。



『ダークナイト ライジング』公式サイト




Posted at 2012/05/01 17:31:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | Movie | 音楽/映画/テレビ
2011年08月28日 イイね!

『Country Strong 』 DVD

以前紹介したグウィネス・パルトロウの『Country Strong 』ですが、
残念ながら国内公開とはなりませんでした。

でも嬉しいことにDVDは先日リリースされたんです(字幕スーパーのみ)。




先週金曜にTSUTAYAでレンタルして観ました。





確かにグウィネスは歌が上手いですが、グラミー賞を6回受賞した
実力派カントリー歌手という設定はちょっと無理がある気がしましたし、
脚本の練りこみも不充分で、映画としては今ひとつでした。

でも大好きなグウィネス主演の未公開映画が観れて嬉しかったです。

彼女のファンならお勧めですね。


追記:

グウィネスの歌声が楽しめる映画『デュエット』を以前紹介しましたが、
その際紹介できなかった、映画のエンディングに流れるベイビーフェイスとのデュエットソング
「Just My Imagination 」がYouTubeにUPされてましたのでembedしときます。



「Just My Imagination 」 Gwyneth Paltrow with Babyface

彼女の歌声の魅力が生かされたお気に入りの曲です。





Posted at 2011/08/28 22:28:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | Movie | 音楽/映画/テレビ
2011年04月02日 イイね!

『愛を乞うひと』



『愛を乞うひと』は、下田治美の小説、及び同作を原作とした1998年公開の映画です。
幼児虐待という凄惨な記憶から逃げていた娘が50年の時を経て再び過去に対峙する、
母と娘の愛憎を描いた人間ドラマで、主演の原田美枝子が第22回日本アカデミー賞
最優秀主演女優賞をはじめ8部門の最優秀賞を受賞しました。

物語は“母親から受けた凄まじい虐待という幼児体験から母を捨て、過去を
心の奥に封印してきた照恵。自らも母親になり一人娘も成長した今、照恵は
幼い頃死に別れた父親の遺骨を探す旅に出る。その過程で蘇る壮絶な過去の記憶。
やがて照恵はいまも生きている母・豊子に会うことを決意する……。”

とても感動した作品で、女優 原田美枝子のファンとなった映画です。
私の中では邦画での傑作のひとつだと思っています。

なおこの映画には凄まじい子どもへの虐待シーンが含まれるので、
観る時はある程度の覚悟が必要です。




にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ                  にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ                  にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
Posted at 2011/04/02 10:26:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | Movie | 音楽/映画/テレビ
2011年03月30日 イイね!

『パッセンジャーズ』


『Passengers』 Trailer

『パッセンジャーズ』は、2008年のアメリカ映画で、『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイが
主演した心理サスペンスです。

ストーリーは“セラピストをしているドクター クレア・サマーズは、ある日飛行機事故で
生存した5人を受け持つことになった。グループカウンセリングの度窓の外にある人物の影が…
そして、メンバーが一人ずつ消えていく…。クレアは徐々に、航空会社が過失を組織ぐるみで
隠すために、生存者を口封じのため狙っているものと疑い出し、解明のため奔走する。
その中、生存者の一人エリックは、唯一自宅での個人カウンセリングを希望。
事故のショックからか、躁状態とも言える彼の突拍子もない行動に振り回されるクレア。
しかし自分の心の痛みにそっと寄り添ってくれている彼に、戸惑いながらも次第に惹かれていく。
そして、最後に意外な真相が明かされることに…。”

私は最後の意外な結末に驚きましたが、勘の良い方なら途中で気づくかもしれません。
主演のアン・ハサウェイの美しさも印象的でした。




にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ                      にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ                      にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ

プロフィール

みんカラ2度目の登録です。MINIクラブマンとコペンに乗っています。車を通じて交流を拡げられたら嬉しいです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

Facebookページ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/05/17 07:09:23
 

お友達

来る者拒まず、去る者追わずです。

素敵なブログでしたら
こちらから積極的にアプローチしますね。
75 人のお友達がいます
Wolfman JunkWolfman Junk * nekoyamanekoyama *
黒兎道楽 KING黒兎道楽 KING * ColoradoColorado *
EVOMANIAEVOMANIA * tacoma@ひさしtacoma@ひさし *

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

ミニ MINI Clubman ミニ MINI Clubman
平成20年3月末納車 オシャレで小粋な感じはちょっと自分の趣味じゃないかも…
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
ロードスターを手放した後やっぱりオープンに乗りたいと購入。 ULTIMATE EDITI ...
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
2011年1月、家内用の156の後継車として中古車を購入しました。 V8 5LのSOHC ...
アルファロメオ 156 アルファロメオ 156
家内の車でした。 平成15年に中古車を購入、8年弱乗りました。 最後は結構ガタがきてまし ...

過去のブログ

2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.